秋眠の方が暁を覚えない

今年の紅白はきっとあまちゃん祭になるんだろうなと思うのだが、私はクリスマスから新年あけるまでがっつり海外で過ごす予定である。

海外での年越しは、数は少ないがもちろん初めてではない。
「日の出を見に行く」というのがウリの場合もあれば、特に何もない場合もある。

初めての海外旅行の時はロンドンで年越しだった。
「カウントダウン時はトラファルガー広場に行くと面白い」と薦められたものの、何せ生まれて初めての海外だし、翌朝4時起きでローマに向かわなければならないこともあり、10時頃にはベッドに入ってしまった。
(カウントダウンパーティーの騒ぎで眠れなかったという人もいたが、私は全く気づかなかった)

他にはインドでガンジス川クルーズをしながら初日の出を見るという機会もあった。
しかし残念ながら霧と雲で日の出は全く見ることができず、新年早々火葬しているところを見るという、宗教観の違う日本人にとっては果たしてめでたいのかめでたくないのかよくわからない光景で新年が始まったのだった。

日の出で惜しかったのはメキシコ。
本当はティオティワカンのピラミッドの頂上で迎えるはずだった初日の出が、日程の関係で逆コース回りになり、新年を迎えるのはカンクンになってしまった。
その時はそれもまぁいいかなと思ったが、今思うとちょっと惜しかった気がする。

基本的に正月は家でのんびりするのが好きなのであまり海外旅行を入れないようにしているのだが(ベストは大晦日頃に帰国するか、正月を満喫した上で1月半ばからの出発パターン)、今年は9連休でもあり、異動したばかりという事もあって夏や秋は遠慮したので、「一点豪華主義」で豪気に行こうと思うのだ。旅行に金を使わない人が聞いたら仰天する額であろう。

年末年始の喧騒が好きな私としてはちと寂しいが、それ以上に楽しい想い出が作れることを期待して待ちたい。

さて新番組がさらに続々と始まっている。
昨日はちょっと実家に行っていたので、あちらで「ログ・ホライズン」と「はじめの一歩」、「ダイヤのA」を録り損ねてしまった。
我が家では無事に録画できているので明日以降に見たいと思う。

【ゴールデンタイム】
舞台が大学のラブコメ。
主人公の印象が薄く、ワガママお嬢様が追いかけるのは主人公と友達になった幼馴染で、主人公は「お嬢様」「ロリ大学生」「芸者先輩」と次々目移りするので何がしたいのかよくわからない。

この作品、一番衝撃だったのは「つまんねぇなぁ」と思いながら番組終了後に何気なく見ていたCMだ。
だって「記憶喪失の俺は…」とか主人公が言ってんだもん。

えっ?そんな話、1話目でカケラも出なかったよ?

むしろあんなまったりした日常より、そっちの衝撃的な事実の方が圧倒的にドラマ性を高めるんちゃうの。
だって記憶喪失の主人公がある意味本当の心機一転で生活を始めるわけでしょ?その方が「どうなるんだ?大丈夫なのか?」と思わせるじゃん。

あ、視聴はもちろん切ります。あらすじとか調べても(ちなみに見たい作品は調べない。むしろイマイチの作品こそ、見なくてもいいかどうか確認するために調べる)おもんなさそうだもん。

【てさぐれ!部活もの】
グダグダ喋ってるだけのまったりもの。絵や動きが変なのはCGだから?
鋭いツッコミを入れるOPはちょっと面白かったけど…11分は長いと思う。これが許されるのは5分番組にして実質3分の「ウルトラマンアニメ」だよね。

【勇者になれなかったどうのこうの】
おっぱいおっぱいおっぱいパンツ。
何これ。タイトルからしてバカじゃんのと思ってたけど、やっぱバカじゃん。
やっぱりそうそうマ王さまみたいなアタリはないものだね。

【仮面ライダー鎧武】
お待たせです。感想です。

(1)戦国武将モチーフはいい。しかしやはり「フルーツ」ってのがどうしても馴染まない。
(2)主人公は育ててくれた姉への気持ちとして、「大人としての自立」を目指している。
(3)ライバルとの対立材料がダンスなのは、ダンスが必修科目になったからだろうか。
(4)得体の知れない、薄気味の悪いゲームが流行っているというのはちと面白い。
(5)変身後のバトルはありきたりで、途中でむちゃくそ厭きた。

正直、見ていてピンとくるところはほとんどなかった。
あんな気味の悪いモンスター同士を戦わせるゲームが流行ってる(しかも制御に失敗すると暴走する模様)というのが唯一ちょっと面白かったくらい。
あと「湘南乃風」って、俺がどうしたおまえがこうした一緒にいようよって歌だけじゃなく、こんなアップテンポな歌も歌えるのねと驚いた。

何より、主人公のキャラが弱くないか?
フォーゼは熱くてウザいフレンドリーヤンキーを、ウィザードも自分の力を知る俺様魔法使いっぷりをちゃんと表してたのに…あ、やっぱり初回では少し主人公が薄かったオーズに近いかも。

陣形がメロン、バナナ、オレンジとか、マジでちょっと勘弁してほしいかも。
いやホント、ちょっと勘弁してほしいかも。

【マギ】
驚くほど何の説明もなく続きが始まったマギ2期。
えーっと、1期のラストどうだったんだっけ…アリババくんまさかの堕天と煌帝国をひとまず追い払ったトコまでだっけ?

1話目で旅立ちくらいまで行くかと思ったけど、相変わらずのんびりしとるのぅ。
ドゥニヤをアラジンがソロモンの知恵を使って助けに行くオリジナルがあって驚いたけど、結局彼女が助からないのは同じみたいなので、うしろ「なぜやったし?」という感じ。アラジンにマグノシュタットへ行かなきゃ、と思わせるため…ってことかな?

そんなに原作に思い入れがあるわけでもないし、あんまり目くじら立てずにアニメはアニメでのんびり見ていこうと思う。

【世界でいちばん強くなりたい!】
トップアイドルがなんやかんやでプロレスに挑戦する事になったけど、屈辱的な敗北により、本気でプロレス界に飛び込むことになる物語らしい。
しかしエロアニメではやれないことをプロレスの名を借りてやっているようにしか見えんぞ。
声優さんはうめき声という名のあえぎ声を出し続けなければならないから大変ですね。
見る価値はないでしょう。

男性声優人気投票

小野大輔
▼不思議イケメン~>しかし某ラノベアニメでは作者と監督が声を合わせて「なんで小野さんモテない男役上手なんでしょう」と大絶賛、まあ器用な声の人なんだろうなとは思います。ラッキースケベで鼻息荒くなる演技とか上手にうざかったです(笑
「上手にウザい」というのが可笑しくて吹いてしまいました。
うーん、その役は主役だったんでしょうけど、やっぱり小野大輔は脇役で輝くような気がするなぁ。

ただ私はそういった役を演じている小野さんを聞いた事がないので、あんまり器用という印象もないんですよね。キムタクじゃないけど、いつ、何をやっても「小野大輔ここにあり」って感じ。

一言投票所

特撮&仮面ライダーシリーズ「ゴウライガン」
▼>ゴウライガン 闇を照らす者があんまり牙狼っぽくなかったせいか(監督が違うので当然ですが)、雨宮監督っぽい映像が懐かしかったです。光人は全員バカ、らしいので、どう暴走するか楽しみです
あー、うん、ゴウの様子を見てるとそんな感じ<光人は全部バカ
なんかもう初っ端から井上大先生が大好きなバカ臭がぷんぷんするぜぇ~って感じでしたよね。
鎧武に虚淵が起用されると聞いて、もはや井上大先生の時代は完全に終わったかと思いきや、こんなとこで何やってんスか。深夜帯とか、エロOKの大人向けとか、むしろあなたはもともとこっちの住人の方が合ってますから。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー鎧武」
▼ガイム、デザインはともかくアクションは頑張ってましたね。まだ何を目的に戦っていくのかは分かりませんが、家族を養う為に働いている主人公は良い感じでした。敵も中々不気味でした……よくあのゲーム流行ったなぁ…
(続きです)感想のまとめなんかを見ると不評っぽいダンス要素ですが、私は結構好きでした。OP前のフルーツ型陣形はずっこけましたがw

他の人の感想は全く読んでいませんが、う~ん、私自身、最初の印象どおりという感じでした。
よっぽど何か面白い要素がない限りは無理って感じです。

▼たかだか10年でも規制が厳しくなってて、クウガのラストのような生身同士の戦いはNG。フォーゼでもヤンキーとのケンカは、コメディ調に撮り直させられたほど。
時代劇がなくなったせいで、アクションの人が飽和状態。だから、集団戦を話に入れないといけなくなってるし、毎年ヒーロー大戦する羽目になってますからね

なるほど、確かに時代劇がなくなっちゃいましたからね。アクション俳優は大変かもですね。

▼アギト、ファイズの失速or破綻という意見には異議あり、なんですがそれはここで議論しても仕方ないので置いておくとしても、
平成ライダーのライブ感は、ただ白倉さん以外が口にしないだけで、常について回っているものだと思いますよ。視聴者やスポンサーの反応で新しいキャラクターや武器が登場して、話も大きく変わるということが頻繁にあるようですし。高寺さんは例外だったかもしれませんが

確かに、ライダーを何作か見て思ったのは、「ラストを決めてないな」という疑惑作品が多々あることです。
制作陣がある程度決めていればきれいにまとまりますが、敢えて決めずにゆるい設定だけして流れに任せている作品は大概破綻しますね。私が見た中では、破綻どころかもはや完全に崩壊したのがキバなんですけどね。

スポンサーの意向や役者のアクシデントなど、対処しなければならない事はあるにしても、それでもいい物語を作りたいと思うなら「最終回の構想はある程度思い描いておく」ことが肝心な気がします。
そうすればおもちゃだの新キャラだのぶっこんでも、少しくらいのぶれは何とかなるような気がしますけどね。

▼初期平成仮面ライダーも好きなんですがライブ感重視すぎて話が破綻することがあって残念でした。555も戦闘かっこよくてキャラも立ってたけど話としては行き当たりばったりでダメダメだったので
ははぁ、破綻しましたか。私はクウガと龍騎しか見ていないので、双方ともいい結末だったと思いますが、そういえば「次に見るとしたら何がいいか」と聞いた時、カッコいいけど後半失速する「555」と、主役の演技がオンドゥルだけど終盤が熱い「剣」で軽く論争があり、結局どっちも見なかったって経緯がありましたっけ。

いや、まぁどっちも見ればいいんですけどね。単に私が怠けてるだけなんですけどね。

2013/10/07 01:59 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |