三連休じゃないので

大変申し訳ないのですが、先ほど挙げた「視聴決定」作品については一言述べていきます。
時間があれば「斬り捨て作品」にも。
あ、あと9月末にいただいたコメントに、今さらながらお返事いたしました。
遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
コチラでどうぞご確認ください。

【怪盗ジョーカー】
コロコロで連載中の少年怪盗ものだが、原作のコロコロらしい絵柄よりアニメはもうちょっとスッキリしているので見てしまった。
キッズものは既に「マジンボーン」「アベンジャーズ」「テンカイナイト」と3つも見ているので切るべきなのだろうが、うーん…
「絵柄が原作より綺麗だし、声優も悪くないし、学園物でもないし…バカバカしいけど、意外と面白いかも」というわけで無理にならない限りは見ていこうなと。最近私が見ているキッズアニメで飛田率が高いのが気になる。

【神撃のバハムート GENESIS】
平田・森田コンビの次はコスモ吉野・森川ペアかと思ったら、ちょぴっとヘタレのお坊ちゃんカイザルは我らがスカイハイであった。井上剛とはっぴーぼーらっきーは声質似てるな。

「美麗なカードゲーム」をタイバニのさとうけいいち監督が料理すると、「ああ、まさにさとう味」という雰囲気のファンタジック・ロードムービーに。
バタ臭く暑苦しいキャラ。下品にならない程度に匂わせる男の色気と、コケティッシュと言った方が似合いそうな醸し出す女の色気。背景やモブに仕込まれたこまごましたこだわり。ギャグとシリアスが適度に交じり合い、視聴者にストレスを感じさせないラクに楽しめるエンタメ性。そして期待させるストーリーの回帰性。

どれをとってもハードルを楽々と飛び越え、今期のダークホースとして躍り出てきた作品。
こちらも全くのノーチェックで、さとうけいいち監督という事くらいしか頭になかったのでつい後回しにしてしまっていたけど、逆に2話続けて見たらすぐ3話目の放送という大ラッキーな状況に。一方は片翼の悪魔、一方は死者を連れての旅が始まるとは…
毎回次がものすごく楽しみ。ホント、めっちゃ楽しみ。

【弱虫ペダル GRANDE ROAD】
もはや何も言うまい。
御堂筋君の過去が明かされ、弱泉くんへの「きみのオカン、死んだって」は実は自虐ネタだったと判明。
進藤尚美はつくづく、「ちはやふる」の詩暢ちゃんを演れなかったことを悔いているに違いない。

【ガンダムビルドファイターズトライ】
OPのシルエットを怪しみ、ギアナ高地でますます怪しみ、ラルさんが校長先生じきじきの頼みでガンプラ部を見ているらしいことに怪しさも早3倍…

ギャンを使わないギャン子ことサザキ妹の登場で、いよいよ本格的な3on3のガンプラバトルが見られた。
セカイが武器を持たないとか、次元覇王流が何でもアリとかは、Gガンスキーにはたまりませんな。

監督が変わっても、逆に「またちょっと違う雰囲気で楽しい」と思えるのが凄い。
いやもう、ホント水曜日が楽しみ。次回がたとえSDガンダムでも楽しみ。あー、もうホントに楽しみ^^

【棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 】
「絞り出し声」の野水クォリティOPも相変わらず、フツーに始まったハイクォリティ・アニメ。

いや~、初めてマトモな英雄が出てきてほっとしたわ~
まぁもし生きていたらフレドリカのご主人も比較的マトモだったのかもしれないけど、戦後行き場のなくなった兵たちを雇い入れてぶどう園を経営しつつ、チャイカたち一行にも寛大に接するクローディアさんマジ英雄!

皇帝の遺産を巡り、仲違いしてしまったチャイカたちや、密航してついてきた赤チャイカたちより、やはり気になるのは「チャイカ化」したヴィヴィと生きていた?ジレット様かな。
たとえ円盤が売れなくても、ネットで話題にならなくても、私は相変わらず地味に楽しみ。いやマジで楽しみ。

【寄生獣 セイの格率】
セリフが多くなると当初のミギーの話し方をすぐに忘れちゃう平野綾はやっぱりダメだなぁと思いつつ、何しろ物語が面白いので「慣れるしかない」と我慢している。

スマホやネットなど、ちゃんと今風の世界観に変えている構成は本当に好感が持てる。
初っ端に浦上を出したり(吉野かい!)、島田を倒したメガネの女の子を新一の知り合いとして初めから絡ませる(原作では結構唐突な登場なので)など、ムダを省いたり整合性を取るなど、ちゃんと再構築しているのもいい。

1話目2話目はそれが多かったので、原作未読や、当時1回読んだきりで記憶が曖昧…なんて人は置き去りになるんじゃないかとちょっと心配だったけど、3話目で寄生獣との戦闘が本格化してきたら、まぁまぁ大丈夫かなと思えた。

ジャガジャガうるさいだけのOP(マッドハウスはこれ系好きだな)だけど、結末を知っている人間には「寄り添い生きる」という歌詞にちょっとゾクッとくるよね(いい意味で)

【SHIROBAKO】
ダークホース中のダークホース!!!!!

アニメ制作を描く作品、という情報だけ入れて2話積んでたんだけど、学園物が嫌いな私が、開始5分で「やべぇ、これ絶対面白いわ!」と確信を持った。
だって最初の5分なんて部室で作業しながらダラダラ喋ってるだけだからね。なのに確信が持てるってすごくね?

正直、そこを見てても「学園生活の中で、オタクな女の子たちがヘタクソなアニメを作り始め、まったりした中で紆余曲折しつつ、アニメを作るんだか作らないんだか…」みたいな「けいおん」風作品じゃないのと思ってたんだよ。

ところが彼女たちが話してる内容ときたら、まったりどころか自分たちの卒業後の進路についてで、結構シビアな現実も見え隠れして、完成した厨2的アニメを見せてくれるかと思いきやそれもなく、あっという間に卒業、そしてさらに2年半後…

もうね、このへんからすっかり正座して見てました。
アニメ制作チームの中で、最も下っ端に任せられる激務の「制作進行」たる主人公おいちゃんを中心に、作画監督とのやりとり、監督やPはもちろん、仕上げや撮影、音響監督や声優たち…「エクソダス」という新作アニメを中心に、アニメ制作にかかわるスタッフたちを描いていくという、社会人ならぜひ知りたい「アニメ制作の裏側」アニメ!

今は亡き天才今敏監督の「妄想代理人」のアニメ制作回もエグくてむっちゃくちゃ面白かったけど、こちらはエグさはオブラートにかけながらも、それでも2話分の作監を引き受けさせちゃったおいちゃんへの動画&仕上げチームのイヤミなんかはピリッときたよね。作監同士のちょっとした微妙な関係もすげー面白い。

おいちゃんは元気な頑張り屋で共感したくなるキャラだし、仲間もそれぞれアニメーター、声優、CGクリエイター、脚本家志望なので、それぞれ面白いドラマが展開されそう。水島監督はうまくノれば求心力の強い監督(逆にノらないとてんでダメだが)なので、ムラの多い横手脚本でもなんとかなるかなぁと期待したい。
いやこれ、大当たり。ホント今期の豊作ぶりはヤバいくらい。ホントに楽しみ。

しかし我が家のブルーレイ子はこれを東京MX(全国最速放送・木曜日23:30)ではなく、なぜかBSフジ(日曜日25:10)で録っているため、私はまだ3話が見られていない…くそっ、次回からはMXにするぞ!

【PSYCHO-PASS サイコパス 2】
もうさー、東金さん=整形した狡噛さんじゃないのかと、彼が出てくるたびにじーーーーーーーーーーーーっと見てしまう件。

私は実はもともとサイコパスは朱ちゃんが主人公だと思っていたのだけど、先日の新版のレビューを書く時に確認のためWIKIを見たら「主人公=狡噛」となっていたので慌てて修正した。でもなーんか腑に落ちないままだった。
だから今回はさすがに朱ちゃん以外主人公はいまいと思って安心して見ている。

虚淵から冲方になったことは、世界観が変わらず、かつ胸糞の悪くなるシビュラの正体を知っている我々にとっては、逆に新鮮でいいかもしれない。実際、今回のおトイレWC犯カムイは愼島とはまた違う実行性を持つ教唆犯だ。

というか…正直、私は愼島の方が断然いい。愼島はモンスターのヨハンタイプで、犯罪者、または犯罪予備軍(まさしく犯罪係数の高い者)が一歩を踏み出せるようそそのかし、スイッチを入れる手伝いをして操るタイプだけど、カムイは所謂「弱みを持つ人間」につけこむタイプ。犯罪者というよりは、家庭内暴力やヒキコモリの息子に悩むとか、ガンなどの病や破産に苦しむ人につけこむ新興宗教やカルト的卑劣さがあるような気がする。この世界でいえば「サイコパスが濁る事」に日々脅える一般人、またはサイコパスの濁りに悩む者につけこむのがそれだろう。

1期では1係のサポート役だった2係がかなりクローズアップ。
新編集版で、逃げた執行官を青柳監視官が撃ったシーン(どうもこの2人には何らかの肉体関係があったのでは…と匂わせてるのも大人っぽくてよい)はつけ加えられたシーンだと思うんだけど(篝くんが死んだ時のオリジナルでは「姿を消した」としかなかったはず)、2期では2係がメインを張るからだったのだろうか。公式には3係も出てるけど、これもテレビシリーズで出てくるのか、それとも劇場版までおあずけか…

すっかり肩の力が抜けた宜野座はいい感じの調整者として朱ちゃんを支え、1係ただ一人の生き残り執行官(ギノは当時監視官だったため)六合塚は相変わらず女にモテモテ。
つーか霜月がややウザい。王城瑠璃子に牙を剥くトンがった性格には期待してたんだけど、朱ちゃんにまで牙剥くなよ。

愼島を演じていた櫻井の再起用にも驚いたけど、やっぱ何より「犯罪史上最高係数を叩きだした」東金のキャラだよねぇ。
この人がもし狡噛さんだったら、シビュラに監視された日本社会では、今現在唯一「人間を撃った人」だしねぇ。
つか刑事としての動きと宜野座並の朱ちゃんへの信頼とか、怪しさ大爆発なんですけどー

いや、やっぱり面白い。この先もめちゃくちゃ楽しみ。

【旦那が何を言っているかわからない件】
ヒキオタの俺の妹がこんなに可愛いわけがないと思ったら案の定ちんこが生えてましたあらビックリちゃんちゃん♪
まぁ短いので気軽に見られて内容も面白いのでこのまま継続。

【四月は君の嘘】
バハムート同様、唇の塗りが気になる作品。
月マガでの連載が来春終了するらしく、アニメもそれと同時に終わる「鋼の錬金術師」や「絶園のテンペスト」と同パターンの模様。
音楽もののせいか、出版社が同じせいか、先輩アニメ「のだめ」のぬいぐるみが毎回アバンに登場し、ご当地アニメとしてコラボしている練馬区のイベント紹介などをやっている。

ピアノを弾けなくなった天才ピアニストと、型破りなヴァイオリニストが出会って始まる物語なのだが、いちいちセリフがクサくてクサくて吹いてしまう。「きみは、春の中にいる」とかさぁ、言うかよ脳タリンの厨房ごときがうぷぷぷ。

でも丁寧に作っているなという印象。花江くんはあまり応用の利く声ではないのですぐに聞き分けられてしまうけれど(一瞬では判断しかねる逢坂良太の方がこの点はアドバンテージがある)、演技は安定しているので聞きやすい。
4人のメインキャラの恋模様とか、CMの意味深な「嘘が始まる」など、ネタバレを見ないよう気をつけて見守りたい。

【TERRAFORMARS】
もう4話も見たのに未だ未決定…
1話切りの東京グールや3話切りのシドニアの騎士に比べたら「次回も見てみようか」とは思うんだけど、なんだろう、どこか乗りきれない・・・能力説明と回想ばかりの話というのも「どうなの?」と常に眉をひそめてしまう。

彼らが身につけた虫の能力がいちいち外連味たっぷりで面白いのは事実。
バトルメインならいいんだけど、また変な寒いギャグが出てくると「・・・」となってしまうのも事実。
うーん、なんかなー
判断に迷うんだよなぁ…

【selector spread WIXOSS】
イオナと入れ替わったウリスがタマをルリグにしてバトルに登場。
ユヅキがエクスキューズ的に「近しい者が皆関わってる」と言ったのには笑ってしまった。
まぁそんな中で新キャラ登場。次回のサブタイが「この苛立は覚醒」だったけど、この作品自体、主人公も理不尽さもイライラしますと呟いてしまう。

【牙狼〈GARO〉-炎の刻印-】
村社会の暗黒面を浮き彫りにした第4話だけど、もっと広い世界では同じく「魔女狩り」の名の下に多くの魔戒法師や魔戒騎士、そして罪なき人びとが惨殺されているという…
殺されたよそ者の樵や、その他モロモロの怨念がホラーとなって人形に宿ったのだろうけど、罪の意識に耐えかねたお父さんをいたぶって撲殺した村人への復讐なので、ホラーの大暴れも「うん、ま、いいんじゃないかな」と思ってしまう。
その上、生き残った村長が今度は標的とされて拷問死することを予測させるラストは非常に後味が悪かった。

でもとても面白い。相変わらずエロくてグロくてダーク、「元来の深夜アニメここにあり!」という姿勢は実にいい。
今回は冒頭、母の復讐を考えている様子のレオンをヘルマンが止め、後半では復讐を誓うアロイスをレオンが止めるというレオンの成長を描く物語でもあったね。ザルバが全然喋らなかったけど、なんだろう、寝てる?

ところでレオンに追い詰められる前、森の中をアロイスを先導して少年が走ってるシーンが謎。
セリフから彼は人形の実体化だとはわかるんだけど、とにかく唐突。だったらこの黒髪の少年とアロイスが会話してるシーンを入れて、実はコイツが人形で…という、視聴者にはわからなかったどんでん返しでもよかった気がする。何故あそこだけ人間化したのか…

他にもガキどもを誘うアロイス(人形が化けている)が急に消えたり、結構作画が怪しかったなぁ。

【ガンダム Gのレコンギスタ】
結局1,2話しか見ていない。自分の気持ち次第なのだが、どうだろう。これはもう見ないかもしんないね。

【結城友奈は勇者である】
勇者少女ユウナ☆ヒーロー、始まるよ!

1,2話を見て、キャラの様子や色合いや変身や戦いっぷりがまるっきしどこかの魔法少女でビビった。
3話目はどこかの魔法少女は血みどろ展開で視聴者を「アッー」と言わせたわけだが、こちらはまさかの杏子ツンデレ転校生が仲間に加わり、まったり展開で「ああ…」と言わせた。
なんだこれ…まさか今後も戦ったり(レベルアップとか言ってるし)まったりしたりを繰り返していくんじゃあるまいな。

1,2話目みたいな話が続いて、油断したところでマミるキャラがいる、みたいな展開なら見てもいいかなと思ったんだけど、3話目のまったりはちょっとなぁ…まぁあの転校生は普通の生活した事ないんかというほど何も知らないので、逆に大赦って組織も怪しさ爆発なんですけど。
OPEDは仲間が増えるとカットが加わっていく模様。うーん…けどどうなんだろう。まだわからないな。

【山賊の娘ローニャ】
いやこれ…吾朗さんマジすかこれ…このまま行くんスかこれ…
3DCGが好きじゃないのと、まったりのんびりし過ぎてて退屈なのと、親父もおふくろも好感が持てないのと、主人公が全然可愛くないのと…えーとえーと…
なんというか…いやホントマジすか吾朗さん。これでずっと行くんスか吾郎さん…

4話目はボーイミーツガールっぽいので、それ見て決めるかなぁ…(今日だけどまだ見てない)

【Fate/stay night [Unlimited Blade Works]】
第1話は士郎視点というか、本来のオープニングということでディーン編を見ている私にも馴染みがあったけれど、私がこの作品を好きになれない多過ぎる要因の一つ、「くだらない会話劇」「酷い目にあってる設定と全く噛み合わない桜」「うるせぇ騒がしい死ねババァの藤村大河」など、全てにおいて嫌いな要素がてんこ盛りで「ううっ、そうだった、Fateってこういう作品だった」とゲロゲロだった。いやー、マジでキツかった。だって0話の裏を1時間延々見せられるんだもの。

第3話も聖杯戦争の何たるかなのでディーン編を見ている私にはあくびの出る内容。
というか、実は何度聞いてもこのゲームのルールがよくわからない。でもぶっちゃけわからなくても構わん。つーか全然興味がない。
まぁ綺礼が前回優勝者?をこき下ろしたのはちょっと笑ってしまったけれども。ゼロもなぁ…

文句ばかりが出てくるとはいえ、セイバールートと違ってよく目立つ凜が聡くて可愛いので全く問題ない。
セイバーの登場に思わず反応し、番犬ご苦労のアーチャーも相変わらずカッコいいので問題ない。

【蟲師 続章(第2期) 】
なんとなく特番を挟んでズルズルと終わり、夏に特別編を放映し、2期も一番遅れて放映開始という、クォリティは高いが不安の残る分割2クール目。
初回はギンコとなってしばらくが過ぎたヨキが、スグロに拾われ、ヌシの誕生に立ち会ったものの…という物語。
実はギンコの過去の話はあまり面白いと思わないので大して思い入れがない。
普通、こういう謎めいた主人公の過去は知りたいと思うものなのだが、ギンコについてはさして知りたくもない。

今期は次回の不思議なループもの「香る闇」、ちょっと哀しい影踏みの話「残り紅」、蟲師の中でも屈指の後味の悪さを持つ「泥の草」、哀しい母子の物語「水碧む」(反面、同じ母子でも救いのない「雷の袂」、ハッピーエンドの「光の緒」と母子物が続く)もどうなるか楽しみ。

【クロスアンジュ 天使と竜の輪舞】
初出撃で新人は2人ともあぽんし、小便を垂れ流したアンジュのパニックで根谷美智子も死亡。
戦闘が終われば乳首立たせて大興奮という、誰かさんが好きそうなエログロ満載で作品そのものが大暴れ。

いやー、なんというか…
食あたりを起こしそうなジャンクものだけど、怖いもの見たさでついつい味見してしまうようなダメさ加減。
少なくとも私が見ている作品での水樹奈々に「良役なし&全くもって報われないヒロイン」は、未だ記録更新中。

つーかさー、この作品見てて「うわぁ…なんじゃこりゃ…」と思ってCMに入った途端、「守りたい世界があるんだ!」とキラが叫びやがるので、思いっきりイラッとして「うるせぇぞてめぇキラこの野郎!」とツッコみ倒してしまう。心臓に悪いわぁ…

【ワールドトリガー】
字幕がついてるので気軽に歌えるOPの「CHANGE THE NEW WORLD」がクセになる。

この作品は何より戦闘員を守る手段をきちんと確立しているところ(ペイルアウト)が、ありがちなただの戦闘物と違って好きなんだよね。(まぁ今の修と空閑にはないんだけども)
話が進むにつれて、修がまだ訓練中であること、そんな訓練用トリガーを使ってもなお、空閑の力は比類ないことが少しずつ明かされるので、初見の人でも慌てずについて来られると思う。見てる人はあまりいないと思うけど(つい自虐的に…)

今週は休み。ちぇ、つまらーん。

【仮面ライダードライブ】
車に乗った仮面ライダーも早3話目。
感想は…うーむ…これもよくわからない。特に響いてくるものもないけど、ウィザードや鎧武のような1話目で「うげ…」という点もない。頑張って1クール見続けたオーズに感じたような我慢も別にない。

つーかこれ、話題になってんの?調べてないから全然知らないんだけど…
ちなみに職場のおばさんたちは「車に乗った仮面ライダーなんかもうライダーじゃない!」と怒り狂っている。

【七つの大罪】
常に余裕綽々のメリオダスのダンナと宮野真守の間にはまだまだ超えられない壁があるらしい。
二人目の大罪は巨人の女の子。中の人は悠木碧だが、この人ってちっちゃいんじゃなかったっけか。「ゴシック」でこれまたでけぇ江口拓也と並んだ時の身長差がハンパなかったので覚えている。

はい、というわけで結果としてここまで6時間かかりました。
まぁ風呂入ったり夕飯作って食べたりしたんで実際は…それでも5時間ですな。アホか!

書くって大変。でもこれでもレビュー当時のように、間違いがないようキャラの名前やスタッフ、サブタイを一つずつ確かめる手間はなくなったんで、随分時間短縮されたんですけどね。(なので間違いが多くてもあんま気にしないでやってくだされ)
やはりツイッターで呟くのとは違い、ある程度長文を書いた苦労が多い分、それに触れてくださるのはありがたいです。
拍手も同様です。本当にいつもありがとうございます。
ああ、こんな駄文でも読んでいただいてるんだなぁと励みになります。

そしてベスト5発表と一言へのレスまでは手が回りませんでした。すいませんです。
00:51 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
忙しいけど楽しい | top | 忙しかった

comments

# コメントありがとうございました
motさん改めLDIさん、こんにちは。
コメントをありがとうございました。

分割だったジョジョ第3部はいかがでしたか。
私はジョナサンやジョセフの物語にあまりにハマって感動したため、承太郎にはどうにも感情移入ができず第3部の途中でジャンプを買う事を挫折してしまったのですが、20数年ぶりに第3部をアニメで見て、やはりジョジョは面白いなぁと思いました。
不本意ですが、スタンドはこの後より長くジョジョの物語を牽引する要素ですし、バトルは確かにトリッキーで面白いので楽しんでいます。
ま、承太郎はやっぱりダメなんですけどね。

「サイコパス」を見ずに「サイコパス2」をご覧になっているとの事。いやはや、なんというツワモノ…
世界観はもちろん、主役の朱ちゃんのキャラクターについては1期なくして語れないので、ぜひご覧になるべきです。
ネットの海にはたくさん情報はあるとはいえ、何より「狡噛さんて誰?」「愼島って?」と気になるでしょうから、彼らの影が本編に出てくる前にぜひ。

7月から2話連続放送でノイタミナで新編集版を放映していたのですが、ご覧にならなかったのですね。
私は本放映でも全話見ていますが、この2期のために新編集版も見ました。
おさらいして記憶の強化をしてからの方が楽しいと考えたからですが、実際、2期の期待以上に過激な暴走ぶりに「あー、見といてよかったわー」と心から思っています。

シビュラに監視される社会で生きる「無垢なる」人間と、シビュラから弾きだされた者たち(弾きだされるのは白も黒もというのがミソ)、その両者を繋ぐ者であり、また断ち切る者である主人公サイドの葛藤が、胸糞悪い「実に人間的な」事件の中で、鮮烈に、生々しく浮き上がる作品です。
「踊る大捜査線」の本広監督の下、1期の虚淵カラーと2期の冲方カラーの違いも楽しめるので、ぜひ1期の視聴をお奨めしますよ。

今期は期待していた作品からまさかのダークホースまで、どの作品も豊作で嬉しい悲鳴です。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
by: になにな | 2014/11/03 19:56 | URL [編集] | page top↑
# サイコパス2
 お久しぶりです。ガングレイヴが好きなmot改めLDIです。今期はサイコパス2を見てます。実は前期を見ていません。何とかレンタルで見たいのですが、なかなか借りられない状態です。
 本編を見た感想は、オーウェルの「1984年」みたいだなということです。監視社会が実現して、いつ犯罪者になるか怯えながら生きる人達の姿が他人事に見えません。続きが本当に気になります。
 長文失礼しました。
by: mot改めLDI | 2014/10/26 10:30 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1915-0bf46b45