06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-09-30 (Tue)
バデイコン前編、すごく見やすくてビックリしたー!

アルドノアみたいに「理解しよう」と構える必要もないし、ヴヴヴのように「どうせヴヴヴだから」と斜に構える必要もないし、ガンビルですら持たざるを得なかった「これはどの作品に出たモビルスーツか」という緊張感を持つ必要もない。

キャラクターがさりげなく説明してくれる状況が嘘みたいにわかりやすく、青葉が明るくて健やかなので安心して見てられるし、ディオやフロムや那須さんも皆いい子で、うわー、そうそう、そういえばこんなに健全でわかりやすいロボアニメだったなーとすごく懐かしい。

そしてとても残念。

数分前までラスボス臭をプンプンさせてアルフリードたちをも犠牲にしようとしてたビゾンが、あの話の構成上、いきなり出撃してくるわけがない。
明らかに2クール目を宇宙決戦に持っていき、最後にビゾンVS青葉にするつもりだったに違いない。

雛と那須伍長の恋の鞘当ても描きたかっただろう。
ディオと(青葉をめぐる最大のライバルである)雛がどう仲良くなるのかも描きたかったろう。
今度こそフロムの死を描きたかったかもしれない。
新キャラの三島も色々と使い道を考えていたのかもしれない。

しかしそれはかなわないのだとあの展開を見て思う。
スタッフはどれほど悔しかろうと思う。

久々にバディコン・ワールドに入って、こんなに明るくてわかりやすくて気楽に楽しく見られるロボアニメってなくね?としみじみ思う。アルドノアは確かに素晴らしく面白かったけど、こんな風にサクサクと見られるタイプの作品ではない。反面これはとっても楽チンに、純粋にロボットアニメを楽しめる。

いやー、残念。
今夜の真の完結編は本当に楽しみだけど、同時に本当に残念。

とりあえず、やっぱバディコンは面白いよー
* Category : 日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する