2014_07
20
(Sun)21:29

それでも世界は美しい

そんなに大事ならそもそも嫁に出すなよ!!

後付設定でニケは「ババ様が一番大切にしていて後継者にしたいと考えていた」孫娘としたもんだから、矛盾に次ぐ矛盾で、最後の方の大騒動はイライラしっぱなしだった。
第1話のリヴィウスの嫁選びの時のテキトーさからは繋がらないんだもの。

いくら父王が限りない無能で、姉ちゃんたちが嫁に行くのを嫌がって、ババ様が国を離れて漫遊してたからって、雨の国の実権者が、大国の王を貶めてまで取り戻そうとするほど大切にしている「孫娘兼後継者」を嫁に出すなんてありえない。
バカじゃないのとツッコみつつも、ここまできたらあと数話だしと我慢して見た。

そんでなんかいつの間にか愛し合ってるっぽいのは別にいいんだが、「このまま公認夫婦で物語を進めるとなると、たかが少女漫画で面白い国政や戦争回避の駆け引きなどをやれるわけがない…となるとまさか、今後出てくるのは皆リビかニケが好き♡という横恋慕キャラばかりになるんじゃあるまいな…」と危惧したとおりになった。ハーレクインな設定で好きだの嫌いだのくっだらねぇ。

少女漫画の限界っていつもここ。これを超えてどでかスケールの世界観を広げ、物語を紡げる人もたまにいるけど、9割はこんなん。だから私は少女漫画が嫌いなんだよなー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック