またっ!!

すいませーん、サボっておりました。

いやね、イイワケをしますとですね、まず先々週は京都に弾丸旅行に行っていたわけです。
そして生まれて初めて五山送り火を見たわけです。

P1020521.jpg大!

P1020520.jpg盆踊りかっ!


P1020537.jpg必死こいて歩いて「舟形」も見た!

この日は福知山が水浸しになった日で、送り火もさすがに中止ではないかというくらいの大雨。
鴨川も恐ろしいほど増水し、人々が普段のんびり散策したりジョギングしている河川敷も水浸しで、出町柳では河川敷は完全にKEEP OUT。

昼間は叡山電車に乗って貴船を訪れていましたが、こちらも貴船川が増水し、名物の川床は全て中止でした。

P1020438.jpg貴船神社は今人気のパワースポットなのだとか

P1020445.jpg水に浮かべると占いが浮かび上がる水占い。

水占いは小吉、由岐神社では末吉、最終日の清水寺では凶と、なんじゃそりゃ!な結果でした。

貴船に行った目的は牛若丸よろしく鞍馬山越えをすることでしたが、魔王殿に着く頃にはものっすごい雨に雷で、気軽に登ってきた人たちは引くも進むもできない状態でした。
私は初めから山越え覚悟だったのでカッパを準備し、荷物も防水加工していましたが、それでもぐちょぐちょのびちょびちょ。

P1020482.jpgこんな道じゃサンダルで登ってきた女の子は半泣き状態

山を越え、鞍馬で鞍馬温泉に入ろうとしたら雨で露天風呂が閉鎖されていると言われて断念。
なら宿で風呂に入るかと思って駅に行けば叡山電車は線路が冠水したため全線ストップ。
えええええ・・・
けいおんのポスターもハナヤマタのヘッドマークも尻目に、ぎゅうぎゅう詰めのバスで国際センターまで戻されたのであった。

翌日はすさまじい暑さ。
京都はとにかく暑いと聞くのでこれまで夏は避けてきたが、本当に暑い。
しかし京都の人は暑いからってちょっとクーラーを効かせ過ぎじゃないのか。
土産物屋や喫茶店のあまりの冷えっぷりに、東京人の私でさえびっくりした。
盆地に加えてヒートアイランド現象も起きてるんじゃないのか。

伊右衛門サロンでちょい豪勢なモーニングを食し、数十年ぶりに清水寺に行き、抹茶ミルクのカキ氷を食べ(氷なんか食ったの10年以上ぶりだぜ)、お盆で混み混みの新幹線でゆったり座って帰ってきた。

P1020566.jpg当たり前だがそこここにYOUが一杯だった清水寺

観光都市だからと言われればそうかとしか言いようがないが、京都は本当にいつ行ってもハズれがない。
何度行っても必ず何か得るものがある。感動がある。そういう意味で力のある都市だと思う。
弾丸過ぎて勿体無いくらいだったが、本当に楽しかった。またすぐに行きたくなる都市である。

しかし神社仏閣にお参りする際、願うのはもはや「健康」しかない自分に愕然とするわー
(私が死ぬまで災害も天変地異も戦争もテロも経済危機もなく、順風満帆で平穏な日々が続きますように。あと死ぬ直前までどこも悪くなくどの機能も失うことなくできる限り健康で過ごせますように。ちなみに私が死んだ後は日本がなくなろうが地球が滅亡しようがマジでどうでもいいですおわり)

京都の翌週は遅めの夏休みをとって別荘に行っており、ここでもまたトレッキング。
こちらと違ってセミが一声も鳴かない山で、熊が出ると脅されて怖い。いや、熊が怖いというより、「熊が出るようなところに別荘を建てて住んでいる人がいる」ことがホラー映画みたいで怖い。夜中、裏に熊が来てたらどうすんだ。

そして今週もトレッキング。挫折するかもと思った恐ろしいほどの登りを無事制覇し、ほっとしつつも慎重に下りていたのに木の根で滑って怖い。すげー注意してたのに何故滑る…怪我はなかったが、「慎重に下っていたのに滑った」事実が怖い。

そして仕事はむちゃくちゃ忙しくなってきて、必然的にギアをアップ。(トップに入れるほどではない)
ワガママで一人が欠けたツケがそろそろ回ってきそうな予感。上司から頼られ過ぎるのもムカつく。
仕事はちょろいので片手間でできなくはないけど、黙って便利ないい子ちゃんになりきってやってやるのもムカつく。
今の状況が異常でおかしいんだってことを常に念頭においといて欲しいぜ。やろうと思えばやれるけど、だからってこちとらやりたくてやってるわけじゃねぇぞコラ。

そんな日々を送っているので、アニメの消化もさぞ大変…と思われるかもしれないが、無事終わっております。
「蟲師」特別篇「棘のみち」はまだ見てないんですけども、ノイタミナが今週休止だったり、日テレ系が「24時間テレビ」で休止だったので、無事追いついております。(反面、今日の「テンカイナイト」が1時間スペシャルでビックリしたけど)

追いついているどころか、「アルドノア・ゼロ」を3話も溜め込んでいるのに、なななななんと、「野崎くん」を全話見返すという暴挙に…
だってねー、すっげー見るの楽なんだもん、野崎くん。「男子高校生の日常」以来じゃないか、この視聴のラクさ。

で、「アルドノア」も見ましたよ、ワンタン包みながら。そんでワンタン食いながら。ワンタン好きなんですよワンタン。
「スレインとイナホくんは簡単に共闘しないのでは?」と「クルーテオさんはどうなるかわからない(悪いヤツではないと思っていた)」という読みは当たったものの…

そこへ行くまでの展開が斜め上過ぎるよっ!!

そして戦ってない時のイナホくんは結構どうでもいいキャラで、今はスレインの方がよほど気になってしまう。
だってあの展開ならザーツバルムさんは絶対「クルーテオ卿こそが姫様暗殺の首謀者だ」と罪をなすりつけると思うじゃん!
それがまさかのゲロ。いや本当にびっくりした。しかも彼には彼なりの理由があってビックリした。

インコと姫様とどうでもいい恋愛モードにもっていこうとする姉に囲まれたイナホくんより、PTSDに悩むマリト大尉のウザウザっぷりより、スレインとライエから眼が離せないじゃないですか。

つーか…姫様死に過ぎぃ!

見れば見たでやっぱり眼が離せないアルドノア!おもしれぇじゃねぇかよクソッ!!
ちなみにそれでも虚淵を手放しで信用したり絶対に褒めたくないのは、私が月島的な性格をしているからだろうか…

花京院がデス13に鉄槌を下し、「ペット・セメタリー」なアヴドゥルが生還(しかしこの先なぜ帰還させたし!と思わせる展開が待つ)した。最近承太郎が何の活躍もしていないが、私は承太郎が好きではないので問題ない。
信長協奏曲はまたしてもタイムスリップ現代人(ヤーさん=松永久秀)が出てきたり、光秀(本物の信長)が出戻ったり、お市が浅井に嫁いだりと、サブローの独自視点からの歴史も面白い。それで「協奏曲」なのかー
「ハンタ」は思った以上にサクサク進み、ナニカへのお願いのカラクリをイルミにリーク(半分だけど)レオリオのセンズリはどうすんのかなーと思ったらそのままだった。
「ペルソナ」は、オリジナルでちょっと違和感があった足立の豹変ぶりが、結構丁寧に明かされたのはちょっと嬉しかった。
彼の人生の閉塞感といい、表面上の足立の軽さ・調子よさがまさに「ペルソナ」だということが伝わって、すごくよかったよ。
マリーの消滅も気になるのに、オリジナルでは描かれなかったクリスマス・イヴのドタバタ話…でもこれも楽しい。
東京ESPはなんだかんだで結構楽しんで見ている。リンカがいい子で、東先輩が爽やか好青年だからだろうか。
「ダンディ」は先々週の演出が「なんでこんなに『TO-Y』っぽいんだろう」と思ってたら、キャラデザが上条淳士だった。あと渡辺信一郎脚本の先週はよく意味がわからなかった。でもまぁそれでも構わない。だってダンディだもの。
このところイマイチだった「少ハリ」は、また昔のメンツが出てきてピリッとしまった感じ。あのミュージカル調は酷かった…
先週の「アオイホノオ」は、「そうじゃないよーあだち充ー」に爆笑し、エンドロールの原作者を含む豪勢過ぎるメンツからのメッセージに吹いた。なおこの「アオイホノオ」と「監督不行届」と併せて見ると、庵野という人間はやはり相当の変人なのだと思える。そして悔しいがやはり天才と呼ばれる部類なのだろう…そろそろ公開日が決まりそうなエヴァ4作目で裏切られても泣くなよ、皆!だってあの人変人だもん!

ホント、すんませんね、サボり癖がついて。
でもここはもうレビューサイトじゃないから堪忍してつかぁさい。

男性声優人気投票

その他「林勇さん」
▼ハイキューで熱血ボーズ頭の「田中竜之介」を演じてる方なんですが、この方ってジョジョ2部でスモーキー・ブラウンを演じてたんですね。ED見てて気づきました。意外だ……
へー、そうなんですか。いや、全く知りませんでした。
そういわれれば確かにガラガラ声というか、濁ったような声質に聞き覚えがあるかも…(私個人的には甲高い声より男らしいガラ声の方が好きッス)

一言投票所

その他「P4G」
▼ゲームでの追加イベントに絞っているので、アニメ化されてない部分だけ見られて嬉しいです。楽しく遊ぶ系の追加要素が多いのですが、珍しくシリアスな足立さんとの交流イベントもしっかり拾ってくれていて良かったです
そうなんですねー
でも足立さんの話はあってよかったです。いやぁ、足立ラスボス展開は、当時アニメで見てても「はぁ?何で急に?」と違和感ありアリでしたから、こういう背景があって、こういう経緯があったんだとわかっただけでもすごくよかったですよ。
足立がこの街に赴任してきてすぐ、ガソリンスタンドに寄ってるシーン(握手も)までちゃんとあったしね。

今回のクリスマスイベントはまさかの1期1クールOPという演出も凝っていて、初っ端からのめりこみました。
ペルソナ4はホント、外れがなくて毎回とっても楽しいです。

その他「阿倍サダヲ」
▼ 寄生獣実写、ミギーは阿部サダヲさんだそうで。アニメと一緒じゃないんですね。声的にはありかもですね。サダヲさん、演技上手いですし。
CMの声を聞いた限りでは「…う、うーん…」でしたが、男というだけで100倍はアドバンテージありますね。
平野綾は考え直してくれないものか。彼女自身が降板してくれないものか。それとも荒業の男声へのボイスチェンジとか。

その他「アルドノア・ゼロ」
▼アルノドアゼロ、最後びっくり。いなほくんは冷静な子なのでスレインが姫様のこと慕ってるのはあの言動でわかると思うんだけどなあ。あのまま合流した場合、姫様がいることがわかっちゃうからかな?んーでも船のみんなにもばれたわけだし、遅かれ早かればれるような・・・来週に期待ですね。
私はもともと「共闘はどうかなぁ」と疑問符ではありましたが、あれはまさかの展開でしたね!読めなかった…
そしてスレインが拷問を受け、クルーテオ卿が真実を悟った瞬間、まさかのザーツバルム強襲&拉致&ゲロ。

ええい、こんな展開読めるかっっっ!!!!!<嬉しそうにニヤニヤしながら

そしてまさかの「姫様は二度死ぬ」
「火星人」であり、「姫様殺しの張本人の娘」であり、「射撃の名手であると同時にPTSDによるパニック障害持ち」であり、「姫様キラー」でもあるライエのキャラ立ちが凄過ぎて魅力爆発。こいつは一瞬たりとも眼が離せませんな!

映画「ガメラ」
▼平成ガメラ、最近見直した訳ではないのではっきり覚えている訳ではありませんが、平成ライダーのように、現実に怪獣が現れたらどうなるかを描こうと、同じ頃にやっていたゴジラよりも努力していた記憶があります。2の敵怪獣、レギオンの独特なデザインは印象深いです
後手故に、ゴジラでは描ききれなかったリアルな部分を描こうとしたって感じですかね。
そうそう、平成ライダーと言えば、次作は車に乗る「ドライバー」だそうですな。もうライダーじゃないじゃん…

2014/09/01 00:08 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |