春や夏に比べて、秋は過ぎるのが早い

仕事は新年度でクソ忙しいのに、チンタラチンタラして一日がなかなか終わらない春、暑さにうんざりして早く涼しくなって欲しいと思うのにさっぱり動かない夏に比べ、秋は本当に過ぎるのが早い。
ようやく来た季節を、もっとゆっくり楽しみたいと思うのになんでこんなに早いのか。
まったくもって腑に落ちん。

映画レビューを更新。キック・アス/ジャスティス・フォーエバーブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブです。

職場におっかさんが2人いるのだが、息子が可愛くて可愛くて仕方がないらしく、「うちの息子は彼女なんてまだまだ」「早く彼女作ればいいのに」「全然イケメンじゃないし」と「いかに息子が甲斐性なしでモテなくて彼女なんかできるタイプじゃない」と嘆いている「フリ」をする。

これに付き合うのがとにかくウザい。

しかも二人揃って独身の若い同僚に「彼女いないの?」「華やかな話題はないの?」と質問攻めにするのもウザい。
そんなことがあったって、ペラペラ言うわけないだろ職場のオバハンなんかに。
自分の息子たちのことが心配だからって他人の息子にまで口出しするんじゃないよ、みっともない。

ったく、男しか育ててない母親ってのはめんどくせぇな。
何がって、とにかく自分が「物分りのいい母親」のフリをしようとするのが何よりウザい。

もし本当にどこかでガキでもこさえて女連れてこようものなら卒倒するだろうし、お相手がお眼鏡にかなわない女だったらグチグチ言うに決まってるのに、まだ何もないと思いつつ、不安の裏返しで「うちの子ったらそっちの方は全然ダメなのよ」自慢(?)をしやがる。

一流大学に通ってて、実家にも寄り付かないリア充のガキなんぞテキトーに遊んでるに決まってるじゃねーか。
いやいや心配いりませんよ、きっと大丈夫ですよ、今は勉強一筋なんですよな~んて、心にもない慰めやとりなしを言う(しかも顔も名前も知らんガキのために)こっちの身にもなれ。

もう一人は息子がモテるとかモテないどころか、学力が低くてようやく入った高校もやめてしまい、しかも同世代とうまくやっていけないことの方をもっと心配してやれ。
学歴もない上に、友達もおらず、高校へ行く年にもなってどこに行くにもおふくろとしか行動しないガキなんて今後どうするつもりなんだ。(でも男の子の母親としては、いつまでも母親ベッタリの息子がものすごく羨ましいらしい。うえぇ、マジで気持ち悪ぃ…)

あー、ホントにババァどもはめんどくせぇな。
けど詮索される若い同僚はもっと迷惑だと思うので、せめて私は「若いもんにウザいことを聞かないババァ」でいるよう心がけよう。

「すべてがfになる」は切った。
初見切り以外では今期初切り。
ヒロインがどうしようもないほどキモくてダメだった。
木曜日から金曜日にかけてむっちゃ忙しいし、キモいものを無理して見なくてもいいと判断。

今期はEDにパワフルなのが多い気がする。
特にルパンの石川さゆりと、MISIAの「オォォルフェェェェェェェンズ」は耳に残るわぁ…

一言投票所

その他「K」
● Kは古橋氏のノベライズも面白かったです。この人版権ものに外れないんですよね、デモンベイン(19世紀末スチームオカルトパンク!)にレンズマン(書くために遺族説得した)に。個人的に雨宮監督と組んでオリ牙狼を書いて欲しい作家さんです。監督が表紙挿絵担当してるんですよね、古橋さんのデビュー作
存じ上げないんですが、アレンジが上手なんですかね。ノベライズって、何より作品に愛を持って書いてくれると、タッチが生き生きしますよね。
雨宮監督とはどういうご関係なんでしょうかね。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーゴースト」
● ゴースト、ドライブがいまいち(オーズと似たような感想)だったので期待してたのですが、これまた毒も薬もないレベルで安定してしまいそう 鎧武は1クール終わり辺りからテコ入れでもしてるのかというぐらい雰囲気変わっていったのですが
ベルトの「バッチリミナー」が「シャバドゥビダッチ変身」クラスにうるさいゴーストですが、今のところ見続けたくなる要素はなく、ダラダラ流し見してても問題ない(=集中して見たくもならず、セリフをしっかり聞きたくなることもない)レベル。
ま、時間の問題かなと思っております。

ドラマ「久坂部羊」
●東野 圭吾、湊かなえ、池井戸潤ときて今期は久坂部羊作品が2作もドラマ化されてますね(破裂&無痛)デビュー作の廃用身は”ひい~~”という内容でした。現実にありそうで怖い・・
ドラマ化も原作が枯渇するのでブームみたいなものがあるのか、広告代理店が出版社と結託してるのか(こっちだろうけど)
この方は本当のお医者さんなんですね。読んでないんですけど、粗筋を読むとなかなか衝撃的ですね。
廃用って確かに重たい荷物をくっつけてるみたいなものですが、人間としてはなかなか思い切れない上に、あってもなくてもファントムペインが出る場合も多いので、「切っちゃえ」ってわけにもいかないみたいですけどね。ことに介護の場では切実でしょうね。

蒼穹のファフナー(2015年1月・10月EXODUS開始)
●いや多分死なないだろとか思ってたらヒロトーーー!!ゴウバインの呪いは解けなかったのか・・・剣司大丈夫か心配です。いや彼には咲良との間に子供をなし次世代につなげるという使命が・・・でも道夫さんルートかもしんない・・・いつか真壁父をついで島のリーダーになってほしいのに・・・
ああ、剣司がリーダーってのはいいですね。賛成です。
何しろ総士がやりそうと思わせておいてあの通りですもんね。
剣司は昔から咲良一筋なので総士の親父みたいに不倫はしなそうだし、何より真壁よりは有能そうだし、順当かも。
広登、死んじゃったんですかね。つかもう1期以上に絶望しかないので、先が見たいけど見たくないというこのジレンマ、ぬぅ、どうしてくれよう! ← 単に制作陣の策にハマってるだけ
01:47 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
「散華」というにはトウが立ち過ぎているのでは… | top | ロングスリーパー

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1994-488c5457