元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
「散華」というにはトウが立ち過ぎているのでは…
ヤバいねー
超面白いね、オルフェンズ。

今回のドラマパートといい、バトルシーンといい、全体的にハードな感じがすごくよかった。
私は年齢的にクランク二尉の方が親近感持てるからさー、若僧に気持ちを寄せても、あっちにとっては「何勝手な寝言ほざいてんだ」って邪険にされる感じ、すげーわかるわ。自分が若い方に属する人間だったら、オヤジやババァの話なんぞ聞かないもん、絶対。

クランク二尉は人間的にも大人としても非常にできた人なわけで、彼の良心の呵責と正義に間違いはないのに、それが絶対に届かないもどかしさ。届くはずがないという絶望感。

そしてそれはミカヅキたちが悪いわけではなく、彼らが何も持たないからだという、ぞっとするような寂寥感。
家族も、家庭も、教育も、教養も、倫理も、道徳も、何も持たない、持つことができなかったからという冷たい現実。

バルバトスが未だフレームが剥き出しで、肉付けするパーツを何一つ持ってないのもそんな象徴のように思える。
飛ばされた刃先で、グレイズのコックピットを容赦なく突き通してカメラを潰すとか、なりふり構わない戦いぶりが相変わらず泥臭い。
ミカヅキが、今のところバルバトスの唯一の武器であるメイスを折られても、全く動じなかったのもすごい。

まぁ一番隊の連中を顔色一つ変えずに簡単に殺せるんだから、それくらいじゃ動じないかもしれないけど。
この一番隊掌握シーンは、ものすごく血生臭いけど痺れたなぁ。だってムカつくじゃん、あいつら。いい気味だ。
とはいえ自分がもし子供にしてやられたら「ぐぬぬぬぬ…っ!」となるけどさ。

クランク二尉は潰された時にすぐ死んだかと思いきや、まだ生きてたのでビックリ。
先週のファフナーのオルガといい、昨今のコックピットは丈夫だなぁ。
彼の主義主張は、ミカヅキには理解できない。ただの自分勝手な綺麗事にしか聞こえない。
だから彼からの礼など聞く必要はなく、ただ苦痛を終わらせるために撃つ。それだけの話。

そんなミカヅキが戦闘後、コックピットにそっとかけられていたアトラのブレスレットにくちづけるのはなんとも胸にくる。
冷徹で、オルガと一緒なら地獄まで行きそうなミカヅキも、アトラのことは大切に想ってるのかなとちょっとだけほっとする。
同時に、アトラはミカヅキの人間性を試す贄として捧げられる存在になってしまうのでは…と嫌な予感がしてしまった。
オルガとも意見を交わすクー姫のヒロインぶりがますます際立ってきたが故に、当たらなくていいかな、そんなのは!

CGSって名前いいなぁと思ってたのに、オルガは「鉄華団」と変えてしまう模様。
今後の経営についてとか、ギャラルホルンに睨まれるのも嫌だからクー姫を差し出して金を要求しようとか、至極全うな相談に心が躍る。こういう「なんでもないけどストーリーやキャラ立ちのためには結構大事」なシーンって、平成ガンダムに入ってからは省略しがちだったからね。

クー姫も自分の戦場を自覚し、鉄華団は新たなメンバーで再出発。
いやー、ホントにやばいね。面白いね。リアルタイムで見たいから、正座して待っちゃうね。
とりあえず、なんでも様子見すべき3話まできたけど、これまでほとんど隙がなかったね。
ここまで来なくとも十分面白かったし、3話目にして勢いが衰えず、これはやっぱり期待したくもなる。

あとはスポンサー様の思惑通り、ガンプラが売れれば問題なしだな。よし、皆買うんだ!(おまえも買えや)

2015-10-18 Sun 18:50
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<先が見えない… | Parallel Paradise | 春や夏に比べて、秋は過ぎるのが早い>>
この記事のコメント
鉄血ガンプラ
コメントありがとうございました。
返信が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

「鉄血のオルフェンズ」面白いですね!
今日は初の宇宙戦でしたが、ミカヅキの戦闘は相変わらず泥臭く、大人たちは小狡く、青年は朴訥なまでに真っ直ぐで、9歳の婚約者を持つイケメンのチョコ兄さんは今までにない冷静さを見せるライバルキャラでよかったですね。時間漂流して復讐に燃えそうな声ですけど。

OPのバルバトスもパーツが増えてガンダムカラーになってきましたが、ガンプラも「複雑なデザインにも関わらず組み立てが簡単で、造形も完璧、可動も充実」とのこと。しかもお値段も手ごろなんて、これは年末に向けてぜひ売れてくれると嬉しいですね。
2015-11-01 Sun 22:21 | URL | になにな #aUrEiGLg [内容変更]
3話はこれから見るのですが、今の所、予想を遥かに越えて面白いです。

BFの影響でガンプラに凝り始めた身ですが、
鉄血のプラモは素晴らしいです。
バルバトス、グレイズ、マクギリスのシュヴァルベグレイズが出ていますが、
複雑なデザインにも関わらず組み立てが簡単で、造形も完璧、可動も充実。
そして何よりも、800円前後という低価格にバンダイの凄さを改めて感じさせられました。
2015-10-18 Sun 19:45 | URL | 753 #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| HOME |