FC2ブログ
2009/04/27 (Mon)  02:07

電王、参上!

「減ったらどうするんですか!」(光夏海)
「何が?」(門矢士)
「…………・・・脳細胞とか…」(光夏海)

【仮面ライダー電王ディケイド】

まんま!まんま電王!
劇場版では半年ごとに登場してるけど、
TVでは1年ちょっとぶりに電王が登場♪

とはいえちゃんとこれまでのディケイドの
雰囲気も踏襲し、世界の破壊を止めるという
物語も進んでるのでどなたもご安心召されよ。

しかも今までの世界の中では一番ヤバそうな状態になってる。
それが「悪魔」と噂される破壊者・ディケイドの仕業ではないかと
読んでるウラたちだけど、実際はきっと映画に関係してるはず。

さら電では当たり前のように実体が保てていたモモたちだけど、
どうやらイマジン体でしか存在できなくなってしまったらしい。
早速士に取り憑いてM良太郎ならぬM士のお目見えだけど、
いや~、やっぱりベテラン声優ってやっぱすげーや。

井上くんの初々しい演技はそれなりで好きなんだけど、
滑らかなセリフで見るとフツーにモモがおると思える。
むしろ気張っちゃう村井くんの方が違和感あったかも。
良太郎的なのはM士の方だったと思うな、私は。

士に簡単にいなされるなんてやんちゃで喧嘩スキーの
モモには似合わないと思ったけど、ケーキもつけるという
士にプリン!としっかり釣られる姿は相変わらずで愛しい。

「デンライナーを、くれ!」(海東大樹)

電王はファイナルフォームライドしてデンライナーになると思うから
早くなれと相変わらず傍若無人な海東に笑う。久々に出てきた
リュウタよりコイツの方がとんでもワガママ少年じゃないですか。
モモはこういうタイプ苦手そうだなぁ。そこがまたおもろいけど。

今回ディエンドが使ったのはサソードとまたまたサガだった。
キバは結構登場多いよね。やっぱモノが残ってるから?

「夏みかんは返品してもらうぞ!」(門矢士)

しかし今回は「ハナさんはいつ電王になるんですか?」と
本放映中面白おかしく話されていたまさにその夢を実現した
夏みかん三変化!色っぽいOLおネーサマ風のU夏みかん、
娘変化のようなK夏みかん、ファンキーすぎるR夏みかん。
しかも変身して戦っちゃうんだからこれまた夢の電女王!

ちなみに今回、MとUは良太郎の時とあまり変わらなかったけど、
キンちゃんはマタギ風の衣装になっててこっちの方が合ってる。
パーマにグラサンのリュウタはR良太郎の方がカッコいくて好き。

あと士と夏みかんが街を歩くシーンは見慣れてきたものの
ホントに2人とも足長いね!海東も背が高いから長いし。

電王では佐藤くんはあまり大きくないし中村くんはタッパは
あるけど痩せてるタイプじゃなかったし、キバの瀬戸くんも
武田くんもさほど大きくないし(加藤くんはヒョロ高だったが猫背が難点)
今年の2人は見た目がよくてホレボレする。夏みかんも
スタイルや顔はハナさんには負けるけど可愛いしね。
(そういや今年はシンケンも殿が抜群にスタイルいいや)

劇場版に登場するシルバラが思わせぶりに登場するなど、
本編でストーリーと映画を見事にリンクさせたあの夏のように
ニヤリとするシーンも。最後にはついにデンライナーも登場し、
コハナ・ナオミ・オーナーが現れるとホント、主役の良太郎が
いないだけでここはまさに電王の世界だと錯覚してしまうよ。

でもその電王の世界で建物が次々消えていく。
先週の予告の夏みかんのセリフは「変わっている」ではなく

「もう…この世界は終わってるんですね…」(光夏海)

という絶望感に満ちたものだった。
桜井さん…じゃなくて、よく考えたら555編以来の
鳴滝も久々に現れて世界の崩壊の様子をご見物。

士がいつも通りあまり喋らずに戦うから、相変わらずペラペラ喋る
イマジン戦隊の方が目立つ。やっぱ電王は明るくていいよねぇ。
アギトのフォームチェンジを見て「自分だけ変わるなんてズルい!」
と駄々るリュウタ、「変わろうか?」と言うウラに「スマン」と応じる
キンちゃんと相変わらず仲良しのタロスたちに頬がゆるむわ~♪

一方モモもギャーギャー騒ぎながらバトル中。
高みの見物を決め込んでるディエンドに手を焼き、しまいには
ディエンドのファイナル・アタック・ライドでビルの下へ落とされる。
キバやディケイドや平成ライダーたちのバトルを見てくると
ホント、モモってばただのめちゃくちゃな喧嘩殺法だと思うよ。

しかし今回、一体中の人は誰が誰だったんだろう…
それくらい入り乱れて大混戦だったって事なんだけど、
まさかオールスーパー高岩タイムだったわけじゃないよね?

次回はジークも登場し、世界崩壊の謎に近づく…のかな?

ハガレンはニーナの話。
特につけ加えることも差し引く事もなく原作どおり?
さすがにギャグもあまりなかったのでよかった。
バスク・グランがあっけなさ過ぎると思うのは
結構生き長らえてスカーに劇的に殺された
前作での厚遇ぶりが印象深いからだろう。
原作ではあんなもんだったね。

タッカーも前作では後々薄気味悪いキメラとして
人体練成で作ったホムンクルスのニーナを抱いて
再登場したけど、今回は迷うことなく成仏しそうだ。

三宅健太のスカーはなかなかいいんじゃないか。
うえだゆうじはキンブリーからハボックになったのね。
ハボックは苛烈な運命が待ってるの合ってるかも。

シンケンジャーは殿が封印を施せる力を持つ
超重要人物である事が判明!ま、だからこそ
殿なんだろうけどさ。命に代えても御守りします
なんていう流之介に余計な事を考えるなと喝を
入れる殿がまた…もー、この部下思いさんめ。

今回ことはから剣を借りてまさかの
炎雷合体技を使った殿にビックリ!
ことはと協力して技を出すんじゃないのが
また殿らしい。ことはの殿へのなつきっぷりが
微笑ましいのでこういうシーンはニヤニヤするよ。

しかし今回はバトルにロボの出番がなく、
物語も完全に続き物になってた。
次回は今回なかった分バトルもガンガンありそう。

あと驚きは次々倒される先代シンケンジャーたち。
私勝手に殿の父親が先代シンケンレッドと思ってたけど、
(30・40過ぎてシンケンジャーはキツイなと同情していた)
どうやらそういうわけでもないらしい?(たとえば丈瑠の父と
流之介の父もシンケンメイツなのかなとか思ってたから)

まぁそれこそ真剣に考えるほどの事でもないが。
ところで「殿は?」とじいに聞かれて「知らん知らん」と
手でナイナイする黒子ちゃんが可愛い(あの人かしら)

「マジンガーZ」はまさしく今川節全開で「着いてこられる
ヤツだけが着いて来い!」的なノリなのがすごいわー
「パンドラハーツ」が意外と面白い。今回は「ファントム」も
面白かった。「東のエデン」はますますますますますます
面白くなってきてドキワクが止まらねぇ!ニート2万人の
行方は!?滝沢朗の正体は?!残りの救世主は?!

あ~、けどこれ、物語の完結は劇場版なんだよな。
それを忘れないようにしなければ。
(これが「つまらない」とか「鼻につく」とか「お約束」と
ケナす人がベタボメしている作品はほとんど相容れん)

そうそう、「07-GHOST」はやはり切った。
視聴中にいつの間にか洗い物を始めてて、
自分が話に厭きたと悟ったからだ。
「花咲」も気づけば洗い物を始めていたが、
こっちはまだ決めきれず今日の分も見てみる。

さて一言投票所復活まであと2日と迫った。
書き込んでくれるだろうかとこちらもドキドキだ。
なお開催中はブログトップも変わるのでお楽しみに♪

***更新***

映画視聴感想 シッコ & エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? UP