蟲師 続章

10話まで放映した後、「棘のみち」が8月までお預けに。
ネットでは色々と取り沙汰されてるけど、まぁしょうがないよね。
かつての放映キー局だったフジテレビよりは扱いもいいよね。

9年ぶりの続編だったけれど、クォリティは変わらず。原作が非常にしっかりした1話完結エピソードものなので、よほどの大コケがない限り失敗はしないはず。
「冬の底」はそうなるとわかっていたけど、ホントにギンコのみ(つまり中野さんの完全な一人語り)だったので、「蟲語」を見た後だとハラハラした。(毎回音響監督に大分ダメだしされているらしいので)

普通にいい作品揃いなので、10月からの二期後半も楽しみ。
ちなみに1期の「虚繭とり」と対比するのはきっと「残り紅」だと思うなー

2014/07/20 19:35 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |