FC2ブログ

キャパオーバーだっての

盛り上げようとしてるけど、冬のオリンピックは毎回期待を裏切るばかりだからなぁ。

スノボ?
スピードスケート?
ジャンプ?

ふふん…
こんなもんでしょ。
いつものことでしょ。

女子に華がないので、ますます期待が集まる羽生選手は、二連覇を期待されても困るばかりだと思う。
私も足を怪我して、人間にとって足がいかに大事か今更ながらによくわかったのに、そんじょそこらの競技者ですらない一流選手の大怪我だ。
骨折じゃないとはいえ、万全の状態に程遠いであろうことは想像に難くない。

しかし今回のオリンピックの舞台である韓国。
私はこれまでこの国については、右にも左にも偏り過ぎないよう、フラットな感情で接してきたつもりなのだが…
普段は統一への努力なんかこれっぽっちもしてないくせに、2年ごとのオリンピックの時だけ北にすり寄るって、なんだこの国。
もう意味がわからんちん。

ところで、今季見てるアニメの総数が凄まじい数になっていてビビった件。

●日曜日
仮面ライダービルド
伊藤潤二『コレクション』
刻刻
銀魂. 銀ノ魂編

●月曜日
フューチャー・アベンジャーズ TOKYO MX
バジリスク ~桜花忍法帖~
まめねこ
俺たちゃ妖怪人間
おそ松さん
弱虫ペダルGLORY LINE

●火曜日
ブラッククローバー テレビ東京
怪獣娘
ガンダムUC
宇宙よりも遠い場所
オーバーロードII
斉木楠雄のΨ難
ちはやふる秀歌撰

●水曜日
BORUTO

●木曜日
ラーメン大好き小泉さん
ゆるキャン△
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
恋は雨上がりのように
ミイラの飼い方
だがしかし2(たくのみ)

●金曜日
働く!お兄さん
覇穹 封神演義
ハクメイとミコチ
グランクレスト戦記
博多豚骨ラーメンズ
牙狼

●土曜日
七つの大罪
クラシカロイド
ポプテピピック
魔法使いの嫁

ダメプリはやっぱ落ちました。
5分アニメが4本あるとはいえ、全34本は多すぎてしんどい。
マジでしんどいのに、切れない。継続&2期が多いのも難点。
つか、水曜日の層の薄さよ…
なんというアンバランス。

一言投票所

映画「バーフバリ」
★最近口コミでどうやら凄いと聞いたインドの大作映画 バーフバリを見ました。作中の強いとされる人達がキャプテンアメリカ以上の人間離れした強さだったり、女性が怖いぐらい強くて血の気が多かったり、ボリウッドらしくミュージカルが急に始まる等、滅茶苦茶クセが強かった…
そういったぶっ飛び要素はあるものの、国王候補である主人公の器が大きく、魅力的でした。彼を中心とした愛や憎しみ渦巻くストーリー、トンデモ兵器、トンデモアクション満載の戦闘など、最初は戸惑ったものの、いずれも非常に楽しむことが出来ました。
1と2は殆ど前編後編という繋がりなのですが、2年経ってようやく2が公開されたようです。クセが強いので誰も誘わず一人で行って良かったなと思ったのですが、意外に日本での評価も上々のようです。もし機会があればどうぞ。

公式見てみましたが、マハーバーラタを基調にとか書いてあって、スケールがでかくてすごそうな映画ですねー
でも俳優陣は確かにマサラムービーっぽい濃ゆい人ばかりだった!
インド映画は中国映画以上に、なかなか気軽に見られる機会がありませんが、チャンスがあれば見てみたいと思います。

「Fate/EXTRA」
★急に始まった新シリーズ。ゲームをやってないのでいきなり電脳空間での聖杯戦争が舞台とか専門用語満載で訳分からんのですが、原作知っている人も知らない展開なのだそうで。取り敢えず毎回必ず1対1のようで、初めて普通のサーヴァント戦を見ている気がする… 本編と別人らしい慎司がちょっと根性ある奴で意外
ああ、始まってますよね。あれってゲームが原作のFateなんですね。
はからずも3作も付き合ったので、もうFateはお腹いっぱい、見なくていいやーと全くのノーチェックでした。
人気コンテンツですし、今後も新作が作られていくんでしょうが、多分私はもう見ないと思います。

映画「マジンガーZ」
★東映版最終回のグレートがやたら強い話は何年か前のテレビでもネタにされてました。自分はそれで知って、あまりにもあんまりだけど当時は受け入れられてたのかなと思ってしまってました…笑
映画を見た後、評判の良かったVS暗黒大将軍も見ました。そちらはグレートの顔見せ映画で、やはりボロボロのZをグレートが助けるお話でしたが、そちらは主役がZということで、グレートが参戦した後もボスを倒す等の見せ場があったほか、勝ち目の薄い戦いに恐怖を押し殺して挑む甲児が格好良くて中々楽しめました。
INITYでのグレートは冒頭で奮戦したものの敗れ、利用されてしまう立場だったので、予習の為に先に見てたら更に良かったかなぁと思わされました。とにかくマジンガーの格好良さ満載で楽しめました。アクションはマジェプリやファフナーと同じ会社が担当していたそうで、マジンガーってこんなに早いんだなぁと(今更

いやいや、許せなかったですよ、子供心にも!
それまで長きに渡って応援してきたマジンガーのあまりにもひどい扱いに、ホントに呆然とした覚えがあります。

もちろん色々な「大人の事情」があったため、グレートマジンガー(グレートも強いんで見たけど主人公は偉そうで不遜だし、最後まで好きになれなかった!)もグレンダイザー(見たけど子供には甲児くんの立ち位置がよくわからず、主人公はおっさんくさくすかしてるので嫌いだった!)も、今よりずっと視聴率に翻弄されてましたから、そういう時代だったとしか言いようがないですけどね。

そういえば近所に貼ってあった自衛官募集のポスターに使われてましたよ。
やだー、カッコええやんマジンガー!

映画「劇場版Thunderbolt Fantasy」
★見て来ました。殺無生が凛を憎むようになった理由を描く話と、本編の後日談で殤不患が自分の偽物と飲み屋で出くわしてホラ話(?)に付き合う話の二本立てで、前者は凛の恐ろしさに戦慄し、後者は笑える話メインながらじんとくる人情ドラマもありでとてもとても楽しめました
余りに胸糞悪いが為に笑える話を追加したという殺無生の過去ですが、本当に凛がえげつなさ過ぎてドン引きです。殤の一番の功績は、この男の関心を一身で受け続けていることかも…多分その間は新たな被害者は出ない……と思いたい
公式サイト以上のことは分かりませんが、2期の新キャラも少し顔見せし、熱が再燃してきました。まさかのミゲル、ハイネ登場のようです。西側の人間の様ですが果たして……そして殤って何者なのか?

いつの間にか上映され、いつの間にか終わってた…
そういや夏頃には劇場版がくる(=だから2期が遅れている!)と意識してたんですけど、上映してた頃は何しろ骨を折って陸に上がったアザラシかオットセイみたいなズリズリ生活をしてたので、情報もキャッチできてませんでした…とほほ。

なるほど、凜雪鴉は皆が殺したがるだけのことはある悪党なんですね。
殺無生はあそこで死なせたのが惜しいほどの魅力的なキャラクターでしたから、外伝的とはいえ描かれたのは嬉しいですね。
鬼歿之地をものともせずに越えてきて、実は恐るべき力を秘めている(と思われる)殤不患( トテモ イイヒト デース)。
そんな彼がやってきた西幽のことですから、さぞバケモノばっかりじゃないかと今からドキドキワクワク、続編が楽しみです。
もちろん劇場版もぜひ見たいと思っております。ご覧になったのはうらやましいでございます。

「ガンダムビルドファイターズ ビルドダイバーズ」
★プロローグが無料配信されています。10分間と短いですが、中々凝った戦術で面白かったです。ああそういう作戦か!って驚きましたもの。AGEだけでなく、Gレコの機体も改造されて出ていました(大張さん曰くスコープドック意識
トライの綿田監督が続投なので一抹の不安はありますが…
始まったら始まったで見ると思います。今度は無印のように普通に面白いといいなぁ。

Parallel Universe(管理人になにな)
★この言い方が適切かどうか……骨折ブログ楽しみにしております!毎回引きがうまいです(笑)今はだいぶ回復されてる?ようですが、お大事に。
おー、ありがとうございます。
骨折についてはこれだけブログに経緯を書いているのに、なぜかどなたも触れようとしないので完全スルーなのかと思っておりました。
いやはや、ようやく反応いただけて大変嬉しいです。
現在は回復期に入ったとはいえ、何しろすべてが初めて尽くしなので、励ましのお言葉も本当にありがたいです。
自分自身の備忘録ではありますが、骨折したばかりの頃、私も自分と同じような症状の人がいないかとブログを懸命に探したように、いつか誰かの検索に引っ掛かるといいなぁと思います。それくらい「これはいつ治るのか」って心配なんですよねー、当初って。

その他
★ベテランのになになさんにちょっと相談したいのですが・・言われるうちが華、と言いますが最近キツく注意されることがあって凹みます。一々凹んだりはぁ?!てなる子供な自分もよくないと思います。何より打たれ弱いのがほんとに・・
どうしたら柔軟な考えができて打たれ強くなれるかなって思います。あと隠れ短気なのも直したい・・アドバイス下さったら幸いです。

いやいや、人から注意されるのは私もめちゃめちゃヘコみますよ。
なまじ記憶力がいいので、いいことだけでなく悪いことも事細かに覚えてますしね。打たれ弱いと思いますよ、私も。

注意されるのがどんなシチュエーションなのかわからないので、あまり的を射た答えではないかもですが…
たとえば、「はぁ?!」となるのは注意した相手に対して腹が立つという事ですかね?

よほど理不尽なことでない限りは、注意されたということは自分が何か失敗したか、間違えたんだと思うんですよ。
私の場合は、注意されたら何よりもまず、自分に対してものすごい怒りを覚えます。

私も長く生きてきましたけど、よく「人間一度くらいは死にたいと思ったことがある」と言われますが、死にたいと思ったことは一度もないです。(自分が死ぬ年月日時を正確に知りたいというのは今もせつに思っていますが)
あと、幸いにも殺したいほど憎い人間にも出会ったことはないです。

ですが、「ミスを犯した自分」については、時間を戻して、ぶん殴って殺したいと思います。
それくらい自分に怒りを覚えます。
ミスをすると本当に死ぬほど恥ずかしい。
いわゆる「プライドが高い」のでしょうね。
でも私はそれが悪いことだとは思いません。
次はそのプライドに見合うだけの、ミスのない仕事をしようと思いますしね。

注意されたことには真摯に反省しますが、注意した人に反発することはないですね。
何しろその時点では死ぬほど恥ずかしく、ミスをした自分を殺したいくらい自分に腹を立てているので、他人には感情が向かないです。

なお、打たれ強い人は結構なことですし、次からミスなくやってくれればいいのですが、ダメな人だと注意しても手応えがないし、反省しないのか同じミスを繰り返したりするので、それはそれで困ります。

打たれ弱くても、ヘコんでもいいと思いますよ。
むしろ、注意されたらきちんと反省して、次回からのミスを極力減らす努力をする方がよほど経験値を貯められると思います。

あとあなた様の年齢がわかりませんが、多分お若いと仮定しますと、「短気」はもう少し年を取ると自然と収まりますよ。
年を取って衰えるので、そこまで無駄に使えるエネルギーがなくなってくるというのが一番です。
私もかつては割と短気だと思っていましたが、今はそこまでじゃないですね。

周りのジジババが仕事をしない、誰も自分を認めてくれない、上司の仕事の采配が悪い、平成生まれの若い子が不思議ちゃんとバカしかいない…

こんな風に不満だらけで、まさに今「短気期」真っ最中の人を見ると、「カリカリしてるなー。さぞ疲れるだろうなー」と可笑しくてたまりません。年を取って涸れれば収まりますよ。
まぁ年とってもクレーマーみたいな人はいますが、あれは短気というより「かまってちゃん」ですからね。
警察や役所やサービス業のように、どんな厄介者でもお客様扱いしてくれるところには怒鳴り込むけど、コンビニ前でたむろする若造なんかには絶対に文句言わない人たちですからね。あれは短気とは違います。

何より、場数を踏んでくると、自然と視野が広がり、こういう場合もあるし、そういう場合もあるよねと選択肢が増えるため、対処法がいくつも手に入るんですよ。
若い時期に面倒くさがらずに色々経験しておくと、年を取ってから対処法の数が増え、貴重な財産になりますよ。
緊急時に、動じず、慌てず、いくつか方法を示せるとカッコいいですよ!

でももしその「注意」があまりにも理不尽ないちゃもんだったら、上司に相談するなど早めに対応しましょうね!
メンタル&健康大事!会社は私を一生面倒見てくれない!(ラノベのタイトルみてぇ)

「仮面ライダービルド」
★かしら、良いキャラですよね…。結局最後まで敵のまま戦って戦争の厳しさを刻み付けるキャラになるのかも…なんて少しだけ思ってましたが、流石にそうはならなそうですね。今回は見所多かったですが、自分を止めるように言う戦兎と美空の会話が凄く好きでした。
いやー、今週のビルドはよかった。
結構何回も盛り上がりがある物語ですが、今回は前半の一つのターニングポイントですからね。
東都VS北都の決着がついた中、西都の仮面ライダー登場というヒキ。
もちろん三都合戦なら来るのはわかってたけど、この見事な形式美が特撮物の醍醐味ですよね!

おっしゃる通り美空と戦兎の会話、本当によかったです。
戦兎は兵器ではなく、ただのお人よしな人間であり、万丈の気持ちも痛いほどわかっているからこそ、自我を失ったら消して欲しいと願いました。
父と決別した形になり、いまや戦兎を兄のように慕っている美空に、なんと残酷なものを背負わせるのかと思いました。
でも、戦兎は美空だからこそ頼むと言いました。二人で作り上げたビルドだからと。

しかし美空ちゃんの演技がうなぎ上りにうまくなってるのがすごい。
最初は棒読みで「疲れたし。眠いし。寝るし。」だけの子だったのに…
誰か皆の演技力を引っ張る人がいるんですかね。
Wで寺田農さんが若手たちの演技を力任せにグイっと引っ張り上げたみたいに。

「ありがとう…万丈…」

やっぱり記憶を失ってはいなかっグリスも、ハザードトリガーを使う覚悟で挑んだ戦兎もみんなよかったけど、美空ちゃんのほっとしたような二度の「万丈」にはちょっとだけ泣きそうになりました。

(お約束とはいえ)やる時はやるじゃねぇか万丈!
これでやっとスクラッシュドライバーを使いこなせたじゃねぇか万丈!(遅ぇよ!)

さぁ今度は西都が宣戦布告で、次回も視聴を投げ出せない!

★自分も最近までモチーフが意味不明だったんですが、ラビットタンクがカメバズーカの対義語(?)になってると耳にして以来ビルドのモチーフというかイメージは「昭和の怪人ってこんな感じ」じゃないかと思うように。まあ、それがギャグだと言われればそんな気がしないでもないですが(笑。
ストーリーがシリアスなのに、戦ってる姿が掃除機だったりスマホだったりすると萎える~って感じで…
バトルにはさほど入れ込まないで見るようにはしてますけどね。急にギャグ調を見ると興醒めしちゃうので。
でも今週はバトルもよかったです。ホッとしました。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top