俺物語!!

導入から面白かったんだけど、すぐに両思いになっちゃって、え、これからどうすんだ?と心配したのが懐かしい。
キスまでいったときは最近のエロ少女漫画の常として「この後どんどんなし崩しに…」と心配したのも懐かしい。

最後までヤマトは純情で、タケオはいいヤツで、スナはスナで、お姉さんは17歳だった。
母ちゃんがお産のために入院した時のヤマトがあまりに頼りになったので、もうもう、YOUたち必ず結婚しちゃいなYO!という気分になったので、後半は安心して見ていられた。

そして最後の最後だったけど、福山潤演じる「妄想イケメンパティシエ」こと一之瀬がものすごくいいキャラだったのもとてもよかった。
ヒロインに横恋慕するキャラ(しかも思い込みが激し過ぎる)だというのに、仕事に対しては真摯だし、ヤマトに対しては紳士だし、最後の最後、ヤマトに振られたものの、「絶対ヤダ!」と言ってた接客もちゃんとこなせるようになってて、なんだよ、成長してんじゃねぇかよバカヤロウと目頭が熱くなったよ。

最後がこの話だったのがとてもよかった。
「師匠と弟子」の女の子もいい子なので応援したいけど、残念ながらスナに恋するメガネのユキカより可能性ないからなぁ…可哀想だなぁ…
あと男勝りの17歳のあまりの乙女っぷりにもきゅんきゅんした。浪川も応援してやりたいのは山々なのだが、ねーさんの純情はたまらないものがあった。たまにタケオの恋路を心から応援しては傷つくあたりも本当に可愛い。

もともと「NANA」などもやっていたものの、「ちはやふる」でさらに名声を上げた浅香監督だが、このまま少女漫画専門になってしまうのだろうか。
17:45 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
オーバーロード | top | それが声優!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1976-97b55090