寒くない?

久々にニコニコにログインしてみたら、アニメの配信(しかも新作)が山ほどあって驚いた。
こんなにもアニメ業界とニコ動のラブラブな蜜月が来るなんて…あのいたちごっこ的な戦いはどこへ行ったのだ…

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」
「アンジュが苦労する…って意味でしょ!」

最近ではアニメ新番組が始まる頃になっても前情報を仕入れることなく、始まって、見て、ネットで騒がれてて初めて知ることが多くなったのだが(全部とは言わないのだが)、これも典型的なそのパターン。
福田がEPとして参加するなど夢にも思わず、サンライズもアイマスに懲りずに美少女ロボットものかいと見始めて、初っ端からのぶっ飛び展開にあんぐり。

あとはひたすらひたすらいじめとエログロなゲスな展開が続き、ロクな人間が出てこず、物語も右へ左へと迷走し、本当の人間にはシッポと翼が生え、クソヤローな万能男のストーキングを逃れた主人公はキラ顔の男(でも超いいヤツ。多分童貞だったし)パコりまくり、最終的には世界をぶっ壊して「知~らない♪勝手にすれば!」と大笑いして終わるという…この作品のキャッチコピーである「世界を壊して、私は生きる」を本当に貫いた点もすごい。

見てない人は何を言ってるんだと思うだろうけど、ホントにこうとしか言えない展開と物語だったんだよぅ!!!
そしてこれが一番大事なことなんだが…

ゲスでムカつく物語がむちゃくちゃ面白くて、久々に毎回次の話が待ち遠しくて、しかもこれまた毎回ほぼ期待を裏切らないはっちゃけ具合だった

ということだ。

作画は荒れるわ、男も女も関係ないみっともないほどのエロエロぶりだわ、ドラゴンも人間もドバドバ血が出まくるスプラッタだわ、キャラはゲス野郎ばっかなのに、なんだろう、この「毒ほどウマいもんはねぇんだよ!」と言い切って見ずにはいられないヨゴレ感。

サリアやヒルダ、タスクやモモカのようなメインキャラを拾うのは当然だが、驚いたのはそれだけではない。
ジルやシルヴィアやクリスのような、ヘタな監督や脚本なら話が一杯いっぱいになってしまい、最後に拾いきれずに終わってしまいそうなサブキャラもきちんと拾い、掘り下げ、あるべき場所に収めてみせるという凄技を発揮しおった!
そう、アンジュの一番驚くべき事は、これだけハチャメチャでムチャクチャをやったくせに、きちんと物語が終わったことなのだ!

この10年間見てきたって、誰もが納得する形できちんと最終回を迎えられた作品がどれだけあったかと思うほどなのに、サンライズお得意のロボット戦、キャラクターのドロドロしまくったドラマ、恋愛ものとしてのエロス、多次元世界との接触と邂逅(サラ子との因縁はちょっと忘れ去られてたっぽいけど、まぁよし)、ゲスな超越者を倒すというヒロイック性…これほどの大衆的で下世話なエンタメ性をもちながら、最終回すらも期待を裏切らず、「楽しませてくれた」作品は久々だと思うのだ。
(特に最近は若手が作るヴァルヴレイヴやアルドノアのような、「ある程度はいいのだが、終わってみたらどうも腑に落ちない平成世代アニメ」が多いせいか余計に…)

監督ではないので褒めたくはない。褒めたくはないのだが…
コンテを切ったり、演出をやったりした福田の力がこの作品に影響していないはずはない。
そしてそれがこの作品の「ゲスだけど面白い」というエンタメ性を強めているのは明らかだ。

私が見た作品で近藤さんがヒロインだと悉く「主人公とヒロインは結ばれない」ものばかりだったのだが、近藤さん自身が主人公をやるとちゃんとパートナーと結ばれるんだなぁと感心。
ちなみに私が見た「近藤さんの報われないヒロイン」は「バジリスク(朧)」「牙-KIBA-(ロイア)」「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド(シーナ)」「獣王星(ティズ)」「DTB(霧原未咲)」など。今回のタスクを演じた宮野と組んだ「信長協奏曲(帰蝶)」もある意味報われない。「絶園のテンペスト(エヴァンジェリン)」はヒロインじゃないのでむしろそれがよかったくらいである。
(まぁヒナタはまさかの大逆転だったけど。男の作家・漫画家って固定ヒロインを落とすことが少ないので、絶対ないだろうと思いながらも、私は連載初期から密かに「サクラがナルトへの気持ちに気づいた時には、ナルトは自分をずっと想ってくれていたヒナタの気持ちに応えている」ことを願っていたので、マジで驚いた)

とりあえず、おもろかった。
一部に熱狂的なファンがいる模様の志方さんの音楽もクラシカルかつドラマティックでよかったし、澤野一色に染まりつつある現在のBGM界に一陣の風を吹き入れてくれた気がする。

あー、ちくしょう!
面白かったよ、ちくしょう!!!

「ガンダムビルドファイターズトライ」
「何がよかったのかはわかるけど、何が悪かったのかはわからない」

スポンサーに媚を売るホビーアニメは見ない、キッズに寄せたガンダムなんか見ない、どうせ陳腐な物語にしかならない…

そんな気持ちを全て吹き飛ばし、ガノタのおっさんおばはん(一部エロヲタと腐女子含む)をすっかり虜にした「ガンダムビルドファイターズ」から1年。
続編ということで安心して見られるだろと期待もした。
作画のクォリティも高く、監督は変わったものの脚本は黒田が続投、00の版権が解放された事でさらにガンダムワールドが広がり、今期はMSV展開や派生作品のモビルスーツも多く、コアなファンを喜ばせていたようだ。

半年間見たが、悪いところなど特に何もない。
前作同様、地区大会があって、全国大会があった。
ライバルたちが次々と現れ、苦戦の末勝ち抜いていく。そこにキャラのドラマがあり、ガンダムのカッコよさもあった。
1期のキャラも時々物語にからみ、その匙加減もいい塩梅だった。

何か足りないとしたら、アリアンのような「謎」や、プラフスキー粒子を巡る「陰謀」がなかったことくらいで、だからこそむしろ純粋にガンプラバトルに力を入れて物語を作れていた、ともいえる。
なのに、私は決して1期のような見方はしなかった。ザコキャラやライバルが使うガンダムやMSや,MAを一生懸命調べもしなかったし、見返すこともしなかったし、保存するためのチャプター打ちも途中でやめてしまった。ブログもサボっていたとはいえ、書こうという気になれなかった。

だからといって面白くなかった、よくなかったわけではない。
普通に合格点を超えているアニメとして楽しんでいた。
ただ、始まった時から最終回まで、同じ気持ちで、1期を見ていた時のような強い情熱も好感もなかった、ということだ。

1期のような、最終決戦的な最終回じゃなかったからと文句を言いたいわけでもない。
バディとの別れというドラマティックな展開がなかったからどうということでもない。
出てくるキャラがあまりに捨て駒過ぎるとか、とってつけたような恋愛がウザったいとか、ガンプラ塾くらいならまだ許せたけど「ガンプラ学園」とかはカンベンしろとか、色々不満に思わなくもないけど、逆にまさかのドモン登場という力技やシモンとギャン子がとてもいい子だったとか、ルーカス・ネメシス登場とか、2期ならではのよさもあった。

うーん…やっぱりノレなかったな、という事しかいいようがない。
フミナ先輩もセカイもユウくんも何も悪いところはないし、文句のつけようはない。
チーム戦というのがいまひとつ魅力的に感じなかったということはあるけど、かといってそこまでガンダムに詳しい人間でもないので、ガンプラバトルに文句をつけたいわけでもない。

この「ハッキリしないけど、あまり夢中にはなれなかった」ということがモヤモヤするんだよなぁ…
自分も楽しみきれなかったことが残念な、ちょっと期待はずれの作品だった。

というわけで最終回の総括はこれにて終了。
気になってたので書けてよかった。何しろ新番組は早いものだとそろそろ3話目にさしかかっているので、早いトコ「切るものは切る!」と決めないと限界が来てしまう。

実は2話目で切れるだろうと思っていたのが「ガンスリンガー・ストラトス」なのだが、厨2病もいいところの「セカイの終わりを救うのだ!」というアホなセカイ系が逆に笑ってしまい、切れないままであった。
そして同じく「ダンまち」が世界の神話のマイナー神がてんこ盛りなことに心惹かれ、2話目では切れなかった。

ただし、こちらは3話目を見て切ると決めた。ゴリラに襲われて大ピンチだったのに場面が変わったらなぜか急に構図が変わっていて、しかもヘスティアが助けに来てからゆったりのんびりおしゃべりをしていることにイライライライライライラしてぶちっとキレた(私が)
というわけで「ダンまち」は晴れて一番理想的な「3話目切り」作品となった。
「ガンスリ」も3話目切りはある。というかやはり3話目まで見て作品との相性の善し悪しがはっきりわかる。

特番があったせいで1週遅れ、最後に始まったのが「山田くんと七人の魔女」
これは設定を見てもバカバカしく、タイトルからしてハーレム状態間違いなしの「まったり学園魔法痴話喧嘩もの」だろうとタカをくくっていたのだが、その馬鹿馬鹿しさが思った以上につきぬけ、何よりテンポがよすぎてぶっちゃけ面白かった。

入れ替わったまま2話くらい引っ張って、「一体どうやって戻りゃいいんだよぉ!」とチンタラやるものだとばっかり思っていたのに、それはAパートでさくっと終了、しかもBパートではさらに秘密がばれ、しかも入れ替わりの力を持つのは魔女らしきヒロインではなく、主人公のものとわかってしまうサクサクぶり。
つーか野郎同士のアホくさいキスシーンに思わずぷっと笑ってしまったのが悔しい。

「ユーフォニアム」も意外と普通に吹奏楽ものであった。
うちの高校は吹奏楽部=ブラバンだったので、「吹部」とは言わなかったなぁ。(ツレが2人ブラバンで、それぞれホルンとベースをやっていた)このままマジメにやってくれるなら見られるのだが…ユリとかマジでキモいから。いらんから。
「ミカグラ」は切れると思ってるんだけどなぁ…
その割にはあまりにも設定がバカバカしくて面白いというか、ツッコミどころ満載というか…
「電波教師」は余裕があれば見てもいいけど、詰まってきたら切ってもいいかなというレベル。

反面、やはり「プレアデス」はそろそろダメそうだ。声優もヘタで聞いているのが苦痛。
あと「パンチライン」は一体なんなんだろう?時系列をいじっているのか、唐突過ぎるシーンに隠されている謎が明かされれば膝を叩けるのか、ちゃんと最後まで見れば納得できるのだろうか。つまらないというレベルでなく、いつの間にか集中力が途切れて違う事をしているうちに終わってしまうんだが…

実写化決定の「ちはやふる」臭が抜けない「俺物語」、やたら引っ張ったけど、彼女の寿命が近い事はほぼ100%の視聴者が予想済みの「プラスティックメモリーズ」、白黒の人が普通にいい人だった「血界戦線」、昭和テイストのギャグって安心するなぁとしみじみ思う「RINNE」、なんで無駄な一騎打ちしてるんや!(←もちろんダリューン無双のため)とツッコミ満載の「アルスラーン」、世界観がぶれ過ぎの「セラフ」、神山版が好きなので違和感は拭えないがクォリティは高い「攻殻」と、2話目はどれもクリア。

さてさて、各作品の3話目はどうなるかなー

一言投票所

その他「遊☆戯☆王ARC‐V」
■意外と今やっている遊戯王シリーズのアークファイブが面白いです。歴代随一にライバルがまともな気性でヒロインが物語の鍵を握り、謎が謎を呼ぶ群像劇な展開となって伏線張りまくりながら2年目に突入、そして遂に過去作品のメインキャラ参戦という
へぇ、そうなんだ、どれどれ…と公式サイトに飛んだら「完全オリジナル新作劇場版」にビックリ!えええええ、マジでか…
いやー、遊戯王も息の長いコンテンツですよね。アニメなんかもう何作目ですかね?
2年目に突入ってのもすごいですが、次元を超えて色々あるみたいな物語っぽいですね。そして確かにキャラがめっちゃ多い(笑)そうか、遊戯王も今やこんなフクザツな物語のシリーズになってるんだなぁ…

牙狼〈GARO〉-炎の刻印-(2014年10月開始)
■ここまで王道を突き進むヒーローものは久しぶりに見た気がします。最後の最後で炎の刻印の真相には納得しつつも驚愕させられました。完全に裏をかかれたというか(笑。
王道中の王道でしたね!本当にヒーローものとして面白かったし、文字通り「燃え」ました。
ラストはよかったなぁ。そうか、そういやそうだね!と思わせる見事なラスト、親父の親父らしい引き際、レオンがしっかりと成長を見せてくれたこと、アルフォンソが最後まで本当にいい人だったことなど、すべてがパーフェクトでした。
失礼ながら、最初はそれほど期待してなかったのでびっくり。これは見るに値する作品です。

ガンダムビルドファイターズ(2014年10月トライ開始)
■クロスボーンガンダムフルクロスの再現度に思わず燃えてしまいました。色々アレンジ加わる強豪勢の中、ほぼ原作通りの機体であそこまで活躍するとはファン冥利に尽きます(笑。願わくはこの勢いで原作もアニメ化してほしい、というのはいささか欲張りすぎでしょうかww
ルーカス・ネメシス戦でしたね。あれはカッコよかったです。
が、クロボンを生かすためだけに2機が補給になり、ガンプラ学園側は3機無傷、ネメシスとのタイマンのためだけに兄ちゃんが出ると言うチーム戦にしてはおかしな矛盾が露呈してしまったのもあの戦いでしたよね。
チーム戦のなんたるかを語れていないというか、ネメシスは補給部隊が潰された時に、無傷の3機を相手にする算段ができていたようには見えなかったので…これも1期のようにそもそもタイマンなら問題ない展開だったのになぁと思います。

無傷の2機がタイマンを見守るというおかしな状況でしたが、一騎打ちそのものはよかっただけに、やはりチーム戦がイマイチだったのかなぁと首を捻る日々…

蒼穹のファフナー(2015年1月EXODUS開始)
■総士と一騎とのデュエット、ラジオでちらっと流れましたがシャイニーシャイニーが頭離れません。総士の中の人本当被害者(笑)まりか様の「6倍♡」に癒されてたらえらいもんきましたわ…
おお、ラジオもやってる(た?)んですね。1期の頃はそういえばこの3人、キャラソン出してましたね。

■まさかあの人が… サブタイ通り、正に新次元戦闘な回でした>7話 剣司が一番好きなキャラだったので、ジークフリードシステムにちょっと適性があるという裏設定が活かされて良かったです。
まさかまさかの、でしたね!私もちょっと驚きました。全てを悟りきっていた乙姫ちゃんもよかったですが、ツンデレな織姫ちゃんも可愛いじゃないか!

剣司は、今だから言えますが正直あんまり注目してなかったんですよ、1期の初めは。一騎に喧嘩を売ってはやられる「ライバルにもなれないザコ」くらいにしか思ってなかったし、ファフナーに乗ると甲洋や咲良や衛と違い、恐怖心が勝ってしまうという役どころだったし…でも剣司を見る眼が変わったのは咲良が同化現象で変質した後、最終決戦で深部へ突入する一番危ない役を買って出たあたりからですね。あの時の剣司のことは本気で応援してました。絶対死ぬなと願いましたよ。一騎と真矢は補正かかってるけど、死亡フラグ立ててきたカノンと剣司はマジでヤバいと思いましたから。特に生徒会長。

だから今の剣司はすごいなぁと本気で思います。医者として皆のサポートをしながら、苦痛を一手に引き受けるジークフリートシステムにも乗るなんてねぇ…そのくせ、相変わらず惚れた相手にまるっきり頭が上がらない様子も可愛いです。
「普通」こそが最強ですね。

■10年を経ての完結編?面白過ぎるし作画もCGも凄過ぎだけど、劇場版で誰も死ななかった分こっちでバタバタ死ぬのは勘弁して欲しい。メインヒロインは真矢からカノンになったのかな?カノンは劇場版で無効に
すみません、間違えましたm(__)m。カノンは劇場版で向こうに行きかけたので、今回は島に居ることだし無事でいて欲しいかな。まあ、最後は島で最終決戦になるんだろうけど

作画は神がかってましたね。1期も比較的崩れやSEEDほど大き過ぎる作監差はありませんでしたけど、今回はこれ、劇場版クラスじゃないのっていうくらい作画が綺麗でした。
メインヒロインがカノンになるわけないじゃないですか。絶対死にそうもないヒロイン真矢っちの座は不動ですよ。カノンスキーの私としては非常に不本意ですがね!
まぁファフナーに乗らなければ生き永らえたかもしれませんが、乗ってしまいましたね。しかも未来予知の力まで。
でも総士のポエムは毎回絶望感しかないので、カノンだけじゃなく、全員死ぬならそれもよし←自虐的

■アニメでえらい中性的美人の一騎に驚きましたが、コミックスの一騎もかわいいわでこんなに美少年系だったっけとちょっと戸惑う今日この頃です。しかしコミックス、一騎と仲良しな甲洋で色々辛いですね
えー、もともと美少年系でしたよ。ミュージカルの主役募集は「容姿端麗」が条件でしたしね(配役の人が本当にそうだったかは知りませんけど)
アニメでもどこかよそよそしかったですが、小説ではさらにブランクの6号機(翔子)のせいで「味方殺しの甲洋」とは一線を画す仲でしたっけね。
つーかファフナーもいまやそんなにメディアミックスされてるんですね。どマイナー作品だったあの頃が嘘みたい。

■ しかし、アザゼル型、本当に人類に対して敵意を持っているのか、怪しくもありますね。いざ戦うとなれば、物凄く強そうですが。いやしかし、何から何まで本当に面白い。劇場版でどうにか生き残ったメンツも何人かは犠牲になってしまうと思うとドキドキしますが
しかも新たなフェストゥム(らしきもの)が宇宙から近づいてるとか、一難(北極)去ってもまた一難、人類も大変ですなぁ。
1期と違い、既にフェストゥムとの一体化(同化ではなく)とか意思疎通はできているようなので、やはり人類は次のステップ(精神的世界)に進むってなラストなんですかね。
とにかく総士のモノローグがひたすら暗くて希望の持てない事ばっかりなので、ザイン&ニヒト無双の回でさえ不安感がちっとも拭えませんでした。

■機体全てプチザイン化……全機大幅パワーアップに加え、戦力も倍増したというのに不穏過ぎるし、ヴェルシールドの外から島を眺めてるだけのアザゼル型が怖すぎる…
「見~て~る~だ~け~」のアザゼルさんでしたが、咲良とカノンが参戦した最後の戦いでは謎の咆哮を残しましたね。
1クール終わってみたら、ヒヤヒヤしっぱなしだったけどメンバーは誰も死んでなかった…というのが逆に不安ですね。

しかも少なくとも弓子さんは………あれ、一体どうなってるんだ…?(ゾクリ)

あとドサクサに紛れて無能司令真壁父と男を見る眼がなく、娘大事のズル女遠見母がご飯一緒に食べてたのは許せませんな!子供も孫も皆大変な時に何してんだおまえら!!

PSYCHO-PASS(2014年10月2期開始)
■ I.G制作の近未来SF警察物ってことで、TVシリーズでは「攻殻機動隊」との差別化に腐心してたようですが… 劇場版は攻殻風(笑)本広克行が押井守フォロワーだからなのか…
どちらかといえば頭脳戦で淡々と、あまり荒事は持ち込まないというポリシーのもとでやってた気がしますね。
でも警察ものでバトルがないと絵にならないというジレンマもあったんでしょう。攻殻はそのどっちもオルマイティーにやっちゃいますからね。ちなみに私は断然神山版が好きですけどね。神山版少佐は人間らしくて好きです。

そもそもサイコパスの朱ちゃんたちって確か厚生省管轄の公安なんですよね。攻殻でいえば少佐を結構追い詰めたあのおっそろしい麻取の連中と同じ。こわいこわい。

その他「純潔のマリア」
■今期一番楽しみにしてるアニメです。原作を一通り読んでるので結末も知っていますが、アニオリのキャラも沢山いて、短い原作をどう膨らませてくれるのか毎週気にしながら見てます。
「谷口がやるには…」という書き方ばかりで否定的な感じになってますが、うん、よかったですよ。面白かったです。
OPもマリアの性格っぽくてよかったし、鳥トリオも可愛かったし、うじうじするジョセフも「うーん、賢章だねぇ」と思わせたし(笑)、能登演じるビブもよかったです。エンドカードが徐々に完成していくのも谷口が好きそうな演出でしたね。

■面白い。になになさんが「アニメは監督」といわれるのがわかります。谷口は、基本のところで話を面白く展開させる術を心得てますね。正に職人。だからプラネテスからギアスまでどんなジャンルでもイケる。同じゴロウでも、宮崎はそこがだめです。視聴者を引っ張っていく力量(才能)がないですわ。
そうですねー、凝り性の谷口監督らしく、中世の戦争の流儀や戦法など、これまた勉強しつくしたんだろうなと凝った背景や動きを見て思いました。
物語も短い中でよくまとまってましたし、オリジナルキャラの使い方も上手だったと思います。作画も問題ないですしね。

でも谷口が手がけるには、「純潔のマリア」はやはり作品として小物過ぎる気がするんですよね~
SFからファンタジーまで、もちろん色々な作品がやれる人だとは思いますが、それが原作付であっても、やっぱり視聴者をグイグイ引っ張っていく力を見せてほしい。
というわけで彼にはもっと壮大な物語がふさわしいと思うので、原作つきをやるなら、次はより大物を狙ってもらいたいですね。

美男高校地球防衛部LOVE!
■友人に勧められたのでニコニコで視聴中。あまりにもおバカ展開すぎて「第二のイクシオンサーガDTだこれー!?」が第一印象でした。
続きです。しかも監督が銀魂とDT、そしてガンダムXの高松監督と知って納得。2話まで見ましたが一体どこまでぶっ飛ぶ展開になるのかちょっと楽しみです

私的にはイクシオンサーガより数段上でした。
これがホントの「タ○キュア」だねといわんばかりのプリキュアぶり、豪華声優を配したあまりにもバカバカしい敵、麦人の親父ギャグ炸裂、ホモくさいのにそれ以上におバカな男子高生ノリ、どれをとっても毎回楽しくてしょうがなかったです。ノリノリのOPも、ちょっとせつないEDもすごく好きでした。うーん、面白かったなぁ^^

そうそう、高松監督の作品はなぜか提供でぼやきが入るのも好きです。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、W、∀他)
■ になにな様、あけましておめでとうございます まずはガンダムWお疲れ様でした 残念ながらドロシーさんだめでしたか、私はあのエキセントリックさが好きだったのですが 最後にようやく本心が語られた時、ああそう言うことねと思いました
『人類から戦争をなくすには兵器を取り上げるだけじゃダメ』と言う台詞には中学生の頃確かにねーとうなづいてました ちなみにリリーナ役の矢島さんはリリーナが理解できなくてスタジオ行くのが嫌だったとか

あ、あけましておめでとうございます…
レスがこんな時期になってしまいまして本当に申し訳ありません。

うーん、ドロシーさんはダメでしたね。「おまえは一体何を言ってるんだ二股マユゲ」感がずーっと拭えませんでした。
ガンダムWは最後まで苦痛のまま見続けましたが、「まぁガンダムなんてそもそもこんなもんだろう」と諦めていたんですよね。
ところがどっこい、続けて始まった「ガンダムX」は毎回毎回面白くて、第17話まで来た今も「お、今日はガンダムXだ!楽しみだ!」といそいそ再生しております。「ガンダムW」の時の「あー、もう一週間経ったっけ。めんどくさいけど、溜まっちゃうから見なきゃ…」という状況とは全っ然違います。いや~、今は本当に幸せです。

リリーナさんの考え方はそれはそれでありだと思いますよ。誰だって戦争で命が脅かされる生活なんかイヤですよ。
いい気になってんのはガンダムに乗ってる連中を初め、前線で好き勝手やってるやつばかりで、普通に暮らしている人たち(私も、ここに来てくださる方もほぼすべてがコチラに入ります。ガンダムに乗って充実した人殺し生活ができるのなんかほんのほんの一握りなのです)にとっては苦痛と恐怖とストレスと迷惑以外の何ものでもないですよ。
平和な社会で、ちゃんと教育を受けられて、安心して日常生活が送れることがどれほどの幸せか、我々一般小市民は常に考えるべきです。
18:41 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
お騒がせいたしました | top | やっぱり春は嫌い

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1938-04413192