2014_03
14
(Fri)01:10

ほらね!

昨日の「マツコ・有吉の怒り新党」で、おなかピーピーに苦しむ男性から「公衆トイレで長居する人に怒っている」という意見が出され、採用されていた。

男性だと言っているのに、一瞬、「あれ?出したっけ、自分?」と思うほどのシンクロ率。
女性からの怒りではなかったので「排便における緊急性」が問題になっていたが、排便は少ないものの、個室利用&占有率が格段に高い女性にとっても怒るべき悪癖と思われる。

やっぱ中で新聞読んだり携帯やスマホやってるよなぁ、絶対。
待ってる人を思いやらないこういうバカどもって、クソむかつくわー、ホント。
てめぇだっていざ緊急事態で順番待ってる時はめちゃくちゃイライラしてるくせによぉ。

ちなみにこの番組、BGMは最近電王が多いので懐かしい。

HDリマスターも残すところあと1話となった種デス。長かった…本放送の頃ほどの怒りはないものの、それでもやはりあの内容を思い出すとピリピリしてしまう。
TV版では最終回は「最後の力」であったが、どうやらメサイアに何も喋らないアスランが追加されたとか、キラきゅんの爽やか笑顔にシンが号泣して敗北を認めるとかいう、ただただ無駄なシーンが追加されただけのFP「選ばれた未来」とリミックスされて、1話増えているようだ。

しかしさりげなく今回、インフィニットジャスティスがかの「幻のアンカー」こと、グラップルスティンガーを使ったので驚いた。
私も当時は種のHDリマスターの放映があるとは夢にも思わず、さらには「どうせそんな追加作画もなかろう」とタカをくくって使わせていたので、まさか今回本家も使うとは…とちょっと感慨深かった。下手な事は書いたらいかんなぁ。

そして次回予告は新録ってことだよね?「最後の力」以降は予告はない。それともFP放映前に、どこかで放映…いやぁ、されてないと思うけどなぁ…どうだったっけ?そんなの流せる場所がないよね?

【うーさー】
のぶ代っ!!

【凪のあすから】
ペンダントのくだりとか台所とか、相変わらずくだらねぇ会話でたっぷりと尺をとるなぁ、この番組は…
要の意見に「おぅ、賛成」と思ったが、要と共にガキどもに罵倒される羽目に。うぜぇ。
ちさきが好きとひょんな形で告白した紡にもえなができた。次回は温かい水に泳ぐデトリタス♪

一言投票所

その他「先が気になる」
■この頃先が気になりすぎてストレスになるアニメが少なくなってるなぁと思います。問題が起こってもその次の回で解決!!みたいな。キャラに感情移入しすぎて長期間考察しまくるアニメがこの頃ないなぁ・・・種デスはその辺が凄かったです。最終的に悟りを開きましたが。
なんだろう、もしかして「単純明快簡潔解決」が素晴らしいガンビルの悪口を言ってらっしゃるのかしら…(笑)

種デスは…まぁ確かに感情移入もしたし次回はどうなるんだろうとも思いましたが、「キャラの性格や役割が破綻」「バンクと回想ばかりで物語が進まない」「最終的に視聴者置き去りのポカン展開」という悪事を重ね過ぎ、リハビリが必要なくらい打ちのめされたので、ぶっちゃけ「もうあの状態は絶対にごめんだな」と思ってます。

種デスが悪い意味で「先が気になった」としたら、一番いい形でキャラにも感情移入し、物語もめちゃくちゃ気になったのは「ハガレン1期」ですね。同じくらい楽しみだったのは「ガン×ソード」「ルルーシュ1期」「タイガー&バニー」などです。てかサンライズばっかやんけ!!

最近だとヴヴヴかな。マジェプリが安心して楽しめるのに、こちらはとにかく危なっかしい事この上なくて、私はすごく楽しんでました。はっ、これはまさか吊り橋効果!?
そして本当に最後に崖からコケて盛大すぎる死亡事故を起こし、「あーあ、やっぱり」と苦笑するという結末。

何より種デスに比べてめちゃくちゃラクチンに見送る事ができたせいか、いいも悪いも含めて面白かったです。
やっぱあまり入れ込み過ぎるとよくないですね。私はもう種のような熱狂的入れ込みはノーサンキューで、キャラや物語とほどほどに距離を取りたいです。

あっ、でも今一番次回が楽しみなのは圧倒的に「ガンダムビルドファイターズ」ですよ!

その他「GW=GUNDAM WING」
■日記タイトルの「心はもはやGW」をうっかりガンダムウイングと読みました。リアルタイムからの呪いは健在のようです…。恐ろしい呪いです
リアルタイムでWを見ていない私にはそんな感覚は全くありませんが、あれですね、「三つ子の魂百まで」

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
■「アリーア・フォン・レイジ・アスナ」聞いていて「アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ」を連想してしまいました。「蒼き流星SPTレイズナー」はご存じでしたでしょうか?打ち切りさえなければ・・・。 とりあえず、「さすが居候はアスナのお家芸だな」と言っておこう
ご存知です。「レイズナー」や「アスカ」などでブログの検索機能を使っていただくと、昔書いた記事にちょろっと出ていたり、一言投票所に書き込んでくださった方とやり取りしております。アスカはエヴァとか種デスも出ちゃうけど。

これで後々アリアンに皆で行った時、真実を知って驚くアイラにレイジが「だっておまえ、俺んちに世話になるんだろ?」とかさらっと言ったら笑っちゃいますよ、ドギマギして。

ノブナガン(2014年1月開始)
■「ガリレオがみおとして手に入れた情報です」・・・「?、・・・ガリレオ自身は見落としていたけど、データ解析をして分かったってこと?」と一瞬思ったのですが、「身を賭して」が正解ですね
そうそう、私も「あれだけの犠牲を払ったガリレオが見落としたけど、ヴィドックが見つけた的な!?」と驚きましたが、違いましたね。漫画や小説で文字で読めば何てことない言葉ですが、音声にすると同音異議になってしまう。
「ガラスの仮面」でマヤちゃんが「書き言葉と喋り言葉は微妙に違う」と言っていたことを思い出しますなー

HUNTER×HUNTER(2011年10月開始)
■原作を知っている立場で言うと、今のペースで3月中にキメラアント編が終わるとは到底思えません。元々キメラアント編で終了っていうのはあまりキリがいいとは思えないし、もうちょっとやって木の上で話をするところまでやるつもりではないかな? いや、3月終了っていうのが確定情報ならしょうがないけど。
わかってますよ、終わらないなんてのは。
でも私としては10クールくらいでまとめて欲しかったんですよねー、いい加減もう長いから。
このままいくと11クールで物語は終わりそうですが、普通は番組改編にあわせるので、12クールいくでしょうね。
さすればキメラアントが11クールの締め、そして12クールは「会長選」&「アルカ・ナニカ」篇となるでしょう。

聖闘士星矢Ω(2012年4月開始)
■美穂ちゃん派の者です。現在は割といい歳で、星矢の頃はすでに現役バリバリでした。ただ地方のせいか、はたまた付き合いが狭いせいか、星矢ブームに関しては、起こっていたことは知っているけど、実感としては知っていません。それと、どちらかというとブームの中心は女性陣だったような
当時はオタク女が大増殖したキャプ翼の地盤をある程度引き継いだのが星矢といえましょうが、一方で小学生男子の気持ちも鷲掴みですよ。今30代半ばから後半あたりの人は夢中になった人も多いのでは。女性人気も確かに高かったですが、当時はまだまだ今ほど「オタク経済域」が成熟していませんでしたから、決して女性中心とばかりは言えなかったです。そのへんが今の腐女子に人気のある作品とは違うかもですね。

というか、すでに「いいご年齢」で「あまり深くはオタク歴をご存じない」のに、なぜにこのようなサイトに!?その方が不思議…

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック