FC2ブログ
2007/12/20 (Thu)  00:24

早く寝たい

「1996年」!
そうだったのかああああああああああ気づかんかった…
本放映時ももちろん、あの映像は一体なんの意味があるんだ?とは思ったけど、何にも気づかなかったなぁ…ってか考えもしなかったし。

桜井が向かった丸の内線の西新宿駅が開通したのは1996年。

1993年に侑斗は16歳。
1996年に侑斗は19歳。
2007年の侑斗も19歳。

な・る・ほ・ど…そこまでちゃんと考察してないもんなぁ、私は。

2クールってあんだけドタバタ楽しかったのに、
かなり色々伏線が混ぜ込まれてるじゃん…
それに、愛理さんが単に記憶を失ったのではない事は
既に14話で出てたんだなぁ…三浦の催眠術で少しだけ
記憶が戻りかけてるもんね。

そしてこれを見てちょっとビビったのは侑斗がデネブに言ったセリフ。

「忘れる方だって、辛いんだ」

これを聞いた時、「でも忘れる方は『忘れる事』自体を
知らないんだからやっぱり別に辛くないよな?」と
思ったわけです。デネブも後で知ってショックを受けたわけだし、
普通は忘れた事にすら気づかないわけだし…

でも相手が「自分が忘れると知っている」としたら?
自分が忘れる事が必要であり、必然であると悟っていたとしたら?

ひー!なんか恐ろしい考えになってしまった!

これで次は2話単位の桜井編、そして4話構成の侑斗編に
入るので新しい情報が飽和したところでなんとなくうやむやになって
映画に突入しちゃうんだよね。そして映画のあのクライマックス大混乱
パワーに押されてるうちに、賑やかな夏が終わって再び謎が表面化し、
3クール中盤に繋がっていく流れなのね。なるほど、よくできてるわ。

追記レビューも残り4話程度。
というか、16話からはもうレギュラーレビュー化しているので、
もはや余計な追記をする必要もないほどよく書き込んである。
むしろそろそろ前に書いたテキストを壊したくないかも…
メインになるのは追記というより補足やセリフの直しかな。

書かないにしても見る。桜井&侑斗関係はそれこそ忘れてた設定を
思い出しそうで怖いけど、日曜日までにはちゃんと見ておく事にしよう。

そりゃもうこれだけの仕事をする脚本家があと組むとしたら…ねぇ(笑)
私なら当然大好きな「彼」を推すに決まってるじゃないですか!!

仮面ライダー電王Climax!人気投票

無言投票もOKです。
ただせっかく「必殺技!」などを選んで頂いても無言だと
表に出ないので、私の方でコメントにスペースを入れてます。
ご自身で全角スペースを入れて、「決めゼリフ!」など
選んだものを表出させてくださってもOKですよ!

野上愛理
◆あの姉にしてこの弟あり。あの両親にてこの姉弟あり。早くに両親を失って、苦労も多かったと思うけれど、野上姉弟のほんわりした、それでいて真っ直ぐな心はとても素敵だと思う。次回はその愛理さんの失った記憶について、謎が明かされそうで、楽しみでもあり怖くもあり。湖のシーン、ずっと気がかりでしたから
借金を背負って、「覚悟決めなくちゃね」とキッパリ言った時の愛理さんが結構好きだったりします。良太郎以上にお姉ちゃんは大変だったと思うんですよ。
10歳も離れてるならともかく、たった4歳しか離れてないのに頼りなくて気の弱い良太郎の母親代わりでしょう?やってられっかですよ、普通なら。

あと大喧嘩した時の良太郎の甘ったれっぷりが可愛かったですね。
愛理さんがジュースを入れてるのを見てチラッと気にしたのに、自分で飲んだのを見て飛びだしちゃうトコ。リュウタとどっこいじゃん!

いよいよ核心です。楽しみです。体調を整えて見ましょう!
きっと最高のクリスマスを迎えられることでしょう。

ウラタロス(U良太郎)
◆ウラがいないと話が進まない。他のときたら、瞬間着火単純馬鹿、早合点のドジっ子、危険なクソガキ(笑)。ハナさんは真剣すぎて契約者怖がらせちゃうし、いくら良太郎が頑張っても、早々に脱線してしまいそう。電車戦も乗りや勢いじゃなくて、適材適所という感じで渋い。ライダーキックも眼福
なんだかんだで美味しいトコは全部ウラですからね。空気どころじゃないです。それに今回4イマジン登場回を見返してレビュー追記を行った結果、一番の曲者はウラタロスだったと判明いたしました。

4タロスは全員が全員時の運行を変えることにはサーッパリ興味がないのは同じですが、モモ、キンちゃん、それにもちろんリュウタは頭の中に入ってくるカイの命令にとりあえずは従ったわけです。
しかしそれを全く無視したのがウラ!

本当にシカトですよアイツは!願いを聞く口上もなし。
なんだかんだで強いし、初登場時はモモにも口ゲンカも肉弾戦も負けてない。最近はモモに譲ってわざわざ戦おうとも思ってないけど、実際戦ったらいい勝負っぽい…やっぱアイツ、隠れた大物なのかも?

ハナ
◆吊るされて暴れるコハナを見た時、これがハナだったらなあとか、思ったんですけどね。「かわいい足だな」イマジンを、美脚回し蹴りで沈めるとか、そんな感じで
「綺麗な足だな…」とか言われたら笑いましたね。足フェチイマジン現る!
ハナさんだったら捕まる前に蹴りが入ったでしょうけど、落っことされてキンちゃんにお姫様抱っこされるハナさんも見てみたかったですなぁ…

キンタロス(K良太郎)
◆リクエストした台詞、台詞入りのダブアクだけで本編に無かったかも…すみません。ハナさんにではなく、「(契約者の願いを、空手と早合点した、俺は)アホやなあ」、の部分が、なんとも言えず好きなのです
私もちょこっと見返してみましたがなかったみたいです。

しかし、私9-12話は正直これまで過小評価してました。
見返して驚きました。こんなにいい話だったんかいと。
特に9-10話はいいですなぁ…味わい深いスルメみたいな回です。

永 徳【大岩永徳】(ウラ)
◆U良太郎よりもイマジン体のウラが大好き。あのクネクネ具合がたまらない。もうほんと大好きです
クネクネてwwwwwwマジで歯磨き粉吹きました。
パソ前で歯磨きしてはいけないと思いつつついつい。

ジーク(W良太郎)
◆我が歌、我が電車は無いのか?
「ジークの子守唄」、カップリングは「おふくろさん」で。
電車は当然羽つきですよね!んでパンタグラフが白鳥の首なの。
別名「おまる電車」誰かプラレールで作ってやってください。

モモタロス(M良太郎)
◆「俺のバイク、デンバードォォーー!!」 腰押さえポーズと必死な声に爆笑! イマジンは敵方も味方側も含めて、ちょい抜けたオモロイ奴らばかりなのだけれど、そのなかでも群を抜いてクライマックスに愛らしいのはモモタロスだと思います。ドリンクを選ぶ時、つい桃系に手が伸びるのは、この赤鬼のせいだ
あんなにも派手にぶっ壊れながらも翌週知らん顔で元に戻っていたデンバード萌え。いいんだ!人の記憶こそが時間なんだ!

敵のイマジンも1話1話丁寧に見返していくとどいつもこいつも
やってる事はけしからんのですがおもろいヤツらばっかりです。
クラストイマジンの弱さときたら!オウルイマジンの勤勉さと
スタッフがもう1回呼びたいと惚れ込んだエロボイスときたら!
(おかげで現在アルビノレオイマジンで再登板中なわけですが)

◆怪人キャラでこんなにも愛おしいやつらに出会えるのはこれで最初で最後かもしれない
連中も「これは自分でもビックリだ!」でしょうなぁ(笑)
でも可能性は無限大。何でも突然変異があるから進化するのです。

桜井侑斗
◆自分が泥をかぶってでも、良太郎には真実を見せたくなかったのかな?今週は特に感じました
見せたくない、もあるのでしょうが、何よりも良太郎には「見せてはいけないもの」だったのかも…

スタッフ
◆小林靖子さんに一票♪特撮の方が脚本家の個性が作品に反映されやすいと思います。星獣戦隊ギンガマンで初のメインライターをされた時以来、大好きです!
いますよいますよ、脚本家を作品の要に置いてくれる監督が!
監督が将軍ならば脚本家は参謀であると位置づける監督が!
ブレるのが嫌いなので1人に一本丸まるやらせる監督が!

私が大好きなあの人ですよあの人。
これまで女性と組んだことがないのでそろそろどうですか、監督?

デンライナー(ゴウカ、イスルギ、レッコウ、イカヅチ)&デンバード
◆レッコウには、はがいじめにして脳天突き落とし技もあったなあ。ホント変な電車(笑) イカヅチ後部車両のぴょこんとした尾はいかにもリュウタでかわいい
ありましたね、バトルロワイヤルみたいな「丸焼きだっ!」の時(笑)
やはり格闘技…だから電車脱線するからね、それやると。

実はリュウタの電車戦は大好きなんですよ。
二つに分かれて他のアクションライナーと連結してシッポになるんですよね。
あのドラゴンのようなうねりがめっちゃカッコいい。メガビームも!

コタロウ&ミニ電王
◆最初「子供~!?」と引き気味に見ていましたが、予想以上にいい動きのミニ電王にびっくり。コタロウの演技も良かったです。 なんとなく、電王に出ている子役はしっかり喋れる人が多い気がしますね
なんですか、それは「中村優一は喋れないけどね」って事ですか(笑)それは私も同感ですがね!もっと滑れ、口!

コタロウくんは名演技でしたね!私も思いました。
最後にちょっとだけ出てくればいいのになぁ…今度は子役の愛理さんと一緒に。

野上良太郎
◆彼の信念を貫き通す強さは、本当に凄いと思う。そして時折り見せる、強面イマジンも凍りつかせる冷めて怖い表情。類稀なる運の悪さを乗り切ってきた、その歴史が彼の強さを形成していると言われると納得してしまう。そんな設定の妙にも惹かれますが、何よりも佐藤さんのナチュラルな演技が素晴らしいと思います
冷め切った表情には恐ろしいものがありますよね。
私はイマジン憑きの時の表情の違いや動きの違いを推したい。
あれね、慣れちゃってあたりまえみたいに見てますけど相当です。
もちろん声が変わるというのはとても大きな武器なんですけどね。
(その分良太郎ボイスのままの3話はめちゃめちゃヒヤヒヤする…)

あとですね、今回見返しててすごいと思ったのが本条。
あれね、正直キンちゃんは彼以外ないですね!
落ち込んだ顔やトボけた顔、しかめツラ、にぱーっと笑う顔など、
ありゃまさにキンちゃんそのものじゃないスか(笑)良太郎より彼。

一言投票所

仮面ライダー電王
■途中送信すみません。liner formよかったです。迷ったけど勢いで買ったら、良かった…。キンの高音ボイスが予想外。リュウタすげえ。モモかっこいい。ウラもよくがんばりました!4人セリフver.がまた泣けるんだ!
いや~、関さんとてらそまさんは声量もあるし歌もうまいし、
鈴村さんはちゃんとリュウタっぽく歌っててすごいですよね。
いいセリフばっか選びやがって!ズルいんだよ!

え?遊佐さん?いやぁ、いいですよ。なんつーか、こう…不安を煽りますよね!ホント、ドキドキします。もしかしてこれは恋?wwwww

機動戦士Vガンダム
■ウッソ「ウーイッグのカテジナさんでしょ。あなたは(中略)盗み撮りする僕を馬鹿にしていてくれれば良かったんですよ!」憧れの女性に蔑んだ眼で見られたいなんて、弱冠13歳にして何という趣味
マゾッ気たっぷりのかまって欲しいお年頃。

名劇
■「世界名作劇場BEST20」という本を見かけました。これって椅子取りゲーム式のワースト3決定戦みたいなものでは…?
ベストなのにワーストなんですか!?(笑)

銀英伝
■三期が終わってヤンが死んだ直後に富山氏が亡くなったんですよね。力石徹のごとく追悼式やったのを覚えています。外伝ではキリコの郷田氏が後任となりました
亡くなりましたね、富山さん。まるちゃんのじーさんも替わったし。
その後は郷田さんがやったんですね、うん、それならいいや。

■本編は確か全110話だったと思います。そのくせ外伝の数もやたら多くて
放映なら2年分ですか。作りすぎ(笑)採算取れたでしょうか?
まぁ売れたからそれだけ続いたのか…それにしてもすごいですね。

機動戦士ガンダムOO
■どうせなら、スメラギさんが苦い過去故に酒に溺れる若くて胸ばーんな女性ではなくダメ男だったら、こうも感情的反発がおきないだろうな、むしろ良いかもと思うあたり、自分ジェンダーバイアスがかかりまくりだ
いやいや、でもそれ私も激しく同意いたしますよ!
そうだ、何かムカつくと思ったら、スメラギが妻と子にも逃げられたようなくたびれた中年オヤジで、でもやがて再生してカッコよくなっていく、なんて描写だったらよかったんだ!

女ばっかりの艦橋もムカつく!美形ばっかりなのもイヤ!
「もっと魅せろよキャラを!唸らせろよ話で!シビれさせろ戦いに!!」と力いっぱい叫びたい。早くもっと面白くしてくれ!

■逆に沙慈が死んでルイスが修羅道に堕ちたりしないかな?
そういう時は賢者の石を探すんだ!

■紆余曲折を経て、ルイスママにやっと交際を認められた矢先にルイスが戦闘に巻き込まれて死に、サジはCBへの復讐へ…これじゃあベッタベタか。むしろ全く無関係なまま同時進行していって、CB全滅の裏で結婚式とかしたらある意味面白いかも
最終回は刹那と沙慈が最終兵器ルイスを殺して終わったらどうだろう。

■日本が戦争に巻き込まれて滅茶苦茶になって最終的に沙慈がガンダムマイスター入りしたらおもろいな…と危ない妄想をしつつ、沙慈&ルイスパート見てます…
日本が侵略されてメチャクチャになった段階でちょうど第一期・完。
そして4月から噂どおりギアス第二期が土6に昇格してきたらウケます。
ゥオォ~ルゥ・ハァイィルゥ・ブゥリィタァニィアァァァァァ!!!

■ガンダムパーフェクトモバイルでガンダム00の視聴方法アンケート(ライブ・録画・GYAO)を実施しているけど、スポンサーサイドも視聴率の下落傾向に危機感があるのかな?先々週は4.0%まで(関東)下がったらしいし
下がりましたね~。第3話も4%台だったみたいですけど…
BLOOD+の1.8%まで落ちた視聴率を妖奇士はさらに落とし、
地球へ…でやや巻き返し、再びガンダム…という流れながら、
なんだろう、もうちょっとはっちゃけるかと思ったのになぁ…

■>日本の一般人カップル< 「戦うメインキャラクター⇔戦闘と関係しないサブキャラクター」という構図では「武装錬金」等の前例がハイレベル過ぎだったということ
構図を描いているというのは同意しますが、それを「武装錬金」がハイレベルに描いていたというのはちょっと…正直私的には全くいらなかったですから(笑)

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■ウッソはいい子ちゃん過ぎて面白味に欠けた印象があるのでカテジナさんがいてこそ生きてくるキャラだったかもしれません。エロ魔人に感情移入できたのはフレイ様にいたぶられている時だけだったのと似たようなものかな?
私はVガンは見てませんが、トミノは女を描くと必ずえげつなくするので苦手ですね。

その点フレイさんはさすが女性が描くだけあって見事だと思いましたよ。トミノの女はどれもこれも女から見たら「バーカ、いねーよそんなの」って感じですが、フレイさんはいるもんな~、ああいうの(笑)

だからこそなんで路線変更したのかと思います。
多分女性特有の部分が男にウケなかったのと、女の子のキラファンに嫌がられたからでしょうな。ファンの未熟さと脚本家の未熟さが殺してしまった惜しいキャラです。

■以前、話題に上った「グレート・メカニックス」。今度はライバル特集でトップのシャアは当然として末席のアスランはお情けっぽい。「MSを壊してもジェリドほど叱られていない」とか。だから余計にタチが悪い。一回、降格なり便所掃除なり銃殺なりされた方が本人のためだろう…
いや、銃殺されたら終わっちゃいますけども(笑)
でもそうですねぇ…彼が問題なのは、どこでも「罰せられてない」事ですよね。むしろキラとは違う次元で悩んでる分、なら罰を受けろよと思うわけです。
あの裏切りまくりのおかげで、オーブにいた理由もザフトに戻った理由もまたキラにひっついた理由も全く理解できなくなりましたね。ああ、アスランには元からないのか、理由なんて(笑)

風魔の小次郎
■DVDが故障してしまった為、消えてないかドキドキしながら見ると無事でした。麗羅、見せ場があってよかったよ~!久々に泣いてしまいました・・・(苦笑)
よかったですよね~、私も実はうるっときましたよ。
何のために戦うのか、小次郎君はもう知ってるはずだよと言って息を引き取る麗羅。いやー、ホントによかったです。ビックリです。

***更新***

仮面ライダー電王 第13話-第14話第15話-第16話 追記