今期はちょっと興奮するね!

最終回について何も書いてないのに恐縮ですが、既に3日目に入っている2015年10月期、何が興奮するかって、久々の続編、まさかの続編、待ってましたの続編が次々始まっていること。

名作・サムライチャンプルーを生み出したマングローブが残念なことになり、SHIROBAKOのヒットで業界の鬼畜さが少しだけ垣間見えた昨今、見てないけどゴッドイーターに至ってはとんでもない状態になったと噂を聞くと、アニメは腐るほど放映されているというのに、業界は作れば作るほど火の車という15年遅れのデフレスパイラル状態なので、そんな中、面白い作品、ましてや続編で懐かしいキャラたちにもう一度会えるなんてことはとても貴重なのだとしみじみ思う。そう、たとえ円盤が売れていようとも、再びスタッフを集結したり、労力をつぎ込むこと自体、収束力を失いかけているアニメ業界ではとても難しいんだと。
そりゃ文句なく売れるコンテンツは貴重だよね~、ガンダムとかエヴァとかポケモンとかNARUTOとか…

見ていた人は少ないかもしれないけれど、前髪ウザ男ばっかのイケメン揃いだから好き!……というわけでは決してない「K」
なんだろう、私はこの「説明不足」で「世界観不明」で「キャラの行動原理がようわからん」にも関わらず、この独特の雰囲気が好きなんだよね、1期の頃から。

絶対単なるモエモエハーレムや、ホモ臭野郎ドラマだけだったら見ないカテゴリなんだし、これがいいなら「デュラララ」とか「東京グール」なんかも向いてるんじゃね?と思われる節もあると思うんだけど、なんかねー、ああいうのはダメなんだよね。
でもなんでか「K」は好き。わかんねーなぁ、とニヤニヤしながらイライラするのが好き。変なんだけどね。

ネコとクロが相変わらずシロを探してると思うだけでジーンと来た。
映画見てないからこのへんは視聴者として時が飛んじゃってるんだよね。新キャラも知らんし。さほど困らんけど。

ミコトの最期を見届けた時、赤のクランの王の「ダモクレスの剣」が墜ちたなら、宗像にもその時が近いのでは…と思ってたんだけど、血界戦線からやってきたブラック…じゃない、スクナがそんな事を言ってたのでちょっと心配。
やっぱ宗像あっての青のクランだと思うし、彼の王として、そしてミコトの唯一無二の理解者としての責務の果たし方はとてもいいと思ったからね。

そしてワタクシがいい子過ぎる元気キャラ・日和ちゃんにゾッコンの「ノラガミ」も再開!
1期はオリジナル展開で締めたけれど、原作を知らない身にとっては、1クールであれなら十分素晴らしかったと思う。
オリキャラの禍津神を演じた櫻井もよかったし、夜トと因縁ある元神器のくぎゅもどこか物悲しくてよかった。

BONESの美麗な作画も、相変わらずスタイリッシュなOPも、和的要素をふんだんにとりいれながら現代風のバトルシーンも相変わらずなれど、今期は「露出狂」毘沙門にスポットを当てていくらしく、始めっから荒らぶる武神でありながら身を削る彼女の優しさを眼にしてホロリ…

年齢を重ねたことと、銀仮面をやって以来、すっかり声帯が太くなって悪役声もなんのそのの梶君(ソシャゲのコラボに文句言うエレンとか、昔のエレンより明らかにゴツい声やで)だけど、もともとは繊細かつ反抗的でモヤモヤした厨ニ童貞ボイスが得意なだけあって、久々にハマっているユッキーにもニヤニヤ。

前シリーズの説明もなく、こちらは劇場版もないので、ホントになんでもなくスルーッと普通に始まったのが、逆に嬉しかったりする。

そして半年振りの「ファフナー」は、嬉しい状態で再開。

それはOPが変わらなかった!!!ってこと。

これねー、ホント大事。
やっぱりある程度長く聞き続けないと、曲を聴いて「あ、あの作品だ」と思い出すほどの印象ってなかなか残らない。

物語は「エクゾダス」の名を冠しただけあって、新天地を目指す行軍的な色合いが濃くなってきたけど、竜宮島の新人パイロットたちやカノンや咲良や剣司たちロートルの活躍も気になる。(あっちの話で1クールが最終回を迎えたせいもあるけど)

一騎たちの方は血まみれの行軍はそのまま続いていて、人類軍の拠点であるダッカへと進んでいく。
1クールでちょっと垣間見えたヤバげな部隊を持つ人類軍や、竜宮島のウォッチャー、幽霊タイプのグレゴリ型と、「天候を読む」アザゼル型など、謎はまだたくさん残っているので、頑張ってもらいたい。

でもやっぱ、最大の謎は弓子さんなんだけどね。
あの人…多分死んだよねぇ、7話で…(血だまりに手がプラ~ンだった)

ってか広登、ここでリタイア!?えええええ…1期からのキャラが「いなくなる」のは辛いなぁ…
織姫に振り回されまくってる芹ちゃんが哀しむと思うとやりきれない。広登や芹たちは、一騎や真矢っちたちの時代を経て、何も知らない「守られる側」から、真実を知って「守る側」への成長過程を見てきたキャラだけに、「いなくなる」のはホントに辛い。

というわけで、既に続編に心躍る日々。
牙狼の特番もしっかり見て、桂正和だけに「星明の尻」に注目すべきという事も理解した。
朴さん、萌え声頑張ろう!そしてまた年末に鍋特番やろう!

とりあえず、新番組より4月期・7月期の終了番組を締めなきゃいかんですね。
頑張ります。あと、映画レビューも頑張ります。

2015/10/03 15:25 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |