新番組の続き

待ちに待った三連休。
休まないと心も体も持たないゾ!(棒読み)

ってなわけで新番組も早い作品は3週目に入ったわけです。
今期、正直言ってダークホース中のダークホースはネットも騒然の台湾布袋劇だったわけですが、私の中ではもう一作「え、いまさら!?」ながらかなり夢中で見ているのが「マジェスティックプリンス」なんですね。
2話連続なのでさくさく進むし、初期は特に色々と謎の多い物語なので、全部知ってから見てるとストレスがない。
いやー、マジで面白い。よくできてる。本放映時も面白いと思ったけど、これからウルガルが喋ってる言葉がわかり始めるとまた面白くなっていくし、1クールで2クール分見られるのもすごくラク。
「今期のロボものはレガリア1本?何それウンコ?」と思ってしまう次第です。

あと、前回のブログになぜだかうっかり書き落してしまった新番組「リライフ」
「REWRITE」がくそつまらないよっきゅんアニメで、「RE:ゼロから始める異世界生活」がヘドが出そうなほどつまらなくなったことを受け、「REのつくアニメはロクなもんがねぇ」と突き上げておいて、「あ、でもリライフは面白いからその節は立証ならず」と落とすつもりだったのに、ケロッと忘れてしまってた。

「リライフ」はヤバい、これめっちゃ面白い!
27歳ヒキニートが、謎の薬を飲んで18歳に若返り(でも中身や脳や体力は27歳のまま)、高校3年生をやり直す物語。

絵柄がイマドキの目玉おバケじゃないこと、等身が高いこと、制服がバカっぽくないこと、キャラの男女比がいいこと、高校生活がリアルなこと(小テストは赤点再テスト付きとか体力測定とか…野口くんも言ってたけど、漫画やアニメの高校生って恋愛してるかバトルしてるか遊んでばっかりで全然勉強してないからな!)、時折「これはあくまでも被検体の話なんだ」と現実に引き戻されることなど、どれもこれも心にズギュンと突き刺さる。
一体どれが失敗被験者の001なのか探るのも楽しい。

OPはこれまた大海原に漕ぎ出したくなるような歌声だけど、EDは毎回変わり、初回の「イージュー★ライダー」で驚いたら、2話目が「HOT LIMIT」、今回3話目はまさかの「タイミング」と、次は何が!?と期待させるチョイスで笑う。
ま、どの曲も私の高校時代から見たらはるか未来の曲なんだがな!

「レガリア The Three Sacred Stars」
2話目まで見たけど、主人公が女子高生で女皇様、姉がロり少女でロボットのコアという設定に、ほとほとじんましんが出そうだった。そもそも設定からしてしょーもないので切り。

「腐男子高校生活」
男子にかこつけて単に女の趣味を描いてるだけなんだろうなぁ…詳しくもないし興味もないジャンルだが、5分だからいいかなという感じで見ている。

「はんだくん」
2話までは視聴したけど…可もなく不可もなさ過ぎて、毒にも薬にもならない空気アニメ。こっそりと録画も予約も消した。

「この美術部には問題がある!」
開始5分で「うわー、これはないなー」と思う。見ない。

「美男高校地球防衛部LOVE! LOVE!」
衣装のフリフリもパワーアップ!
バカがバカな会話を積み重ね、バカな敵をバカみたいな姿でバカ丸出しで倒す、ただただバカな男子校アニメ。
1期放映前の特番で5人の声優が初々しい姿で出てきた時は「知らねぇな」と思ってたけど、梅原も増田も西山も皆次々売れてきて驚く。(鳴子硫黄役の子だけまだあんま聞かないので、彼はもう少し頑張った方がいいと思う)

脇を固める豪華声優陣も今まで通りで、2話目の敵役は「代永翼」とアタリをつけたらまさかの保志きゅんだった。私のダメ絶対音感と保志きゅんはホンマに相性悪いんだよね!

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」
これはまさかまさかのダークホース。
動きもすごいしCGとの組み合わせも見事なんだが、なんだろう、人形劇だけに展開や物語の進行が非常に舞台劇っぽいせいか、むしろストーリーがシンプルかつ王道そのもので面白い。
キャラクターの関わり方や名乗り方や前口上に至るまで、関係性がことに最近のわかりづらいアニメとは全然違って、「今」「誰が」「どこで」「何のために」「何をやっている」ということがいちいちわかりやすいんだよねー

布袋劇の見事なアクションとリアルな人形の動き、それにわかりやすく王道のキャラクター同士のセリフの掛け合いが、単純明快な物語を取りまわしていて、ヒキも秀逸なので本当に毎回楽しみにさせてくれる。
OPは西川なのでこれまた盛り上がるハイスピード感。

他にも、丹翡の顔立ちはまさに日本のアニメ顔ということで霹靂布袋劇伝統の顔とは違うそうだけど、逆にこういう交流で台湾側にもいい刺激が与えられたら、日本人としても嬉しいよね。

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」
やる気はないけど実力はある風なことを言う男と、堅物っぽい女と、その他大勢が船でだらだらと自己紹介してたと思ったら、いきなり王族らしき人と一緒に遭難してた。なんだこれつまらん。見ない。

「91Days」
2話目はまだ見ていないのだが、出だしは上々の血みどろリベンジアニメだった。もう少し様子を見たい。

「ベルセルク」
思ったより出来が良く、パックとイシドロと同時に出会うという矛盾もある程度解消…してたかな?まぁ悪くはなかった。
2話目はまだ見ていないが、オリジナルだったと聞いているので見てから決めるかなぁ。

「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」
辛口目線で見ていたのだけど………あれぇ、これちょっと面白いんだけど…
「アルデミラン」だの「レガリア」だのを切って、この作品にしろ「パズドラクロス」にしろ、探り探り2話目を見たキッズアニメの方がよっぽど見る価値があるってどうなんだ。

チョイスしてる科学者がこれまた皆渋いんだよ。しかも科学うんちくがやたら楽しい。
主人公のマリも科学の知識はてんでないけど、言動に嫌味がなくてかわいいし、脇を固める水城兄妹もいい感じなのよ。
今後は黒幕との関係や、他にもキャラが出てくるみたいなので、ちょっと楽しみにしちゃうな。

「一人之下 the outcast」
2回目まで見たけど、これはないな。やっぱりまだ日本で放映されていいレベルじゃないと思うわ。

「クオリディア・コード」
厨二病の主人公が巨乳を引き連れて千葉と神奈川と東京湾で共闘する話。
埼玉が無視されてるのは海がないからかなぁとしみじみしながら、いつものように即消し。見ない。

「アンジュ・ヴィエルジュ」
女がたくさん風呂に入ってて、グジグジネチネチと他人を妬む発言ばかりするアニメ。見ない。

「あまんちゅ!」
1話目は自己紹介が終了するまで、相変わらずのまったりのんびりペース。
うーん、これはどうかな。見ないと思うけど、一応2話目までチェックするかな…

「斉木楠雄のΨ難」
毎日の短編をまとめて深夜に放映するので、見るのが大変ラクチン。
今更なのだが、「神谷=ツッコミ」というのはこの業界の常識なんだろうか?

「ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-未来編」
「ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-絶望編」
いやいやいやいや、これ大丈夫なの?スタッフ死んでんじゃないの!?

未来編では馴染み深い苗木や霧切、朝比奈が出てきて嬉しい反面、絶望編で「あっちで死んじゃったキャラがこっちの主人公かよ!」とか、「ああ、あの苗木がかばったという生徒たちがこいつらなわけね」と両方見てわかるというカラクリが面白い。
相変わらずのダンガンワールドでめっちゃ面白いんだけど、ホント、大丈夫なの!?
最終回までに万策尽きるのだけは勘弁してほしいものだ。

「モブサイコ100」
うーん…とりあえずもうちょっと見てみないことには…

「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」
黒騎は相変わらず「ちゃらんぽらんながらも社会人としては責務を果たす」バランスタイプで、花咲里はどうやら西日本へ異動、瀬奈は名古屋で倒産しかかった清掃会社経営に乗り出し、立てなおしつつある模様で、バラバラのまま第2クールスタート。
第1話はまたもノセられたバカな女子高生がそれとは知らずに自爆テロをさせられそうになるというタイムリーなお話で、民間人の協力要請第1号として瀬奈と黒騎のコンビが復活。起承転結もばっちりで、めっちゃ面白かった!!

旧キャラがいなくても十分面白いし、職場で人が変わっていくことは必然のリアルなので、今後も楽しみ。

「バッテリー」
まだ見てない。

なお、様子見だった作品では「スカーレッドライダーゼクス」と「甘々と稲妻」「orange」「初恋モンスター」が落ちた。
「チア男子」は普通に部活キャンパスものとして面白いし、「アマゾンズ」も2話目を見て「はいはいはいはい、なるほどなるほど」とわかるところが多くて今後も楽しみ。
「サーヴァンプ」と「モノノケ庵」はいつ落としてやろうかと手薬煉を引いて見ているにもかかわらず、前者は今回意外な展開で仲間ができ、後者はマダオ親分がこれまたいい味を出していたので切ることができんかった。

うーん、まさか「パズドラ」や「タイムトラベラー少女」が残って「甘々と稲妻」とか「orange」を落とすことになるとは思わなかったしさー、1期目は割と惰性で見てたように感じてた「アクティヴレイド」に再会できてこんなに嬉しいと思うとか思わなかったんで、今期は自分でもよくわからん。布袋劇もダークホースだしさ。

こんなところです。
皆さま、よい三連休を。

2016/07/17 15:46 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |