Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
10/05(Sun)

牙狼〈GARO〉-炎の刻印-

ブルーレイ子が「新番組おまかせ予約」で録画していたので、「なんだなんだ、また新シリーズか。続くなぁ、牙狼」と思って予約を消そうとしたら、なんと!今回はアニメだというのでビックリして見た。(いつも通り特撮だと思ったんだよぅ)

冒頭は「魔女」の火あぶりシーンからで、魔女は炎の中でなんと赤ん坊を産み落とした模様。
その赤ん坊を救い出し、駆け去ったのは我々が見慣れた鎧をまとった騎士だった。
王に呪いをかけたとされたため、その後も魔物や魔女狩りが国を挙げて行われ、凄惨な拷問や私刑、処刑が続いたそうな。
なんか世界観が「ベルセルク」っぽいダークさで、中世の魔女狩りよろしく、言われなき罪を着せられて犠牲になった人も多かったようだ。
けれど王たちがレッテルを貼った「魔女」とは、本来はホラーを「封じる者」だった…

というわけで非常に牙狼らしい、エロスとバイオレンス満載の、まさに「古き善き時代の深夜アニメ」の復活と言った感じ。
エロもグロも最近はすっかり規制の嵐だけど、本来「深夜に放映する=子供向けより規制がゆるい」でいいじゃんか。

赤ん坊を助けた父ヘルマンこと魔戒騎士はゾロといい、ガロとなる主人公を17年間鍛えながら育ててきたようだ。
まぁ単なる女好きなのかホラーの臭いを嗅ぎ取って娼館に来ていたのかはわからんのだが(どっちもかな)、とりあえず、主人公レオンの母たる魔女…ではもちろんなく、「魔戒法師」が眠る王国へ帰還するという。
レオンより3歳年上の王子にも何らかの秘密か因縁があるようなので、そのへんも楽しみ。

いやー、これはちょっと拾いものだったかも。全然眼中になかったし、そもそもアニメだと知らなかったしね。
絵柄はそうだなぁ、キャシャーンSINとかの馬越絵っぽいかも。
作画によって表情がついたようになるガロの顔もアニメっぽさ丸出しで悪くない。
つーかケツ!エンドカードの親父、ケツ!

こういう親子ダーク系に強い小林靖子脚本だし、これは儲けもんの視聴決定かな♪
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ