FC2ブログ

教師じゃねーよ

先日、見知らぬ女の子から友達の家の玄関まで
ついてきて欲しいとお願いされた安全おばさんの私だが、
またしても可愛らしい女の子からSOSが発せられた。

それはトイレでのこと。
私がトイレに入ると、ドアを開けたまま個室にいた女の子が
通り過ぎる私をじーーーっと見つめている事には気づいていた。
だが声をかけられるでもないのでそのまま通り過ぎて個室に入り、
用を足していると突然外から女の子の声がした。

「すいませーん!リボン結びしてもらえますか?」

ええええええええ!?
まさか着替えを手伝ってくれと言われるとは思ってなかったので驚き、
慌てて身支度を整えながら「はーい、ちょっと待ってねー」と答える。

個室を出ると小学校一年生くらいだろうか、小柄で可愛い女の子が
少林寺拳法の胴着(弟がやっているのでわかる)を着て待っていた。
そのズポン部分の中ヒモを引っ張って結ぶのだが、彼女がやると
団子結びになってしまうのだろう、リボン結び(昔はちょうちょ結びと
言ったものだが)をして欲しいのだという。ゆるさを調節して結んで
やると、彼女は「ありがと!」と笑ってトイレを飛び出していった。

職場で、また見知らぬ女の子に頼まれちったよーと話すと、
1人の人が最近は物騒な事件が多いから知らない大人に
挨拶しちゃいけないって親が教えるらしいよと言う人がいた。
確かにその気持ちもわかる…けれどそんなご時世だというのに、
ちっちゃなレディたちは私に何の警戒もせず、勇気を出して?
声をかけてきたのはなんでだろう、やっぱり不思議だねと
いう話で盛り上がっていると、ある人が言った。

「になになさんって先生みたいな雰囲気があるからじゃない?」

いやいやキミたち、そこで「あ~、そうかも」と一斉に頷くんじゃない。

一言投票所

あと3日ですね。

ブラスレイター
★気になる点もなく、非常に素直に盛り上がって見られるアニメです。まさに出来のいい、中身のあるアクション映画を見ているような感覚ですね。  ドルアーガもいい出来でしたし、今期のGONZOはいいGONZO(?)ですねぇ
ホントにどーしちゃったんだGONZO!
去年があまりにもヒド過ぎたので反省会でもやったのか(笑)

ブラスはまず絵が大人っぽいのがいいんですよ。
物語も丁寧なのに進むべきところはモタモタしない
好きなテンポだし、キャラクターがそれぞれちゃんと
立ってるし。毎回見せ場があるのもいいですよね。

PERSONA - trinity soul -
★面白かったけど、訳がわからん。どうしよう。また見直さないと
おお、すごいど根性だ(笑)
一番てっとり早く見返すなら24話がいいですよ。

ラストの鎧の戦士を取り囲むいっぱいの桜の花びらは、
慎たちを見送ってたった一人残った諒がキャンバスの
鎧の戦士以外を塗りつぶしていく姿と対比されてる事が
わかります。長男というペルソナをかぶり続けた彼にとって、
押し殺し、隠し続けた心であるペルソナが表出してしまうことは
仮面が壊れたという事なので許せなかったのかもしれません。

慎に洵を助けさせ、一人でクジラに溶けていったのは、心には
誰かを想ったり、大切にしたり、守ったりする力もあるのだと
慎が示したからでしょう。けれどそれを慎が示せたのは、諒が
長い間たった一人で全ての重荷や苦しみを背負い、自分たちを
守ってくれていた事を知ったからだったのに…

彼の仮面はメガネだったんでしょうね。
溢れる涙をぬぐう時、人はメガネを外しますから。
メグミさん、拓郎、真田さん、諒。全てのキャラがキャラらしい
行動をとってくれて、最後までストレスのない物語でした。
スタッフ、キャストの皆さん、本当にお疲れ様でした!

小説「北方謙三水滸伝」
★北方謙三の水滸伝(ならびに続編の楊令伝)は、登場人物がむちゃくちゃ多くて覚えるのに一苦労しますが、それさえ理解すれば漢たちの熱いバトルで燃える大作です。今川監督や竹Pが喜びそうな素材ですな
既に水滸伝自体がその要素があるからこそ中国四大奇書(名著)に
入ってるわけですから、アレンジ版も腕がよければ面白いでしょうね。

ジャイアントロボ
★復讐心に捉われなかったら優しい兄ちゃんという幻夜はルルーシュと同じだったかな?ただファザコン度が高い分、相対的価値が下がった妹を撃ち殺すという暴挙に出ちゃいましたが…。ルルーシュは、これだけは絶対やらない。多分
父親を強く憎むのもファザコンの裏返しですよ。
「憎む」という感情は「愛情」に近いエネルギーがありますからね。
ルルーシュの場合は理由をつけてますけどなんだかんだで
父に捨てられたという事が一番怒りを感じる部分なんでしょう。
本人は気づいてないけど(笑)

感情の中で一番怖いのはやっぱり「無関心」ですよ。
二度と関わりたくない、どんなに緊急であろうとも頼らないでくれと
言われた時こそ本当に関係は終わってます。多いんだ、そんな事…

Parallel Universe(管理人になにな)「意思疎通不可能」
★話が通じない相手は、会話したいんじゃなくて自論を聞いてもらいたいだけなのかもしれないと思った今日この頃。になになさん長い間お疲れ様でした。種、種デスのレビュー、楽しませていただきました
そうなんでしょうね。でも聞かせたいなら誰にでも理解できる
文章を書くことから始めないとダメじゃんと思いましたよ今回。
ひどく感情的でも一方的でも、その内容が伝われば御の字だし、
最悪中傷的な文章でさえも意味がわかれば「中傷している」ことが
わかるんだよなと思いました。今回の方はこれまでにない難敵で、
とにかく何を言いたいのか全く意味がわからない…以前はここまで
わけのわからない文章を書く方ではなかったと思うんですけどね…

レビューをやめてから1年近く経ちますが、ここまで一言というコーナーで
おつきあいいただきましてありがとうございました。種&種デスの頃は
ブツブツ言いながらもやっぱり不思議な高揚感があって楽しい時間が
過ごせたとしみじみ思います。皆さんと人気投票で交流できたのも
いい思い出です。楽しかった想い出を胸に、いよいよファイナルです。

Parallel Universe(管理人になにな)「一言投票所ファイナル」
★残り僅かになりましたね。 レビューと共に、ここでも澤山樂しませて頂きました。 本當に有り難うございました。 これからも、日記や映畫レビューを樂しみに寄らせて頂きたいと思ひます。 座敷あざらし
お久しぶりです。
まぁレビュー終了後に色々ありまして、どうやら天秤が
傾き始めたので潮時かと思い、閉鎖することになりました。
いつまでも未練たらしく続けるのも性にあいませんしね。

映画レビューやParallel Paradiseの方はぼちぼちマイペースで
続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。

Parallel Universe(管理人になにな)「ありがと!」
★きちんと敬吾で依頼&最後にきちんとお礼の言葉を言える子供は良いなあ、可愛いなあと癒されました
いや~、ホントに可愛かったですよ~♪
「ケガしないように頑張ってね」と言ったら「うん!」ですからね。
何の責任もない立場で見る分には子供ってのは可愛いですね(笑)

その他「機動戦士Vガンダム」
★Vガンダムの敵キャラにルペ・シノという女エロ魔人がいます。主人公ウッソ(13歳)を捕まえて全裸にひんむいてあげく、お風呂で拷問しようとする凄いキャラで、しかも声が鷹野と同じ伊藤美紀なので電波出しまくりです。ちなみにこの回の絵コンテはF田でした…
プクタンも裸にひん剥くの好きなのはトミノの影響だったと。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
★フレイは雰囲気ならベタだけどエリカ様、外見と演技力なら成海璃子あたりなんていかがでしょうか?
沢尻エリカはケバいだけなのでイヤだな。
成海さんってハチクロではぐを演った人でしたっけ。
確かに可愛いけど、もっと完璧な「美人」がいいんだよなぁ。

★今更ですが、カガリを実写俳優でイメージすると、今の上野樹里なんか結構似合ってませんか?この間のラストフレンズでもボーイッシュキャラでしたし
エキセントリックに演じてくれそうだ(笑)
あおいちゃんがラクスでカガリが樹里さんとなるわけですね。
フレイさんはぜひ誰もが認めるとびきりの美女に演じてもらいたい。

その他「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」
★言掲示板もあとわずかですが、やはり逆襲のシャアは一回だけでも見た方が良いですよ。シャアはヘタレだしクェスはかなりむかつくガキですけど、アムロがファースト時代からは想像できない超強気ですし、白目のあるブライト・ミライはここしか見られません。音楽も最高峰です
宇宙世紀ガンダムを見るものとしては逆シャアは抑えねばなるまいとは
わかってるんですよ。同じく宇宙世紀ガンダムとしては押さえねば…
と言うツレはターンAに挑戦中。2話まで見て止まってるそうですが。
いくら評価が高くてもひきつける面白さや相性ってあるんでしょうね。
私もΖΖはどうしても「面白くなるところ」まで耐えられそうにない…

仮面ライダー龍騎
★一番印象に残る死に様はやっぱり佐野と東條です。佐野は他人の夢の世界(ミラーワールド)で舞い降りた現実にしがみつくことが出来ず絶望しながら消滅し、東條は現実の世界で自分の夢の中に閉じこもったままトラックに跳ねられそれでも最期まで夢の中から出ようとする事はなかった。うん、やっぱ好きだわ、この二人の死は
最初の頃は「戦いに負ければ死ぬ」という単純な構図だったのが、
事態が複雑化していくにつれて理不尽な殺人や自滅や逃避などが
絡み合っていくドラマ性は高かったと思うんですが、ホント、これは
本編を見てもらわなければ全く伝わらない。そして龍騎未見の人が
一年分もある本編を見返すのはかなりの時間と労力が要るので大変。

龍騎はバトルも面白いし物語もキャラの描写もいいので、見た人は
100%とは言わないけど面白かったと言う確率が高いと思うんですが、
見てない人やかじっただけの人には複雑すぎて何がどうなってるのか
意味不明という、なんとも敷居の高いライダーのような気がしますね(笑)

マクロスFrontier
★そうですね、本当にミシェルはよく見てますよね!三角関係の男ってのは、自覚があるのにどちらか選ばないから腹が立つんだと思います。私は恋愛に必死な女の子キャラ大好きなので、シェリルも好きです♪
なるほど、大昔から少女漫画が大嫌いな私にはもともと
「恋愛に必死な女の子♥」を応援する引き出しがないようです。

三角関係物って、A子に入れ込んでもB子に入れ込んでもイライラする
不愉快な事になるので、一番楽チンなのは中立スタンスで「どっちでも
いいじゃん」なんですけど、いかんせんそれだと全然面白くないんですよ…
なぜなら恋愛が二の次になるので「おいおい、いつまでも愛だの恋だの
やってねーで話進めんかい!戦わんかい!」と思っちゃうから(笑)

この3ヶ月で一番面白かったのがビバップとペルソナで、ドルアーガの
どんでん返しにしびれ、ブラスレイターのダークさにニヤつき、Gガン最高!
と思ってる私の嗜好から考えれば、今のアニメファン中核世代が大好きな
グレンラガンやマクロスFのような作品は、嫌いではないけれどどうしても
面白アニメのトップに立たせられないのはわかりますね~、なんとなく。

★戦闘を歌で止める、ミンメイ作戦は、無茶だけど、マクロスだから許せますね。乗っ取りライブをやったランカが凄く可愛いな。キラって。そして大逆転大敗北をしたシェリルが二人が飛ぶ夕陽を見るのも学校のときの対比だし。EDも愛覚えてますかで
撃たれたら終わりだろうというツッコミはナシなんですね、あれ(笑)
未だに戦いを求める原始的なゼントランだったからこそ、
未だに歌が有効な手段だった…なんて事なんでしょうかね。

今回はブリタイやエキセドルやカムジンに似たキャラに目が行ってしまって
ニヤニヤ。特にカムジン…ならぬテムジンは声のイメージがピッタリだった。

★そーいや、ミシェルに突っ込まれてましたっけね。シェリルがちょっかい出すのは何でかわかってんの?みたいな事を。アルトの答えには、ガキだな…とか言ってましたが。思えば、親父さん関係の話でも逃げてると何度か言ってますしミシェルはなかなか的を得てるな。ちゃんと成長してくれよアルト
今回はランカを送っていけと諭したり、女をわかってますねミシェル。
アルトは1クールではかなり好き勝手なぼんぼんぶりを発揮したので、
2クールでは先輩の死とか友人の死とか恋人選択などのマクロスと
言えばの王道に加えて父を超えるイベントがあるに違いない。

★アルトに腹が立たないのは、彼が今の状況を恋愛としての三角関係だと認識してないからだと思います・・・鈍感すぎて呆れてしまいますが(笑)
じゃあミシェルとナナセとルカも加えて「恋のヘキサゴン」で。

Parallel Universe(管理人になにな)「オタライフ」
★学校ではオタ話をしない>学校以外の場所でオタを楽しみ、学校生活は普通に楽しむというのが一番ですよね!やはりオタが周りにいない時代に育った年代としては、オタ=隠すものという習性がついてますから(笑)
ですねー、やっぱオタは密かに楽しむべきものです。
私はオタが成長して極めるとマニアになると漠然と思ってますよ。

その他「実況チャット」
★えっ!!もう開かないのですか…実況チャット…すごい残念です…(とか言って実況の時は毎回参加出来ないで実況終わってから話題が変わったあたりで参加してますが…笑)
元コアチャッターとしてはチャットというものはたくさんの人がいて
あちこちでわいわい楽しく話が展開されてる方が好きなんですよ。
あんまり少ないと間も持たないしね(笑)実際00の最終回にも
参加者を募ったけど5人も集まらずだったのでやめました。
だから多分おしまいです。

★そういえば実況チャットはもう開催されないのでしょうか・・・
そうですね、終わりじゃないでしょうか。
そもそも一言がなくなれば訪問者数もガタ落ちになると
思われるので、声をかけても誰も来ないと思いますよ。

Parallel Universe(管理人になにな)「感謝感謝」
★いや、になにな様が仰ってるのは、「ニートや日雇い労働者に成らない為にする」努力の話です。乱暴に分かりやすく言えば、自分の納得のいく、やりがいのある仕事をする為には学生の頃からちゃんと勉強しましょうと言う事。この主題とレビューは関係ありませんよー。(続)
★(続)若い時に努力すべき事を努力せず(勉強すべき時に勉強せず)、そのくせまともに仕事に就けないのは社会のせいだと思う、軽蔑すべき心根を批判されているのです。また、スポーツや芸術等で一生食べていけるような特別な人意外は、やっぱりスポーツや芸術に打ち込む一方で勉強も必要です。(続)
★(続)になにな様は、人生設計をしっかりして、それを実現する為の努力をしましょうという話をされているのです。私はサイト開設当初からずっとこちらのレビューを楽しみにほぼ日参していたので、その為にになにな様がどんなに頑張って来られたか知っていますし、その努力にとても敬意を払っています。(続)
★(続)もちろんレビュー内容が素晴らしいのは前提として(でないと尊敬できない)。でも今回はそれとは関係ない話で、義務教育中によくあるような「頑張った事そのものを褒めてあげましょう」というようなレベルの話ではありません。人生設計の話です。(続)
★(続)途中で挫折や失敗してもやり直せるように、その為にも若いうちから努力、勉強しましょうと、ご自身の経験から仰って頂いているのに、伝わらないのはもったいないです。(長くてごめんなさい。4年半分の気持ちが溢れてしまいました…)
★(補足)あっ、になにな様が挫折を経験されたという意味じゃないですよ!最後の文は、一般論として地力が強ければ強いほど、応用も修正もききやすいという事が言いたかったのです

もうね、あまりにも的確なレスを返してくださってため息が出ました。
私が書くよりずっと素晴らしい。わかりやすくてうんうんと頷けます。
(もちろん私だって挫折はありますよー、多分自覚してないだけで)

でもその後のコメントの展開を見ておわかりになったと思いますが、
全く会話になってないでしょう?何を言ってるのか意味がわからない。
差別になるので文字にしませんが、我々とは違う世界、違う時間軸で
生きている方々と話しているようで全くの意味不明。正直、困ります。

こういう人が来ると「全レスポリシー」が揺らぐこともおわかりかと…
しかもあのようにいつまでも来られるし…困ったもんだちゃんなのです。

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~
★全体の構成のうまさもさることながら、最初は若干ウザキャラ風味だったジルやケルブをあそこまでかっこよく描けた事には純粋に感心しました。 最終回、ドルアーガ相手に減らず口を叩いたり、泣きながらアーメイの槍を起動させるジルの姿に一々感動するなんて、一話の時点では思いもよりませんでしたから
実はドルアーガは近頃とんと見られなくなっていた王道的ファンタジーの
主人公成長劇だったんですね。監督はブレイブストーリーのワタルを
重ねてますよ。OPのジルはワタルが成長した姿に違いないよ!

声優&俳優「中村悠一さん」
★この人の声、特に主人公声にはあんまり印象がなかったのですが、ブラスレイターのブラッドの声はとてもよかった。低く押し殺しているけど、棘が無いというか、温かみがあるというか
私も阿部、グラハム、アルト、ブラッドと聞いてきて「地味だな~」と
思ってます。アルトなんて5~6年くらい前なら絶対櫻井だろう(笑)

そうですね、もしかして彼は熱血主人公やおバカライバルより、主人公を
傍で支える温かく男らしい名親友を演じる方がいいのかもしれません。

Parallel Universe(管理人になにな)「就職決定」
★以前就職活動のことで相談をした者です。あれから無事内定を頂くことができたので、今回お礼に伺いました。一言投票所が無くなるのは寂しいですが、またになにな様のブログやレビューなどを見に伺いたいと思います。就職活動でのアドバイスありがとうございました!そして今後もになにな様のgo発展をお祈りしております!
おめでとうございます!まさしく努力の賜物ですね!
もちろんまだスタートラインに立ったばかりで、走り出すのは
これからでしょうけど、まずは本当におめでとうございます。
社会人になると圧倒的になくなるのが「時間」です。
本当になくなります。これは誰もが頷くと思います。
できる事は今のうちに、悔いのないようにやってください。

最後に大変嬉しいコメントで締めてくださったのでこちらも嬉しいです。
一言はなくなりますが、私は日記や映画レビューは書いてますので
よければたまにはParallel Universeにお立ち寄りくださいね。

その他「三択」
★また三択の質問です。ガンダムの修正キャラと言えば?(1)ブライト(2)エマ(3)ウォン
ウォンさん。

その他「26だって割り切れるのに)
★ふと思ったんですが、最近はクールの最終週まできっちりやらないで、12話とか24話で終わるアニメが増えた気がします。(そして余った週に新番組の宣伝をやるというパターンがとても多い)DVD収録にキリがいいからですかね?でもその分展開を急いてる感じがして勿体無い気がするんだよなあ。になになさんはどう思いますか?
うーん、確かにDVDでの話数の関係もあるのかもしれないですね。
またはTV局のコマ数の関係もあって、特番で急に吹っ飛んで最終回まで
放映できない、なんて事態を避けるためにも話数が少なめなのかも…

それに最近って、「最終回2話連続放送」とかなくなりましたしね。
あれはレビュー屋には地獄でしたが、レビューをやらない今こそ
「2話連続で最終回まで見られてラッキー♥」と思いたいのに全然ない。
ファフナー、スピグラ、エウレカセブン、ソルティレイなんか3話連続だった(笑)
まぁチャンプルーや蟲師、ガラスの艦隊みたいに9月が3週間も残ってるのに
最終回は未放映なんてあのね現象がなくなってきたのは喜ばしいですけども。

短くても途中で路線変更したわけでないならきちんと構成はできるはず。
まったり→駆け足展開などバランスが悪いのは制作陣の力不足でしょうね。

その他(「漫画&コミック」という項目があると何度言えば…)
★本当に面白い漫画って絵の上手い下手は関係ないんですね。ネウロ然りおお振り然り。まぁでも絵が上手い事に越した事はありませんが
私、ネウロは読みきりでジャンプに載った時、普通なら絶対に
読まないタイプの「汚らしい絵」と嫌悪感すら感じたんですよね。
でもたまたまその週はヒマだったのか、全部読み終わったので
もう一回パラパラめくり、しゃーねぇ、このキモい絵のマンガ読むかと
ページをめくり始めたんですね。魔界の住人が人が作る謎を食うという
意味不明の設定、あまりにも無理やり過ぎて笑ってしまうようなトリック、
何よりインパクトのあるキャラ絵やジョジョもビックリのありえねー構図…

ところが読み終わって「うそ、もしかして私これ『面白かった』と思ってね?」
と愕然としながら思ったことが印象的です。その後の松井氏の活躍は
誰もが知るところ。おかげで面白さの浮き沈みが激しいジャンプがひどく
つまらない時でもネウロは必ず読むマンガの1つにランクされてますね。

まぁでもおお振りはね…ちょっとね…
そんだけ話作をれるなら原作として、野球を描ける絵師に代わっても…
そういやおお振りはHOLIC最終回にまた出てましたな(笑)
やっぱぜってー続編狙ってんだろ水島監督!

機動戦士ガンダム00
★1期開始時24歳のマリナは2期開始時は29歳?(1期中に1年位は経過してそうだしその4年後だと)アニメではヒロインポジにはキツい年齢かも
実際はアニメキャラの言ってる事なんか5歳か10歳プラスしなきゃ
とても言えねーよと思うし、現実社会の20代には「カンベンしろ」
と思うほど幼稚な人もいるし…アニメの設定年齢なんか元から
めちゃくちゃなんだから信じるほどのものでもないな。

★まあ確かに、ダブルオーのカラーリングってオーガンダムよりエクシアの後継機っぽいですからねぇ…。 まあ、巻き込まれる為としか思えない職場で働く沙慈が土壇場で乗っちゃうかな、とも思ってたりしてますが
あっ、そうですよ、二期も刹那が主人公というのも本当かどうか
わからないんですもんね。それこそ我々が共感しやすい沙慈が
主人公昇格を果たしてガンダムらしく戦いに巻き込まれていく…
というのだってありかもしれない。それも前例打破で面白そうだし。

★私はエクシアと00とはデザイン上それほど大きな変化は無い様に思えるので(両肩のGNドライヴとブレードアンテナの形状以外は)、刹那が乗ってしまえばすぐに馴染むと思うのですが
だそうです。私は00をまだよく見てないのでわかりません。

★自分もエクシアに乗り続けて欲しいですね。個人的にも愛着もありますし、ダブルオーとかだと刹那的にも「ダブルオーッ!」って叫び難……ああ、「ガンダムッ!」って叫べば良いのか(蹴 でも、エクシアの太陽炉を引き継いだからこいつもエクシアだ、って納得しそうでもある……
刹那が信じるのはエクシアじゃなくあくまでも「ガンダム」
ですからね。実はアイツはガンダムならなんでもいいのかも…
いや、もしかしたら今も見分けられてないのかも!<ねーよ

★刹那には最後の最後までエクシアに是非乗り続けてもらいたい。エクシアのパイロットは刹那、刹那の機体はエクシアって固定イメージがついたから、変えて欲しくないです。ついでに、グラハムさんもフラッグ以外に乗って欲しくないけど・・・疑似太陽炉積んだ時点でフラッグとは別物になってしまった印象が否めなかったしなぁ
スポンサーの戦略もありますからムリかも…
つかタイトル冠したガンダムにはやっぱり主人公が
乗るものじゃないでしょうかね。ハムの人は何でしょう、
フラッグにこだわりながら実は抱き締めたいなガンダムを
愛してるみたいなのでそのうち浮気する気かも…

★どんなにハムがガンダム愛を叫び、ビリーがスメラギLOVEをアピールして「我々は男には興味が無い」とFU女子に訴えても、がゆんがハム×ビリーの書き下ろしイラストを連発している内は君達は公式カプ成立
何より腐れお嬢さんたちの元締めみたいながゆんがやってちゃね~

★自分で「あまりないスマイル」と書き込んで何ですが、預言者アブラハムにイシュマエル(イスマーイール)という子があり、アラブ人の先祖とされていて、アラブ圏ではイスマイールという姓は実在しますので、禿御大的な語呂あわせでは無いと信じたい
大丈夫です、そのへんは私だってわかっておりますよ。
ネタとして面白かったし普通にうまいと思っただけです。

★コンビニのガチャポンでソレスタのフィギュアがありましたが、入っているのは刹那・ロックオン・ティエリア・スメラギ・王の5人。やっぱりアレルヤはいらない子なのか…?
アレルヤの扱い悪いなぁ(笑)

★アレハン、ゴールデンカブトガニで自ら出撃して結局戦死した事は公にされてしまっているんだろうか…。二期では「命懸けでCBを裏切った正義の人」という感じで、教科書とかに載っていたら笑う…(笑)
教科書に載る事でコーナー家の悲願は果たされた!(地味に
アレハンについてはリボンズが何かしらの情報操作をしていそう。

★00ガンダム、プラモの情報ですが、ノーマルとフルアーマーの二種が存在するそうな。オプションの数が膨大で、お値段も高めになるそうで……これは楽しみです
男の子が大好きな武装・換装タイプになるんでしょうかね。
動いてナンボだそうですからその時々に適した武器を使うなど
ガンダマーたちを楽しませる趣向にしてもらいたいものですね。

★マリナファンの方のイラストブログのサイト名「あまりないスマイル」に地味に吹いた。「あ・まりな・いスマイル」マリナ様の名前、そんな意味だったのかw
そうだったのかー!(笑)
私も今回聞いて笑いました。そんなトコにトミノ色が!

銀魂
★実は予告後のおまけに気づかず、消した後で感想サイトを見て気がついたんですよ(笑)慌ててネットを放浪しました。友人がまだ消してなかったから桂魂おいておけます♪
私は本編の終了時間が早く、こりゃCパートでヅラが性懲りもなく
出るのかなと思ったのに、ED+予告に入ったのであれ?と
思ってたんですよ。そしたら1ヶ月かけてヅラをいじってたのに
いきなりそこでV3≠杉田@キバットネタかよ!みたいな(笑)

★今週の冒頭の桂魂、残しておくつもりだったのに消してしまった~!・・・残しておいてどうする!って感じではあるんだけど(笑)
「桂魂」と書いて「ヅラダマ」と読む!
始まったと思ったら「え?ヅラ?」と思い、「終わりかよ!」と思いましたよ。
クイズは全然わかりませんでした。探そうという努力もしなかったけど(笑)

そしてオマケの「ぶいすりゃあ!」は怪物くんアレンジのキバネタかよ!と
爆笑しました。サンライズってハマると怖いもの知らずにやるよねぇ…

★2週続けてハートウォーミング系だったけど、キャバクラでの「銀時様のお楽しみの為に(以下自粛)」のトコだけは久々にリアルにコーヒー吹いた
正直言いますと、私も今回はあのキャバクラ・オリジナル展開の
シーンが一番爆笑しました。原作もとてもよかったし面白かったのに
時間調整で入れ込んだオリジナルでギャグ度は凌駕しやがったよ…

そして子供たちに抱きつかれたりまとわりつかれているたまさんの
すごく嬉しそうな美しい笑顔には不覚にも目頭が熱くなってしまった。
たまさんは本当に犬みたいな人だ!<褒めてる

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
★アッシュフォードが普通の学校ではないとはいえ生徒になってやってくるラウンズ達…。アーニャはルルに会うため、ジノは会長を寝取るためという裏の目的があって欲しい。谷口はギャグエピソードでもラスト数分でなにやるか解らんし
それだ!(笑)
アーニャはマリアンヌとの関係がきになるところだし、
ジノはミレイにちょっかいをかけに来たら笑える(笑)

まぁでもきっと腐れメガネをかけた方にとってこの構図は、
スザ×ルルの関係にちょっかいをかけにきた男ったらしの
プレイボーイなんでしょうね…うえ、自分で書いてて気持ち悪ぃ…
(しかもなぜか星刻まで来ちゃったりしてるんだぜきっと)

★カレンはギアスのことは知っているけれど、ルルがユフィに「日本人を殺せ」と命令したことは知らないだろうから、それを知ればスザク側になるかもしれませんね。あの命令が事故だったのはCCしか知りませんし
あー、確かに…それだけでこれまで誰よりも長く戦ってきた
カレンが簡単にスザク側に寝返るとは思えないにしても、
再びゼロへの不信感で心を揺らすことにはなるかもしれませんね。
なんにせよカレンとスザクの接触と会話が楽しみです。

★次回は学園編で大騒動。C.C.とシャーリーとの三角関係にならないことを祈る。勝敗は決まってるけど
あー、それはないといいなー。
つかC.C.は私の中ではどうしてもヒロインではなくキーパーソンなので
恋愛なんぞにからまない特別なところにいる存在であってもらいたい。

★シャーリーなんですが、ルルのことを意識しない状態では気丈な人に思えなくもないです。父死亡→てんやわんや→ギアスのせいでルルを知らない状態にとなってからは、その直後に呆然としているルルに対して「朝は来ますよ」と声をかけてあげたり、登校してミレイにしっかり元気のいい挨拶をしてミレイから賞賛されたり。
★(続き)でも、ルルを意識したら言動が変わって受身になりすぎにに。でも、異性を意識したあまり言動が変わった、しかし経験を積んで自分の本来の姿と調和させられるようになったという人はいると思います。高校生でバランス取れている人なんてそういないのだから、長い目で見てやる必要があると思いませんか?

長い目って、2006年の秋からすでに2年近く…(笑)
いや、まぁシャーリーが好きな方にはホント、申し訳ないです。
好き嫌いは感情的なものなのでなかなか変わらないんですけど、
シャーリーは確かにルルーシュとの恋愛がからみさえしなければ
明るくて元気で優しい、しかもとびきり可愛い女の子だと思いますよ。

だからこそむしろドタバタ恋愛劇はいらないんですよ。
記憶を失ってルルーシュに興味がなくなったシャーリーに、ルルーシュが
今度はやけに意識を持っていかれるようになるでもよかったわけですし。
でもね、谷口は恋愛ヘタだからねー。むしろ描かなくていいんだけどな…

★この作品のキャラクターは、必ずしも視聴者に好かれるべくして設定されてはいない印象があります。基本的に人殺しを全くためらわないルルーシュ君とか、むしろ意図的に嫌われたがっているようにも見えますし。なので仇敵とかでないメインキャラクターでも激しく嫌われるような反応は、スタッフの希望通りかも知れません
ああ、そう言われてちょっと納得しました。
この作品だけでなく、谷口の作品のキャラたちって全体的にそうかも。
キャラたちは視聴者なんか意識せず、時には残酷に、時には優しく、
あっちへこっちへ揺れる。そう、まるで「普通の人間」がそうであるように。
人には色々な面があり、だからこそ忙しなく変わる評価は信用できないように。

そして物語そのものにパワーがあるから、我々視聴者は知らず知らず、
そんなキャラたちに「自分たちの好みをあわせていく」んじゃないかなと。
このキャラ好き、だから物語も見る…ではなく、この物語の中で、この
キャラはこういう行動を取った、だから私はこいつが好きだ、みたいに。

多分ルルーシュへの批判を数多くお読みになって、スタッフの意図に
辿り着かれた論だと思うんですが、意外とそれは真実かもしれません。
うん、私はこのご意見を支持しますよ。私自身納得も出来ましたから。

★玉置に裏切って欲しくないなぁ。・・・・ルクスンが最終回で他人から艦長を任されるようになったように、玉置もただのチンピラから変わって欲しい
裏切ったとしても谷口はここまでメインに食い込んだキャラを
むやみには無駄死にさせたりしないと思いますけどね。

ディートハルトと同時期に「聞き入れられないキャラ」を
描いてるので二人同時の造反も狙ってるのかもなぁとか…
もちろんディートハルトは使いやすい駒として使うだけでしょうけど。

★好きな人には申し訳ないけど自分はロロが苦手と言うかキモくて…。狙ってるのが見え見えでああいうの駄目です
実は本当に遺伝子的にルルーシュの兄弟でした、
なんて事になったりして(笑)

★(カレンがブリタニア捕虜になって)スザク……。目を細めて、縛られたカレンを見ていたね。あの目つき、これまでスザクが信用していない相手に対して放っているんだよな。でも、事情を知らない人があのシーンだけを見たら、スザク あんたは変○としか思われないぜ
確かにあのシーン、「眼福眼福♪」と思われても仕方ないかも(笑)

★本当にロロはあの兄貴ラヴっぷりが怖いです。嫉妬からナナリーの暗殺とか企てそう・・・
でもルルーシュも最近はすっかり柔らかくなってきてるので、
本当にボロ雑巾にできるのかちと疑問に思えてきました。

Parallel Universe(管理人になにな)「次はお天気コーナーです」
★キョンとハルヒの会話みたいで爆笑した。要するに ハ「あんたは怠け者じゃないの」キ「俺、努力とかしねーし」ハ「あんたのレビューが努力していることを証明しているの。胸を張りなさい」キ「は?俺は何も結果出してないんすけど…」みたいなw他人の努力を認めている人間と、自分の努力を認めない人間の会話。
★補足すると、発言者の性格が音也に近い。「言って分からせる」のではなく「自分から気付かせる」タイプと言えば分かるかな。狂言回しみたいな言葉だし。結論、管理人さんは音也みたいなのとは相性が悪い。三~四割は当たっている・・・たぶん。
★あ~、完全に女と男の会話だわ。発言者を男/女ならかなりの男脳という前提を持てば分かるかな。そうすると、同意や共感の問題じゃあない。管理人=結果としての情熱、発言者=始まりとしての情熱になる。となると、『人の心を大事にする社会にしよう』と個人の自覚を提示した。
★赤木(アカギじゃないよ)の言葉は「天」を読んでいないと分からないな。攻殻機動隊でいう「ゴーストの囁きに耳を傾けろ」。本人以上に本人のことを買っていた他人だったかもね。もう想像だから一割でも当たっていたら優れものの解釈。
★最後に。わざと好意的に解釈しました。理由は二つ。努力の賜物なんてセリフを吐いたのと、赤木とアカギを区別してたから。同じファンの誼。義を見て起こさざるは勇無きなりってね。でも、外れて欲しい解釈だな。そっちの方が気が楽になる

ホント、最近は梅雨らしい天気が続きますね。
湿気が高くても気温が低いなら耐えられるんですけど…
いやいや、こんな事をブツブツ言うなんてもうトシかな(笑)

その他「機動戦士ガンダムΖΖガンダム」
★ZZ、前に見た時は正直いまいちだったんですが…ちょうどCSでやっててまた見たら 途中で送信してしまいました。そうですね…ちょうど後半、20話過ぎたぐらいから面白くて00と同時に見てたのに見た事があるZZの方が先が楽しみで面白いと思うようになったのは自分でも驚きでした。確かに前半はアレですが、そんなに悪くないですよ
★ZZって、当時も苦笑しながら観てたのに、ジュドーとハマーンとの最終決戦とか、プルが最後にプルツーに投げ掛けた台詞とかをピンポイントに思い出すと、ガンダム史上屈指の名作に思えてくるから不思議

ΖΖは確かにOPが「アニメじゃない」じゃなくなってから(笑)の
後半に化けたらしい、という噂は聞いたことがあります。
あと最強のニュータイプであるハマーンを倒したジュドーこそが
最強のニュータイプではないか、と言われてるらしいことも。

★マシュマー「だけは」笑えた?貴公、ナイスツッコミを連発したゴットンをお忘れか。お笑いはボケ役のみでは成立しませんゾ。(ゴットンもボケ役じゃんとかホントの事言っちゃラメッ)
★ZZ、後半は面白かったんですが、前~中盤のお笑い路線が完全に滑ってたんだよなぁ……クスリとも出来ないのはどうなんだ(汗 マシュマー様だけは笑えましたけどね(笑)(こいつだけは最後まであのキャラで貫いて欲しかったかも

ΖΖキャラはほとんど知らないんですよ。
Ζでは抑えられていたのに、ΖΖはビーボォ調が強くなって、
イデオン以来の友謙嫌いにとっては見るのもイヤに…

★そもそもZZの合体機能の実戦データ元はスーパーガンダムと思いますが、あくまで緊急措置の戦闘宙粋での合体をエマ中尉(←カミーユとファしかぶたなかった人)がどっかの馬鹿に見せ場を作ってやるため頻繁に行うから、開発側も「現場のパイロットは戦闘中の合体ぐらいこなす」と思い込んじゃった節が
★そういやZZは合体中に攻撃を受ける場面、結構ありましたね。ジュドー達もせっかく合体変形機構があるから戦場で合体しなきゃならないと思ってた節も。ハヤト・コバヤシがそれを庇って戦死した後は自粛したようですが

ほー、そうなんですか。
いつも思うけど、ガンダムの合体機構って別にいらないと思う。
スパロボから脱却してリアロボ路線を打ち出したくせに、なぜ
いつまでも合体にこだわるんだろうとか思ってましたね。

アクエリオンが作られた時「合体は男のロマン」と言っててたので
アニメ制作者はバカだ、バカばっかりだと思いましたけども(笑)

仮面ライダーキバ
★最近、キックの時にあのかっこよすぎるバンクが入りませんよね……。他の必殺技も悪くはないけど、大村さんの時以来ちゃんと使われていない気が……^^; 他の必殺技はたまにで良いから、もっと夜キックの使用頻度増やして欲しいなぁ
ですよねですよね!?
私もキバがかがみこんでヴァイオリンが流れ始めると、
さぁ空が反転して夜になり、月が昇ってジャンプ&キック…
と思ってるのにいっつも裏切られてちょっとガッカリです。
普通にバンクでいいんだから、あのBGMが流れ出したら
ダークムーンキック出してよ!と歯噛みしちゃいますよ。

★そうです。イクサ戦闘曲で、瀬戸君が歌ってるのですが、753verの販促としてショートサイズ(台詞入り)が収録されてます。 予想の斜め上に突き抜けてましたよ……。やたら上機嫌だと思ったら歌詞が聞こえなくなる程の長い解説をし始め、『フルで聞きたければ俺のCDも買いなさい。…早くしなさい! 俺に二度同じ事を…(ry
やってますか名護さん(笑)
名護さんって演じる加藤くんからも「名護さんは相変わらずです」
とどこか冷めた目で見られているのでいつも笑ってしまいます。

去年、電王の佐藤くんや中村くんや秋山莉奈ちゃんたちのブログを
読んでた間は、まぁとにかく「良ちゃん」「侑斗」「モモちゃん」「デネブ」
「ナオミちゃん」、白鳥さんも「ハナさん」などというように、自分たちの
役名や共演キャラたちの名前をブログにどんどん出してましたけど、
今年のキバチームはあんまりそういう印象がないんですよね。
皆ホントは営業トークほど楽しんでないのかなと勘ぐってしまう。

そもそも主役の瀬戸くんはあまりテキスト自体を書かないしなぁ…
その中でも役名が一番出てくるのは加藤くんと音也の武田くんかな。
武田くんは文章も元気で言うことも比較的まともなので面白い。
加藤くんは意外と純朴な子で名護さんとのギャップが面白い。
一番笑えるのはやはり松田さん(この間はさすがに追悼文だったけど)
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク