寒いなぁ

私は高層階の住人なので、外に出る瞬間まで雨が降っているかどうかわからない時がある。
用心して、玄関を出る前に天気予報をチェックするのだが、渋谷や赤坂、六本木やお台場、汐留では降っていなくても、私の住んでいる地域ではサラサラと雨が降っているということは多々ある。

そこで、恐らく多くのマンション住人がそうやっていると思うのだが、1階の集合ポストに緊急用の折り畳み傘を常備している。
これなら雨が降っていても、わざわざ部屋まで戻る必要はない。

ところが昨日、マンションのカウンターに「忘れ物・集合ポスト前に落ちていました」というメモと共に、私の折り畳み傘がぽつねんと置いてあったのでビックリした。

黙って持ち去るのは失礼なので、フロントを呼び出して一言お礼を言おうとしたところ、よかったですね、という言葉のあと、「お母さんと男の子と女の子の3人組の…」と続く。

そこで私は、「何らかの原因でポストから落ちてしまった傘を、そのお母さんと男の子と女の子の3人組がフロントに届けてくれたに違いない」と推測したのだが、彼の説明は全く違うものだった。

「お母さんと男の子と女の子の3人組の、男の子がポストを開けて傘を取り出してましたが、皆さんが立ち去ってからふと見たら、その傘が床に落ちていたので…お落としになったでしょう?」
「は?いえ、違います。でもこの傘は私のものです」
「えっ…じゃあ…」

つまり、私はその3人組の1人…つまり、2人の子供を連れた母親だと思われていたようだ。

というかそもそもその3人組の男のガキは、他人の家のポストを開けて、郵便物の邪魔にならないよう、一番奥に入れてある傘を勝手に取り出したのだろう。

そして母親がエレベーターに向かったので後を追わねばならなくなると、どこから取り出したかわからなくなってしまったため、床に打ち捨てて母親を追ったのだろう。

その捨てられていた傘を管理の人が見つけてくれたのだ。
全く別の家のポストにとりあえず入れるとか、ゴミ箱に捨てるとか、より最悪な事態に陥らずに済んだのは幸いだったが、他人のポストをいじっているガキをほうっておくバカ親もバカ親だ。というかしつけておけ。

「鍵をかけないおまえが悪い」という人もいるが、確かにそれも一理あるだろう。
まぁぶっちゃけ鍵をかけると、急いでいる時にいちいちダイヤルを回して開けるのが面倒くさいのでイヤなのだ。
このマンションに住んでいるレベルの人間に、そこまで民度・程度・レベルの低いバカがいるとは思いたくなかったが、実際被害にあうとバカはどこにでもいるもんだなぁと思う。

私も2~3歳頃に面白半分で他人のポストを開けて郵便物をイタズラしたことがあるが、その後、母から叱られた時の地獄は未だに思い出したくもないし、「殺したい過去の自分」ベスト…もとい、ワースト5に堂々入る己の愚行である。

そういえば先日のテレビ交換の際、弟とそのツレが重いテレビを運ぶ途中、私と同じ階の親子3人とエレベーターで同乗したらしいが、そのガキどもがむき出しで運んでいるテレビを珍しがり、素手でベタベタと触りまくったのだと言う。
弟は当然母親が注意すると思っていたのに、何の注意もしないばかりか、同じ階で降りたというのに重いものを運んでいる弟たちを残し、扉を開いておいてくれることもなく部屋に戻って行ったので心底驚いたと言っていた。

しかも腹が立つことに、2人がやっとの思いでエレベーターから出て私の部屋まで運ぶ間に、一度戻ったはずの自分の部屋から扉を開け、どの部屋に行くのか覗き見していたのだと言う。

同じ階ならポストも同じ列に並んでいるし、まさか同じ親子とは思わないが、なんだか3人の親子連れに振り回されたここ数日であった。

さて、アニメも早いものは3回目を迎え、ジャッジも続々と行われつつある。

【ノーゲーム・ノーライフ】
「俺に惚れろ♥」(空)

彼らの共依存ぶりは相当で、かなりギャグっぽく描かれていたけれど、OPやところどころに差し挟まれる暗いカットを思うと、かなり根深く、強烈な過去体験が2人をこの状態に陥らせたような気がして、むしろどんよりする。普段が明るいだけに、余計に不安が募る。

私はギャンブルが苦手で、その上負けることが何より嫌いなのでそもそもやらないのだが、あのジャンケンは直感的に「パーしかない」と思ったのに、あっさり引っかかってチーで負けたステフの城に住み込むことになった空と白。

愚王についてのステフの説明で、さらにこの世界の仕組みがわかったけれど、魔法を全く使えないイマニティに勝ち目はあるのか…
でもとにかく、たとえ最下位でもイクシードに入れてるんだから希望は捨ててはいけない!なぜならステフの涙と想い(と初カノとDTポイポイ♪)のため、空は白と自分の目的を「とりあえず王様になってみる」と定めたのだから!

やっぱこれおもしれぇじゃねぇかよ!!アウブレみたいに楽しめそうだ。
余談だが、「ステファニー」の愛称が「ステフ(ステッフ)」だと知ったのは、近々パート2が作られると噂の「グーニーズ」であった。

【棺姫のチャイカ】
アクションすげぇ!
今MXで「鋼の錬金術師」の一期も再放送してるから、奇しくも10年前のボンズのアクション作画と比べられるわけだけど、ワイヤーアクションといえばの「DTB」や、剣戟なら「ストレンヂア」や最近の「ノラガミ」などを経て、ものすごい進化してるね。かつてボンズは作画が丁寧ゆえにアクションにはどこかもっさり感が残ってたんだけど(IGだとこれがかなりキレよくスタイリッシュになる)、それももはやボンズらしさになっている。

チャイカは禁断皇帝の娘らしいけれど、伯爵は「あの時確かに殺した」と物騒な事を抜かすし、チャイカはチャイカで遺体を集めて弔いたいというのが願いのようで、でもその肝心の皇帝のボディには恐るべき魔力が残っているらしい。
そんなチャイカと共に「遺体探し」をすることにしたトールは、「平和な世界なんか終わってしまえばいい」と口走る。

ロードムービー的に、世界の偽りと真実、トールの心境の変化、チャイカの正体などが明かされていくのかね。
今のところ敵方のアルベリックもイケメンなだけでなくまぁまぁまともそうなので、今後はどう絡んでくるのかな。

アカリさんがいつか敬愛する兄様の剥製を作れるその日まで、視聴は継続。

【風雲維新ダイショーグン】
パンツ見せまくりコリコリの田村ゆかり250歳。
童貞の呪いで蕁麻疹とか、バカバカしいエロ紙芝居はまぁそれなりに形になっているような気はする。
でもまぁ私は見なくていいや。

【エスカ&ロジーのアトリエ】
あー、今回も「可もなく不可もなく、そしてすごく面白いわけでも不快でもなく…
これ悩むわぁ…特に大きな問題点がないので切りづらいけど、これまでも「ぎんぎつね」や「ブレイブルー」「青き鋼のアルペジオ」「幻影を駆ける太陽」などが、まさにこの「いいところもないけど、悪いところもない」パターンで切れないままズルズル見てしまったんだよね。
これはどちらかといえば悪い方に傾いていた作品よりは、いい方に傾いていた…けど、全く化けなかった「ぎんぎつね」パターン。うーん、マジで悩む…化けない気もするんだよね、優等生過ぎて。水曜以降は本数も多いしね。

けど、キッズアニメを3本残すのもどうかと思うので、次の「マジンボーン」が切れるか切れないかで決めようかなぁ…

【ピンポン】
スマイルをやる気にさせるのは、ペコをその気にさせるより難しい。屋良さんはこういうネチっこい役合ってるなぁ。

【龍ヶ嬢七々々の埋蔵金】
男の娘登場とかハーレム化第一歩とか、やったー!これで心おきなくやめられるぜひゃっほぅ!

【ブレイドアンドソウル】
ついにジン・ヴァレルと対決。
娯楽党の面々のテキトーぶりは、ゲームもそうなのかもしれないけど、GONZOらしさがバリバリ出てて笑ってしまった。

【監督不行届】
不動産屋は水曜定休とかあるもんね。

【蟲師 続章】
見てる間、凍えるように寒かった。トキが「寒いと感じる感覚」を取り戻していくと同時に、こちらの寒さも頂点に。
次回は山、闇、鳥…ぜひ、恐ろしげな演出でよろしく。

【ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース】
承太郎のスタンドがここで初めて「スタープラチナ」と名づけられ、ホリーさんを救うため、残り50日でディオをぶっ倒す旅開始。つかアブドゥルさん必死過ぎ。知ってたくせに回想の彼は必死過ぎ。

EDはバングルスで色鮮やかに。先週は演出じゃなく、間に合ってなかっただけ…じゃないよね?

【selector infected WIXOSS TOKYO MX】
こえぇ…アイドルだかモデルだかタレントだか知らんけど、あの2人がこえぇ…つか、毎回サブタイがこえぇ…

一衣に勝利したタマは成長。しかし一衣の願いは、どっちにしろ「自力でかなえる気がない」だろと思うのだが…

るう子の声優がまだまだヘタクソなアニメ喋りでイラつくものの、ストーリーは毎回ゾクゾクさせてくれるので非常に楽しみ。

【シドニアの騎士】
うーん…見るのにやたらエネルギーがいるな、これ…ナニゲに主人公って未だに男友達ゼロで寄ってくるのは女(女になりそうなのも含む)ばかりでハーレムちっくだし。
ストーリーは謎めかして敢えて情報を隠しているのはわかるのでいいんだけど、合間にナントカ祭みたいな「学園生活」っぽさを取り混ぜるのは気に入らない。

何よりこの3DCGがどうも受け付けないんだよね…でも確かにこれだと、BDのCMでやってるみたいに、別アングルから同じシーンを見るなんて、人が描くアニメではできない離れ業も可能なんだろうね。

1話目よりは物語もまぁまぁ見られたので、もう少し様子見。イマイチなら容赦なく切る。

【悪魔のリドル】
3回目まで録画すればもういいよね。ああ嬉しい。安心して切れる作品万歳。

【テンカイナイト】
青と緑は似たものキャラっぽいので展開に無理はないけど、てっきり天才少年という設定の黄色くんが冷静にいさかいを収めるもんだとばっかり思ってたから、意外だった。
グレンが意外にも熱血ではなくバランサーで、トラブルメイカーっぽく物語を引っ張りつつ、なんだかんだでいいヤツのセイランとのコンビがいいので、ストレスがない。普通に見ていられるし、土曜日の朝のリアルタイムでもOKなので、続けようかな。

こんな感じ。
やはり優等生過ぎて面白みがない「エスカ&ロジー」、何かパンチが足りない「マジンボーン」、なんとなく鼻につく設定隠しとヌルヌル3DCGがキモい「シドニア」、オサレ感バリバリの自己満足会話マンガ「メカクシティ」がまだ当落線上かな。(シドニア以外は結構落選濃厚だけど)
「ダイミダラー」は自主規制がなぁ…作品として成り立たせないほど隠すのは不愉快だから、やめてもいいかな。

一言投票所

ジョジョの奇妙な冒険 (2013年4月終了/2014年2期開始)
♥面白いんですけどこのテンポで大丈夫なのかちょっと不安。おの
すいません。続きです。小杉さんより小野Dのほうが高校生っぽくて好きだなぁ。なかなかいいオラオラでした。opは星矢を意識してるそうで。星が飛んでいくところがいいです。さりげにイギーも合流してますし。ジョナサンの表情も切ない。その身体をつかって子供を作りまくったディオ許すまじ

私も当時小杉十郎太と聞いて「ないわ~!いくら私が承太郎が嫌いでも、さすがにそれはないわ~!」とめちゃくちゃガッカリしたものですよ。かといってオノダイがどうかというと…まぁ若さはありますね、確かに。うん。

ジョナサンの体を切断して乗っ取ったというのも驚いたけど、第5部ではさらに子供作ってたとか、ショックよりガッカリしましたね。それ以外にも当時は承太郎というキャラクターが嫌いで嫌いで、ついに長年読み続けたジョジョを第3部終盤でやめてしまったんですよね。だから今回は冷静に見るつもりです。OPの息を引き取る瞬間のジョナサンを見るたびにしんみりしつつ、頑張ります。

その他「.hack」
♥.hackは作品にもよりますが、最初のは現実で虐待されてる捻くれ主人公が一人だけログアウト出来なくなり、周囲の人がおかしいと気付いてログアウトさせてやろうとゲームと現実で動く、という謎解きや性格が更正するとかがあるけど暗い話でした
ネットが広く普及し始めた98年ごろには、私がハマッていたチャットでもディアブロをやってる人が多く、そのせいか02年頃になるとアニメに興味がない人でも「.hack」は見ている人が多かったですね。(ちなみに同じ頃SEEDも話題に上がり、「最近のガンダムはコロンと丸いキャラばっかり」と言ってる人がいましたっけ。当時は私はまだ興味ゼロでしたが)

マッシーモ作品は総じて作品説明もわかりにくいため、内容は推して測るしかないですが、やっぱり草分け的ですね。

2014/04/19 18:28 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |