元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
ゴロゴロ言うてますね
お次は7月にいただいたコメントです。
3連休前と後、つまり私が更新マラソンをする前と後に分けました。

もう7月もおしまいですね。夏至から1ヶ月が経ったので、日の入も少し早まりました。でも暑いけど。

一言投票所

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
●続編の主役機ビルドバーニングガンダムが「そんなに殴り合いがしたいなら格闘機でやれ」という皆様の声にお応えしていると話題に
発表されましたね~
1期の7年後の世界ということで、ニルスくんが開発したネオプラフスキー粒子(?)でまたガンプラバトルができるようになってるんですよね。
つかチナちゃんに弟がいたんですね。知らんかった…となるとサザキくんの妹も同年代くらいになるのでは?

その他「アルドノア・ゼロ」
●アルドノア・ゼロ、めっちゃくちゃ面白くて自分も釘付けにされました。主人公はルルーシュのように戦略で敵を攻略していくタイプですかね? どうやってあのフィールドを攻略するのか楽しみです
気合を入れて見ないといけないという点ではちょっと疲れますが、反面、見始めたら止まらないという点で今期トップレベルです。

イナホは知略キャラにありがちな嫌味さがなく、ただひたすら「冷静沈着」なのがすごくいいです。
実はいそうであまりいないんですよね、こういうメンタルの強いキャラ。(ルルーシュもエルエルフもメンタルはやや弱い)
今回も姫様を行かせないためという熱血主人公的な行動を取ってるのに、たった1人で無謀に出るのではなくちゃんと仲間の力を使う、弾を色々と試してみて冷静に相手の力を見極める、挟み撃ちやクレーンなど二手三手先を考えつつ、そのくせ一番危ない作戦(ブレードを振るわせない為、相手の懐に飛び込む)は他人にやらせず自分でやるなど、こうして書いてみても非常に魅力的なキャラクターに仕上がっています。

その反面、対比がうまいのがスレイン。
火星人と共に戦うことすらできない、味方どころか相談できる相手すら誰もいない、けれどこちらも義のために人を殺せるし、命懸けのウソをつける度胸はちゃんと備えている…今回のEDの2人の立ち位置は、この先に期待させてくれますよね。

楽しみです。

その他「アカメが斬る!」
●>ありがちなハーレムものに見えて実はそうじゃないんですが、この配分だと多分6か7話くらいでそれがわかるスタートがかかり始める筈で、やたらと濃い敵サイドが出揃ってからが本番。つくづく2クールで良かった
ハーレムかどうかはどうでもいいんですが(「極黒のブリュンヒルデ」だって女ばっかだったけど、物語が面白いのでハーレム漫画とは思わない)、これはちょっと…
6話か7話までって、8月後半まで見なきゃいけなかったなんて拷問です。
で、今後待ってる展開は敵があまりに巨大であることを知らしめ、主人公が手痛くやられて(主人公の村が虐殺で全滅とか、暗殺部隊の足切り役のキャラが壮絶に死ぬとか)仲間が散り散りになる…とかですかね?

●アカメが斬る!面白いですね。原作はまったく知りませんでしたが予想外のダークさでした
…え?ダーク?
うーん、先が読めすぎて、しかもその残酷描写を後々のカタルシスのために利用しようとしているのがミエミエ過ぎて、なーんかノレませんでした。

ジョジョの奇妙な冒険 (2013年4月終了/2014年2期開始)
●ここ最近、ふとした拍子にニコ動でジョジョ一話を見てジョナサンの魅力にすっころび、一部&二部の漫画とアニメをレンタルで全話視聴。久々に金払って見るのが全然惜しくないと思えるアニメでした。
続き>第三部は駆け足で漫画を読んだのですが、一番面白かったのはダービー(兄)戦でした。スタンド能力はあまり馴染めないなーと感じてたのですが、老ジョセフがメインの回は印象に残ってます。戦闘特化じゃない能力で敵をいなすってのは楽しい。

ジョナサン、いいですよね。ジョジョというと連載自体が長いせいかどの話も「長い」という印象があると思いますが、ジョナサンの「その青春編」(ファントムブラッドではなく、敢えて連載当初風に)」は単行本にしてわずか5巻、一年にも満たないですし、アニメも8話でしたっけ。

しかもジョジョも今でこそ不動の人気ですが、歴代ないほどに打ち切りの危険に晒されていたのもこの第1部。
何しろクセもアクも強かった作品ですし、日本人キャラが一切出ないというのも当時のジャンプでは考えられなかったことなので、打ち切られてたらと思うとゾッとします。二部だって随分長く「ゴッドサイダー」や「バスタード」とワースト5位争い(それ以下だと「変幻戦忍アスカ」や「恐竜大紀行(言っときますがこれは歴史に残る名作ですよ!)」などの10週打ち切り作が続く。ちなみにバスタードは不人気というより原稿があがるのが遅かったためらしい)してましたからね。半ばくらいからは表紙もカラーもかなり取れるようになって安定し、ジョジョのために毎週アンケートを出してた私も心底ホッとしましたよ。おまけにジョセフのカンペンももらえたし♪

2部だったし多分連載は既に第3部だったと思う


ダービー戦は「武装ポーカー」でデビューした荒木先生らしいお得意のギャンブルで楽しかったですね。
「花京院の魂を賭ける!」は今でもネットギャグで使われますね。連載時の自分のツッコミもよく覚えてます。知らんとこで勝手に賭けるなやと。

Parallel Universe(管理人になにな)
●おお!やっぱり忙しかったのですね。気と首を長くして更新をお待ちしておりますので、どうかご無理はなさいませんように
忙しい事も忙しかったんですが、やればできたはずなので、やっぱりサボりですよね。
ホントにすみません。義務じゃないのはお互いわかってても、気になりますよね。
私も更新が止まり、どうしたのかと気になっている行きつけブログの管理人さんがたくさんいらっしゃいます。
そういうブログは、もう復活する日はないんでしょうかねぇ…

2014-07-27 Sun 15:52
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<夕立が終わっても暑い | Parallel Paradise | と、思ったら雷が…>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| HOME |