久々にゼロ更新

せめて四月中に一回、と思ったけど、無理でごさった。
環境の変化のストレスでダメだろうとは思っていたけど、それ以上に仕事そのものが合わなくてダメの二乗三乗。
でもまぁアニメは見てます。今期は面白い作品が多くて、ハルヒ旋風だった10年前から、2011年のタイバニ登場あたりまで、「春は不作」が定番だった暗黒時代が嘘のよう。

今のところのベスト3は、たぶん私の嗜好を読んでる方ならわかるかもだけど、なんといっても「ジョーカー・ゲーム」
I Gだし、作画も声優も物語も突出しすぎてヤバい。
「どうせただの熱血野郎と美少女の血みどろアクションだろー」と醒めた目で見ていたのに、意外な展開を見せた「カバネリ」
1話はうーん、ありがちという感じだったけど、2話の展開はなかなかしびれた。
次はどれも面白いので選びがたいし、なんか選ぶの生活のだが…やはり「ゼロから始める異世界せいかつ」かなー
主人公の察しの悪さに舌打ちしつつ、意外と頭が切れるところに感心もしつつ、バカなところに笑いつつ、緩急つけた展開が今のところ面白いので楽しみ。

もちろん第四部が好きな私にとっては癖と灰汁が抜けた感じの「ジョジョ」も最高に面白い。
ちょっと意外なところでは、まったりしてるのにバタバタしたくだらない騒ぎがない「フライング・ウィッチ」、意外といけそうな「クロムクロ」、イライラさせるのはわざとと知りつつ、アナザー臭をわざと撒き散らす水島監督の罠にはまる「迷家」、同じく監督でいえば高松監督が楽しそうな「坂本ですが」、ゲームが好きなので楽しんでる「逆転裁判」、ドいなかギャグが楽しい「くまみこ」、バイクの知識とツッコミ不在のボケ倒しギャグが笑える「ばくおん!」など、どれも楽しい。「マギ」は、さすが主役を食うだけのことはあるとしみじみ。

無論、続編としては「コンレボ」も別格に面白い。
一方でわりと疲れるので、脱落がありそうなのが「文豪ストレイドッグス」
この監督脚本コンビの癖とはいえ、ウザったい悪ノリがちょっと疲れる。
「うしとら」もきついけど、先を知ってるし、あとちょっとだしね。
「キズナイーバー」も綱渡りだなぁ。切る理由もないけど、見続ける理由もない。でも脳筋がわりといいやつだし、劇中ではボロクソに言われてるけど、ウザが可愛いので結構見ちゃうかも。

しかしこのところ困るのはなんたって再放送がアツ過ぎることよね。
「スクライド」に「ちはやふる」「ガンダムビルドファイターズ」、やっと「コブラ」が終わったと思ったら「精霊の守り人」って、豊作過ぎるでしょ!
そしてもちろん、暇なら録画してある「おそ松さん」もいまだにちょいちょい見てたりする。

ホント、こんな風に好きなことやってストレス発散しないとやってられねーわ。
09:18 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
フラストレーションと攻撃性について | top | やっぱダメでしたー

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/2035-15b1fae4