2015_10
03
(Sat)16:07

ワカコ酒

作画が丁寧で食べ物がとてもおいしそうだったし、ただしみじみとOLワカコさんが酒を飲み、つまみを食べるだけという動きの少なさなれど、沢城という変幻自在声優のうまさもあり、結構毎回楽しみにしてた。

シャケの皮やゴーヤの苦味を語ったり、「ほっけの焼死体に群がる飢えた学生ども」を苦い思い出として回想したり、ぎんなん爆弾を隣のオッサンに飛ばしたりと、どれもおもしろかった。

ワカコさんがちゃんと綺麗めなカッコしてるOLなのもいい。
喰いだらしの残るトレーナーやジャージで、仕事もせずダラダラ飲むのではなく、酒とつまみが「ご褒美」だからこその美学とでも言おうか。

いや、日曜夜にほっこり楽しませていただきました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック