ワールドトリガー

しょっぱな、世界観やこれまでのことを全部セリフだけで説明してしまう(止め絵すらなく)というのはどうなんだろうと一瞬不安になったけど、その後のさくさく進むテンポのよさはむしろ感心した。

いいね!思ったよりすっごくいい!
葦原さんのあのシンプルな絵柄も、アニメにはどうかと思ったけど、動きがあるせいかすげーいいね!

修=梶くんというのもあまりイメージができなかったけど、いざ見てみたらこういう役も梶くんいいじゃん。
梶くんがやると底抜けの明るさというよりはちょっと暗い雰囲気が残るんだよね。このへんは明るさが持ち味の逢坂良太とはまた違っていいかも。
つか飄々とした空閑遊真を演じる村中知が抜群にいいかも。正直、空閑のイメージどおり過ぎてビックリしたわ。

つーか、OPが想像以上にスタイリッシュでカッコよすぎるんだが。
ちょっと中毒になる曲だよね。

なんつーか、こんな辺境時間に追いやられたアニメ(ジャンプなのにぃ!)なのに「ちゃんとやってくれてる」とちと感動。
うわー、この先めっちゃ楽しみ。すげー嬉しい。派手さはないし時間帯的にも地味だけど、わくわくする。

異形が町や人を襲う世界で、謎の転校生に助けられる主人公、または主人公こそが実は「力を持つ者」で、ヤンキーに絡まれても力を隠し、いざという時に力を解放…というのはどっちもよくあるパターンなんだけど、この作品はもう一段上を行き、その両方をぶっこんでいる。

主人公は初めからボーダー。そして謎の転校生はネイバー。
ここから始まる不思議な物語がとても好きだ。
誰にも知られてなくてもいいや。自分だけ密かにニヤニヤと楽しみたい。

いやいや、まぁ多くの人に「お、結構おもろいじゃん」と思ってもらえたらそりゃもっと嬉しいですけどね!

2014/10/07 00:14 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |