残響のテロル

うーーーーーーーーーーーーーーーーん…

最終回はなんか非常に惜しい感じだった。
原爆を成層圏で爆発させたからって、放射線や放射性物質の拡散は大丈夫なのか、安全なのかとか、そのへんは私にはよくわからないんだけど、それよりやはりナインとツエルブの最後が思った以上にドラマになってなかった…

そもそも、リサのいじめや母親の過干渉をあれだけいやらしく描いたくせに、それについては何一つ解決も決着もついていないというのもどうなのか…
あれならむしろ、リサもツエルブと共にゴミのように撃ちぬかれて死んでしまうラストの方が衝撃的でよかったと思う。

ナインも頭痛の兆候はあったけど、あんなに都合よく死ねるものなのかというと疑念が残るし…
やっぱあそこは3人とも撃ち抜かれて死んでしまい、ラストは柴崎のモノローグというのがベストだったと思う。
VONについても、たとえば今際の際の言葉にするとか、もう少しドラマティックに伝えていいと思うし。

打ち捨てられた子供たちの「闇を暴くテロル」はよく描けていたと思うんだけど、今一歩残酷で乾いたラストが欲しかったなぁ。
狂気を孕んだハイブの自殺までは結構よかったし、頭の回る柴崎はいいキャラクターだったので、本当に惜しい。

あと一歩及ばず、残念な結末であった。

2014/09/28 22:32 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |