FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

久々にルルーシュを簡易レビュってみる

【コードギアス反逆のルルーシュR2 turn11 想い の 力】

今回のギアスはめっちゃくちゃ内容が濃かった!
そしてどんだけぶりの保志きゅんVS緑川の対決にニヤニヤニヤニヤ…
燃える緑川と飄々としたジノに「配役逆やん!」と思いながらも楽しくて
しょうがない。また対決があるのは間違いないので楽しみでしょうがない。

もし今回もレビューしてたらきっとスクライドネタを持ってきたと思うので、
今頃スクライドに見入っちゃってただろうね。そういう奴だよ私は!

アーニャとC.C.、ひいてはマリアンヌにも何か関係がありそうで、
オレンジは自分のメンテナンスにとバトレー将軍を呼び寄せ、
それによってV.V.の能力がどうやら瞬間移動である事も判明。

でもいきなり出てきた「教団」ってなんだよ!
魔女とか教団とか、そりゃ今までにも伏線はあったけど唐突じゃね?
2期は1期のように「実はこうしてました」という、その時点では全く
意味不明な場面がないからちょっと唐突に物語が動く気がする。

天子様を守る星刻が「誰か…!」と願った時は思わず私も不覚にも
「誰か2人を助けてやれるヤツはいないのか!」と思ってしまったよ。
やべぇ、これじゃ私もルルーシュに簡単につけ込まれるぜ…
頼みの紅蓮もいない、こういう時に頼りになるスザクは今は敵、
ならば王自らが動かねばならない…ということでルルーシュが出撃。

まー憎たらしい!
しかもなんだコイツ、やけに正論を吐きやがると思ったら宦官との回線を
オープンにして暴動を誘導していたという抜かりのなさ。なんだ、それなら
そういうデマゴーグ役にこそ玉城をつけておけば完璧だったのに…

天子様を利用しようとするケツアゴとゼロの策略に神楽耶・C.C.・千葉の
まさかの恋合艦隊」が猛反対を唱えるシーンは笑ってしまった。
いや、まぁC.C.はわからんけども…でもそうなんだろうな、きっと。
そしてシャーリーの助言(?)によって、誰かを想う力こそが全ての
原動力になると気づくルルーシュ…って、ええええええええええ!?

ダメだコイツ…早く何とかしないと…

肉親への愛はともかく、恋愛については相変わらずサッパリです。
ま、そこがルルーシュの魅力の1つなんだけどね。

咲世子さん=ルルーシュには「えええええ?」だったなぁ。
ってかチビのC.C.が化けてもバレないのはルルーシュがチビで、
女の咲世子さんが化けてもばれないほど華奢という事になるんだが…
体格とか骨格は変えられないじゃないか!おかしいよそれは!!

今回の女同士のキスといい、トメがチコと同衾しちゃった二十面相と
かぶってて笑った。そういや二十面相は変装ものでもあるっけな。

他にはシュナイゼルの引き際が面白かった。
ここで大勢を得たのは民衆を足蹴にした大宦官ではない…
その判断は確かに正しく、読んでいたということはルルーシュもまた
その方法を取るであろうという事。けれど皇帝はその方法を取らない。
誰かと同じ方法を取らないからこそマーベラスな存在であり続けるわけだ。
それにしてもどうしてもシュナイゼルに注目してしまうのは恋かしら♥

私は実はスザクとカレンに何かあればいいな♪と思ってるんだけど、
R2では2人が接触する可能性がほとんどなくなっちゃったので
さすがにこの2人っていうのはないのかなぁと思ってたんだよね。
(その分、前々回に顔出しで2人が対面した時は何気に嬉しかった)

ところが今回、まさかまさかのそういう構図になったので、もうすっげー
ドキドキもんでしたよ。まぁカレンの拘束ぶりはエロ過ぎて笑ったけど。
パイスー姿での拘束も拘束衣&口輪で転がされるのもやりすぎだ!
どう見てもエロ同人誌の餌食やんけ!いいぞスタッフもっとやれ!!

1期19話でカレンがスザクに聞いたナオトが生きていた意味…
今のスザクは何か答えを見つけたんだろうか?

というわけで物語が学園に戻り、次回はギャグ回のようだ。
頭に変なものをつけたルルーシュとかぶっ飛んでるルルーシュとか…
谷口のギャグ回は大体その後の悲惨展開への布石でもあるので楽しみ♪

【仮面ライダーキバ&炎神戦隊ゴーオンジャー】
それにしても今日のキバはそこはかとなくエロくて面白かった。
1986年組の合コンがエロい。2008年組の合コンは名護い。

弟子になるなら月謝がどうのとか、合コンについても散々
文句をいいまくってた名護さんの「行く!」には爆笑した。
そして無駄にものすごい記憶力にも。サンチュでサンキューまで
完璧に覚えてるってなんなんだ…しかもすごいと言われて嬉しそうだ…

渡くんはめっちゃ可愛い店員さんといい雰囲気で、そうなんだよ、
こういう優しいタイプの彼女が君には一番お似合いなんだよと
しみじみ思った。もしもこのまま2人で幸せフェイドアウトしたとしても、
音也さえいればこの後もキバはなんとかなるよ(酷)

ゆりは次狼の事は好きなんだろうけど、一番苦しい時に傍にいてくれた
音也のことも気になっている様子。次狼と音也のどつきコントも冴えてて
可笑しかった。つかいい男なんだけどオツムが足りないリキがエロ過ぎる。

あとゴーオンジャーは軍平の暴走回と思わせておいて、同期の軍平を
陰ながら手助けする範人萌え回だった。自分が一位になったことより
軍平が一位になった事をあんなに喜ぶとは範人は可愛いのぅ♥

つーかなんだよあの携帯サイトは!
色はともかくアイコンの眼の形がゴーオンジャーじゃねぇよ!!
辛らつ過ぎるコメントに泣けた。あとブルーの浮き沈みは激しすぎる。

そうそう、金曜日の日記に「ゴルゴ13」を入れるのを忘れていた。
ゴルゴ面白いよゴルゴ!深夜のテレ東アニメだというのに、毎回
コンスタントに3%超えってナニゲにすごくないか?ゴールデンの
ケータイ捜査官や銀魂やルルーシュ並の視聴率じゃないか!

今回の話も面白かったなぁ…あれができるのは突撃銃ならではだな!

一言投票所

仮面ライダーキバ
■75「ごうこん……?」からの、一連の流れは爆笑しっぱなしでした。サンチュでサンキューだ!ってアンタ……(笑) あと、あの店員さん…555のヒロインだったんですよ。知らなかったんで、出て来た時はびっくりしました
そこまで覚えてるんかい!と爆笑でしたね。
あーキバは楽しいなぁ、バカで(笑)

ああ、だそうですね。先々週の公式に載ってて、「大きくなった!」
「きれいになった!」とスタッフは皆お父さん状態だったらしいです。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
■C.C.は不思議な感じがするけど、不気味じゃない。可愛らしいところもあるし。しかしアーニャは違う。不気味の一言。そんな彼女ですが、個人的にはここのところのネタキャラ no.1 なんですよね。オレンジよりもいい味出していると思いませんか?
え~?それは我々がC.C.とのつき合いが長いからでしょう。
ドタマ撃ち抜いても死なない女なんて不気味に決まってますよ(笑)

う~ん、私はアーニャはそこまで気にならないなぁ…
自分、やっぱオレンジに夢中ッスから(笑)

■アーニャ……。「想いの力」の最後で、ルルに向かって「おはよう、ルルーシュ君」と言うのを聞いて、怖かった。あんな無表情かつ無機質な声で、見知らぬ人から突然ボソッとあんな挨拶されたら「ひゃっ」と思いませんか? しかも勝手に写真撮影する常習的な癖があり、その対象は恥ずかしいものまで含まれているし
そうですね、確かにちょいブッキーかも。
いきなり写真撮影は困るなぁ(笑)肖像権の侵害だ!

■シャーリー、まさかと思うが、キスで記憶が戻ったのかな。顔がお父さんが死んで、雨でのキスにそっくりだったから。ルルも1話でCCにキスされて記憶が戻ったから
瞳力が記憶消去ならキスが記憶解除キー!?
それにしても野暮天な谷口アニメにしてはキスシーンが多い…
(リヴァでは恋人同士が数回キスしたけど、スクライドは劉鳳の死体に
一回のみ、プラネは二回、ガンソは…ミハエルが一回したかどうか?)

■学園ルルーシュがマジで咲世子さんだったとは驚いた。ルル-シュの思いの力はシスコンですし(あ  予告のも運動神経的にルルーシュじゃないだろうし誰であろうとルルーシュのこと馬鹿にしてるとしか思えないんですが(笑) (二回も間違えて投票してしまいすみませんでした)
ビックリしましたね~、咲世子さんだったにしても仮面の方かと
思ってましたからね。でもあそこでキスする必要はなかったろう(笑)

あ、ミス投票は削除しておきましたよ。

■今話も面白かった。でもやはり前回天子をさらいシンクー一派と敵対した意味がよく判らなかった。最初から協力してればカレンも捕虜になる事なかったのに
むしろルルーシュならあらかじめ星刻に根回ししそうですもんね。
でも星刻は日本にいた時のような宦官を廃する目的があればともかく、
ゼロの言葉など簡単には信じなかったでしょうし、それにほら、民衆の
暴動を起こさせるという目的があったから、まずは「忠臣」星刻の反逆が
必要だったんじゃないですか。ゼロの事だからきっと全部計算づくですよ。

■「そういうことか」って、どういうことだー(笑)
わかったぞ!という感じのルルーシュに吹きました。
女性陣が言ってた事はちょっと違うんだ…違うんだよルル…(笑)

■学園に全員集合する理由が今ひとつ分からない。お遊び回の為だけ?アーニャは伏線通りマリアンヌ関係で何かあるだろうけど。とりあえず、来週は笑いをこらえきれる自信がない・・・
ふっふっふ、ゆとらーの皆さまが大嫌いな「鬱展開」への布石でしょう。

■サヨコはさておき、スザクに続いてジノ、アーニャまで入学とは!
そしてスザクは出てこない…のかな?

■しかしカレンは放置か?まあ、この辺りはルル的にスザクを信頼してるんだろうしスザクとカレンの接触で、またキャラの心情に変化などがあったら嬉しい
カレンは必ず取り戻すと力強く宣言してたので何かしらの動きは
見せるでしょう。つか放置してくれないとスザクとカレンの接触が
短くなるので困る!(主に私が)二人の間にはこれまでの経緯から複雑な
ものがたくさんあるのでぜひお互いの心に何かを残していただきたい。
スザクもまずはゼロがルルーシュなのかどうかを聞くでしょうからね。

■次週、「魔神、飛ぶ」で決まりですね。(笑)てか、ナイトメアって泳げたんですね・・・そこがビックリです
今期はなんでも改造済ですな(笑)

■反則的ナイトメアを出した部分を除けばスクライドネタを筆頭に見所満載。ゼロの綺麗事は絶対、何かあると思ったよな~。コードRやマリアンヌなどの物語の核心にもいよいよ入ってきそう
思った思った!(笑)
おいおい、日本の事さえ考えてないのに、中華連邦の事なんか
何一つ考えてねーだろおまえとツッコミまくりましたよ(笑)

■高度に政治的な判断とやらを、しまいにゃ誰に相談してるんだw
これぞまさしくミス・マープル。

Parallel Universe(管理人になにな)
■「監査法人」より杉浦さんを選びましたので(笑)、見てませんね。ショーンさんのお勧めだし再放送を待つつもりです。ショーンさんもフィギュアスケートお好きなんですね。私もです♪フィギュアの放送は全部NHKでやってほしいですね。勿論、ニュースもNHKがベストです!
私も見そびれてます。NHKはいい作品は再放送がありますからね。
最近はBS-2で民放アニメの再放送をしてくれるので嬉しい。
ビバップ、巌窟王、サムライ7もやったなぁ。本音を言えば特撮だけど
「仮面ライダークウガ」をやってくれんものか…画像綺麗なんだもんNHK。

精霊の守り人
■お勧めの“花酒をタンダに”楽しみました♪今日はタンダ祭りです♪クライマックスに向けて重要な話というのは“ナユグ”のことでしょうか、“バルサの過去”?それとも両方?なんにしろ楽しみです!
A. どっちもです

ま、精霊には無駄な話など1つとしてないんですけども(笑)

声優&俳優「ジブリ映画」
■ジブリ映画は俳優にCVをやらせて批判を浴びる事が多いがムスカを演じた寺田農だけは例外だったかな。「怪奇大作戦2ND」も、この人と岸部一徳のコンビの前に若者が霞んでいたような・・・
もう1人、ラピュタでの「初井言栄」は素晴らしかったと思います。
トトロの「北林谷栄」、紅の豚の「桂三枝」もうまいと思いましたし。
驚いたのは紅の豚の「加藤登紀子」ですよ。あんな美しい声とは!

私は正直言えば不満に思うキャスティングの方が少ないですよ。
たとえば石田ゆり子とか……………あれ、それくらいかな?(笑)

仮面ライダー龍騎
■タイムベントによって再生された世界に不満があるとしたら編集長の渾身の記事が無かった事にされたことでしょうか。折角いいこと言ってたのに(笑)
少し下に同じようなコメントを頂いてます。
そのコメントへのレスも龍騎コメントへのレスでしております。

ブラスレイター
■特番見てて、やっぱりゲルト(融合体)のデザインは格好良いなと思いました。 てか、エレア役の花澤香奈さんってゼーガのカミナギだったのか……(←スタッフロールをよく読まない人
両刀使いはカッコよかったけど、私はやっぱブルーかな。
今回見ていてこの作品は結構ドイツ語名前(だから我々にはちょっと
馴染みのない名前もある)に忠実な発音をしてるんだから、ウォルフも
ヴォルフにすればよかったのにと思いました…でもそれだとジョセフも
ヨセフになっちゃうのでやっぱダメか(笑)弱そうだもんな、ヨセフ(笑)

エレアはゼーガで棒っぷりを発揮した花澤さんですよ~。
ARIAへのコメレスでもゼーガの時の、と書いてあります。
いや、でもこの人本当にうまくなりましたよね。正直ビックリです。
「ムシウタ」の特番で見た時は不思議ちゃん丸出しでトークも
さっぱりでしたけど、今回はツッコミも冴え、美しくないですよ!と
ちゃんとキャラクターのセリフまで取り入れてましたからね。感心。

その他「コードギアス 反逆のルルーシュR2…でもなぜ『その他』?」
■ルルーシュは異性と付き合えるんだろうか。作中、異性と会話が成立していない状況がよく見られるから。確かに毅然、機転が利くという長所があるが、いずれも交際相手の自分そのものを見てくれることとは全く関係ない。この作中、お互いの内面を理解した恋愛があったのはスザクXユフィぐらいか
そうですね、確かにルルーシュには恋愛要素は欠落してる感じもします。
でも愛情がないというわけではなくて、ナナリーには肉親の情、そして
C.C.には大いなる共犯者意識と少しの疑念とわずかな好意…かな?
一番恋愛に近い気持ちを感じるのはやっぱシャーリーじゃないでしょうか。

スザクとユフィも単に恋愛というよりは、「互いの魂の価値を認め合った
よき伴侶」という、高い次元で理解しあった関係だったような気もします。

PERSONA - trinity soul -
■やはり、この作品は、キャラの掘り込み、掘り下げがとても上手い。なぜ拓郎のペルソナが制御が難しかったのか。めぐみがペルソナを出したがらなかったのは。ちゃんと理由があり、それを克服したと描写されるから。キャラが生きている
正直、「今回はクライマックスに向けてどうするんだろう」と
全然読めなかったんですけど、ちゃんと話がまだ繋がっていて、
伊藤さんがカナルの事を知り、九条の計画がまだ生きている事、
戌井はスパイとして放たれていた事、真田と慎の会話によって
諒の行動についての統一見解がちゃんと示された事(=視聴者の
推測が検証される)、拓郎のペルソナがギャグのようにいつも彼を
連れ去るのは心が臆病だったからで、恵の力が誰かを守る時に
強い力で発動する(=ペルソナは精神の具現化)ことも明かされ…

本当にストレスのない作品。
そして海辺でたった1人、妄想と言うよりは「あの日奪われてしまった、
ありえない想い出」に浸る慎が消えてしまったラストはズキンとしました。

いよいよ最終回。ホントに楽しみです。

Parallel Universe(管理人になにな)「ショーンさん」
■ひゃぁぁぁぁあ…!!!そんなこといわれてしまったらどうしたらいいのかわかりません(>_<)えっと、ありがとうございます!!!くずし字のお話こそ面白かったです!まだ辞典見付けられてないですが…(笑)私も 続く→ 続き→ NHK大好き(?)です!フィギュアスケート(大ファンなんです)の実況とかも他とは違いますし!監査法人面白いですよ!!! えっと、ともかくみなさんとお話しできたのはとっても楽しかったです!!!になになさんもともさんもありがとうございました!
いえいえ、お忙しい上に教科書が高くて大変でしょうけど(笑)
頑張って勉強してください。もちろん息抜きも遊びも恋愛も!

「監査法人」、今週もNHKを回したらED流れてて
「あ、しまったまた忘れた」とガッカリズムでした。
NHKは競馬中継も静かでいいですよ。
天皇賞やダービーや有馬などは必ずNHKで見ます。

その他「ガンダム三択」
■ガンダムの三択質問第三弾!ハロのセリフでまず思い浮かぶのは?(1)「アムロ、ゲンキカ?」(2)「ヤベーゼ、アニキ」(3)「ロックオン、ロックオン」(4)それ以外
それだと三択じゃないんですけども(笑)

■ガンダムの三択質問第二弾!「死神」の異名を持つガンダムキャラでまず思い浮かぶのは?(1)デュオ(2)サンダースJr.(3)ユカ・マイラス
すいません、誰も知りません…

機動戦士ガンダム00
■突然ですが、になになさんにガンダム関係の質問です。ガンダムの酒豪(飲んべえ)キャラでまず思い浮かぶのは?(1)ミーシャ(2)モンシア(3)スメラギ
モンシアってそんなに酒呑んでたっけ?と思ってしまったので
やっぱり酒瓶が印象的だったミーシャかなぁ…でもスメラギも
乱れるところはなかったけどいっつも呑んでましたよね…

ちなみに種ではフラガはかなりの酒豪のような気がします。
意外と弱いのは虎とナタル。酒好きだけど乱れるのがマリュー。
ラウとギルは陰険な禅問答をしながらチビチビといつまでも呑む。

小説「北方水滸伝」
■確かにコードキアスは北方水滸伝みたいですね。ジャイアントロボでおなじみのキャラも多数出ますが、呼延灼・楊志・鉄牛(李逵)らはかなりかっこいいものの、戴宗・黄信はあまりぱっとしません。彼らのファンはがっかりするかも
むしろGロボは水滸伝を読んでないとさっぱりわからないッスね。
まぁ読んでても楊志には「ええ~?」と笑いましたけども。

■今更ながら、北方謙三の水滸伝にハマりました。物語として破綻してる原作を解体・再構築して全く新しい作品に生まれ変わってる印象です。同じピカレスクロマンの「コードギアス」にも通じる所があったり…
中国の小説は多かれ少なかれそういうところがありますから、
日本人の筆によるものの方がキャラクターなんかも感情移入
しやすくなってるのかも…とはいえ私は読んでいないのですが。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■なんだかんだ言いつつ、「○○は種(種死)とは大違い」って意見が出る以上心に残る作品ではあったんだよなぁ。別に↓の方だけを指してるわけでなく、この言い方は自分もよく使うし、ネット上でよく見かけますし。ここまで印象付けるってのは、なかなか出来ないことだし、素直に悔しい
あははは、確かに(笑)
私も「やっぱり種の影響力はすごいなぁ」と思いますよ、素直に。
これだけの情報が溢れている昨今、人に何かしらの影響を強烈に
残す事自体が難しいのに、たとえ悪い印象でも怒りや嫌悪でも、
5年も6年も前の作品なのにここまで残る事は稀有でしょう。

私は不満も多い反面好きでもありますから悔しいより嬉しいかな♪

その他「太陽の牙ダグラム」
■「ダグラム」をレンタルで観た。絵がボロイ、ロボアニメとして燃えない…のに政治劇、群像劇として凄まじく面白い。思惑を巡らす大人と、ビジョンを持たぬが真っ直ぐな若者の対比。「大人のレベルを下げ」「平和な時代を築く努力は放棄」「でも英雄扱いされ」「その癖、武装解除もされてない」種とは大違いです
うわ、ダグラム懐かしいッスね~(笑)
私は本放映以来見た事がないのでほとんど記憶もないですが、
80年代がリアルロボ時代と言われるのは、設定がかなりしっかり
してて、理不尽な政治劇や大人のドロドロした思惑などが所々に
混ぜ込まれてたんですよね。100年戦争が背景にあるボトムズも、
異星人との交渉物だったレイズナーやバイファムも、今思えば
「子供には難しくね?」みたいな設定がゴロゴロしてましたっけ(笑)

種はきちんとした大人がいなかったというのはいただけません。
シーゲル・クラインなんかは政治哲学を持った人間として殺す必要性が
全くなかったと思うし、アスランも父とはちゃんと対決すべきだったし、
ウズミに至っては「なんでそこで自爆してしまうん!?」みたいな(笑)

xxxHOLiC◆継
■ようやく一気に全話視聴。静かな作風がようやくわかるようになってきました。最後のひまわりちゃんのワタヌキを救うために傷をもらって、それでもお互いに会えて良かったと言う。凄く美しいシーンだった。あんな酷い傷なのに、それが救いになって
ひまわりちゃんが真実を告げる時、ずーっと笑ってるのが哀しくて、
それでもワタヌキが俺は変わらないと言った時の怒りの表情は
大切な人が自分の傍にいると不幸になるという恐怖心からで、
共にワタヌキの命の対価を払うことに決めた百目鬼には穏やかで、
ミセを出ると同時に、色々な想いが溢れて涙が止まらないシーンには
ぐっときました。女の子なのにあんなに酷い傷跡が残る事すらも、
かけがえのない友達を救うためなら払えないものではなかったと。

やはりHOLIC、やってくれます。

マクロスFrontier
■あなたはまだ > 劇場版マクロスで一条がミンメイを説得する(?)場面だと思います。個人的には「えっ!?あれで納得しちゃうの?」だったけど
そうでしたっけか。こっちもえらい記憶があやふやで申し訳ない(汗
劇場版のミンメイのふられっぷりはちょっとカッコよくてよかったです。

ってか今回のアルトの選択はちょっとムカつく。
シェリルのやり方が姑息で気に入らねぇんだよ。なんだよあれ。
ランカがチケットを渡そうとしてるのをちゃんと知ってたくせにさ。
(日付は知らないにしても誕生日近辺を狙うあたりが姑息だっつの)
それにアルトもアルトで親父と向き合う事から逃げまくりやがって。
おめーも根性ねーよ!本気で芝居をやらないならケリをつけろよ!
地道に努力してるランカは偉い。応援したくなるの、わかるだろ?

う~む、ここまでツッコミまくって見ているのは楽しんでいる証拠か…(笑)

■何故か「あなたはまだ演じ続けてるじゃないですか」のセリフであやかしあやし思い出しました。なんか近い台詞ってありましたっけ?あれ?
妖奇士ですか?えーと、あったっけか…うーん、あったかも…
すいません、いい加減で。でも長い間色々なものから逃げて
ばかりいた往壓にはそのセリフは似合うかもしれませんね。

Parallel Universe(管理人になにな)「鬱展開はゆとらーの天敵」
■最初で最後のコメントです。「鬱展開どんとこい」という姿勢が格好良いです。自分の好きな作品はそんなかんじだったので。一言投票所の運営お疲れ様でした。これからも応援しつつ、閲覧していきます。ガングレイヴが好きなmotでした
格好良いなどと言われると恐れ多くて恥ずかしくて尻を隠さずですが、
物語に必要であればキャラクターが死ぬ事も泥水をすする事も決して
「鬱展開」などではないと思います。ガキくさい声に負けず、制作側は
これからもこういった「物語性の高さ」を追求していって欲しいものです。

「ガングレイヴ」はこの4年間の中でも明らかに傑作に入ります。
世間的に見ている人が少ない事と、マッドハウスにしては作画が珍しく
崩れていたせいで評価が微妙ですが、わかってる人にはわかってる!
そういういぶし銀的作品としてこれからも語り継ぎたいものですね。

その他「夏の新番組」
■そろそろ新番組の情報が気になってきましたね。私は「夏目友人帳」を楽しみにしてます。最初の頃の原作を読んでないので、序盤のエピソードが気になっていたので♪
私も実は「夏目」が気になってます。
「蟲師」と「百鬼夜行抄」の間のような雰囲気があるのかなぁと思ってます。

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~
■全員での総攻撃は燃えまくり……爽快感すらありました。アーメイの槍のシーンは、こっちまで「うおお!」と唸ってしまいましたよ。いやぁ、ほんと面白かったです。 二期でコケずに頑張れGONZO!
あ、全く同じ同じ!
私もまさかあそこでアーメイの残された槍が鍵を握るとは!
ホント、面白かったですよね!いや~、去年とは大違いッス。
巌窟王といい、やっぱりGONZOはなかなかやらないけどやれば出来る子!

■最後だから生で(地デジで)見たけど最後じゃなかった(笑)。でも興奮、とにかくリアルタイムで見といてよかった。(二期決定を全くのネタバレ無しで見たのは)まさかまさかとは思ったけど、あのOP!そういう事かよ!!(笑)いやでもTVシリーズだよね?
↓あまりに興奮しすぎて文章まとまってないまま誤送信。二期決定の知らせを、全くの事前情報無しでTVで見たのは何気に初体験だったので、胸躍りました。事前にまだ終わらないと知っているのと、最後まで見てから初めて続くと知るのでは、二期への心持ちが全然変わりますね。良い裏切られ方をした

TVシリーズ…だと思いますけど…どうなんだろ?
私もリアルタイムで見てて、謎も満載だし裏切りもなさそうだし、
メルトなんかは没落貴族というだけで掘り下げが足りないまま
ここまで来ちゃったけど、ドルアーガを倒すために一致団結、
しかもアーメイの残した槍で仕留めるという燃える展開だし、
このまま綺麗に終わるのかなぁ…と思った途端のあの仕打ち!

そりゃ終わらないとは思ってたけど、無理ありすぎとも思ってたけど、

やってくれるぜGONZO!

おかげでニヤニヤが止まらず、来年とはいえ二期が大変楽しみです。
でも正直この監督には、ここまでの力量があるとわかったから
「ブレイブストーリー」の完全版をTVシリーズでやって欲しいよ。

■うわぁ……やっぱOPのアレってマジだったんだ……(笑) いや、マジで面白かったです。ずっと鳥肌立ちっぱなしでしたよ…。 でも一年後か……長いなぁ
「2009年7月公開ってなんだよ」と笑っていたアレが
まさか本当になるとは…やってくれるぜドルアーガ!

Parallel Universe(管理人になにな)「こうなったら少佐に叱ってもらおう」
■努力しない怠け者:攻殻機動隊に「種をまかずに、実だけ食べる気か」というセリフがありましたね。座右の銘にしたいものです(笑)
きゃー、それは超絶怠け者の自分の耳にも痛い痛い痛い!
分相応の実を食べるために、日々分相応の努力をする事にします。

その他「オタいじめ」
■オタ同士のネットや雑誌での争いではなく、身近なオタ友人同士の争いという意味なんです(笑)昔のオタはクラスに数人だったからオタ同士で「いじめ」なんてなかったでしょう?でも最近はクラスの1/3ぐらいオタなので、いじめが発生するんです。続く
続き>子供達と先生だけでは解決できなそうだったので私が介入して終わらせましたが、回避法はともかく対処法は実際にいじめにあって乗り越えた人じゃないと身に付かないと思います(苦笑)ちなみにいじめる側の人間はいじめてる自覚がないので、背景や仕組みを考える事なんて無いんじゃないかな?

クラスの1/3がオタなら既に「オタ」というくくりも必要ないのでは…
まぁオタ同士でも優劣はあるでしょうから、オタがいじめをしないなんて
ありえないでしょう。2chの皆さんの攻撃的口調を見ればわかるし(笑)

いじめの一番の対策はストレスが多く、フラストレーションが溜まって
病的に攻撃的な連中をつるませない事じゃないかと以前申しました。
大体クラスって私たちの時代は40人とか50人レベル、学年だと
200人から400人いましたけど、今はその規模じゃないんですよね?
だったらバラけて1人で何でもできるようにさせればいいじゃん。

Parallel Universe(管理人になにな)「社会が原因?」
■になにな様の日記に全くもって同感です。自分がうまくいかないのは社会や親や生まれつきの容姿のせいにして努力することから逃げるばかりか、頑張って生きている他の人間の人生奪った某犯人と犯人を社会の被害者扱いする人たちに吐き気がします。
思春期の子供は「実はあなたは選ばれた人間です」とかいう棚ボタフィクションの影響を受けやすいものですが、現実に直面して「生きにくい世の中だ」と思うか自分の甘さを恥じ入って改善に努力を向けるか…百万長者でなくともそれなりに生きていけるのが日本(高齢者問題は別)。以上年収200万以下の人間の意見です

私はやはり、「努力した人に報いがある社会」であって欲しいと思います。
たくさん稼いでいる人は税金も驚くほどたくさん払っています。
税の公平分配は社会の格差を解消するために必要ではありますが、
その格差を埋めようという努力もしてもらわないと困りますよね。

仕事がないという人にこういう仕事を…と紹介すると、給料に不満、
休みがない、遠いなど、不平不満ばかり述べたりするので驚きます。
きみは今選べる立場かと。仕事があるだけマシだろうと。就職しても
「人間関係が云々」「仕事が合わない」など、ひどい時には数日で
辞めてしまったりするので驚きます。放置すれば将来障害を負うことが
わかりきっているのに、メタボ対策も面倒な糖尿病の治療もしないような
自己管理能力が欠如している人があまりにも多くてゲンナリします。

これは努力とは少しはずれるかもしれませんが、日本は相続税が
高いので、そんじょそこらの収入では自分が生まれ育った家がある
土地を相続しようにも土地の価格が高くて相続税を払いきれず、
生まれ育った土地を泣く泣く手放す人までいる始末です。

「相続税を高く設定して公平性を保つ」ためですから仕方がないと
泣くしかない。それでも違う土地から来た貸家暮らしの人からは、
「土地を持ってる=勝ち組だ、相続で取られて当然だ、いい気味だ!」
と石を投げられる。なんだか心根が貧しい、哀しい話ですよね…

Parallel Universe(管理人になにな「苦労させたくない親」
■最近、若者があたりまえのように持っている > 勘違いしてる親の言うセリフ「子供には苦労させたくない」にも原因がちょっとはあると思います。 <訂正> 勘違いしてる親の「苦労させたくない」にも原因がちょっとはあると思います。全ての苦労や努力が大事とは言えないし、結果として徒労に終ることも多々あるけれど、何の苦労もなしに上手くいくことってほとんど無いですから
なるほど、確かに仰るとおりかも。
「苦労させたくない」と「過保護」は意味が全然違いますよね。
苦労も努力も失敗も挫折も子供の成長には絶対に必要です。
もちろん何も虐待や折檻などをして無理やり味わわせる事は
ないけど、日常の中にはこんなものいくらでもあるんですから。
頑張った子は親が褒めてあげればいいんですよ。社会に出たら
頑張っても誰も褒めてくれないなんて事は多々あるんですから、
子供の頃は頑張ったらたたとえダメでも親が目一杯褒めてやれば
いいのに。頑張ればいい事があると教えてあげて欲しいものです。