Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
09/06(Sun)

声が出なくなった

7月の最終週に、突然声が出なくなった。
風邪を引いたわけではなく、体は元気溌剌そのものだったのだが、土曜日の朝、炒め物をしようと思ってフライパンにものを入れようとしたところ、全部油の中に落ちてしまったので驚いて声をあげようとしたら、全く声が出なくなっていた。
モノはレンジに散らばるし声は出ないしで軽くパニック。

何しろ私は猫が喜ぶ高周波超音波ボイスの上、それぞれのパーツはそれなりに丈夫なので、風邪を引いた時、数年に一度くらいハスキーボイスになると嬉しくてたまらないくらいなのだ。
最近だと声が出なくなったのは2008年の年末頃だったと思うが、今回はその時よりさらに声の出が悪かった。
それでもそのときの経験で、「声が出ない時はとにかく絶対に喋らず声を出さない」ことが鉄則と知っていたので、土日はほとんど声を発しなかったのだが、月曜日になっても治らない。

仕事中は筆談のみ、電話に出るのは免除してもらい、仕事が終わったら耳鼻咽喉科へ直行した。
そこでは初めて鼻から内視鏡をぶち込まれ(前の時はアナログに喉の奥を覗き込む器具だったのだが、最近は簡単に内視鏡が使われる模様)、声を出してみろと言われると腫れ上がった声帯がピタリと閉じず、隙間が開きまくりなのが見て取れる。
ヒソヒソ声で話すとラクなのだが、ドクター曰く、「ヒソヒソ声だろうがガラガラ声だろうが、喋るのは同じなので声帯にかかる負担は全く同じ」ときっぱり言われてしまった。がーん。
ヒソヒソ話もダメならと翌日は休み、翌々日は出勤したが(体は元気なので休むとつまらない)筆談オンリーで会議を乗り切る猛者ぶり。

ようやく声が出たのは発症6日目だったが、その後経過を見せに病院にいったところ「えっ、よくそんなに早く声が出たね」と驚かれた。どうやら結構な重症だったようだ。
以前にも経験のあることなので、ビビったり焦ったりする事はなく、徹底的に発声を抑え、そのうち出るだろうと呑気に構えていたのもよかったのかもしれない。

さて、ところでこの耳鼻咽喉科であるが、なるべく近いところがいいと思ってネット検索の上、初めて受診したクリニックであった。
まだできたばかりなのできれいな待合室で待っている時、ふと目に止まった張り紙があった。
それには、「こどもさんが治療を受けるとき、怖がったり痛がったりして泣く事があります。そして治療が終わった時、保護者の方が「怖かったね」「痛かったね」と言うことがありますが、そういう時はぜひ、「頑張ったね」「偉かったね」と褒めてあげてください。治療をした院長も悪いことをしたようで悲しくなります」と書いてあって笑いそうになった。

かなり若いドクターだったが、どうやらメンタルが弱いようだ。

「GANGSTA」
この間書き忘れてしまった。
これもかなり楽しんで見ている作品なのだが、8月末ごろからところどころキャラの作画が怪しくなってきたと思っていたら、先週は決定的に崩れてしまい、今週は総集編だという。
ちょっと今期は万策つき過ぎじゃないのかどれも…

サンジとか佐藤くんデリコちゃんがあちこちで随分思わせぶりにアップになるので、なんなんだ?と思ってたら、タグつき殺しのエリカと関係があるからなんだな。
実はニコはドーピングでズルしてA/0になってたということより、ジンジャーがSランクってのにビビった。こわぁ…

しかしこの作品で一番怖いのは、かつてはもう絵に描いたような金髪碧眼の「紅顔の美少年」だったウォリックが、20年もすると腕も顔も毛むくじゃらの、「臭い立つような」白人親父になってしまうことだ。うわぁ、こわぁ!!!!!

これに比べたら確かに我々東洋人は若いわ…

「六花の勇者」
これ、マジでクソつまらんわー

絵はGANGSTAに分けてあげてよと思うくらい作画力が高いんだけど(そのくせ原作の絵がゲロゲロに気持ち悪くて見ていられない)、話が全くもって面白くない。
なんでこんなのアニメ化しようとしたんだかなぁ…

前回「一番怪しくないのが犯人じゃねーか」ってことで、私は姫(立場上と、アドレットさんを無条件で信じすぎている)、騎士(なぜか思わせぶりにアップになりまくってたから)、アドレットさん(実はこいつ自身も自分がニセモノと知らなくて、もしそうなら「まさかの主人公!」となるから)じゃないかと思ってたんだけど、今回の話で姫か?と思った。
回想シーン見て思い出したけど、そういやアイツ、刺さった剣を1回引っこ抜いて突き立てたんだったわな。

まぁアドレットさんのビリーブフレミーは相変わらず病的なんだが、こいつらって唯一同じく手の甲(それぞれ左右)に紋章があるので、なんか関連があるんだろう。そんなんどうでもいいが。

とにかく「六花の勇者」は見るのが苦痛で、木曜日の朝は1にも2にも「オーバーロード」、昼は「俺物語!」で、夜は他の番組や木曜日の番組を消化、金曜日は「がっこうぐらし!」「ガンダムX」「乱歩」に他の録画と、六花は見ないままどんどん後回しになっていく。
最後の最後、見るものがなくなってから「しょうがない、フーッ、見るか」といやいや再生し、先週などほとんど早送りでロクに見てない。
(今週はアイロンがけをしながらだったので一応全部見た)

今期の「ブレイブルー」枠は間違いなくこれに決まりだよ。ここまで見てやめるのも癪だし、見るのもホントに苦痛だわ。
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ