2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
予想外
2013/09/22(Sun)
出向かー
狸(ただし京都の偽衛門もビックリの大物古狸だが)頭取には何か狙いがあるんだろう。





つか、明らかに続編やる気だろ!





山南さんの頃からどうにも好きになれなかった堺雅人だけど…





秋からは「リーガルハイ」でお会いしましょう。
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 半沢直樹 -
金曜日の「ぴったんこカンカン」では堺雅人だけでなく原作の池井田氏や福沢監督も制作裏話を語っていて面白かったですが、そもそも「銀行物など当たらないだろう」という空気があったみたいですね。最終回で20%行けばいいなぁと話してたら、初回が既に20%に届きそうな勢いだったという番狂わせ。

よく言われるように、時代劇っぽさがある半沢直樹は「悪人をより悪人として描く」ために悪役を一銀行員から大和田常務に変更したのだそうですね。
黒崎を最初から出したのもインパクトを与えるためで、この作品、当たらなかったら読者にとっては単なる「原作クラッシャー」にしか過ぎなかったんだろうなぁと思います。

大和田を取締役に降格したのは温情とは思いませんでした。
むしろははぁ、このタヌキめ、飼い殺しにするんだなと。だってこれだけの事件が白日に晒されれば大和田ももう大きな動きはできないし、逆にそばに置いてたまに締めといた方が自分に敵対する派閥には見せしめにもなるじゃないですか。私だったら飛ばさないですよ~、もったいない。リサイクル・リユースさせてもらいます。

半沢は逆に「いずれ戻すつもりで飛ばしたな」という感じです。悪目立ちしますし、新たな火種の元にもなりかねないので、ほとぼりが冷めるまでは飛んでもらった方がいい。半沢がただのバカなら、腐って辞めるか引き抜きに乗るかでしょうが、銀行の在り方に信念を持つ彼はそういうタイプじゃないと見抜いたってことでは。

何はともあれ、面白いドラマでした。やっぱり映画よりドラマで続編が見たいですね。
2013/10/05 14:54  | URL | になにな #-[ 編集] ▲ top
- 半沢直樹 -
TVドラマ版の設定では何故半沢が出向なのか分かり難い気がします

原作では大和田常務は旧東京第一銀行出身なのですが TV版では旧産業中央銀行出身に変更されています
この変更は大和田常務に半沢の仇敵という設定を追加する為で 原作では半沢の父親は自殺していませんし 父親の会社から融資を引き揚げた旧Sの銀行員は木村直高というキャラクターです
そして大和田の常務取締役からただの取締役への降格というのは TV版では温情人事のように描かれていますが 原作には 「これは要するに、出向待ちを意味する」 との一文が添えられています
その為旧Tの出身者の間では処分はあまりに一方的じゃないかという批判の声が高まり 行内融和を唱える中野渡頭取は半沢への批判をかわす狙いで出向させる事にした という訳です

2013/09/23 18:45  | URL | 萌え豚キモオタ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1665-5757cff8

| メイン |