FC2ブログ
2007/10/27 (Sat)  20:23

トイレットペーパーの芯は慎重にほぐせ(破れるから)

白熱のウンコバトル!!

バカだろ、アイツらバカだろ!!!
原作も最高にバカすぎて転げまわって笑ったけど(しかも近藤のオチが
結構よくてやられた感が強い…特にあのエピローグに繋がると思うとね)

完全に原作の斜め上を突き抜けていったね。ホントにバカだ(笑)

くだらなすぎる駆け引き、紙やすりによるケツ磨きの葛藤、
孫悟空や伯爵の妄想などに加えて遊佐っちの壊れっぷりと
アニメならではのスピード感で原作を超えたかもしれん。
原作は「アニメでこれやれるもんならやってみろやゴルァ!」と
意気込んで書かれたシモネタなのに、
軽がると超えて行きやがったよ!
ガルマとかマジずるいんですけど!
サンライズずるすぎるんですけど!

木曜日に見られなかったので他の人のレビューも読まずに
楽しみにしてたけど、いや~、やっぱ銀魂最高だわ。
ってかなんかシーズンごとに笑いのレベルが
アップしてるみたいで怖い…原作に手を加えるコツも
わかってきてるみたいだし。ストックがあるうちは安泰かな。

働きマンはアニメではなかった田中のエピソードだったけど、
原作どおりだったのかな?もこみちにはもっと粘って欲しかった。
あと気になってるんだけど、菅原怖すぎね?(笑)中井さんは
チンピラ風の声なのに不思議な柔らかみを醸し出す人なので
「怖いけど怖くない」菅原だったけど、ドラマはいっつも
何しても怒鳴ってるだけというイメージばかりで怖いよ(笑)

でもさ、「仕事をしない」のが新人ならいいよ。
新人は怒れないと言いつつもでもやっぱ格下じゃん。
怒りつつもこっちは余裕持てるじゃん、上だから。

でも松方、新しく来たやつが50のオッサンでよー、そんでもって
仕事は覚えねーし、まず一番に動かねーし、電話も取る気ゼロ、
こうしたらどうでしょうとアドバイスすれば超不機嫌になって
「じゃあさ、あんたがやれば?あんたがやれば問題ないでしょ?」
とモロに言ってくるヤツだったらどうすりゃいいんだよ(笑)
ビックリしたわ。もちろん私はそういうヤツを操縦する方法も
知ってるのでイラつきながらも折り合ってるけど。大人だから♪

死化粧師は「暖めてあげる♥」がサービスシーンなのかと
思ってたけど、もしかして心ちゃんのシャワーシーンこそが
サービスシーンなのかも(笑)しかしあの子胸板厚いな~。
薄型の日本人には珍しく体に厚みがあるタイプなのね。
ってかあれは脇の殿下こと小野寺昭と国生さゆりがいいんだね。

あ、マクロスの2話目も見つかった。HDDいじってる間は
録画が見られないのでビデオの方を見てたら入ってた。
しかしリン・ミンメイはヒロイン以外の何者でもないよなぁ…
あそこから「おばさん」の大逆転ホームランとは予測できないって。
本放映の頃は女の子女の子したぶりっこミンメイが嫌いだったけど、
今見るとやっぱ可愛いわ。ってかヘタレマンの輝にはお似合いだよ。

ここ数日はそのHDDの整理で忙しかった。9月の最終回や電王など
溜め込んでいたものをDVDに焼くための準備がとにかく大変で…
チャプター分割や取捨選択や残時間の穴埋めや…大雑把なくせに
こういうのは変に凝るのでついつい時間がかかってしまう。
睡眠時間削ってひたすら編集三昧の日々に疲れた…

でもこれやってるとチャプ切りの時はもちろん、サムネイルを
どこにしようと探したりするから自然ざっと見返す事になる。
グレンラガンやエイジやおお振りがもう懐かしくなってる。
精霊の守り人は全話コンプ。サムネイルはサブタイのバルサ。

録画はRAMに焼いておいた1話とセットにするので、グレンラガンの
1話の「天の光は全て敵…ですか…」というセリフも確かにチェック。
ってか1話目のシモンの大人声がまだシモンっぽくねぇ~(笑)
おお振りは1話と24話を保存したけど(25話は時間が押したモノノ怪の
最終回を優先録画したので仕方なくビデオ録画になってしまったのだ)

やっぱ1期OPの「ドラマティック」と2期EDの「ありがとう」がいいな。
エイジのラストは感動的だ。
当時より今の方が感慨深いのはレビューを書くという
ほんの少し冷静さを残した眼で見てないせいかもしれない。

銀魂はようやく一枚のDVDを埋めるほど溜まったので全部焼いた。
基準はその時のEDがあること。「風船ガム」とかめっちゃ久々に
聞いたよ。あの時のガムを噛んで浮いてる沖田がすっげー好き。

エリザベスのブレイクダンスが可愛い「ミスターレインドロップ」
そして「修羅」が出るまでは私のNo1ソングだった「雪のツバサ」は
やっぱりいい曲だった。あれ、ナニゲにいいよね。疾走感があるよ。

キャンディラインは歌はどうでもいいが銀八先生の絵が楽しい。
そして「修羅」はやっぱり素晴らしいし、前回の「奇跡」もいいね。
今の歌はまだ聞きなれてないけどこれもこれでいいんじゃないかな。

ちなみにパー子の回はヅラが口紅の色が惜しいながらも美しいから
保存してあるので、今回ツンでゴツいパー子が出た時は吹いた。
実はこの時の穴をくぐるシーンでヅラはスルリと抜けて銀さんが
ばっちりハマったシーンが結構萌えなんだよね。いや銀さんじゃなく
ヅラが銀さんより細くて華奢なんだってのがなんとなくいいなーと。
銀さんの方がヅラより身長高いしガタイもいいので無理はないけど。
(実際の桂小五郎は174cmで、160cm平均程度の当時としてはかなりデカかった)
高杉は実際の晋作同様やや小さく描かれているので、辰馬もきっと
デカいんだろう(龍馬は6尺越えの大男だった)銀さんは1人だけやたら
時代が古いが(笑)金太郎だけに辰馬と同じくらいありそうだ。

電王は全部は取ってないけどそれでもディスク2枚が一杯になった。
牙王が「もう飽き飽きした」と言ってた事や、オーナーが全てを
覚えている事が幸せとは限らないと言ってたりと、時間からこぼれた
漂流者や放浪者だけではなく、時間や記憶のループに捕まる?者が
いるような事を言ってたんだなと改めて思ったり…どうなんだろ。

いつもなら今頃は新番組に追われて終わった番組を振り返るなんて
余裕は全くなかったので(それゆえに感想率調査はとても楽しかった)
今年はDTBとかエイジとかグレンをゆっくり思い返すのも悪くない。
新作がイマイチなせいもあるけどね。合格のカイジともやしもんって、
どっちも原作付だしなぁ…あ、あとガンダムね。あれはいいものだ。

ところでネウロの爆弾魔ヒステリアってあんな話だったっけ!?
あれぇ?私ジャンプで読んだ時となんとなく印象が違ったんだけど、
あんなんだったっけ?(まぁジャンプでの記憶はアテにならんけどね)

鷹の爪団のBOXのCMで総統の棺桶に爆笑した。トバしてんなぁ。

まぁこんな感じでノンビリしつつ、友達と飯食いに行ったり
買い物に行ったりの毎日。今週は映画の時間が合わなくて
結局見に行けなかった。ストレンヂアとか面白いのかな?

あと先週布団を干して窓掃除やカーテン洗いを全てやり終えた
自分は勝ち組だと思った。ってかこの季節の台風、寒いよ!!!

一言投票所

電脳コイル
●ここに来て新キャラ登場ってことはないだろうから、やはり「彼」なのでしょうね…
ヤサコの「男の子が皆、あなたみたいだったらいいのに」が
キョーレツな皮肉になるわけですね。それに対抗するのが
ハラケン亡き後(死んでねぇ)のダイチだったら男の子喝采!
ってかダイチもっと活躍してくれないかなぁ…

銀魂
●銀魂に出てくるキャラクターって、
バカばっか、とか?(笑)

●一言言わせて貰おう。バカだろ(笑)←褒め言葉
もうね、ホントね、死ぬほど笑いましたよ。
これ、紙じゃん…までのテンション張り詰めっぱなしのバカ2人の
会話といい最高。原作でも東城はもっと使って欲しいな~。
もう九ちゃんあるところ東城ありでいいと思う(笑)

ヒロイック・エイジ
●DVDが各巻2話収録ということで購入する気が失せました。思わぬところでファフナーからの退化が!?(汗)
一巻2話なんて今時許せませんな!

ジャイアントロボ
●銀鈴の首飾りは結局、兄妹の確認以上の意味は無かったな。イヤリングは大作が形見にしたからこっちは村雨が持ってる?外伝では(自分が着る為)彼女の部屋に忍び込んでミニチャイナを持っていった村雨であった…
犯罪ですよ村雨さん!(笑)
そういえばあれ、何かの鍵とか意味があるものなかと思ったのに
大した役目はなかったですね。最初は考えてたのかもしれないけど。

機動戦士ガンダムOO
●阿部君声の金髪坊や、メガネッ子、チャイナッ娘といったあだ名で覚えてしまい、未だにキャラ名が覚えられず・・・恐らく互いの名前を呼びあわない為だと思うんだけど。種のように互いの名前を叫び続けりゃいいってもんでもないし(笑)
だがそれがいい

オレンジを御覧なさい(笑)

ひぐらしのなく頃に解
●↓園崎組(通称)は園崎家(あるいは雛見沢村ゲマインシャフト)とは直接の関係はないですよ? 単に茜の嫁ぎ先というだけで。(しかもそのせいで茜は勘当された) まぁ種が明かされるとホラーとして楽しめないのは解りますけど
勘当されてたんですか!へ~、それは知らんかった…
ん~、そんなに大切な事だったかな?むしろ沙都子の事件の時など
力を借りればあのチンピラを片付けるのは簡単だったんじゃと
思ったりしますが…まぁそれがうまくいかないように北条家の
設定があるんでしょうけども…そういえば北条の家の者が綿流しの
夜に死んだだのいなくなっただのと最初に聞いた時より、あの家は
問題の根がやたら深くてちょっと驚きましたね。後付?(笑)

★感謝LINK★
ひねもす のたりのたり

なんと「忘却の旋律」で探し出して頂き、リンクしてくださっていた
立花まこと様のレビューサイト。私はこちらで初めて、レビューにも
「女性向け」というものがあることを知りました…男性の男性による
男性のためのレビューはなんとなく萌えやエロでわかる気がしますが
女性用というジャンルもあるんですねぇ…ホント、知らなかったです。

とはいえそういった傾向をおちょくるレビューという意味では、私も
ファフナーは散々いじり倒した(むしろ種よりずっといじった)ので
同じ仲間に入れていただけるのかも!?まぁぶっちゃけ面白ければ
なんでもいいと思います。そして立花さまのレビューは面白いです。

面白くないものはビシッと変!と言ってくださるのも気持ちいい。
ここまで勢いがある文体は、ネットでは意外とお目にかかれないので
楽しいです(勢いだけでも何より面白くなければダメだし)

それとハマったアニメなどを見ると古いネタがわかるのも嬉しい。
「マクロスとおけいこ時間が重なるピアノをやめた」に吹きました。
多分年代がそれほど離れていないんでしょうね。
お互い昭和の香りがプンプンするぜ~って感じです。

なんとなんと、ゲストブックに書き込んで頂けて感激したものの、
私からは何のご挨拶もせずに大変申し訳ありませんでした。
本当はずっとこっそりと通っておりました。
そしてこれからもこっそり通い続けるつもりです。

***更新***

マスターキートン 第33話 天使のような悪魔 UP