元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
他山の石
菅野美穂の「ぶっきゃけうまぃっ!」のマヨネーズCMが嫌いだ。
しばらく見ないと思ったのに、最近復活して目にする事が増え、見てしまうたびに不快になる。

そもそも物を食うCMに名CMはない。

監督から「おいしそうに、無我夢中で食べているって感じで」とかなんとか言われているのだと思うが、お茶漬けも中華もスープもラーメンもおいしそうには見えない。人が食べている姿というのが、そもそもあまり美しいものではないからだろう。
とはいえ食品であるからには、食べるシーンも必要であろう。
そういう時は大仰に、大げさに食うシーンだけを強調するのではなく、ほどほどにやればいいのだ。それが演出というものだ。

まぁこのマヨネーズのCMは「食べ方が汚い」ことよりも、菅野美穂の「ぶっきゃけうまぃっ!」という振り切ったぶりっ子ぶりが気持ち悪いんだが。誰もいないところや、心許せる人の前で悪ふざけする時、こういう異常なエキサイトで振り切って笑ったり叫んだりバカのフリをすることがあると思うのだが、それを「女優」としてやってみせてますぅ、というブリッコ感がキモ過ぎる。

そうはいってもイグアナの娘は別に嫌いな女優ではない。キャリアが長いわりにこれぞという当たり役がなく、ぱっとしないなとは思うけど。

そんな風にグチグチ言う時の私はさぞや鬼の咆哮と思ってらっしゃる方もいるかもしれないが、「菅野のあのCMを皆どう思ってんだよーよー」と検索していたところ、YAHOO知恵遅れに「菅野美穂と檀れいの金麦は嫌い」という質問と、「同感」を示したいくつかの回答があった。

初めは「うんうん、そうだよね」「わかるー、それわかる」と頷きながら見ていたのだが、途中で雲行きが怪しくなった。
回答者の中に、菅野と檀のCM以外にも、ひたすら自分の嫌いなCMを列挙している人がいたためだ。
しかもそれがまたただの言いがかりじゃないかというような「イライラします」ばかりで、「あ、うん…そ、そうなの?」ともりもり心を萎えさせる。

最後にはこちらのCMへの怒りが収まるほどの否定っぷり…多分まだまだ書き足りないんだろうな(そしてなぜかこういう人に限って、長々と自由に持論を展開できるはずの自ブログなどをやっていない)

もしも私がギャンギャンと「菅野美穂のあのCM嫌い」「食い方が汚い」「言動が計算しつくしたブリッコ」などと自説を振り回したとしたら、恐らく「イライラします」のこの人のように見えるのであろう。

しまいには「こういう変な人にならないよう、くれぐれも気をつけよう」と反省までする始末。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1498885474

これぞまさに他山の石。

アニメは「弱虫ペダル」まで視聴終わっております。
でも最近ちょっと一生懸命レビューを書いちゃったりしてた気がするので、「うちはもうレビューサイトじゃない!」を思い出し、自粛します。

まぁ白状するとPS2を外し、WA2を封印したらヒマになっちゃったので、また久々に「ゲーム実況」にハマってるだけなんですがね。昨年末にハマってから、パズドラ→ウィズ→PS2で疎遠になってたけど、やる事なくなったら舞い戻ってた。
自分ではゲームやるのメンドイから、実況のゆるさがちょうどいいんですよねー

今回はビルドファイターズも息抜き回だったしね。
これまで頑張り過ぎたのか、いくらなんでも脚本手抜き過ぎじゃないのか黒田!!

男性声優人気投票

宮野真守
★母(50歳)がこの人イケメンで好きと言っていたのですが「でもこの人叫びあんま上手くないよね。」といっていたのに驚きました。なぜわかるのだ母よ
こちらが「美穂ちゃん派でいい歳」という会話をしているところに、「私の母は50歳ですよ」というネタをぶっこんでくるとはなかなかいい度胸ですね!<ウソウソ

若い声優の演技を批評したからと言って、年齢で馬鹿にしてはいけません。声優については下手するとお母上よりもっとずっと先輩世代の方が、演技や声質には詳しいかもしれません。
何しろ娯楽の少ない時代に、映画や海外ドラマは今以上の価値を持っていたはずで、その集中力たるや散漫時代の今とは比べ物にならないと思われるからです。

まぁしかしお母様の場合、お子様の一番の疑問は「まもの声や演技を批評し、判断できるほど何の役を聞いたのか母よ…」ということだと思います。何を見てるのご母堂。

一言投票所

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
★シャアがララァと一緒ではなくハマーン様の隣にいてくれたら、私、一週間はハッピーでいられたのに
うーん、シャアのカップリングは考えた事ないな~(笑)
境遇の悪さは同情すべき点はあるけど、ララァがみなしごで娼婦ってのには当初から嫌悪感があったし、育ちのよさそうなハマーンは思い込みの激しさというか恋愛依存症気味というか…うむ、ロクな女がおらんね。
結論:トミノ御大の描く女にロクなのはいない(マシなメインキャラはキエルさんとリリ様くらいなんだってば)

★会長「いい景色だな………」と言ってましたが…………確かにあれだけクオリティが高いコスプレイヤーが沢山いるのは中々見られない(笑。笑いを取るだけでなく、「ポケットの中の戦争」やVガンダムのコスプレでしんみりさせる演出はスタッフのガンダム愛を感じました
爽やかな笑顔のユウキ先輩が「楽しいガンプラバトルをしよう」と爽やかに言って去って行くのを見て、「うむ、次回は別人になっとるな」と思ったら案の定でした。

作画はかなりテキトー感あふれていましたが、あそこにもここにも色々なキャラがいましたね。
シャアを演じたのは木村昴ではないかと思う。違うかな?

そしてお祭の裏でしっかりPPSEに探りを入れているニルスくんとその婚約者(昇格した)キャロちゃん。
残すところ僅からしいけど、二期なのか伝統の「+アルファベット」で続編なのか、発表はよ!

その他「のたり松太郎」
★星矢Ωを見ていてびっくり、4月から「のたり松太郎」が放送開始(名前が違っていたけど)。「のたり松太郎」に関しては「ちばてつやの相撲漫画で結構な巻数が出ていた」くらいしか知らないけど、「何で?しかもこの枠で?」と思ってしまいました
びっくりしましたよね。Ωはスーパーヒーロータイムの端くれですけど、この作品のターゲットは一体誰なんだろうか…

聖闘士星矢Ω(2012年4月開始)
★美穂ちゃん派でいい歳の者です。星矢人気に関してはアウトとかファンロードとかの雑誌で知っていたという感じです。こちらではやはり女性が目立ってましたから。小学生男子の人気も知っていたけど、私とは接点がなかったので。 ちなみにここにはアニメ感想サイトの流れからたどり着きました
詳細な?オタ歴をありがとうございます。
もう今は現役の感想サイトではないのでがっかりさせてしまったかもしれませんね。まぁもうおわかりだとは思いますが、皆様から楽しいコメントをいただき、レスを返したり感想を書いたりと、こんな感じでホソボソとやっております。

キルラキル(2013年10月開始)
★皐月様、素はこっちぽいっですね。優しくてかっこいい女の子。流子ちゃん、姉貴呼びではなくねーちゃんよびなんですね。最終回、スクライドみたいに楽しくケンカしてくれないかなぁ
最終回はBパートはギャグを織り交ぜての大団円になりそうですが、世紀の姉妹喧嘩もありかもしれませんね。

流子がまさか「おねーちゃん」と呼ぶのかとスッゲービビりましたが、私なんぞ生まれてこの方、一度も「(お)姉ちゃん」「姉さん」「姉貴」なんて呼ばれたことはありません。妹も弟も昔から私を呼び捨てですよ。おまえら欧米か!(古)
ってか、普通、世のねーちゃんにーちゃんは「(お)兄ちゃん」「(お)姉ちゃん」と呼ばれるもんなんですか?

★姉妹の共闘、マコの番長服復活、マコ×蒲郡、サメ歯女他キャラの復活など、視聴者の「こうなってほしい」という願望をすべて叶えた展開がニクイ。そして皐月様の笑顔。皐月は、四天王が「皐月様のためなら死んでもいい」という気持ちに説得力を与えるすばらしいキャラですね。柚木涼香さんもやっぱり上手いです。完璧
柚木さんいいですね。ドスが効きながらも、凛とした覚悟と、どこか女性らしい柔らかさが絶妙なブレンドで。
佳境に入り、最終決戦らしい様相を呈してきました。この作品、「1話と最終話がまるで違う!」という山あり谷あり展開とは違い、背景や物語の謎が明かされても、喧嘩の派手さとエキセントリックさは常に一定というある意味安定株ですよね。次回も楽しみです。

ノラガミ(2014年1月開始)
★オリジナルストーリーということですが、面白いですね。原作も読み始めましたが、ありそうで無かった話ですし、今の展開がひと段落してからも続きに繋げられそうなのも良いです
なかなかおどろおどろしくていいですね。モノクロの剣戟シーンはボンズの傑作映画・ストレンヂアみたい。
もう次回最終回なんですね。驚きました。原作のストック数によっては2期あるのかな?

その他「我が家のブルー霊子」
★CMカット〉羨ましい………我が家のレコーダーはスキップしようとすると本編まで食い込む他、ものによってはOP明けのCMカットしたつもりがいきなりEDまで終わってたなんてことも。地上局は問題ないんですが、東京MXとかが酷くて……まあ、おかげでバディコンの面白いCM見れたからそれはそれで良かったんですが(笑)
うちの子は優秀ですよ~。チャプターカットが優秀過ぎてもう他の機器は使えない。
たま~に狂う事もありますが、そういう時は「30秒スキップ」CMは15秒単位なので飛ばし過ぎて戻して、戻し過ぎてまた飛ばして…という手間も要りません。

でもこれやるとホントにCM見ないんですよね~
「歌はいいけど歌手の顔」みたいなショッキングを味わわなくて済むのはいいんですけど、ジョジョみたいにわざわざCM用に声優がその回にスタジオ入りして(ブルーレイの宣伝は当然本編より遅れるので、収録時に既に2部だった時の興津さんはちょっぴり肩身の狭い思いをしたとか)ブルーレイの宣伝録音してたりするのに飛ばしちゃうのは勿体無い。ジレンマっす。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
★放映当時のアニメディアで「シンを救えるのはキラしかいない」という意見を目にしたことがあります。当時キラ派だった私はその意見に賛成していましたが、今思い返すと「それって逆効果じゃあ…」と疑問を抱いてしまいます(当時のアニメディアはシン否定派が多かったのです)
(続きです)先日で発売一周年を迎えたスパロボUXでのシンの活躍を見ていて「シンを救えるのは二次創作でしかないのかなぁ…」と空しくもなる今日この頃でもあります。それにしてもUXのシンはファフナー組のいい先輩でした

「家族の仇の」キラに完膚なきまでに叩きのめされ、その後互いの状況を知って「力がなければ救えないが、力だけでも救えない」ということを悟る、なーんて展開ならそれもありだったと思いますが、何しろダメですよ、あの監督じゃ。
今回のHDリマスターだってセリフのないシーンでしたから削ろうと思えば削れたはずなのに、キラがザフトの白服着てラクスとハグってるバカシーンが残っていて電源切りました。
もうこのシーン見るたびに「いくら日本が平和ボケしてるからって、いかんせん軍というものを舐め過ぎじゃないのか」と腹が立つを通り越し、あきれ返ってブリッジしちゃいそうです。着せ替えゴッコやコスプレじゃないんだから、常識で考えろや。

シンのゲームでの扱いがいいということが、もはや推して測るべしなんでしょうね。

その他「レビューサイト」
★ツイッターが広まってからはブログはすっかり元気がなくなりましたね。前はTBをめぐって沢山の感想を見ましたが今はその数もかなり減り寂しいばかりです。
それをひしひしと感じているのはまさに、運営していたのが「レビューサイト」であり、それを「廃業」した私ですよ。レビューサイトを始めた理由が「たくさんの素晴らしいレビューサイトがあるから」であり、「自分もぜひやってみたい」というモチベーションに繋がったんですから。

共に感想率調査に参加し、リンクを辿って訪問していただき、逆にコチラが逆探知で素晴らしいサイトを知ることができたあの時代はもう二度と戻らない…
見事な筆致での長文感想の書き手が、いまやツィッターでテキトーな意見を垂れ流すばかりなんて、やめてくれよぅ、ホントに…と嘆く事もしばしば。時代は変わりました。

銀の匙 Silver Spoon(2014年1月2期開始)
★狂信者のつもりは無かったのですが色々と不快な思いをさせていましたかね?すみませんでした。次の内容は知っていますが反応がどうなるのかww
デ・ジャブー あなたとは~ シャワーなんかじゃ 消せない 愛があるぅ~♪

前にも同じ会話をしてると思う(IPが同じなので)んですけど、狂信者とはあなた様の事を指したわけでもないし、あなた様の発言で不快な思いも一切しておりません。
当方の意見はあくまでも一般論であり、あなた様を特別扱い等は全くもってしておりませんので、ご安心くださいネ。キロ~~~ロンッ☆

★最近、元同僚の妹さんがこの作者と知りまして、実写映画の番宣を流される度「元同僚の爆笑ネタ」で思い出し笑いしそうになって困ります。人の多いところだと堪えるのが大変なので、地元ラジオ局(AIR-Gとか)も番宣控えてほしいです(言いがかり)こういうのって、本人の前以外ではネタにし難いしw
へぇ、そうなんですか。AIR-Gって、地元ラジオってことは北海道ですかね。

ゲーム
★WA2>トカゲーに対するアシュレーさんの鬼面っぷりはオンリーワン的な何かを感じます。3の攻略本は敵解説が愉快で今もとってありますねー
トカ&ゲーとアシュレーの会話はホント、抱腹絶倒でした。私としてはこういうの、声はつけないでもらいたい。言い回しとか声は自分の脳内のものの方がピッタリなんですもの。今回は初回クリア時には行けなかった「科学研究所」まで行けたので嬉しかったです。最後までツッコミ倒してくれたアシュレーなのでした。

WAはクリアした1,2,3ともにファミ通の攻略本は保存してあります。2も愉快ですが、3はもっと砕けた感じがしますね。
他にもVジャンプ版の攻略本は何故か2冊ある…(笑)ファルガイア年代記には1,2の設定と、見たこともないアニメ「トワイライトヴェノム」の設定が載ってるし、3は設定てんこ盛りのファンブックまで持ってます。

…つか、これ書いてて「あれ?私他にもなんか色々持ってなかったか?」と思って本棚をあさったら見つけました。わー、懐かしい。

ゲーム
★そろそろ春アニメも詳しいPV出て来ましたが、気になるのがエスカ&ロジーのアトリエ。同じ会社のアルノサージュ繋がりでORIGAさん参加しないかなーと願ったり。原作自体豪勢なボーカルやBGMてんこもりなのでそこのところ楽しみです
ゲームということ、絵柄、イマイチなキャラクターで初めからスルーするつもりでしたが、音楽がいいんですか。うーん…音楽こそが作品のキモという方がおられるのもわかるけど、私の場合はそれだけじゃなぁ…

2014-03-19 Wed 00:04
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<充電中 | Parallel Paradise | ドナドナの続きを予想してみる>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| HOME |