Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
06/28(Tue)

殺伐たる風景

先日、人通りの多い交差点で嫌なものをふたつ見た。

ひとつ目は、大勢の人が歩行者用信号が青に変わるのを待っている時。
まだ車用の信号が黄色にもなっていないのに堂々と交差点のど真ん中(横断歩道の上でさえない)を横切るサラリーマンがいて、信号待ちをしている我々暇人の多くは「なんだあのバカ」と思っていた(はず)
すると走ってきたトラックがこの傍若無人な歩行者に向かって警報を鳴らした。
客観的に見ても特に乱暴な警報ではなく、この歩行者に注意を促すものと感じられたので、道交法54条に触れることはないと思われる。もちろん罵声を浴びせたりはしていない。

にもかかわらず、である。

このサラリーマン、その後次の赤信号で止まったこのトラックを追いかけ、ナンバーと車体をスマホで撮影しているではないか。
私の方に向かって歩いてきた時、警報を鳴らしたトラックをやけにニヤニヤしたツラで振り返ってるなぁと思ったらこれだ。
悪いのは明らかに自分なのに、「俺様にクラクションなんぞ鳴らしやがった労働者は地獄に落ちろ」的な気持ちなのだろうか。
「自分はきちんと青信号で横断歩道を歩いていたのに、貴社のトラック運転手は無礼にも警報を鳴らした。」とでも言いがかりをつける気なのだろうか。
それともゆとり世代の得意戦法で「道交法54条違反AGE」とSNSに晒すつもりなのだろうか。

もしそんな事になったら「悪いのはアイツですよ」と弁護してあげたいが、できようはずもない。
自分には何一つ関係ないし、このにやにやサラリーマンが実際にクレーマーになるかどうかもわからないのだが、どうにも気分の悪い光景であった。

もうひとつも同じ交差点でのことである。
この交差点は普段は人通りも大したことがないのだが、朝のラッシュ時だけは大変な人混みになる。
しかしその人混みの割に、歩行者の青信号の時間が短いのだ。
正確には駅から見て左右の信号機のうち、左折車用の信号を要する右の横断歩道は青信号の時間が非常に短い。
普段でも健常者がかなり早足で渡らないと渡りきれないほどだ。

事件はその時間が短い青信号を多くの人が渡っている時に起きた。
かなりの人数が一斉に横断歩道を渡ったのだが、時間内に渡りきれず、さらに数十人が早足で渡りきろうとした瞬間。

「いつまで渡ってんだよバカ野郎!!!」

左折しようと待っていたバンのドライバーが、なかなか切れない歩行者に罵声を浴びせたのである。
「時間内に渡りきれず、ダラダラとゴールする歩行者」は、この交差点ではよくある光景だ。
左折車用信号があるため時差が生じるのは仕方ないが、いかんせん青信号の時間が短すぎるのだ。

左折にしても、この道路は正確には五差路になっており、左折用の信号と直進用の信号が時差で変わるのだ。
今回怒ったバンは先に赤に変わった左折用信号ではなく、直進用信号で左折しようとした車である。
(左折用信号は歩行者用信号が赤の間に青になり、直進用信号は左折用信号が赤になった後に青になるので、これまた時間が短い)
左折なので頭を突っ込んでるし、直進用が青になっても安全上その車を無視して進むとは思えないのだが、どうにもイライラしたらしい。
しかもそれこそ横断歩道を渡る歩行者にクラクションを鳴らしてはいけないことはよくわかっていたようだ。

この場合は確かに歩行者の集団が悪いのだが、それにしたって左折しようとする車もいくらイライラしたって「バカ野郎」はなかろう。
だらだらと渡っていたのが悪いとはいえ、朝っぱらからバカ野郎呼ばわりされた歩行者も気の毒だし、急いでいるのにとろい歩行者にイライラしたドライバーの気持ちもわかるが、まぁ穏やかにいこうやという光景であった。

「くまみこ」は最終回の2話がオリジナル展開だったらしく、どうりでグダグダしてたはずだと納得。
正直、何も考えずに田舎に閉じこもってぬくぬくと生きればいい的なラストにはぞっとしてしまった。
でもまぁよくよく考えれば、私だってたまたま生まれついたのが大都会というだけで、「何も考えずぬくぬく暮らしている」ことはマチとなんら変わってないのだけれども。
だが少なくともうちにクマはいない!

第4期も製作決定という「怪盗ジョーカー」も一応の終了。
遊星王子フェニックスは一体いくつやねん…

7月の新番組期を前に、ブルーレイの「新番組予約」が着々と記録されているのだが、そのあまりの数の多さに戦々恐々。
しかもしょせん機械のやることなので、確認しないとシカトされている新番組も結構ある。
「少なくとも初回は見る」をポリシーとしている自分としては、毎回予約チェックをしなければならないので大変である。

なお「アルスラーン」のようにもう見ないと決めている第2期以外に、前作を見ていない「ラブライブ」や「食戟のソーマ」なども対象外である。
息の長い「テイルズ」シリーズも初見なし。大昔に1本見て苦労したので、このシリーズはスルーすると決めている。
久々に最新刊の出た「ベルセルク」もどうかなぁ…CMしか見てないけど、バリバリCGで「亜人」みたいな動きだったし、話も原作で読んでるからなぁ。
「バッテリー」も見るかどうかわからない。野球は好きだし、林遣都の映画も面白かったけど、基本「女が描くなんちゃって野球もの」には不信感があるからなぁ。

来期は再放送枠に昔懐かしい「ボトムズ」と「マジェプリ」が浮上してきたけど、余裕があったらどっちも見たいにゃー
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ