ロングスリーパー

早寝して、早起きをするのが夢である。

私は典型的ヒキコモリ気質であり、さらに夜が大好きな宵っ張りなので、「12時まで」に寝るよう心がけている。
レビューをしていた頃は3時とか4時まで起きていてフラフラになっていたが、さすがにそんな生活ができない年齢になってきたため、健康のためにも「12時までには布団に入る」ことを心がけている。

それでも7時におきるのは至難の業である。
眠くて眠くて眠くて眠くて、毎朝朝を呪いながら起きている。
無論、朝飯など食う気にもならない。
そんなことをする時間があったら一分一秒でも長く眠っていたい。

6時間7時間睡眠では日中あまりにも眠くて、夜8時頃に眠る時がある(昨日もそうだった)
夜7時とか8時に寝れば、さすがに寝厭きて5時とかに起きてしまうに違いない。
いやいや、下手したら4時台に起きてしまうかもしれない!
そうなったらスッキリと目覚めても、たっぷり時間がある夢のような朝が迎えられる!

しかし、そんな事はない。
早起きどころか、下手したらいつも通りの時間に起きるので危なくてしょうがない。
昨日8時前に床に入り、「朝はきっと早く起きるに違いない」とわくわくしつつも、「しかし自分のことが信用できぬ」と、念のため目覚ましをいつもより一時間早い6時にかけた。

案の定、目覚ましで無理無理起きた。
10時間寝ても自力でスキッと起きられない。
一体なんなんだ(とはいえ過眠症ではないので、今日一日は全く眠くならず、あくびすら出ず、すこぶる快調であった。今も元気溌剌である)

世の人々が「11時に寝て6時に起きている」とか聞くと羨ましいが、私の場合11時に寝たら10時に起きないとスッキリしない。
しかも宵っ張りだから、そもそも11時になど寝ない。
就寝時間が早くても12時となれば、眠る時間はさらに少なくなる。
だってクソつまらない仕事から帰ってきて、ようやくほーっと一息ついて、好きなことやって寛げる時間が、たった1時間や2時間なんて、とてもじゃないが我慢できない。
それでついのんびりしてると、今度は睡眠時間を削らざるを得ない。

私は夜中に起きることは全くないし、レム睡眠が多いと言われる割には夢もさほど覚えていない健全なロングスリーパーだが、やはりショートスリーパーが羨ましい。
ガッと眠ってバッと起きられて、日中眠くもならないで活動できるなんて、本当に羨ましい。
体質は変えられないらしいが、なんとかならんものか。

×「ヴァルキリードライヴ マーメイド」
昔「シムーン」とかいう百合アニメもあったなぁと思い出した。
くだらない内容だが、それすらも地上波版は何も見せないおつもりらしい。下品過ぎて見るわけがない。

△「あにトレ」
真夜中に腹筋を鍛えようという体操アニメ。
最近階段のぼりで大腿筋やハムストリングスを鍛えているので、「ヤマノススメ セカンドシーズン」と一緒に見てもいいかな?

○「血液型くん3」
A型の真面目さをデフォルメした福山潤、テキトーなB型を中村悠一、熱血で冷めやすい石田彰はO型、ますます奇人変人にされそうなAB型は柿原徹也。血液型でレッテルを貼られることを異常に毛嫌いする人も多いけど、私はネタとして面白がっている。

まぁこれは男性陣・女性陣とも、声優のいかにそれらしく見せるかの「らしさ演技」がとても楽しいのでよい。
いつもエネルギーに満ち溢れて常にイライラしたり居丈高にがなりまくる(でもおっぱいが好き♡)な石田彰とか、クールで頭よさげに何かひねったことを言うけど、よく聞けば全く中身のないカッキーとか、皆さんおもろい。

今期は「ヤマノススメ セカンドシーズン」の再放送が始まったが、思った以上に喜んでいる自分がいる。無印面白かったし、意外と真面目に山の事教えてくれるし、見てて楽しい。登山はもうしないと思いたいが、またトレーニングが必要になる時がくるかもしれないので、そのためにも勉強勉強。

「おそ松さん」
ブラック工場でダヨーン作りと、暇な長男が兄弟に邪険にされまくる話。
6つ子なんだから長男ってなんだよってのはごもっとも。でも5人の敵って…アリなの?双子とか三つ子でもアリなの?
カ○ジネタといい、握手会でセクスって言いたいだけといい、今回もテンポがよくて面白かった。
逆ギレされた上に8円置いていかれたチビ太の「えええぇ…」に吹いた。
キッズアニメを見ないのでなかなかお会いできないのだが、今期は国立さんの声があちこちで聞けて嬉しいぜレイジ。

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」
ちょ、現場荒らし過ぎですよ櫻子さん!

アバンでは「児童虐待」だと思ったけど、実際はイカれた男(夫?恋人?)による殺人事件だった。
橈骨の剥離骨折を放置すると腕が転位しちゃうなんて知らなかった…

けど、私はあの犯人は恋人ではなくDV夫で、娘に怪我させたのもあいつで、彼女は子供たちを連れて逃げている人で、だから娘の治療時に国民健康保険も使えなくて、しかも足がつくことを怖れてデタラメな住所と氏名を書いたんだ、と思うことにした。

ゴミ屋敷に住んでて、ケバくて教養もなさそうな女だったけど、命懸けで子供を守ろうとした姿は本物だから、そう思わなきゃあまりに可哀想じゃん。

一言投票所

皆様たくさんの書き込みありがとうございます。やっぱりガンダムが始まるとコメントが伸びますね~

その他「 銀と金」
■それまでの森田と銀さんが勝ち上がっていくところは成り上がりストーリーとして楽しめるんですけどカムイ編の救いのなさはすごいですよね。「差別されたんだ・・・」は胸にきます。続編はもうないでしょうけどね・・・カイジとアカギは完結してほしいですよね・・・
面白かったですね。
私は最初の「殺人鬼」を読んでる時に、友人に「今どこ読んでんの?」と聞かれ、「殺人鬼が出てきてるよ」と答えたら、「どの?」と返されて「えええええ!?」とビックリした覚えがあります。「どのって、また別の殺人鬼が出てくんのか?」と。
まぁ今となっては神威編のことだったとわかりましたが。
正直、人間を飼い殺すのが趣味の西武麻雀が兵藤や鷲津様キャラかなと思ってたんですけど、神威編に入ったら「こいつだ!」と思いました。津嘉山ボイスは絶対コイツですよ。救いのない神威編はトラウマですよ。ホント、傷になったわ…

森田と銀さんが死闘を経て決着をつける最終回なんかは見てみたいものですが、続編はもうないでしょうねぇ。
でもその神威編まででいいからアニメ化してくれないかな。名勝負が多くて、面白いと思うんですけどね。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(2015年10月開始)
■ 『Orphans』は基本的には三日月やオルガなど少年兵達のことなんでしょうが、お嬢様にもかかってるのかなーなんてふと思いました。死別したわけじゃないですが、捨てられたようなもんですし。
お嬢様、結構聡い子でしたね。もっととっぽいかと思ってました。
それにしても実の娘を差し出すなんてねぇ。もっと一杯子どもがいて、お嬢様はむしろ駄目な末っ子とか、能力が高くて兄弟に疎まれているディアネイラ様タイプで、その兄弟に売られたんならまだわかるんですけど、そういう描写もなかったですからね。
一人っ子なのに捨てられたなら、急成長させられる(これ大事)クローンが作れる、とかなんですかね。いや、ないな、それは(笑)

■いやー1話面白かった!設定も中々エグイ(背中のフジツボがエイリアンみたいでキモイ)し、周りのキャラもみんないい味出してるしっあとは監督が上手くマリーさんを操縦すれば・・・ 世界観はもうめちゃ好みです でも実は私、宇宙戦は好みじゃないので地上でやって欲しいなー・・・と 宇宙戦あるみたいでちょい残念
ファンネルは好きだけどいーっつも戦法考えずに使うからつまんない。NTだけど未熟でファンネルを飛ばせられずファンネルでほふく前進しかできないとかなら面白そうなのに 明日が楽しみっ

面白かったですね。あのフジツボ、OPでもチラッと映るのがやけにこえぇ…
OPでも宇宙服着てるし、オルガたちも戦艦みたいのに乗ってるし、そもそも舞台が火星ですからね。宇宙戦はあるでしょうね。

ファンネルはそれが盛んに出てきた頃にガンダムとは距離を置いていたせいもあり、馴染まないんですよね…
私の中のガンダムはアムロがチビりそうになりながら死に物狂いでザクを倒したり、トンデモ作画のガンダムが壊れた野球ドームの周りをこれまたトンデモ作画のザクと追いかけっこしてるイメージがついて回ってるので、「泥臭い」「汗臭い」「ションベン臭い」の三拍子こそがガンダムなんですよ。
それがこれまでの「無限エンジン&無限ビーム&謎飛行」ではなく、飛べずに弾切れやエネルギー切れを起こし、「青い顔や翼や角の生えた異星人」ではなく「同じ人間」と、「戦争する」ロボットもののエポックメーキングだったんですよ。

その他「ルパン三世」
■ルパンと言えばGreenVSRed見られました?異様な世代交代の話ですけど個人的にはルパンと不二子の切ない話でもあると思います。あと主人公のヤスオがかわいい
すみません、知らないです。そこまで「ルパン三世」に思いいれはないので…スペシャルなどもほとんど見てないですね。
「デッド・オア・アライブ」などのように、出来のいいものを抑えているという感じですかね。

映画「ブラジルから来た少年」
■ローズマリーの赤ちゃんが気に入ったらこちらもどうぞ・・ちょい古い作品ですが、ローレンス・オリビエとグレゴリー・ペックという名優が出演していて見ごたえあり!です。なぜか日本未公開なのですが面白かったです。原作小説もどうじょ
あー、はいはい、聞いたことあります。
ブラジルから来たサッカー少年の成りあがりシンデレラ・ストーリー………ではもちろんなくて、アレのアレですよね。
これもいつかは見たいなと思ってた映画ですよ。機会があるといいんですけど。

映画 「ローズマリーの赤ちゃん」
■映画も小説も怖かったのに、なにを考えたのか作者アイラ・レヴィンが1999年を舞台に”ローズマリーの息子”を書いたので出版当時いそいそと読んだのですが・・もうひどいの一言。あの恐怖を返してくれ~~号泣
ははは、ダメでしたか。まぁ昔いいものを書いた作家でも、年を取って才能が枯渇すると、哀しいかな劣化するものなんですかね。
21:24 | 日記 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
春や夏に比べて、秋は過ぎるのが早い | top | あっという間の三連休

comments

# そうそう、後から出てきた同級生ヒロインも酷い
すぐヒステリー起こして身勝手な事喚き散らして周りに当たるというトンデモナイ我儘さんでした。櫻子さんの我儘は面白いし攻撃的ではなく可愛くゴネてるだけだがあの女子高生のは身勝手な理屈で他者を責めてくるので聞いてて気分が悪い。担任教師?の方の意見に同調したくなる。あっちのが遥かにマシ(あっちもドライだが)主人公と女子高生を消去して櫻子さんの相棒はあの優しい警察官にすればもっと良くなるのに(笑)

あ、わざわざお返事アリガトウゴザイマス。古い記事ですし、この回答への回答は不要です。では。
by: sumi | 2015/11/30 14:50 | URL [編集] | page top↑
# 愛唱歌はホネホネロック
sumi様
お返事が遅くなってしまい、まことに申し訳ありません。
櫻子さん、結構進んできてもなお「全体的に癖がある」「推理や解決方法が一筋縄ではないかない」「後味が悪いことも多い」など、従来より屈折した感じの雰囲気が気に入っています。
骨というキーグッズが物語の背骨を支えていること、櫻子さんが変人で奇妙で難しい人だが、車の運転ができるとか仕事を持っているなど、一応「大人」である事、周囲の人が基本いい人ばかりである事などが、「学生ばかりの推理ごっこ」とは一線を画すのかなと思います。

主人公の少年は私もまだ名前覚えてないや。●太郎ですよね。ショウタロウ?それは弟か。
魅力がないというわけではないと思うんですが、なんだろう、印象が薄いというのか…
つーか、あの少年も婆ちゃんが事故死した少女も、ちょっと勝手に思い込みで話を進め過ぎると思いません?
手紙を捨てようとしてただけで「自殺しそうだから見捨てられない」だの、姉の介護人と先生の関係を勘ぐって「腸つながりのドロドロした愛憎」だの、勝手に想像して物事を大きくするのははた迷惑ですわ。
あいつらに振り回される皮肉屋っぽい先生も、お巡りさんもいい人過ぎる。
by: になにな | 2015/11/27 23:49 | URL [編集] | page top↑
# 櫻子さん思ったより面白いですね
1話の主人公のくっさい独白部分で回れ右して帰ろうかと思いましたが我慢してたら櫻子さんが出てきてからが面白すぎる。一風変わった視点からの推理は謎の説得力があって良い。海外ドラマのシャーロック見てるみたい。主人公の少年には1ミリの魅力も感じませんが(ただただうざい)推理はするけど犯人捕まえるとか最後まで付き合うというのは特に当人はする気がないというのも個人的にはポイント高い。普通そうですよねwサイコだけど櫻子さんは魅力の塊ですな。4話、櫻子さんは犬が欲しくなったらしく解決するつもりになったようで5話も楽しみですww まあ呪い演出して死んで投資で負けた借金の精算を保険金でするつもりなんだろうと予想してます。
by: sumi | 2015/11/04 07:05 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1993-10426812