鋼の錬金術師(再放送)

まぁ今さら何も書く必要はないんですが、見ております。
6月までは2話連続でサクサク進む反面、2本分見るのはちょっと大変だったのだが、7月からはお引越しして1回1話に。
シャンバラや本編のHDリマスター版ブルーレイの発売が差し挟まれると、ハガレン1期も終わってから10年経ったんだなぁとしみじみ思う。

7月現在はアニメオリジナルキャラであるラースが出てきたところまで。水樹さん、この頃の方がうまいのではないか。
とりあえず、子供が母親が眼が不自由だと知らないとか、その母親が踵を返した理由はいいとしてなぜ爆発するのかとか、ツッコミどころ満載過ぎる話もあるが、それは概ね「井上大先生の大脚本」なので気にしてはいけない。

原作を忠実にアニメ化した2期も頑張って頑張って見た今となっては、原作とのあまりの違いに確かに「これはすごい改変だわ」と思うこともあるのだが、でもだからといって「じゃあ原作の方が面白かったか?」と問い質すと「否」である。
人の業の醜さ、事実のおどろおどろしさ、エロティックさ(単なるエロではなく、人間の性のイトナミとしてのエロティックさがあちこちに漂う)など、一貫して描かれていて「これを土6でやってたんだからなぁ」とニヤついてしまう。

それにしてもHDバージョンをDRモードで取ると50MBのブルーレイディスクは16話程度で一杯になってしまうのに、同じくDRモードでもDVDレベルだと28話も入ってしまうことに驚いた。HDってやっぱすげーんだな。
19:09 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
監督不行届 | top | ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1788-84cb7cc2