ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ

「妖怪ウオッチ」が一人勝ちの男児向けキッズアニメタイムの中で、結構楽しみに見ているのがアベンジャーズ。
外注のせいか作画が危なくてヒヤヒヤする反面、お話は正統派アメリカン・ヒーローもので楽しい。
それぞれのキャラとバディの組み合わせがマッチしていて、ヒーローたちの能力を生かしたバトルも(作画はかなり怪しいけれど)それなりに楽しい。


キャプテンの過去を気にしているクリスのチームや、ブラコン同士のヒカル&ソーの兄コンビもいいし、ジェシカの話も面白かった。
NYに一人残ったスパイディーへのメッセージはちょっとジーンとしたし、最近はXメンからウルヴァリンの参戦もあり、まだまだ拡散していきそうな感じ。

「マテリアライジング テック・アイデンティティー」とか、「怖れず進め!戦士たちよ!」とか一緒に言っちゃったりしてるし、4月以降も変わらず、現在もかなり楽しみにしている作品。
TMが歌うOPEDもカッコいいので毎回早口にあわせて一緒に歌っている。(キッズアニメは歌詞が出てくれるのが何より嬉しい。)
突キ破レル!!

2014/07/20 18:56 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |