「リトルウィッチアカデミア」

1月から2クール、これは本当に今時珍しい「王道」の主人公成長物語だった。

シャリオの魔法によってアッコの魔力が奪われてしまっていたという事実の発覚は衝撃だった。先生それはあかんわ…

そして特筆すべきはやはりダイアナ。
彼女がいたからこそこの物語は成功したと思う。

スーシィもロッテも2クール目に入ってからは影が薄くなっていくばかりだったので、クライマックスに向けて強烈にキャラの魅力を強めていくダイアナがいなければ、アッコとのバランスが保てなかっただろう。

アッコの失われた魔力に、かつて同じ状態に陥ったが努力によって魔力が復活したダイアナが希望の光を与えるという帰結も素晴らしい。
強く賢く美しいダイアナこそが陰の功労者であろう。

アンドリューと何かあるかなと思わせていて、特に恋愛に傾くことがなかったのもよかった。(アンドリュー自身も魅力的なキャラであった)

OPEDはともに1期がずば抜けてよい。2期は残念ながら数段落ちる。

2017/08/08 23:41 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |