明日で2年ぶりに天中殺とお別れだぜぃ!

占いなんか信じないけどさ。
とはいえ、なんかもう、ホントに色々うまくいかなかったけどねー。特に去年は本当に酷かった。
新年早々愛犬を失った上に、クソつまんねぇ仕事(世間的にはグレードアップなのだが、気ままスキーな私としてはごめんこうむる)に異動して、マジで私ももう終わりじゃないかと思う状態だったからさ。

でもやっぱり私は占いなんか信じないね。
だってやっぱり「的確に」努力をすれば、物事はなんとかなるもんだからね。
いくら努力しても残業しても学んでも上手くいかない人は、天中殺だからじゃなく、そもそも努力のベクトルが間違ってるわけだから考え直した方がいい。エネルギーの無駄。

じゃ、午未天中殺の皆、あとはヨロシク!(信じてんじゃねーか)←ウソウソ

しっかし昨日とおとといの肉体労働により、微妙に肩と腰が筋肉痛…
しかし最近の自主トレにより股関節の可動域がまた広くなったので、すさまじい運動不足時よりは楽。

お互いに日本国内にいるのに、英文でしかやり取りできないメールってなんなのだ?
こっちのメールがローマ字でしか読めないので、英文の方が早いんだけど…と言われる。
ちょっと、教えて、OCNの人!(英語苦手だから困るんだよマジで)

【マギ】
と…トロい。いつもながら展開がトロ過ぎてイライラする。
レームもマグノシュタットも、どっちも正しいところがあってどっちも間違っているところがあるのはすごくいいんだが、肝心の主人公・アラジンの心情と取るべき態度がさっぱり伝わってこないのでイライラしてしまうのだろう。
「薙ぎ払え!」
どうしたばけものー

また舌戦で負けるティトスもどうかと思うが、ファナリスの真っ只中にいきなり現れるアラジンもどうかと思う。
ここでアリババくんが絡むとさらにややこしくなりそうなので、トロトロ展開に拍車がかかりそうなのが恐ろしいわ。

【ノブナガン】
ムチャクチャしつつも健闘したシオは、ジャックのいる第2小隊に配属され、ニュートンやガンジー、ガリレオとは再会し、ヴィドックや戴宗とははじめまして。脳味噌ウォッチしつつヤキソバパンを食べるハンターってのも出てきたな。
キス魔ニュートンは萌え系やエロアニメにはよくいるタイプだが、ここまで周りをどん引きさせるとギャグになる不思議。まぁやたらとジャックを意識しちゃうしおは可愛いんだけど、「私には浅尾さんが!」というそのセリフは間違っとるぞ。

キャラも面白いけど、この作品、実は一番面白いのが進化侵略体だったりする。失敗を伝え、進化を促す「伝令役」が存在するってのは実に面白い。あれだよな、場所を隔てたサルが同時に芋を洗い始める「百匹目の猿現象」ってやつ。

【TIGER&BUNNY BIGINNING】
「そんな言い方はしていない」
「ソンナイイカタハシテイナイ」
新作映画の公開が近いからか、先週はMX、今週はBS11で放映したタイバニの最初の映画を見ている(まだ途中)のだが、2012年の公開時に見たらさすがに「こりゃーただの総集編じゃねぇか」とムカッ腹も立とうものだけど、今、時を経て見るとさすがに記憶も薄れている(それでも私は集中放送も再放送もきっちり見てる方なんだけど)から、楽しいわー、すごく。

久々に最高にいいヤツらだったヒーローたちを見るとわくわくしちゃうね。ブルーローズの尻カットが格段に増えているのはサービスか?
そして唯一お当番回がなかったロックバイソンの見せ場も増えてる(失敗ばっかだけど)のが泣けるぜぇ。まぁお当番回があったら死んでたかもしれないのでこの方がいいんだけどね、牛角さんは。
そして嬉しそうにクソスーツを破壊する愛すべきラブリー親父・サイトウさん健在で嬉しい限り。
完全新作映画、見に行っちゃおうかなー♪(ファフナーもまどマギも興味なかったくせに、タイバニだとこれだ)

【種デス HDリマスター】
今日は「変革の序曲」でジブ様がお亡くなりになる回だったんだけどさー、猫ちゃんのカットが増えてて驚いたわ。前々からジブが飼ってた黒猫も一緒に死んだんかなーと懸念してたんだけど、あれはもしかして「猫は(オーブに)置き去りにされた=生きてますよー」ってなメッセージなのかなぁ。
私は動物好きだからいいけどさぁ…ホントはそんないらねぇカットより本編なんとかしろよバカって感じよね。

あと本放映時はザフトの制服着てて「軍人という自覚がない」と一斉にブーイング浴びてたメイリンたんが、オーブの作業服のまま&フレイさんカットのまま(本放映時はツインテ)だったよ。
出立の挨拶時もちゃっかり列に並んでたし(前はいなかった)このままザフトの制服着ないなら、ずっと新作カットもらえるんだろうね。

まぁ彼女は戦後、実はザフトじゃなくてオーブ軍に入ってる(SEではザフトに戻ってたんだが…)と、最近またコロコロ設定が変わってるらしいから真ヒロインとして扱いがよくなるのは当然だろうけど、この監督は「軍に入る」とか「軍を脱走する」ことを、「バカ大学に入る」ことや「バブル期のお気軽転職」くらいにしか考えてない事がまず問題だと思うんだよねー、そもそも。

2014/02/03 00:32 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |