2013_09
02
(Mon)01:01

なんか違う…

今回の半沢直樹はハラハラ続きでしたなー
半沢と社長が結託して直前に会長を更迭しちゃったので、社長解任後は奇しくも本当に一族経営が完全に払拭される事になるとは。
うーむ、さすが香川照之。愛之助が可愛く見える悪党っぷりだ(ちなみに国税も金融庁も悪党ではない)
そして「よっ、ハナちゃんカッコいい!」
「えっ、本当ですか?土下座すれば猶予いただけるんですね?お安い御用です!」くらいの気持ちでやったれ。
例えばクレーマーへのごめんなさいなんざ100回言ったって屁でもない。解放の呪文だと思うんだ。

【有頂天家族】
ついに海星のご尊顔初披露!あらん、可愛いじゃないの。
けど矢二郎だけでなく、海星もまた総一郎の死に何か関わってるってんじゃなかろうな。
その総一郎さんは弁天の前に出ると化力を失ってしまったのだそうだ。
季節は早くも冬。クリスマスということは年末間際、すなわち今年も狸鍋の季節。狸鍋ねぇ…

【進撃の巨人】
女型の巨人VSエレンの格闘戦は、絵が下手な原作でもとにかく勢いはものすげぇ伝わってきたけど、動きがつくと「なるほど、実際はこうだったのか」とより理解が深まるという。
腕の立つリヴァイ班はこれで全滅。ぶちゅっと潰されたペトラは、虚ろな眼が怖かった原作の遺体よりはやや綺麗だったが、ああいった部下たちの屍を一体どれだけ見てきたんだろうな、リヴァイは。
女型に食われたエレンを追い、怒りに我を忘れたミカサは女型の腱を斬っていくものの、致命傷は与えられない。
現人類最強と現No.2の即席タッグで、果たしてお姫様エレンを無事取り戻せるか?
とりあえずこの漫画、ホントにエレンってヒロイン体質よね。

週末が終わってしまった。また一週間が始まると思うとうんざりする。はぁ…

一言投票所

その他「言葉」
◆分かります。私も心が狭いと思いつつ「いう」と書くべき所を素で「ゆう」としている文を見るとイラッときます(×そうゆうこと ○そういうこと)。「こんにちわ」とかも。耳で音として聞く分には平気なんですけどね
あー、「ゆう」も虫酸が走りますね。
本気で「いつもそうゆう」「○○さんがああゆった」って書いてる人いますよね。これは80年代からでした。

ことに最近、ジャンプの漫画家に目次コメントでこれを連発する人がいるんですけど、編集は一流大学を出てるんだから何とかしろよ!とイラついていたら、セリフにまで「そうゆう」が混ざっててヘタりました。ダメだ編集ももうゆとり世代だった…

一応看板に子供をターゲットにしてると挙げてる以上、「そうゆう間違い」は直した方がいいって誰かがゆってた!

あとすみません、はっきり言っておきますが、心が狭いだの広いだのってこととは関係ないと思いますよ。
口語ではよくても文語ではそうは書かないというのは初等教育の国語で習うはずなんですけど、教えられてないのか覚えないのか。そりゃ英語も大事だけど、まずは国語がすべての基礎だと思うんですけどねぇ。

その他「半沢直樹」
◆半沢直樹>大和田常務のドヤ顔を思いっきりぶん殴りたくなる回でした。香川照之の演技力凄いですね………。それから、ハナの啖呵には笑いましたwこのキャラは痛快な逆転劇がメインとはいえ重たくなりがちな雰囲気を、毎回気持ちよく切り替えてくれてる気がします
まだ近藤の話を絡めてきてるのはそこに何か逆転の可能性を伏線として隠してるのかなぁと思いつつ、おねぇのネチネチを跳ね返したのも束の間、直接姿を現して牽制する常務の大物っぷり…
銀行の危機でもあるのにこの余裕という事は、これを機に頭取に上り詰める策と何かしら手を打ってるってことでしょうけど、さっぱりわかりませんな。まさか再分裂しておいしいトコどりするなんてないだろうし。

その他「河下水希」
◆初恋限定はアニメしか見ていませんが面白かったです。でもジャンプでうける作品ではなかったですね。ハチクロも青春ものとして面白かったなぁ
そうですか?まぁ確かに綺麗にまとまったとはいえ、最後は掲載順位も下がってましたけどね。
お色気ものなら何でも受けるのかなーと思ってましたが。男の好みはようわからんですわ。
ハチクロは原作をYOUとコーラスで読んでましたが、近年の少女漫画はこの手のタイプが多いので苦手なんですよ。

その他「吉田玲子」
◆吉田玲子さんといえば個人的にはカレイドスターですね。サトジュン監督の力もありますが万人にお勧めできるスポ根サーカスアニメで面白いですよ。あとガルパンも最近では面白かったですが見てないですか?
GONZOのカレイドスコープは見てないです。本格的にオタ復帰する前の作品でもあったし、あんまり食指が動かなかったなぁ。まだレビューサイトとしては駆け出しだったため、とても参加できなかった「感想率調査」でものすごい高得点を取っていたのが記憶に残っています。

「(ガルパンを)見てないですか?」って…
こちらを訪問されるようになられたのは最近ですか?
うちのブログは検索機能もありますし、HPのインフォメーションにはその年に見ているアニメを記録していってますけど…

◆脚本〉マジェプリとけいおんの人同じだったんですね。けいおんの時は、基本的にゆるゆる流しつつ先輩の(その年度の)卒業で一人残される後輩の不安だとか寂しさだとかの気持ちをかなり長い期間通して描写して、最終回の卒業式に上手く繋げてた気がします。
星矢は見てないですし、けいおんの時も監督と脚本どちらの働きが強かったかは分かりませんが、マジェプリ見る限りは元々丁寧にキャラを見せる方なのかな?と思います

「けいおん」は知りません。作品の善し悪しは、脚本ではなく何より監督の力が非常に重要です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック