FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

右第五中足骨骨折後の歩行訓練(受傷60日目・術後52日目)

私は基本的に散歩が嫌いである。
「趣味 散歩」という人はすげぇなと思う。
だって目的もなく歩き回るなど、あんなつまらないことはないではないか。

逆に言えば、目的がなければ外出しないし、出歩かないという事だ。
そう、ぶっちゃけ単なる出不精なのである。
旅行や買い物など、きちんと目的があればいくらでも歩くのだが(旅行中など毎日朝8時から夜中10時11時まで歩き詰めでも平気である)、普段の生活では目的もなく15分歩くことも苦痛である。

しかも日曜日や連休ではない祝日は絶対に出かけない。
疲れで翌日の仕事に響くからである。
もちろん仕事の効率などを考えてのことではなく、「仕事をする私」が疲れたらダルいからである。

しかし本格的に片松葉での歩行訓練を始めるにあたっては、外に出なければならない。
となると、出不精の私としては、何か目的や楽しみを作る必要があった。
幸運なことに病気休暇が伸びて毎日が日曜日なので、翌日の心配をする必要はない。

さて、どんなことを目的にすればよいのか…

散歩嫌いの私に、「歩くから」という理由で「公園に行く」という選択肢はない。
街っ子の私にとっては、賑やかな街中にこそ楽しみがある。
手っ取り早いのはデパートなどの商業施設に行くことだ。
物を買う、買わないは別として、様々な商品を見て歩くだけでも歩行距離が稼げる。
さらに、いつもならケチるところだが、疲れたら遠慮せず店に入り、お茶にする。

よし、これでいこう。
そうやって歩くうちに右足も徐々に歩き方を思い出してくるであろう。
ちなみに、歩き過ぎて逆に傷に悪いということは考えにくい。
なぜならそこまで頑張って歩く体力も気力もやる気もないからである。

診察翌日から早速歩行訓練を開始した。
まず初日は自分の街の駅周辺を歩いた。
スーパーやユニクロなど、面積が広めの店を見て歩くのだが、なるべく普通に歩行しようとしても、この頃はまだ足を棒のように突っ張っているのがわかった。

骨折でなくとも、靭帯を傷めたり捻挫や打ち身で痛い思いをした人ならわかると思うが、いわゆる「外旋」する歩き方になってしまうのだ。
足の悪い人が、歩く時に悪い方の足を前ではなく、外側にぴゅっと投げ出して歩くあの姿である。

いやー、これには参った。
何しろ思った以上に「普通に」歩けない。

自分ではちゃんと歩いてるつもりでも、ひょこたんひょこたん体が揺れている。
真っ直ぐに右足を運ぼうとしても、気づけば外に投げ出されてしまう。

痛みやしびれ、力が抜けるといったことは全くないし、歩き続けても疲れることはないが、歩様はまだまだである。
階段はまだ練習していないが、恐る恐るエレベーターには挑戦してみた。
前後の人と十分間を取り、乗降時につまずいたりしないよう細心の注意を払う。

初日なので2時間くらい歩いたところで終了し、ドトールで休憩することにした。
松葉杖を突く私を見て、バイトのお姉さんは親切にも「席までお持ちします」と言ってくれた。
ドトールはこれまでにも、車椅子の人や杖歩行の人に親切で気が利く店員さんが多いと思っていたが、いざ自分が対象になってみると、こうした申し出は本当にありがたいことである。

ゆっくりと体を休めて、店を出る時、食器を片付けようと店内を歩いていると、ちょうど私とクロスする形で杖を突いたおじいさんとバッティングしてしまった。
いつもなら私が道を譲るのが当然だが、松葉杖でヨタヨタ歩く私を見て、杖を突いているおじいさんの方が避けようとしてくれた。

今後は杖を突いている人が食器を運ぼうとしていたら、積極的に「お持ちしましょうか」と声をかけようと思う。
自分が弱者になって初めて、人に助けてもらうことがどれほどありがたいかわかるとつくづく思い知る。

「店員にまかせればいいじゃん」ではなく、若い皆さんもぜひ自分から動いてほしい。
健常な人は子供連れや体が不自由な人、高齢者を煙たがることなく、また、そういう人たちも街中で図々しく胡坐をかくことなく、お互いに思いやりをもって共存できたらいいと思う。

こうして1日目は終了した。
家に帰ってすぐに風呂に入り、久々に歩いた右足、サポートで頑張ってくれた左足を労わる。
歩いたためかいつもよりむくみが出たが、風呂に入ることで血流がよくなり、すぐに改善した。
足よりも不自然な姿勢を正そうとしたせいか、左の腰が痛い。
それ以上に、安全を確かめ、あちこちに気を配りながら歩くため、緊張感でぐったりした。

今は頼りの松葉杖があるが、果たして何もなくてスタスタと歩けるようになるのはいつなのか。
この調子ではまだまだ先になりそうだ。
21:06 | 第五中足骨骨折 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
職場への仁義(受傷62日目・術後54日目) | top | 第五中足骨骨折の右足、1/2荷重へ(受傷59日目・術後51日目)

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/2195-ce9db424
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。