2013_10
15
(Tue)00:39

台風とか

都市伝説のひとつ、「ベッドの下の男」は有名な話。
実際にストーカーがベッドの下にいて逮捕されたなんて事件があったけど、自室のクローゼットの中から飛び出してきた男に襲われて死んだってのも大概だよなぁ…
10年後には様々にアレンジされて、現在まだおむつしてるような乳臭いガキどもの間に、けったいな都市伝説になって蔓延してそうだ。

それにしてもこのストーカー事件については、先日の長崎県での親族殺人事件にしろ、警察の感覚というのは桶川事件から何一つ進歩してねぇんだなぁ…

【コッペリオン】
な、なんか陳腐な話を見せられたよ…
マジか。イマドキこんなお涙頂戴話で泣くヤツがいるんだろうか…
ダメだなこれは。見るだけ時間の無駄なので切り。

【ガンダムビルドファイターズ】
思った以上のデキのよさと面白さで、子供より先にガノタのおっさんがホイホイされた作品の第2話目。
今回もまた滑らかなシナリオで、最後まで全くストレスなく見ることができた。やればできるじゃん黒田!

武装をカスタマイズした赤いザクを操る「紅の彗星」なる生徒会長が、ガンプラの操縦は素晴らしいものの、それ自体に何の情熱も感じていないレイジの心を焚きつけるのもなかなか熱い展開で面白かった。
スモーとのバトルもレイジの戦闘勘が冴えてるのがわかりやすかったし、すれ違いざまの抜刀はカッコえかった♪
つーかスモーだってよ、スモー!ターンA持ってくるって、渋いトコついてくるよなぁ!

そしてまた今回も最後にセイと同じくビックリして吹いちゃったよ!
レイジが「せっかくこっちの世界に来たってのに」とボヤいてたので、どうやら彼は自分の存在も立場もわかってるようだと思った途端これだもの!セイじゃなくてもビックリするわ!

いや~、こういう仕掛けも楽しいし、生徒会長も強い上にフェアプレーでいい人なので好感が持てるし、ラルさんの乱入と雷電並みの解説に戸惑うメガネ委員長もめっさ可愛かった。
つーかホントに何やってんスかラルさん!もしかして学園の関係者なんスかラルさん!

OPEDもこれが完成版かな?
いや~、2回目も軽々とハードルクリアで楽しかった。予告を見ただけでは予想もつかないけど、次回も楽しみだ。

そういえばさっきの日記に書き忘れたけど、「東京レイヴンズ」と「俺の脳内…」も2回目を見るけど、今のところ視聴継続はないと思う。「ブレイブルー」と「京騒戯画」は問答無用でサヨウナラ。

女性声優人気投票

かかずゆみ
●補足させて頂きますが、ダンテさんは「ちょっと怖い演技ができる人」でかかずさんに決まったそうです。当時ヒロイン役が多かったかかずさんを大きく飛躍させたと思います。誰が何と言おうとハガレンのヒロインはダンテさんです!
私はかかずさんが活躍し始めた頃=完全にアニメから離れていた時期なので、本当にダンテがかかずさんの名前を知るきっかけでした。
柔らかい鼻声で、特徴的なヒロインタイプの声だなぁと思っていたので、終盤の怖さが逆に引き立ちましたね。
「悪」というより、全くブレない「エゴ」の怖さを思い知りました。それにダンテさんだって、一緒にそれを目指してたのに、途中で息子(ホムンクルスですけど)と自分を捨てて、「好きな女ができたんで、もうやーめた」と一抜けたホーエンハイムは許せるわけないでしょう。そういう業の物語としては、ハガレン1期は実に秀逸です。

男性声優人気投票

鈴村健一
●この方も準主役のほうが輝いている気がします。ノエインのアトリはいろんな鈴村が楽しめていいですね。ちょっと冷めてる役や逆にものすごくアッパーな役が似合うと思います
ノエインのアトリは、絶対鈴村の演技の幅を広げた役だと思いますね。ガンダムのように繰り返し繰り返し演じる「金になる役」ではありませんが、彼の演技に唸ったのは間違いなくアトリです。傷ついた矜持と冷たさ、寂しさと優しさを含んだ最後の「…やらせやしねぇよ…」は忘れられません。琴線を揺らした演技ですね。

一言投票所

Parallel Universe(管理人になにな)
●おくればせながら十周年おめでとうございます。人間不思議なもので調子が悪い時は半身にだけでることがありますよね…右に症状が出ても左は綺麗に異常なし、みたいな
わざわざコメントをいただき、まことにありがとうございます。
ですよね、なーんかこっちばっかり怪我するなってこと、ありますよね。
私は自分を過信しないし慎重な方でもあるのであまりケガをしない方なんですけど、今年はひどい。思いがけない怪我をして痛い思いをしてます。今後も気をつけなければ…

●Parallel Universe開設10周年、おめでとうございます&ありがとうございます。になになさまの新番組紹介やレビューがなければ、置鮎さんご出演以外の番組も見ることがなく、楽しみの幅も狭いままだったと思います。新しい刺激を下さっていることに感謝しています。(続く)
(続き)快適そうなお部屋の様子にも憧れていて、出来そうなところから取り入れさせてもらっては、これはいい!と感激を重ねさせてもらっています。これからもたくさん読ませてください! (たまり)

これはこれはたまりさま!嬉しい言葉をありがとうございます。
置鮎さんメインの「トリコ」を見ていないのは心苦しい限りですが、そう言っていただけると心が軽くなります。
いや~、私の部屋が万人にとって快適かどうかはわかりませんが、少なくとも自分が過ごす空間としてはこれ以上の場所はないと思っています。なので出不精まるだしのインドア派なわけですが。
たまりさまこそぬいぐるみさん以外にもゴーヤや花々に囲まれて、ご自身の快適スペースを確保されているではありませんか。何しろあちこちでモモも見守ってる事だし!

本当にありがとうございました。ブログくらいしか更新していないサイトですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


その他「京騒戯画」
●いやいやいや一話面白いですよこれ?!一話見た後で0話見るとテーマや3兄弟の確執見えてきますね。ママ古都かわいいけど娘の絵怖いですよ上人、八瀬童子いわれてたけど本当に鬼だった。悟りと迷いの窓を背景にした父母の退場シーンにじわっと来ました
う~ん、あの2話もよかったですかね…私は逆に「やっぱり切っていいな」と確信しましたが…
主人公を育てたらしいキャラの声が石田彰という事は、あれと古都と共に姿を消した上人は同じ人物という事なんですかね?

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー鎧武」
●バロンのリーダーはキャラが立っていて良い感じでした。 ダンスのステージの奪い合いを中心に話が進んでいくのならイマイチピンとこないんですが…どうなるんですかね
安易に助けるより生き残り方を教える、みたいなリーダーは悪くはなかったけど、仰るとおり、今後もダンスチームメインなんですかね。特撮なんてそんなもんですけど、それにしては世界がちっちゃ過ぎるような気が…

●>鎧武の2話 うーん、前半の「日常生活に於いて変身しても何の役にも立たない」描写は面白かったんですけど、敵とのバトルに入っていく流れが強引というかB級というか…もうちょっと頑張れば苺拾えたんじゃないかなぁ 今後敵がどう出現するのかは気になりますが
そうそう、前半はアホらしいけどなるほどと思わせる展開でしたが、後半がねぇ…
面白くない上に、ジューシィ侍がどうにも慣れない。途中で厭きてながら見してるうちに終わってました。

革命機ヴァルヴレイヴ(2013年7月終了/10月より2期)
●>2期 良い感じの1話でしたね。普通の意味で面白い1話でした。めちゃめちゃな方に突っ走ってしまっても笑って楽しめる、という所がこのアニメの長所だとも思いますが 5機揃っての出撃、戦闘は見応えがありました。さり気無く3号機の腕使ったり、敵戦艦に接地して砲台を潰すアクションも
そうですね、度肝を抜かれたり、寒いギャグに寒気を感じたりしながら、予想外のとんでも展開に振り回されるのが楽しいアニメです、これ。
年末まで、毎週ニヤニヤしながら楽しめそうですね!

●いやぁ、悪い意味で期待を裏切らない作品でしたね~。これなら二期も安心ですね(笑!!
来ましたね!(笑)まさしくヴヴヴ・クォリティ健在の14話でしたよね!
いきなりエルエルフに立場を奪われたサキちゃんがやっぱり可愛いのでいいのです。パイロットとしてもアキラの方が上っぽいのは気にになりますけど…ってか、アキラが普通にヴヴヴパイロットになってるのも謎。
「え?あんだけ引っ張っといて人前に出るのも集団行動ももうオケなの?新たな仲間を迎えての吸血鬼オンリーミーティングもないの?」と思っちゃいましたがな。もー、こういうところヴヴヴだよね、やっぱり!

その他「サムライフラメンコ」
●ノイタミナで主人公が1話冒頭に裸……………あれ?何かデジャヴ。でも、作品名が思い出せません。何でしたっけ、ニート王国作った記憶喪失の主人公が最後にサイル打ち落として劇場版商法で終わったあの作品ーっ!(むしろ、ここまで出てるのに、固有名詞が一切思い出せないってのもおかしな話ですがw)
ああ!そうそう、ほら、あれあれ、あれですよ、あれ!(笑)

それにしても正義、スーツの下はノーパンなのかとそれが気になる。(まぁパンツの線が出ちゃうからなぁ)

有頂天家族(2013年7月開始)
●猥褻目的の未成年略取(誘拐?)犯の老人天狗。そして狸視点では同族殺し、人視点では(狸が人に化けるゆえ尚更)カニバリズムを彷彿とする狸鍋。(続く)
どうしてもこの2点が生理的に気持ち悪くて楽しめませんでした。せめて弁天が実家で虐待されていて誘拐は渡りに船だったとか、狸叔父を狸鍋にして仇討したとかのオチがあったら解消できたのですが...

まぁ確かに生々しい事をいうとそうなっちゃいますね。
私は神隠しとタヌキ鍋はよくある昔ばなしを持ち込んだファンタジーくらいに考えていたので、途中で総一朗がタヌキ鍋にされた経緯を知った時は結構ショックでした。

妖怪の世界は人間とは交わらぬもの、交わってはならぬものと思えば、妖怪どもはどれほど愛らしく見えても「怖い」という感情による隔絶が、一番正しいのかもしれません。

その他「記憶の改竄、あるいは嘘」
●すみません、手が滑って変な投稿をしてしまいました。先日の「王様の耳はロバの耳」のタイトルの日記ですが、なんかそういう人いますよね。業務上のことをこんこんと申し送りしても後から「聞いてないです」と言われた時の脱力感たらないです。
(続き)いや絶対言いましたから!って言っても無駄なので必ず紙面に残したりメールで「伝えた」っていう証拠を残すようにしましたが、自分に都合の悪いことはすぐすっとぼけて記憶改ざんするのが腹立ちます。
(続き)になにな様の日記の”うっかり呟き”の方も、自分のミスや物忘れを「聞いてない(教えてもらってない」と責任転嫁する人も、自分で嘘とわかってて演技してるのか自分で記憶改竄しちゃってるのか…。後者ならある意味人生楽しそうだなとも思います

う~ん、嘘と改竄、半々くらいじゃないですかねぇ。
保身のために嘘をつく場合もあるでしょうし、本当の本気で改竄してしまってる場合もありますからね。
言った言わないは水掛け論になって収集がつかないので、証拠を残すのはいいと思います。
あとそういう人だとわかってる場合は「気を遣って丁寧かつ回りくどい言い方をしないこと」ですね。
「今度は○○だから、○○と○○かもしれないけど、どっちかに○○を考え合わせて○○ってしておいてください」
というとどこかでポロリと落ちるので、「○○と○○をお願いします」と言った方がいいです。犬への命令と同じです。

あとそれがユーザーやクレーマーで、かつお年寄りの場合は「認知症」というケースもあるので、そのへんの知識もしっかり持っておいた方がいいです。幅広い知識は、社会において自分を護る唯一にして絶対の鎧ですからね。

その他「凪のあすから」
●凪のあすから、二話まで見ましたが、瑞々しい雰囲気にやられました。今期はこれや「キルラキル」、「ガンダム」など楽しみな作品がニクールあるので、幸せです。PA作の青春モノなら、「TARI TARI」もオススメですよ
こちらもキャラ同士の友情・心情がよく描けていました。青春モノなら「氷菓」などもよくできていて(各キャラの葛藤や、主人公の成長の描き方が丁寧でした)オススメしたいのですが、どうやらあまり好みに合わなかったようで。(まあ、序盤の折木は鼻につくキャラだったからなあ……)
「氷菓」は人によって振り幅が大きい作品ですが(話の造りは手堅いものの、劇的な展開を求める人にはどうも)、「TARI TARI」はけっこう万人受けしやすい作風ですので、もし機会がありましたら是非。

私はこの物語に単なるキャラの関係性やきゅんきゅんする恋愛のみを求めてるわけじゃないんですよ。
海と陸の対立や、人魚姫モチーフの悲劇もあるのではないか…という、少し残酷さを含んだドラマにも期待しているので、単なる「青春恋愛物」で終わらない事を祈っています。

キャラのうち誰かが(まぁまなかが第一候補、次があかりやちさきでしょうが)両者の対立の中で命を落とすくらいのことはあって欲しいです。
全員めでたくハッピーなんてのはクソつまんないから絶対にやめてもらいたいなぁ。

「氷菓」についてはこれまでも散々申し上げたのでもうお答えしたくありません。
「TARI TARI」はそういや昨年の超不作だった夏シーズンにやってましたっけね。
PAは「凪のあすから」も「花咲くいろは」もそうですけど、もうちょい大人っぽい絵柄で制作してくれんもんかなぁ。

漫画&雑誌
●今季はジャンプ、マガジン、チャンピオンのスポーツ漫画がアニメ化してますね。各紙の特徴(特殊能力、不良、オタク)がでていて面白いと思います。サンデーは恋愛面が強い感じですかね。経験者が作者だとなんだか安心感がでます。
あはは、うまい振り分けですね。
「ダイヤのA」は「おお振り」の不満を解消してくれる「作者が野球経験者(しかも一定レベルの高校球児)」ということが圧倒的アドバンテージで、ホント、安心して見られますね。日曜朝の楽しみが増えて本当に嬉しいです。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、∀他)「ファイトビルダーズ」
●監督の長崎さんは00で人気の高い回の演出担当だった方ですね。Vガンダムが好きらしく、サイズが小さいせいであまりプラモ化がされていないV系MSも出ていて良かったです。因みにウイングとギャンが戦ったステージはVの1話の戦場でした
そうなんですか。00で人気の高かった回ってなんだろう…教えていただいても思い出せるか怪しいですが(笑)
ステージもいいですね。第2話ではフィールドにダメージが蓄積すると変化が起きるという設定も明かされ、ますますバトルにバリエーションが加えられそうです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック