Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
07/20(Sun)

ハイキュー!!

相変わらずのクォリティで面白い。
「SPYAIR」のボーカル脱退問題はどうなったんだろうと思いつつ、2クール目からはOPED変更。
コーチがついた事で実戦的な練習や弱点補強ができるようになり、インターハイに臨むところまできた。

しかしこの作品、3ヶ月見てきて思うんだけど、回想がやたら多くね?
いや、回想っていってもSEEDみたいな「バンク、いくない」回想ではなく、一番多い中学時代のような「過去にあった出来事」をキャラが回想する展開。これがやたら多くてちょっと驚く。

そもそもジャンプのような荒削りな少年漫画が主流の雑誌だと、回想シーンを入れて細やかな心理描写をするってことはこれまで少なかった(無論ないとはいわない。ワンピもナルトもハンターだって回想シーンはちゃんとある。ただしそれはあくまでも物語として必要な描写)と思うんだけど、最近は少年漫画っぽい「前へ、次へ」とひたすらガツガツ前進するタイプのほかに、少女漫画っぽい「以前はこんなだったっけ…ふふっ♪」と立ち止まったり振り返ったりしながら進むタイプも増えてるんだろうかね。

あと明らかに月島のキャラが浮いてる。皮肉屋で実力派、クールで俺様、怖れずビビらず決める時は決める…キャラなのかと思いきや、今のところただの「イヤミな愚痴野郎」でしかない。同じようなキャラの影山とカブっている上に、影山の成長が著しいため、ますます陰が薄くなっている。これは異論がないと思う。残念なことにレシーブも下手らしいしなぁ。

あと音駒の梶くんキャラは「目立つのは、昔から好きじゃない…」とブツブツ言いながら、あのプリンヘッドのおかげでどう見ても一番目立っているのが笑えた。
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ