どうにも

色々とバランスが崩れているようで、昼間のうちは「家に帰ったらあれをやろう、これをやろう」と元気なのだけど(決して「よーし、仕事頑張るぞ!」とハリきっているわけではない)、夜になるとグデーッと何も考えずにのんびりしていたくなってしまう。

アニメは昨日のブレブルを見ていない以外はチェックしている。
ヴヴヴも相変わらずたまらない盛り上がりだし、キルラキルも面白いし、サムメンコには毎回手を叩いて大はしゃぎしている。

ハルトが「お父さんはとても優秀な人だから、ヘタな事を言ってガッカリさせたくなかった」なんてどえらい事を言うから、一体どんな怜悧でキレ者の科学者パパンなのかと思ったら、ネジがキレてるガイキチだったので吹いた。

「彼には彼の戦う理由がある!(キリッ)」とハルトが後を追わなかったエルエルフことミハエルくんは、お姫様に「俺にさらわれてくれ!」と拉致宣言中。
どいつもこいつも勝手ばかり言いよるわ。だがそれがいい。

気になるサキちゃんはアードライと作戦行動中。つーか予告ー!!

キルラキルはマコちんが逆ギレしたところは不覚にもグサリときてしまった。
欲望のままに流されて、娘に痛めつけられる流子を慮る事もないダメダメな家族だけど、一旦間違いを認めればバカ正直で素直で可愛らしい。最後に流子もすっげー可愛かった。そしてナニゲにこの結末を導いたサツキ様も…

サムメンコは必殺文房具が登場!
OPでも怪しさ爆発だった大川透は「秘密基地の博士ポジションだな」と思ってたけど、文房具屋さんだった。
それでも「きっと何か裏があるに違いない」と疑っていたのだけど、Cパートでひゃっほぅしてるのを見て「ああ、この人もただのダメなおじさんだ…」と思った。
後藤さんはかっちょいいし、フラメンコガールズは可愛いし、クールメガネをたらしこんだ正義はやっぱり正義だった。全く助けにならない要さんといい、毎回毎回バカな大人が真面目に?バカをやってて、最高に面白い。

アウブレは、これはやっぱり私としては「マ王さま」レベルのアタリ作品。ラノベもバカにしたらいかんね!反省。
ニセモノAVに吹いた後で、さりげなく「みなみけおかわり」のエクスキューズを入れるんじゃないよ監督!
最近は生徒たちや犬子やペトラルカに押され気味だったミュセルを連れてのアキバ巡りが楽しかった。
裸エプロンぇ…「…そろそろ起きるか」は、脳コメの「…こいつはないな…」に匹敵する脱力系だった。
下心と親心のせめぎあいなど、あまりに楽し過ぎて私自身も忘れてたわ。そうね…買い物…しなかったね…

「凪のあすから」はまたおじょしさまがブロークン。彼女は一体何回壊されるのだろうか。
ヒカリは村を出るのはいいけど、どこに住む気なんだべ?

「アルペジオ」は戦うハルナが健気でよかったなー。クマシマも可愛かったなー。そして炎をバックにタチコマモドキをボコるイオナがターミネイターであった。
寝ぼけ眼のタカオが会った卵型はイオナが倒したと言ってたヒュウガのようだ。

実は私、このアニメに出てる声優って名前を見てもほとんどの人を知らないんだよねぇ。
有名どころではコンゴウのゆかな、ヒュウガの藤田咲、上陰の置鮎はわかるけど、あとは1人も知らない。
あ、群像の興津さんももちろんわかるけど、ジョジョでお馴染みになってなかったら正直知らんかったと思う。

ガンダムBFは前回のユウキ先輩とレイジの熱過ぎるガンダムバトルに燃え、ハリー・で・ドズルな敵役に笑い、バカでかいアプサラス(Iフィールド実装て!)に呆れ、月がなくともサテライトビームを放つガンダムX魔王(と怪しい流し目のマオ)に痺れ、マークⅡが活躍したはいいけど「…え?もう終わり?」と一抹の不安が…
レイジはコロニーの海なら知っている?委員長はママンを完全に味方につけてすっかり嫁モード?(セイの前ではモジモジちゃんなのに、レイジには容赦しないのがなんともいい!)ってかやっぱり一番の謎はラルさん何者?

名前の変わったユウキ先輩は仮面ではなくグラサンだったので、シャアではなくクワトロ化でしたな。

弱虫ペダルはロードバイクでヒルクライム。けれどそのムチャな走りは体力を削り取り、やがてスタミナが切れて一歩も動けなくなるか、それとも現状維持で3位入賞するか、部長は坂道に選ばせる。
無論「続ける」と即答。スポーツものらしい熱血根性バトル、いいねぇ。

同じくスポ根もののダイヤのAも安定した面白さ。ミユキちゃんと降谷がバッテリーとしての一歩を踏み出した一方、栄純には滝川クリステルがあてがわれることに。俺たちキャッチャーは的か、という言葉は結構グサリと来たな。こっちのバッテリーも気になる気になる。

スポーツもののもう一本、はじめの一歩は狂犬沢村が登場。あー、いたなぁ、こいつ。

ハンターは蟻編に入ってから「蟻編ってこんなにチンタラしてたっけ?」とずーっと思ってたのだが、コムギが出てきてからはやはり俄然面白くなってきたね。このあたりはジャンプで読んでても休載がちになってきて一挙に読めたのがかなり後のコミックスでだから、毎回前の話を忘れちゃっててさぁ。
反面、毎週毎週澱みなく進むアニメはストレスがなく見られてすっごいラクチン。楽しいわぁ。

「念応力などわかりにくい設定が多いせいか、やたらナレーターに頼りがち」と言われているようだけど、私はそれもラクだわ~、ちょこちょこと説明してもらえるのは。忘れてた事とかもスラスラ入ってくるし。
何より遠藤綾ってこんな演技もできたんだね。2人のラストを思うたび、もう彼女以外ないなとさえ思えるよ…

ぎんぎつねは相変わらずどうでもいい。なんだろーな、イマイチなんだけどな…悪い点もないからなぁ。困るよ。
ブレイブルーも完全に流し見なんだけど、なんとなく切る理由もなく…あ、いや、ツバキとジンがゴタゴタしてるところで時間が巻き戻るみたいなシーンがわけわかめで、やめてもいいかもと思ったっけ。やめてないけど。

脳コメは「哲学者への道」が引き換えにデリート。
しかしなんとか3人までクリア!てかシリコンて…
なんかなー、ホント、ラブコメじゃないんだよなー、これ。何しろ設定がバカだから。
こっちは上記2作品と違って、結構純粋に楽しんで見てるよ。

ログホラは美味しいハンバーガーを売り出し、派手な経済効果(実際は結構ワリが合わない)を見せつけることで組織運営や経営上手なやり手連中の心をくすぐる模様。

ガルパンはヒステリックなババァを見舞ったり、戦車をもう2台探し出したり、お風呂でマッパで勝利宣言したり、ミホの過去が明かされたり、気づいたらアンツィオに勝ってたり(おいコラー!)で、次回は3回戦へ。
ちなみにこのスルーされたアンツィオ戦はOVAになるのだそうだ。

というわけで見てますというご報告。
しかしこれだけでバテてもーた…溜めこんだレスをしなければならないのにすいません。寝ます。

2013/11/21 00:33 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |