境界のRINNE

NHKアニメなので、可もなく不可もない高橋留美子アニメ。
初期OPは明るくてとてもよかったが、なぜかEDの超音波ボイスガールが後期OPを担当する事になり、リストラされてしまった。
OP作画はほぼそのままで、そこはかとない手抜き感が否めなかった。

内容は…まぁサンデーで読んでも「微妙」な作品なので、推して図るべし。
井上麻里奈と石川界人は互いに独特の「淡々世界」を創出できる声優なので合っていると思うのだが、作品自体に力がないというか勢いがないというか…かつての「うる星やつら」のような玄人好みのギャグも、「らんま1/2」の破壊的ギャグももうないのは、才能の枯渇といえるのか。

うーん…今回かなり我慢して完走したので、2期は決定してるものの、わざわざ無理して見るものでもないかな。

2015/10/03 21:42 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |