FC2ブログ
2007/11/28 (Wed)  13:45

よみがえる日々

録画したDVDやビデオを整理していたら、古い録画ビデオがあった。
入っていたのは2004年になってからのガングレイヴ、R.O.D、
プラネ、ハガレン、それにアニマックスで録画したものなど。
当時はまだHDDレコーダーを持ってなかったのでビデオで録画して
いたのだけど、あまりに面白かったので消し難く、いつしか溜め込んで
いたもののようだ。他にもSOUL TAKERやハンタ、ローゼンをHDDで
録画したためビデオに回さざるを得なかった舞-HiMEなどもあった。

CMに懐かしさを感じたり、YOU TUBEやニコ動のものではない、
ガングレやプラネのOPを見てうほっと感動したり、ハガレンは
たまたま初対決だったラストとスカーの会話を聞いて、なるほど
あれはこういう意味があったのかと思ったり、ついつい見入ったり。

やっぱりあの頃はよかった。
いつだってそれなりに楽しかったけど、やっぱり見るもの聞くもの
感じる事、全てが新鮮で新しかったあの頃に勝るものはない。

一言投票所

仮面ライダー電王
■最近はゼロノス三昧というか、親子大活躍ですね。完全に「もう一人の主人公」という美味しいポジション(笑 来週は良太郎メインみたいですね。また一波乱ありそうなので待ち遠しいです。やっぱりラストはタロス達との別れですかね
ゼロノスが主役になると確かにどうしても時と記憶という重いテーマが
見えてきますが、良太郎とイマジンたちが主役になるとなればやはり
今後は「別れ」を意識した物語にならざるを得ないので、まだ少し
控えめなんだと思いますね。本当に別れるかどうかは別にして。

私は別れは物語の必然であるなら当然だと思うし、とても淋しくて
哀しいとは思うけれど、それが良太郎の成長を促し、彼らの友情が
普遍のものであると感じられる物語なら、何も恐れはしません♥

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■金髪(ステラカガリレイ)と紫瞳(マユキラステラ)は確実にシンのトラウマになってそう…と思ってます
約束破り&裏切り野郎のムネオもキンパですね!

脳力
■私も小~中学生の時に見たアニメのOPは、歌える曲が多いですね(レコード買ってないのでもちろんTVサイズのみ)本当にこの記憶力を有効活用できなかったのかと過去の自分に問いかける(笑)
私はとても寝つきの悪い子供だったので、眠くなるひとつの方法が
布団の中で歌を歌う(実際に声には出さない)だったことをいつか
日記に書きましたが(ミスせず歌うのが適度に難しく、適度に疲れて
よく眠れるのは「小さい秋」である事も)、もう1つが「アニメの歌を
月曜日から日曜日まで見ている順番に一回も間違えずに歌う」という
ゲームでした。これが結構難しくて、歌いたい歌があるから他のを
頑張って、でも間違えて、やり直してる間に眠くなって寝てしまう…
という1人上手の究極みたいな睡眠誘導法でした。寝つきが悪いって
子供心にかなり辛かったんですけど、これをやると楽しかったです。
そして記憶も鍛えられました…まさに睡眠学習(笑)

機動戦士ガンダムOO
■ティエリア「やはり刹那は先々週のうちに射殺しておくべきだった・・・。よし、今週撃っちゃおう。」
1クール半ばで主役死亡というのも斬新なガンダムだ(笑)

重戦機エルガイム
■エルガイムは総集編ビデオから観たのでフルフラットはレコアヴォイスの印象が強いです。ストーリーがほとんど掴めない総集編…。OVAはレッシィがヒロインで祖父にして13人衆一番席次(十傑集でいえばカワラザキ?)のサイも登場!主役を圧倒するサイ。眼鏡をかけていないから?
エルガイムってビデオは何本か出されたので人気はあったんですかね、
それなりに。もちろん当時はアニメのビデオなんておいそれと手にする
機会はなく、借りに行くにも会員になってお金を払ってというのが
子供には難しく、結局未だに見られないまま。こういう情報断絶も
昔は日常茶飯事でしたから慣れてますけど。

フル・フラットって声優チェンジしたんですか。なんでや(笑)
軍人家系の純血種、コネもないとは言えないけど若くして13人衆に
入った実力者、同じ13人衆であるネイ、ギワザとも面識がある…

こんなおいしいキャラのレッシィをもっと掘り下げれば面白い話に
なりそうだったのに、結局ダバの迷走なし崩し反乱話と、最後まで
うるさいだけのアムとチンピラのキャオのおかげでレッシィには
全然スポットが当たらず…なんとも中途半端な気分でしたね。

銀河英雄伝説
■最近見始めて現在26話。確かに面白いけど長すぎる・・・・・・・・・ってキルヒアイズーッ!?
まだまだ先は長いですね。頑張ってください(笑)

世界名作劇場
■名劇リアルタイムは10作目前後ですが一年観たのは「フローネ」「セーラ」で「ルーシー」は終盤投げて「カトリ」は歌しか覚えておらず。で、「アンネット」は10周年で再びアルプスという以外、全く未知でしたが…腸ヨジ切れそうな欝展開ですね(爆)。エヴァやリヴァより凄いといってた知人の意見に納得
この方のレビューは最高におもろくて、そのレビューのシーンを
確かめたいがために毎朝早起きしてテレ玉アンネット見てました(笑)

うちでは「フランダースの犬」を見るのは母がいい顔しませんでした。
あんな小さな子供がたった一人で貧しい生活をしているのに、
周りの大人が助けてやるどころか意地悪ばっかりしてるので
こういう質の悪い作品はよくないと言ってましたね。
(だからといって頭ごなしに見るなと楽しみに見ている子供たちに
強要したりはしないのがうちの母の偉いところだと思うんですけど)

確かに、ネロもおじいさんも何も悪い事してないのになんであんなに
憎まれるのかよくわからない…たとえばネロの親父(じいさんの息子)
がとんでもないロクデナシで酒浸り、乱暴者でしょっちゅう村人に
迷惑をかけていた、とかなら少しはわかるけど、彼らはあくまでも
善良で、ただ難点は「貧乏」だっただけのような気がするのに…

と思ったら、あの作品、ベルギーではめちゃくちゃ評判が悪いそうで。
しかも理由が母が唱えていたのと同じように、「ベルギー人は
あんなに冷たく意地悪な人間ばかりではない」というのが結構
大きいというではありませんか。母すげーよ。当たってるよ。

それ以上に、この話を書いたのが実はなぜかイギリス人だと知って
ひっくり返りましたよ。ならイギリスの話にしろよ!!(笑)
我々だって別の国の人が日本を舞台に非人道的な物語を書き、
しかもそれがさらに別の国で「感動巨編」なんて言われてたら
「おい、それ違う」と思いますよね、きっと(笑)