地震多過ぎ

今期の「水着祭」クリア作品。

ダイヤのA・ … 女性キャラがあまりいない

ぎんぎつね … なし

ガンダムビルドファイターズ …リン子ママン圧勝のうちクリア

弱虫ペダル ・・・ 女性キャラがほぼいない

ミス・モノクローム … それらしきものはあり

BLAZBLUE ALTER MEMORY … まさかの水着温泉でクリア

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している … 次回クリア予定

蒼き鋼のアルペジオ … 戦艦のクセに2週に渡ってクリア

凪のあすから ・・・ 学校の授業でスク水クリア

サムライフラメンコ … もはやそれどころじゃない

アウトブレイク・カンパニー ・・・ 「ポロリもあるよ!」でクリア

革命機ヴァルヴレイヴ(2期) ・・・ そんなことしとる場合か!

キルラキル ・・・ 水着はないが下着は多い

ログ・ホライズン ・・・ うん、まぁどうでもいい

はじめの一歩Rising(3期) … 女性キャラが非常に少ない

マギ … 水着はないが半裸は多い

うーむ、水着率高いなぁ。もはやアニメ業界ではお約束となっているのだろうか。
正直、ほとんどの場合無駄に話数を消化するだけなのでいらんのだが。

【アルペジオ】
コンゴウがちょろくデレなくてよかった。ピーマンの苦味のおかげだろうか。
今回は群像くんが一体何をしたかったのかよくわからんかった。まぁメンタルモデルたちによる「ドキッ!女だらけの水泳大会!」をやりたかっただけなんだろうけども。海水を吸って動けない大戦艦クマもいたけども。
メンタルモデルが女性ばかりなのは、船を女性的に形容するからだそうだ。いやいや、そこは頑固一徹帝国軍人風オッサンでお願いしたかったよ。

【凪のあすから】
地上に降ったぬくみ雪は凶兆のようで、汐鹿生では何やら密談が行われ、子供たちを地上へ行かせないようにしてしまう。
しかしその地上では子供たちが「決裂した大人たちに代わり、自分たちでおふねひきをやろう」と意気込んでいる。

なんかさー、まなかと紡はもはや鉄板かと思ってたのに、紡は自分の想いを押さえ込もうとしているちさきに興味を持ってるようだし、要はひょうひょうとしてて欲しかったのに、実はやっぱりちさきが好きみたいだし、まなかが幼いので結果的にヒカリは心を抑え切れてないし…ま、小学生どもはどうでもいいんだけど、ガキだし。

家出のせいで汐鹿生の異変を知らなかったヒカリが村に戻った時、この異変を地上のヒカリに知らせなきゃと親に逆らって家を出てきたまなかを見て、ついにヒカリは想いを抑え切れなくなり、まなかを抱き締めてしまう。

しかしここでなんとまなかが思いっきり拒否。
時間的にも物語の区切り的にも、まなかは抱き締められてビックリしたまんまフェードアウトかと思ったのに意外だった。ここで紡のことを思い出すとか、そういうわかりやすいシーンでも入れば納得なんだけど、多分まなかの場合はその方面は幼過ぎるからなんだろうなぁ。

紡も、博愛的セリフだとは思うけど、今のちさきが「好きだ」なんて言っちゃうし、最近はヒカリにベッタリとはいえ、やっぱり紡が気になるまなかといい、もはやベクトルがあっちこっちに飛びまくって大混戦。楽しいけど。

【アウトブレイクカンパニー】
自衛隊だってはみ乳撮りたい!!

尻乳太ももくらいしか見てないくせに、初めての水かけっこをやってみよう!と実践する慎一とミュセルがモジモジし過ぎて笑った。
犬子の水着アクションがエロい!エロ過ぎる!そして王道のブラハラポロリ。

そしてペトラルカの水着を吟味する偉いさんたち。却下され続けたハゲのスク水が決議され、なおかつ口の廻る議長の手柄にされてしまったという「大人はウソツキだ!」を地で行くバカバカしさに笑った。

【サムメンコ】
悪の組織を率いるキング・トーチャーに勝手に宣戦布告された日本は、もはや安全な国ではなくなった!
見るもおぞましい怪人たちがバスをジャックしたり、ダムに「他人の悪口を言わされる」毒を流そうとしたり、人びとを混乱の渦に恐怖のどん底に叩き落す…って、

…いつから特撮ヒーローものになったんですかこの作品はっ?!<先週からです

作画はますますヤバくなる一方なのだが、物語はますます奇々怪々で面白い。
キング・トーチャーはなぜあんなにサムメンコに執着し、執拗に狙うのですか!?
トーチャーって、まさか外国で死んだと思われてた父ちゃんでしたってオチじゃないよね!?

先週のギロチンゴリラに続く今回の敵は、カマユデライノ、デルタホース、チュウヅリトンビ、シャリンオロチ…無駄に声優が豪華なんだが!!
よくよく考えればかなり恐ろしい連中なのだが、ライノはフラメンコガールに鍋を割られ(サムメンコのカッターでは傷つけるくらいしかできなかった)、三角木馬…じゃない、ホースはスピードに勝るものの両面テープで捕えられ、トンビはメジャーで縛られて、オロチは三角定規で勝利。
負けて最後は爆発するのは死んでるんかい。

そんな日々を正義は「楽しい」と言い放ち、初めこそ面白がっていたまりは、まるで怪人退治がルーテインワークと化したかのように「つまんない」。これには後藤さんの彼女も「まさよっすぃ~の眼がヤバいよぉ」という始末。

最初は危機感を持って各方面から関係者を招いては対策を練っていた政府も、怪人出現が続き、しかも警察ではなくサムライフラメンコ一行が被害もなく食い止めていることに胡坐をかき、段々空席が目立つようになっていくのが面白かった。こういうはったりを入れるのは、ガキ向けの普通の特撮より構成がうまいよな。

ところでサファイアのM.A.Oって変な名前と思ったら、この人、ゴーカイジャーのルカなんだってね。知らんかった。

一言投票所

ガンダムBFへのコメント、たくさんありがとうございます。「続きです」とある物以外は、同じ方の投稿でも内容が別とこちらで判断した場合は、独立してレスしますね~

その他「スティーヴン・キング」
★キングの作品の映画化は中には残念な結果に終わったものもあるようですが、ミストやショーシャンクは結末が原作を補完する終わり方で個人的に好きです。あとスタンド・バイ・ミーは映画では主人公とリバー演じる役の行動が入れ替わったりしてたのがちょっと不満でした。
(続き)アトランティスの心は意外に泣いてしまいましたがアーイ!ダディッツのドリームキャッチャーはもうネタ以外の何物でもなかったですねw 死のロングウォークは20~30年前の当時十代の俳優たちで映画化してほしかったです…ステビンズは断然クリスチャン・スレイターで

そうですね、私が「ベスト10」とされる作品ランキングを見たそのサイトでも、当然「ワースト・ランキング」がありましたが、プレス機が無意味に人を襲うとか、ほとんど知らない作品ばかりでした。
そして栄えあるワースト1位は、何を隠そうスティーヴン・キング自身が監督として撮った「地獄のデビルトラック」だそうですよ。全く知らんわ(笑)

「ドリーム・キャッチャー」は見てないんですが、CMは覚えてます。これも賛否両論…というかダメという人の方が多いみたいですね。「サイン」っぽいというか。
「アトランティスのこころ」も見てないんですよ。ホプキンスのヤツですよね?これは機会があったら見たいと思っている映画です。

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
★戦国アストレイは格好良かったですが、ガンプラバトル自体は単なる研究の過程としか見ていないニルスのキャラは意外でした。彼をぎゃふんと言わせるのは同じようにプラフスキー粒子を使いこなすマオか、敵討ちのフェリーニか、どちらかのような気がします。
私も技のマオVS知識のニルスは面白いんじゃないかと思っています。
フェリーニもまだ完全に実力を見せてくれたわけではないので面白そうですが、性格的に仇討ちとかはしそうにないタイプにも見えます。やるかな?

★そういえば、今週の冒頭で百式に倒されたガンプラ、Gセイバーはご存じですか? 唯一の実写ガンダムでそれはもう酷い作品で…(知っていたらすみません ただ登場するMSのデザインはスタイリッシュで格好良く、Gセイバーのガンプラも出来が良かったので、アニメで見られたのは嬉しかったです(ほんのちょっとでしたが
全く知らないです。言われるまで気づきもしませんでした。
ネットでは「まさかGセイバーが動く姿を見られるとは!」とざわめいていたのでなんだろうと思ってましたが、実写版なんですね。
調べてみたら、比較的好意的なレビューをしているサイトでも「とてもつまらない」が「死ぬ前に一度くらいなら見てもいい」とあって笑いました。(好意的か?)
でもその方もMSと音楽がわりと格好いいと仰ってましたよ。

★サテライトキャノン、撃つシークエンスも込みでかっこいいですよね。前の方が仰るように大量破壊兵器なので劇中で敵を倒す目的で使用されたことは殆どないのですが。DXが使っていたGビットの一番恐ろしい所は、それぞれがサテライトキャノンを装備しているということ…
いやー、ホントにすげー威力でした。確かにあんなん実際使ったら18バンチの二の舞になりますよ。
そんな凄い兵器を使っても死者が出ないので安心(ガンプラは壊れるけど、それも他人のものではなく自分の意思で出場している競技者のものだし)これもオモチャバトルならではの利点ですね。

★「見てください」やってくれましたね。できればもっと突き放した言い方だとVガンぽかったんだけど、委員長のキャラを考えるとまあいいか。それにしても、まさか「恐ろしい拷問」まで出てくるとは(元ネタはVガン29話の予告)。
Vガンスキーが多いのか、Vガンを見ていた世代(93年に8歳~12歳くらいだと、今28~32歳くらいだもんね)がアニメ制作世代に突入したからなのか 、ホント、Vガン推しだなぁ。

★サテライトキャノンは原作を知っていると「あれくらいの威力はあるよな」と思えます。正直なところ発射前の隙が大きすぎるのでガンプラバトルでは使えないのでは?と思っていたのですが。それにしてもXXのビットMSは卑怯くさい。基本的にMS型のファンネルな訳なのでファンネルがありならありなんだけど
あー、確かにモーションがオーバーすぎてレイジに瞬殺されましたよね、カトーさん。
MS型ファンネルはAGEでも出てましたね。早見さんは第二の桑島さんポジション狙いなんでしょうか。

★アストレイは一番最初のガンダムSEED外伝の主人公機、アストレイレッドフレーム(1期OPにだけ混じってました)の改造機です。実はヘリオポリスには量産向けのGがごろごろ眠っていた…という 活躍はこれをご覧下さい。http://www.youtube.com/watch?v=wZSPA_VISzg
しっつれい致しました。戦国は由来無しのBFオリジナルです。元の機体にしっくりし過ぎですが

いやいや、違うんです。こちらこそ言葉足らずで失礼しました。
私が言いたかったのは、「見慣れてるはずのアストレイでも、色や武装が変わると全くわからない」自分の目利きのなさが実に残念だということなんです。すいません。皆さんのように「見た=わかった!」じゃないのがもどかしい。

モビルスーツはサッパリですが、他にも車とか女優さんもダメなんですよね~、実は。
トヨタとかニッサンのロゴを見ないと、フォルムだけではどっちの車かわからない。ロゴを見ても、テールランプの上に車名が書いてないとやっぱりわからない。
女優さんは髪型やメイクや服装が変わるとわからない。AKBは「○○が好きだな」と言ったすぐ後でその○○を指差し「誰これ、知らない」と言い放ち、「今好きって言ってたじゃん」と顰蹙を買う。(服装や髪型やメイクで雰囲気違うと女は全然わかんないよ!)

武道師範の母のおかげで日本かぶれ・キモノスーツ・座禅ガンダムとなんちゃってサムライ風味のニルスですが、その名前って私にはどうしても「空飛ぶアヒルとハムスターを連れて旅をしている」イメージしかありません。

★タイのやつはアビゴルというVガンの機体です。ビームの鎌やカタールなど変わった武装を持ってます。パイロットはゴッドワルトという人で、Vの中ではランバ・ラル的な役割を担っていました
へー!!!!!
なんかめっちゃ変わったフォルムですよね。強い機体なんでしょうか。つかこれを選ぶって渋いな、タイのチャンピオン!

★次回の騎士ガンダムに爆笑しました。一応ゲームとかでリアル頭身作られてるのに、あえてのSDですか(笑。ちなみに今週出てたトールギスは本体がいわば一号機みたいなもので、手にもってる武装はOVA・劇場版に出てきた3号機のものという変わった仕様ですね。あまりの加速にテストパイロットを殺した殺人兵器だったりしますw
ベアッガイさんの相手にはSDということなんでしょうか。
Wも1話で挫折してるので全然見てないガンダムなんですが、加速が凄いらしいですね。こういう機体もタマキなら大丈夫なのかなぁ。
武装などは、ガンプラだからこそ気軽にカスタムできるというのがこの作品の醍醐味でもありますね。

★どのガンダムの作品か当てるのかが楽しいですね!デビルガンダム(アルティメットガンダムかも)、ジェガン、キュベレイ、ケンプファーは分かりましたけどあとはさっぱり。話のほうは粒子の謎が気になりますね。異世界からもれでている・・とかでしょうか。レイジやたぶんレイジと同じ異世界人であろう
続きです。アイラがこの世界に来た理由も謎ですし。まぁそれはともかくガンプラバトルが楽しみです。命がかかってない戦いだからこそ、あとくされなく本気で楽しく戦える。できるならこのまま、このスタンスを貫いてほしいです

楽しいですよね!
ニルスの登場でプラフスキー粒子が俄然怪しげなものになってきましたもんね。
アイラもレイジと同じ世界から来た人なんですか?ありえなくはないかもしれないけど。
最終回の頃にはガンプラじゃなくて実際に搭乗して戦闘してたらどうしようこわい。
でもやっぱり「遊びだからこそ本気で戦える」という逆説的スタンスがいいなぁ。
03:10 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
惰眠 | top | 主婦同士の修羅場が見られる!見たくないけど

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1703-4f8a14be