涼しくなったけど

絶賛サボり中でありますよ!
「平成狸合戦ぽんぽこ」に「風狂い」をぶち当ててくる「うしおととら」に「え?わざと?」と笑ってしまった。

十郎を梶くんかぁ…

私ホント梶くんが出始めた頃は「う~ん、好きな声質じゃないんだよなぁ」という思いでいっぱいだったんだけど、今はどうしてどうして、アルスラーンの銀仮面にも感心してるけど、すっげーいい声になったし、演技力がついてきて先々も「ナイスないい男」ができるようになるんちゃうかと期待が高まる声優さんになりましたよ。浅沼兄貴とざーさんに続く、「ビックリ意外な成長株」だったのことよ。

十郎は悲しいキャラなので(このエピソードはリアルタイムでサンデーで読んでたけど、それゆえに哀しくてキライ)、梶くんの演技力がよかったのは喜ばしいのだが、すぐに消えちゃうキャラに梶くん!?という驚きもある。
でも登場シーンの十郎は原作の方がよかったな。あの十郎は息を呑むほど美しいよね。
(鎌の大きさの描写や長兄の雷信を侮るセリフなど、アニメで削られた部分は実際もっと悪そうでもある)
そして最期は太陽に浮かぶより、かまいたちらしく、吹きわたる風に眼を細めてほしかった。(ほっこり笑顔の十郎は、飛騨の優しい風に吹かれているとイメージしていたので)
物語はふすまからすぐかまいたちだっけ?と記憶をたぐったけど、めんどくせぇ凶羅の話はまぁ…なくてもいいのかな。

さてそのふすまを演じた高木渉が主役を務めたというだけで食わず嫌いをして早20年の「ガンダムX」
もうやだー、これ。
ホントにホントに面白いんだけど。

なんでこんなにツボにはまるんだろうと思うくらい面白くて、あと3話で終わりと思うだけで生きていく気力がなくなりそうだよ ← 言い過ぎ
ガロードのサテライトキャノンの精密射撃に驚き(しかも2発は威嚇のためにわざとずらして撃ってから命中させるという!アイツすげぇな!)、反乱軍に雇われているカリスの何気ないセリフ、「反乱軍はただ反抗するだけ」だからいつまで一緒にいるかわからない、自分は世界の趨勢を見極めたいという醒めたセリフにしびれ、フロスト兄弟のわかりやすい悪意にニヤついてしまう。
ただの悪ガキだった頃のガロードとか、心を閉ざしていたティファとか、秘密が一杯のジャミルとか、ガキに色ボケするエニルとか、流れ者でしかなかったウィッツとロアビィとか、彼らの成長ぶりが手に取るように見えて、こんなにわかりやすい成長譚もないと感心する。
ジャミルがGXディバイダーに乗れるようになるまでは実際まだまだ心のリハビリ中だったので、最初から全くぶれてない大人のドクターとかいいよね。ガロードたちより後の世代になるキッドも比較的健やか。戦中戦後のロストジェネレーションが時代をロストしすぎなのが可笑しい。でも皆、最終回を前にそれぞれ生き方を選べそうな強さを見せ始めたのが嬉しい。うん、すごく嬉しい。

そして寂しい。ガンダムの最終回を迎えるのが寂しいなんて思うのは、Gガン以来かもしれない。(意外とZZも好きだったんだが)
もちろんSEEDはむちゃくちゃ寂しかったけど、最近ではまずないな。種デスとか「もう早く終わってくれぇ(血涙)」と思ってたし、00は1期も2期もよくわからんかったし、AGEは最後まで耐え切れなかった。Gレコなんか1話で挫折。鉄血はどうだろう。せめて最後まで見続けさせてほしいものだが…

「オーバーロード」も最高に面白くて、起きると真っ先に録画を再生する。悠木碧のクレマンティーヌがキモこえぇよぅ。
今のところ、「異世界物」や「ゲーム閉じ込められもの」ではトップクラス。つかSAOとかログホラなんぞ何それおいしいのクラスだしな。同じ異世界物でも逆転発想の「魔王さま」と、比較的面白かった「アウトブレイクカンパニー」が今までの合格作品だったけど、「オーバーロード」も大変楽しみな作品。

「がっこうぐらし」も、「こんな高校生いねぇ!」とツッコミながら(ぶっちゃけみーくんとの合流あたりまで全員中学生だと勝手に思っていたのでめっさ驚いた)も、結構録画再生は早め。ふよふよしたキモいロリ顔キャラや、幼児退行演技にはめっちゃイラッとするけど、「で、なんでこうなったん!?」というのが気になっちゃうんだよね。

「ダイヤのA」も落合が動き始めてまたちょっと面白い事に。金丸たちの指摘する沢村の欠点が的確過ぎてワロタ。

「俺物語!」は高視聴率がヤホーニュースに載るほどに!映画のステマかと思いつつも、面白いので許す。

「監獄学園」も相変わらず下卑てて面白い。やはり意外と抜けている副生徒会長に笑う。
「どうどう!どうどう!」はヤバい。「そらそろ私も関羽と2ケツするか」とかマジでヤバい。
OPもEDも調子がいいのでついつい歌ってしまう。触るんじゃない!触らせろ!もおっとおーっ!

「アルスラーン」はこれまでさんざのんびりモタモタしてたと思ったら、急にバタバタと忙しくなったな。キャラに大して魅力がないのであんまりマジメに見てないけど、あとひと月でどのあたりまで進むんだろうか。

「ワールドトリガー」はガールズ部隊那須隊と強化記憶の村上先輩を擁する鈴鳴第一との嵐の中の乱戦バトル開始。追いついてきたなぁ。

「ベイビーステップ」は主人公気質の井出、勝てばよか郎の高木と曲者が続いたけど、ようやく難波江くんとの対決に。お久~
しかしこの2人にKENNと森田って配役うまいと思った。そして一瞬でピンときた私のダメ絶対音感も健在だった。

今週お休みだった「乱歩」は二十面相とはなんぞやということで、もう一人の天才の存在が明かされた。そして相変わらずコバヤシがキモい。死ね。

24時間テレビで飛ばされた「ガッチャマンクラウズ」は、カッツェさんの「ミーもガクブルで逃げ出した」にちょっとゾクっとさせられた。
やっぱり宇宙人に政治任せたり仕事させたりしたらいけないんだよ。絶対ヤバいことになるんだよ!

「六花の勇者」は、なんか見るのがダルくて後回しになるせいか、今週分もまだ見てない。
だって他に面白いのがたくさんあるんだもん…ずーっと霧の中で話進まないしさ。アドレットさんの戦う理由もありきたりで手垢のついた、ちっとも面白くねぇエピソードだったしさ。
誰がどう怪しいかなんて考えるのもめんどいわ。むしろ「一番怪しくない、疑われてないのは誰だ」と考えちゃうよ。案外そいつじゃねぇの。
とにかくアドレットさんのあの重度のフレミー病はなんやねん。それと逆に姫様の異常なまでのアドレットさん信じてる病はなんやねん。そんな結びつきもエピソードもなかったのに、どっちもベクトルおかしいだろ。

これくらい?
あとは「銀魂」か。「【悲報】夏休み終了のお知らせ」だったけど、単発はやはり銀魂らしさが生きて面白いな。また菓子折りものだったけど。
次回は男女逆転に続き、入れ替わり開始。銀魂ってもう61巻も出てるんだってね。うひょー、驚きだ。

こんな感じで8月の終わりを飾ってみた。
溜め込んでるレスしろよ!という心の声も届いておりますが、今日は職場の引越しで疲れたし、明日は朝から消防点検なので寝ます。
すいやせん。バイナラ。
01:38 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
9月ですね! | top | 無責任女

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1957-d623a1c9