FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

職場への仁義(受傷62日目・術後54日目)

2月からまた1か月休暇を取るので、その前に一度職場に挨拶に行くことにした。
まずは電車に乗って実家に行く。
自動改札、エスカレーター、ホームから隙間を超えて電車に乗り込むという何段階にも渡る手順が、松葉杖の身にはドキドキである。

すいている電車なら問題ないが、殺伐とした混雑している電車にはまだ怖くて乗れない。
都心に向かう定期検診をもっと先に伸ばしたのはつくづく正解だったと思う。

また、手土産に歩いて饅頭を買いに行き、リュックに入れた。
家族が車を出してくれたので、両松葉を突いて職場を訪問する。
だが残念ながら、いつも郵便物などを送ってくれる一番会いたかった大先輩は休みで、直接の上司もたまたま休みだった。
正直、この二人以外はクズばかりなので会いたくもないのだが、一応筋は通さねばならない。

というわけで、会えたのは管理職と後輩だった。
管理職は自分も中足骨を骨折したことがあり、やはり何か月も不自由な生活を強いられたそうで、だからこそ私の重症度はよくわかると言っていた。
後輩は、もともと仕事はできるが思いやりのかけらもない人なので、当たり障りのないことを話し、あと一か月迷惑をかけると謝ってきた。

お詫びの手土産も渡し、挨拶という仁義を通したので、まぁこれで堂々とリハビリに励める。
いつも他人の悪口ばかり言っているような民度の低い連中に、へらへらしながらペコペコと頭を下げるのはあまりいい気分はしないが、松葉杖姿でヨタヨタ歩く姿を見れば、とりあえず嘘をついてサボっているわけではないと証明できたであろう。

何しろ私も、こんなに人柄や育ちや性格の悪いゲスな連中が集まる職場に配属されたのは初めてなのだ。
今後もきちんと私が働きやすいようにテラフォーミング完了するまでは、ひたすら我慢の日々である。

骨の隙間が埋まらないとか、なかなかギプスシーネが外れないとか、歩行が許可されないとか、色々と不安や疑念があってヘコんだり落ち込んだりした時期もあったのに、このたった1時間足らずの職場訪問時の嫌悪感は、それらすべてを凌駕し、受傷以来もっとも不愉快な日となった。

おかげで幸か不幸か、私の「ケガしてから治るまでの最低の日」をあっさりと上書きし、ヘコんだ時期はとっとと忘却の彼方へ去っていったのであった。
19:06 | 第五中足骨骨折 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
人間とは、大地をつかんで歩くもの(受傷72日目・術後64日目) | top | 右第五中足骨骨折後の歩行訓練(受傷60日目・術後52日目)

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/2196-3800591b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。