鈍感人

残業2日目終了。
明日は後輩にバトンタッチするけど、次はめでたい祝日出勤だあははははは(泣)

鈍感な人って、本当に幸せだと思う。

ちょっと前に空気読めといわれたタイプがまさにこれだが、KYが下火になっても、空気を読めない人が絶滅するわけはなく、相も変わらず鈍感ぶりを発揮している。
こっちが迷惑に思いながらも節度を守って大人対応していることに気づかない。

いやもう、驚くくらい全く気づかないよね…

言われればひれ伏すくらい恐縮するくせに、言われない限り死ぬまで気づかない。
私は短気でめんどくさがりなので、「空気には空気」で対抗せんとそれなりの対応を匂わせるのだけど、この程度では一向に気づかない。

もう結構キツい痛さなのだが、とにかく本人が気づいていない。
まさに「察して」(トト子)
まぁ、だからといってモラルや倫理に反しているわけではないので、こっちがキレたり強権を発動するほどではない。
でもやっぱりなんとも困ったもんだ。
まさに「感じて」(トト子)

ま、六つ子同様、無理だよね…はぁ…

一言投票所

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(2015年10月開始)
▼杯交わしたテイワズだって真っ当な組織じゃないんだから、鉄華団(特にオルガ)が反旗を翻さないよう「飴と鞭」を使い分けるんだろうなあ・・・飴はメリビットで、鞭は火星組を人質とか(怖)
今は鉄華団は力もないし分け前もタービンズの方がいいので、テイワズにとっては何の脅威でもないでしょうが、これがちょっと鼻につくほど力を持ってきたとか、分け前やショバの拡大や販路の独占などを望んで来たら、そりゃもう「ヤクザルール」が適用されるんでしょう。

25話ならそこまでは行かないかもしれないけど、数の理論を重んじているテイワズにとって「鉄華団を加えておくこと」が不利益の方が多い(たとえば火星に販路を伸ばしたい他の勢力から支援を受けたギャラルホルンが本気になるなど)となったら、あっさり切り捨てられる可能性はあるのでは。
もちろん逆に、ちゃんとヤクザの仁義を守って、鉄華団が劣勢であっても加勢してくれる可能性もありますが。
どっちなのか、あるいはどってでもないのかはまだわかりませんな。

どっちにしろ、カタギじゃない力を利用するってことは、悪い時にはかなりヤバいリスクが伴うということは間違いないでしょう。
果たしてそれをガンダムらしく描けるかどうかは、監督はじめスタッフの手腕にかかってますね。

▼WIKIによると全25話のせいか、伏線(一番隊への処遇やマサヒロ登場など)がサクサク回収されますね~古い話ですがZとか忘れたころにフォウとかロザミアとかが再登場したりしたのは50話というスパンの長さのせい?ただ分割2期にすると00みたく上層部やBPOから横槍をいれられてグダグダになりそうなので良し悪しかも・・
全25話というのも正直まだどこか信用してないところがありますが(分割4クールじゃないかと)、ガンビルやGレコが2クール完結だったので、ないわけではないですね。

確かにサクサク進むこの展開は私もすっげー気に入ってます。
でも前から言ってるように、クー様の件はいまひとつ消化不良です。

今回もマクギリスたちの会話で「クー様の凄さ」がすっげー独り歩きしてましたよね。
その一方で肝心のクー様は血まみれのタカキを前に固まってしまい、後で「また、何もできなかった」と悶々としているだけ。
う、うーん…どこらへんがすごいんだろうこの人…

00は劇場版が決まって急遽路線変更をせざるを得なかったといいう、逆シャアの影響を受けたZZみたいな経緯も響いたのかもしれませんね。まぁだからといって、00は全然面白くなかったけどね!(しかもストーリーを語るなら劇場版のラストを見た上で語らないと全く意味をなさないという)

声優&俳優
▼ドラマや映画で出てた役者さんが後に声優になってたりして活躍されてるのを見ると驚きます 映画学校の怪談3でメインの意地悪なガリ勉が豊永利行さんだったり、バトルロワイアルでインパクトのあるシーンを演じた方が後に声優として活動し、逆転裁判の真宵ちゃんを演じてたりして感慨深いです
もう声優の歴史を語るのは厭きたし、お若い皆さんの心に全く響かないので書く気も失せるんですけど、声優ってもともとほとんどが「売れない俳優崩れ」ですから、今の時代だと、「全然モノにならなかった子役」が進む道になってて当然です。
豊永さん、ざわさん、木村良平さんなんかも皆、児童劇団崩れですよね?

大人の役者になれなかった残念な子役が活路を見出した一つが現在の声優ルートです。
子役時代のコネがあるので彼らは結構強いですが、相当の演技力や、子役時代に染みついた「反抗しない、大人の言うことを聞く、おとなしくお行儀よく」が悪い方向に出て、殻をぶち破ろうとか、新しいことに挑戦しようというパワーがないと使ってもらえませんからね。

だって大人になってから養成所に通い、努力して頑張ってる人にも優れた人は多いわけですもん。
輝くものを持ってるならまだしも、優等生だけど自分で考えられず言いなりになるだけの子役崩れなんかいらないでしょ。
ここも芸能界の端くれですから、厳しい世界ですよ。

「子どもであれ」「可愛い子であれ」「誰の言うことも聞くいい子であれ」と周囲の空気に毒され、いつまでも子供気分が抜けないから「身長が伸びず」「顔だちも幼く」「そのくせ小さいころから大人の言うことを聞くよう調教されているので、いまひとつ型破りな演技や革命的な事が一切できず」気づいたら少年は髭だらけに、少女は脂肪まみれになって可愛さがなくなり(でもまぁ親が子役にしようとするだけあって、見栄えはそこまで悪くないですよね、えなりかずきみたいなタイプを除けば)、一流のアイドルにも役者にもなれずに腐っている…昔も今も芸能界の現実は本当に厳しいですよ。

山岸涼子の怖い漫画じゃないけど、子役あがりに身長が低い男性が多いのは、成長を無意識のうちにセーブしてるんだろうと思います。もちろんゼロではないですが、デカくなりそうな方が珍しい。

神木隆之介は小さいし、本郷奏多も俳優としてはちょっと小さいかなぁ…足が長くてスタイルが綺麗な女優さんはおしなべて170近いですから、相手役として厳しい。濱田龍臣も大きくなりそうだけど、小栗旬みたいに下積みのうちにデカくなり、結果的には成人してからの方が稼げるという道を選ぶのもアリだと思う。

というか、私はこっちの方が賢いと思う、親が。(そもそも子役は親だからね、方針決めるの。大体金に眼が眩んじゃうけど)
トップに立てるのはほんのわずか。あとは雲霞のように湧き出でて、ほとんどがゴミとなって消えていくんですから。

誰もが井上真央や堀北真紀やガッキーじゃないんです。
池田秀一だって世に誉れ高い「天才子役」ですよ。全国区のドラマで称賛を受けた子役ですから、今でもある世代以上の人にとっては非常に有名です。
彼も子役の宿命で大人になっても童顔で身長も伸びなかったため、仕事がなくてどうしようもなかった時に、奇跡的に拾ってもらったんですから。

って、結局語ってしまった。
でも以前書いたように、子役上がりの声優さんにはぜひ、舞台を踏んで芝居を続けて欲しい。
声優だけを目指した人の中には声優しかやらない、やれない人も多いけど、子役はかつて叩き込まれたはずの「演じること」を忘れないでほしいですね。
歌のCD売りたいのもわかるけどさ、声一本で身を立てる声優さんには何より芸を磨いてほしいものです。

ヤング ブラック・ジャック(2015年10月開始)
▼腐女子の方たちが喜びそうな添い寝シーツ(な、ななせんえん越えッツ!!)&抱き枕カバー(き、きゅうせんえんごえ==;)が12月16日正午まで予約受付中・・だ・・と??腐女子の方ってお金持ちなの?ぼかぁ要らないな!(震え声)
うわぁ、すごいなぁ…私はこういうグッズは苦手なので笑うしかないです。

まぁでも、今アニメ業界にお金を落とすのはハーレムアニメ、エロアニメ、空気アニメ好きのオタさんか、声豚さんか、次々標的を変えて群がる腐女子くらいですからね。
かつグッズがいくら売れても、末端のアニメ制作者まではなかなか恩恵が届きませんし、ブルーレイから萌えグッズから何から何までコンスタント&トータルに買ってくれるファンこそが業界の神様です。

でもホント、不況だという割に皆さんお金持ってますよね~
腐女子だけでなく、一般的にリア充と言われる人たちも、当たり前のように7千円8千円するTDRやUSJに行き(それも「年に何度も!」と自慢するツワモノが多数)、数千円の食事をし、数千円のお土産を買って帰ってくると聞くと、本当にびっくりしてしまいます。
え、8千円のクリスマスミッキーディナーとか世間では当たり前なの?マジか!

電気代が一日3kwhを超えるか超えないかに一喜一憂している自分は、どれだけみみっちくてセコいかを思い知らされます…虚しい。

おそ松さん(2015年10月開始)
▼”ああっおそ松さまっ”のイラストがかっこよすぎる件;F6っぽいアレンジでなく、オリジナルにかなり寄せてきてますがイケメンタッチで、きっと不女子(しつこい?)の方たちの脳内ではこんな風に変換されてるに違いないって・・
そうですか。でも見たことがないのでわかりません。すみません。

映画「ファントムオブパラダイス」
▼似た内容のアニメで言うと"巌窟王"を70年代っぽくしてもっと後味悪くした感じですかね~ザックリしすぎですが。初代キャリー監督の作品なのでちょっとグロいです
ははは、似てるというか、「岩窟王」はもともと「モンテ・クリスト伯」を元にした「虎よ、虎よ!」をアニメ化したかったけど版権が取れず、一足飛びにデュマの作品をSFアレンジにしたので、「復讐劇」というくくりでしか一緒にならない気が(お互いにオリジナルならまだしも、お互いに原作もとい原案がありますからね)
あとそこまでコアな映画ファンじゃなくても、デ・パルマくらい知ってるでしょう。いや、知っててほしい。

2015/12/16 23:34 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |