ばらかもん

「離島で書道」コメディも無事終了。
うーん、なんというか、可もなく不可もない作品だった…というか、主人公にあまり思いいれができなかった。
いくらなんでも精神年齢がコドモ過ぎてちょっとなぁ…
芸術家肌だから仕方がないとはいえ、さすがにあそこまでいくと鼻につくというか…

まずさ、本人も気づいて反省してたけど、杖をついている高齢者を殴るって最低だよね。
あれはやっぱり訴えられてもおかしくないレベル。
目の見えない女の子を蹴っ飛ばす風潮があるのも頷けてしまうので、あれはやっぱりダメだよ。
父親ももちろんだが、「ぷう~」とかかわいこぶってる若作りの母親!(こいつすっげーうぜぇ!!!)
そもそもおまえたちのしつけが悪過ぎるからこうなるんだよ!書道の前にまずは道徳を教えとけ!

でも島の子供たちは皆よかったな。うん、なるはじめ、ヒロ兄も島の行事に参加したり子供たちをまとめたり、まぁ…ちょっと…同年代の友達とも遊べよと密かに心配したりもしたけど…中坊も田舎の子らしく素直で可愛かったし、声優さんたちの好演で生き生きとした感じも凄く出てた。
なる役の原涼子ちゃんは方言は無理ではと思われたそうだけど、見事に言いこなして…つーか「現地の子ちゃうんかい!」って感じ。すげーな子役…

2014/09/28 19:39 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |