オーバーロード

来ました7月期イチオシその1。
精神支配を受けたシャルティアに対し、その戦闘力の高さ故守護者に任せることはできず、さらに原因や精神支配の手がかりを探るため、モモンガさん自らタイマンに立つ。

強過ぎる相手に、惑わせるに足る情報を与え、見事戦況をひっくり返すという「モモンさん最強」を示した「俺TUEEEE-!」なのだが、「SAO」や「ログホラ」や「ノゲノラ」と何が違うのかと言ったら、フツーに「課金アイテム」をぶちかます「廃ゲーマーだったから」というオチ。ボーナス何回吹っ飛んだんだモモンガさん。

忠告に従わずに後をついてきた冒険者を無駄に殺しちゃったり、シャルティアが居合いくんの洞窟を襲ったときの状況が原作を知らない人間だとヒッジョーにわかりづらい(シャルティアの狂乱、冒険者の後裔部隊、眷属が倒されたこと、精神支配グループなど)描写だったり、以前ブログにも書いたけどクレマンたん&マジックキャスターチームに短剣を使った(見せた)時のアニメ向け描写など、まぁまぁ「ん?これはちょっといまひとつ」な部分もあったけれど、大方は「面白かった!楽しかった!次回も楽しみ!続編楽しみ!」とわくわくさせる物語だった。

この監督にはぜひ、原作がそうでも、アニメではそうじゃない、という判断を断固として下せるようになってもらいたい。原作自体も小説とネット小説で全くキャラの扱いが違ったりしてるらしいので、小説とは表現力が全く違う「アニメはアニメ」とキッパリ割り切るのがいいと思うんだが…若い読者が多そうだから、変えるとまたうるせーかな、ガキどもは…

作画はマッドハウスなので全く問題なく、「ダイヤのA」や「野崎くん」でパワフルな歌声を披露しているオーイシのユニットによるOP、同じくパワフルに愛の情熱を歌うEDといい、本当に1クール楽しかった。
2期を期待させるラストもよかったし、ンフィーリアの眼も無事で、すっかりゴブリン・マスターになっているエンリや、この世界での強さの目安となる騎士団長も彼を狙っていた居合い切りと再会?した模様。

アニメが始まってから原作が飛ぶように売れたという噂だけど、円盤も続編が作られるくらいには売れてるんだろうか。(←売れてるみたい)
ちなみに予約枚数は「シャーロット」に負けているらしい。どんなにアレな話でもやはりダーマエブランドは強いな。

2015/10/03 18:36 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |