FC2ブログ

残り4作

しかし久々にひどい雪でしたなぁ。
骨折による休職中で外に出ない私にはあまり関係ないかと思いきや、今はリハビリ歩行中なので困るんですよね。

アニメはそろそろ固まってきた感じですかね。
いつもだと忙しいので1話、2話で切るものが多いですが、今は時間があるので、保留の物は3話まで見てダメなら切るという方式です。

切ったものは除き、決定しているものにはエールを。
また、前回までに保留だったものの中で、継続になった作品と切った作品をざっと羅列をば。
今日の時点で保留は残り4点ですかね。

視聴決定

〇「宇宙よりも遠い場所」
これは最初の印象通り、結構面白い。
南極についての知識が増えるのも面白いし、訓練内容も難しすぎず、一般人にもわかりやすい。
フィクションらしいドラマティックな展開に、仲間の絆をちゃんと絡めたので、十分視聴に耐えるものになってた。
ヒナタの明るさより、キマリのノーテンキさの方がわりといいスパイスになってる。期待値十分。

〇「ラーメン大好き小泉さん」
相変わらずレズっ気はキモいが、ラーメンうんちく知識アニメとしては気楽に楽しめる感じ。
今回MXは再放送の回数といい、この作品への力の入れようが凄い。なんでだ。

〇「ゆるキャン△」
これも気楽に見られるキャンプうんちく知識アニメ。
異常にエキセントリック過ぎるキャラもいないし、わりと淡々と進み、重いドラマがあるわけでもない。
何より見るのに身構える必要がないので、ラクチンに視聴継続。

〇「働くお兄さん!」
宅配便、コンビニ、アパレルと毎回テーマがなかなか面白い。
コミュ力が高くて働き者のチャトラより、めんどくさがりのロシアンブルーの方がメインだったのか…気づかんかった。

〇「グランクレスト戦記」
わはははは、早い、早いぞ展開が!!
火事を消し止める手伝いをしたら領民が味方になってくれました。
王に歯向かうにあたって、「周辺の君主たちが味方になってくれるかもしれません」って、そもそもその君主がどういう人たちで、味方になってくれるタイプなのかどうかもさっぱりわからん状態で、「加勢に来たぞ!テオ殿!」と言われても、「あー、そう…よかったね」としか思わないじゃないか!
その土壌が全然わかんねぇんだよ!!そんでもってわずか2話で連合から同盟に寝返りますって、早っ!
もうね、ツッコミどころが満載過ぎてこれは逆に見るよ。振り回されるテオ様を見てるだけでも楽しいといいなぁ。

〇「ポプテピピック」
今期は「これを見ずして何を見る」というくらい話題のクソアニメ。
しかもこれ、リアルタイムで見ないと完全に乗り遅れる危険がいっぱい。
いやー、とんでもないクソアニメ。楽しみすぎるぞクソアニメ。

〇「伊藤潤二『コレクション』 」
ナニゲに声優が豪華すぎる。小山茉美ねーさんはやめよう怖い。
今回はナメクジが苦手な人は絶対見ちゃダメな回だったねー。

〇「刻刻」
毎回毎回嫌なところでひくなよ!!と思いつつ、結構楽しみ。
主人公はもちろん、あの一家の皆さんが割と迂闊なので、もうちょっと慎重に行動すべきだと思います。

〇「バジリスク ~桜花忍法帖~」
前作との関連性の説明や、状況の説明が続いているせいか(そのくせ八郎と響についてはまだ内緒の部分が多い)、まだまだ本筋に入ってないと感じる。
キャラが皆育ってからが本番かな。

〇「りゅうおうのおしごと!」
正式な弟子入りとなった3話まで見たけど、まぁ、うーん、まぁ、いいかなぁ…
あの「婿になる」約束とかはマジでゲロ吐くかと思ったけど、そのあたりは姉弟子の白雪姫に頑張ってもらうか。
仕事してたら切ると思うけど、私が休職中で時間がある分、助かったねって作品かな。
とはいえ、エロコメやロリコメの度が過ぎたら、遠慮なく即切りするからな。
あと「かんそうせん」も見てるので、こっちの方が興味深くて楽しい。

〇「まめねこ」
肌色、もじゃ、メガネ…猫ってやつは!!可愛いじゃねぇか!
うちの猫だって可愛いもんね!兄妹だもんね!めっちゃ可愛いもんね!自慢しちゃうもんね!

IMG00396.jpg我が家のチンチラゴールデン

neko2我が家のチンチラシルバー

〇「gdメン gdgd men's party」
松岡さんSAO好き過ぎでござるなー
遊戯王パロにワロタ。まぁ気楽に見られる5分アニメなので継続でオケ。

〇「弱虫ペダル GLORY LINE」
見たことのない旧2年生(3年生)がてんこ盛りに出て来た前作から、わりと流し見になってるのは否めない。
しかしすでにその前作から、主人公なのに坂道がらみの話がないよね…ってのは言っちゃいけないお約束なのだろうか。
巻島さん巻島さん言う以外活躍してない気がするぞ小野田くーん。

〇「怪獣娘 ~ウルトラ怪獣擬人化計画~(第2期) 」
5分アニメなのでこれも気楽に見ている。ストーリーもあるようなないようなあるような…なので、まぁ本当に気楽。

〇「オーバーロードII」
健気に頑張っておりますトカゲちゃんたち。
彼らが一生懸命頑張れば頑張るほど辛い…くぅ、辛い…

〇「ダメプリ ANIME CARAVAN」
乙女ゲーなんか絶対切ると思ってたんだが、やはり最初の印象通り、矢作さん演じるイナコの姫がわりと常識的でテキパキしているので好感度が高い。
王子たちはマジでダメだヤツばっかだが。いやこれ、マジでダメな王子ばっかりなんだが。

ちなみにこの作品、CMで久々に新規のみゃーもり(たろうもだが)に会えるのは嬉しい。
やっぱお仕事シリーズの中でも、「SHIROBAKO」は頭一つ抜きん出てたなぁ。

〇「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
これは毎回本当に楽しみ。キャラデザも大人っぽくてよい。
ヴァイオレットだけでなく機械人形たちにもそれぞれドラマがあるようで、ドラマを盛り立てている。
何度も言うけど、まさか京アニでこんなにいい作品を作れるなんてホントに信じられない。
京アニを支える顧客からは絶対評判悪いんだろうなぁと思いつつ、初めて「頑張れ」とエールを送るよ。

〇「恋は雨上がりのように」
主人公がキャピキャピしてないので静かに淡々と関係性が進む…と思いきや、アクシデントであっさり「好きです」
おお、早いなと思ったら、店長は案の定「人間愛」と解釈するという、まぁ普通そうよねという展開が逆によい、
久々にノイタミナらしく、これはドラマでもいいよねという内容なので、毎回とても楽しみ。

〇「ミイラの飼い方」
ミイラは相変わらず可愛い。
秘密を暴こうとか、正体がばれないようにとか、お約束事が続くので、こっちものほほーんと見てるかな。

〇「だがしかし2 」
火使って遊ぶとか、ぽんぽん船すげーな!
樟脳船はわかるけどさー、あれはやったことないわ。

△「たくのみ。」
一緒に録れちゃうからチラッとは見るけど、毎回ずっと見るかどうかはわからん。
でもこの間の酎ハイの作り方は、酒を飲まない私が見てもうまそうだった。
なるほどー、酒とグラスを冷やすのか。

〇「覇穹 封神演義」
2話目はこれまた人気キャラの哪吒や、大戦の相手役聞仲が登場。
1話目はめちゃめちゃハイスピード展開だったけど、2話目は聞仲と黄飛虎の話も含め、描き方やまとめ方は十分だったんじゃないか?
まぁ懐かしさも含めて楽しんでますよ。

〇「ハクメイとミコチ」
あれ、3話構成の時もあるの?
骨にびいどろで命を吹き込むとか、善し悪しはともかく面白い発想だなと思った。
EDの文章も含め、世界観をしっかり作りこんでるせいなのかストーリー性が高くて結構見ごたえがある。
相変わらずハクメイとミコチの出会いや、付喪神に詳しい?ハクメイの素性が謎だけど、おいおい語られていくのかな。

〇「博多豚骨ラーメンズ」
1話目では「え?え?これは誰?どの陣営??」と目移りして困ったけど、2話目で色々な人が関係性を持ったので、ちょっと整理されたかな。
人がさくっと殺される反面、1話目のホストの復讐がワンパンだけとか、殺し屋カンパニーのドジな殺し屋の巻き込まれ体質とか、ギリギリのコメディタッチで残酷さを緩和してるけど、さすがに妹ちゃん殺しは(運よく別人であっても)あかんわ。
次回は梶くんもブチギレ必至だろうし、オノダイの正体も見られるのかしらん。

〇「七つの大罪 戒めの復活」
原作に大分遅れてるので「今どこだっけ」と認識するのが難しい。(まだまだ全然前の方だった)
まぁこれは原作の復習で見るようなものなので特に問題はない。

〇「斉木楠雄のΨ難(第2期)」
2話目が放映されたけど安定の面白さなので、こちらも問題ない。2期物は安心して継続できるのでいいな。

切った作品

×「刀使ノ巫女」
「ひいぃぃ男」しか出ないアニメ。
ようやく3話で心置きなく切れる展開になってきたので、スパッと切らせていただきます。刀だけに。

ここからはまだ3話目の放映がなされていないため、保留の作品。
できれば3話目で決めたいところ。

△「メルヘン・メドヘン」
これはさくっと切りたいんだけど、2話までにはまだ致命傷がなかった。
でも多分3話目で切れるだろうと考えている。

△「BEATLESS」
アナログハックであなたの視線を虜にします…正体をばらしたいのかばらしたくないのかどっちやねん…(イラッ)
うーん、気持ち悪さは相変わらずだし、最後にいきなり友達の人が変わったような状態に面食らったし、意味がわからん。
次回が3話目なのでここが勝負かな。もう見たくないという思いも強いので、よほど面白そうな要素がなければ切ると思う。

△「キリングバイツ」
オスは完全に獣化するっぽいのに、メスはどうして顔だけは人間のままなのだろうか。
オスはやはりセルリアンでメスは凶悪なフレンズなのだろうか。
え?バカにしてるって?してます。
次回が3話目で、バトルも新展開になるっぽい雰囲気だけど、多分切ると思う。

△「ダーリン・イン・ザ・フランキス」
これはねぇ…トリガー作品の悪いところしか出てないなぁ、今のところ…エロさが気持ち悪くて、キャラの描き方が胸糞悪い。
「キルラキル」と「キズナイーバー」の悪いところだけを集めて描いてるような不快感。うーん…
次回が3話だけど、どうかなぁ。ちょっと迷う作品だよなぁ…うーん…

今期の再放送

3月に劇場版公開が控えている「ちはやふる」が週一、1月からドラマ版が始まった「海月姫」が集中再放送中。
「海月姫」は面白かったけど、アニメはめっちゃ中途半端なところで終わったし、ドラマ版は完結まで行くのだろうか…(いくならアニメも最後までやってよ!)
チャットモンチーのOPとサンボのED懐かしい。

一言投票所

「beatless」
♥アナログハックとhIEはAIの出力端末であるということを頭に入れてレイシアさんの表情やアラトを観察する視線をチェックすると怖くなり、しかし10代男子に100年(作中時間22世紀)のサブカルお約束展開の研鑽を実体験させると引っ掛かってもしょうがないと脱力します
以前のコメントといい、恐らく原作がお好きなんしょうね。
正直、次回放映を持って切るか、もう少し様子を見るか(多分すぐに「継続」にはならないと思われ)、判断しようと思っていますが…
うーん…うーん…

「幼女戦記」
♥遅れながら幼女戦記観てます。終末のイゼッタやんけ!と思ったのですがターニャさんのゲスっぷりがいいですね。でも好きな人には申し訳ないのですが悠木さんはあんま好きじゃないかな
おお、デグレチャフさんの戦いっぷりをご覧になってますか。
おっしゃる通り私も、「何?終末のイゼッタの幼女版?くだらんわぁ。ホント、最近こんなんばっかだな」とため息をつきながら見たこの作品、2話目のスーパー展開でひっくり返りました。えええええ!?いやぁ、ネタバレなしで見てよかった。

声優としての悠木さんについては、私も全く同感です。
これだけ売れっ子という事は好きな人が多いんだなと思いますし、最近は彼女も演技に円熟味が見えてきているので昔よりは役の幅が広がったと思うのですが、シンフォギアのCMなんかを聞くと「ああ、まさに悠木碧だなぁ…」とその声質に嫌悪感を抱きますね。

声優なのに声が細いんですよね…
声質に癖がありすぎて耳に障る。まぁ低めのトーンもいい味出してきましたから(それを使ってくれる監督がいれば)成長はあるかもですが。

小倉唯もそういう「悪声」と「声の細さ」を売りにするクセの強いタイプの声優ですが、こちらも最近成長してきてますから化けるかもしれません。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top