Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
07/18(Thu)

このままずっと涼しいといいなぁ

今日は涼しかったっすね。夕方は雨降ったけど。
銀魂見てきました。映画レビュー更新です。

女性声優人気投票

斎賀みつき
♥ナナバさんが斎賀さんらしいんです。この人は男かな、と思うのですが
ナナバさんか!なるほど、確かに。
私は最初、線が細く、物腰が柔らかいし口調も穏やかなので女かなと思ったんですが、胸はハンジさん以上に真っ平なんですよねぇ、この方。
この作者の場合、一人称が普段から「私」となるのは女性なのかなぁ…でも塔での攻防戦では男らしいところもあるしなぁ…うむ、まさに性別不明。サイガーにピッタリかもです。
ベタついた人じゃないけど好人物なので、せっかくあれだけ頑張ったのに…という感じでちとせつないッス。

一言投票所

その他「半沢直樹」
♥半澤直樹面白いですよね。逃げられたけど、五千万だけでも取り戻したし痛み分けかな、と思った矢先にオカマの力業ってヲチは唖然としました。ここからどうやって逆転するのか期待してます。ちなみに次回予告で書かれてた黒幕は支店長と予想してます。あの融資へのやり口は、ちょっと強引すぎますよね
面白いですね。イマドキあれだけ堂々と国家権力振りかざせるのは検察と国税局と海上保安庁くらいですね。(海保は最近中国に手を焼いてるけど)
堺雅人はニヤニヤふにゃふにゃした俳優だなーと思ってあんまり好きじゃなかったんですけど、もはや一周巡って「アリかな」と思うようになって来ました。さらにどこかで「笑いだけで喜怒哀楽の全てを表現する男」と書かれていて吹きだしました。うん、確かに。

特撮&仮面ライダーシリーズ「キョウリュウジャー」
♥↓キョウリュウジャー見てないになになさんは、「9人目?なんのこっちゃ!?」ってなりそうなので、説明しますと、ロボット恐竜が一体登場する度にゲスト戦士が一人ずつ登場する方式を取ってるんですね。なので、9人で怪人をフルボッコにするわけではございません(笑。
ちなみに件の千葉さんは戦隊史上二人目の紫戦士だったりします。後、千葉さんナレーションでもあるんですが、ノリノリかつハイテンションすぎて喉潰さないか毎週心配になりますwww

フォローありがとうございます。
キョウリュウジャーは1話目の冒頭くらいしか見てないんですよね。
公式を見に行って初めて、メンツに32歳の戦士がいると知って仰天しました。冒険するなぁ…

ちなみに千葉さんは30年来苦手な声です。聞いていてこんなに辛いのは、千葉さんかジャパネット高田しかいない。

♥キョウリュウジャー9人目は、まさかの千葉繁さんでした。初のおじいちゃんヒーロー。意外と面白いんだよな、キョウリュウジャー
書き込みがあったので公式を見て初めて知りましたが、えらい年増がいたり、古代や中世から来ていたり、メンツがユニークなんですね。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス(2013年4月開始)
♥問題は山積みですけど、もうアンジュがラビッツにいる姿にそれほど違和感を感じなくなってちょっと驚き。スーパー戦隊だと6人目は馴染むまで少しかかるものですけど、二重人格より性別を気にする脳天気なメンバーだからこそショックアブソーバーになって視聴してる側としても受け入れられたといいますか
キャラがエキセントリック過ぎたため、そっちのショックがでかいというのは確かにあるかも。
6人目といえば、スルガをやってる池田くんが演じたゴーカイシルバーなんか、私の中では最後まで馴染まなかったッス。

𗿳話のイズルは周りから「お前キャラ違う」って突っ込まれてたんで…ってやっぱり伏線だったんかい! あんな長時間凄い動きをするとは思わなかった。ブラック6を軽くあしらうジアートと、イズルが互角に渡り合ったのは燃えました。しかし白ラクス様に上手いことノせられているようにも見えてしまう
おまえもそうだったろって今回言われてましたね。すんません、覚えてなくて。
強いとはいえ豹変し過ぎてこれまた仲間がドン引きしてましたが、何よりレッド5の形状まで変わるとは…ハラキリはしなかったですけどね(笑)

♥ラノベの件は川上稔氏の「閉鎖都市巴里」です、すいません…あの小説の強い騎師たちはおっさんばっか、で前述の進化方法も人生重ねた人ほど起動しやすいもので、若い人がやっても想像力不足諸々で起動できないのがほとんどという代物でした
続き>でそんなの思い出しながら14話みてるとウワーウワァぁとなりましたイズル進化>皇子も進化ー!は想像できませんでしたが、テオリアさん意図的に情報操作してる感じだし見えない所では不穏なアニメですよね、これ

エヴァ以来、子供にしか起動できないという設定が多い中おっさん主体ってのがいいですね。
ファフナーでは「イメージが最も大事で、肉体に縛られた経験が操作の邪魔をする」ので、子供の方がいいという設定でしたっけ。(だから病弱で身体能力の低い翔子や僚、身体能力は高いが精神的に消え入りたいと願う一騎は初めから上手に操作でき、健康な祐未やケガによってイヤでも肉体を意識してしまう総士には操作が難しい、あるいはできない)

Parallel Universe(管理人になにな)
♥ブログの更新、止まってしまっている所が本当に増えて寂しいです。私の場合は主に日記的なブログを読んでいたのですが、皆さんツイッターの方へ行っちゃった感じですね……。気軽につぶやけてしまうので楽なんでしょうが、ブログのようにちゃんと書かれてる方が好きなんですよね……読んでて。
になになさんのブログはアニメ感想はとても参考になりますし、様々な話題もいつも楽しく拝見しております。ご負担にならない程度にこれからも続けてくださると嬉しいです。(笑)

温かいお言葉、まことにありがとうございます。くだらない事しか書いてませんが、適当に流してください。
私もやっぱりその人の考えがしっかりと書かれているブログの方が好きですね。
ブログ全盛期にも、何百万アクセスもある芸能人のブログなんか読むに耐えないフレーズブログばっかりでしたけど、今はきっとツィッターのせいでさらに加速してるんでしょうね。
ずっと読んできたブログの更新が止まってしまうのは寂しい限りです。
なので私は今後とも、ホソボソではあってもやめることはせず、「いつでもここにいる」を心がけていこうと思います。

ローゼンメイデン
♥霜月さん不参加ぽいのがちょっと不満です。ヒュムノス(架空言語曲群)やサンホラやらで忙しそうだしなぁ…新アニメは銀様が可愛くてヒナが切ない
霜月さん、ずっとEDでしたもんね。最初の「透明シェルター」が不思議な世界観で一番好きでした。
ヤンジャンは読んでないので意外な展開に驚きつつ、次回が楽しみです。

進撃の巨人(2013年4月開始)
♥紅蓮の弓矢の入ったCD購入したのですが、一緒に入ってた曲がなんか二期OPらしいです。曲は格好いいし、歌詞も悪くないんですが、サビ部分が『』で囲った日本語をドイツ語で歌ってる鬼畜仕様でなんて歌ってるかほとんど分からないです。(『翼』ってあったら、そこだけフリューゲルって歌ってるような感じです)
続き)これ、まだ歌詞カード買ったからついていけるんですが、本当にOPだった場合CD買ってない人はついていけるんだろうか、と冷や汗が。ちなみに作画班が死亡してて新OPの動画が未だに未完成…………という情報もチラホラ聞いてたりします。あれだけ立体機動に力込めてる分、スタジオ阿鼻叫喚なんだろうなぁ(汗

あー、変わっちゃいましたね。まだ聞き慣れてないせいもあるんでしょうけど、「紅蓮の弓矢」のままでもよかったのにと思いました。
「めさましテレビ」で「紅蓮の弓矢」が売れてる、と言ってた時、そこにいた誰だったかがいきなり「イェーガー!」と言ったので笑ってしまいました。そりゃ確かに「イェーガー」って言ってますけども。

映画「パンズ・ラビリンス」
♥見たことがなかったので早速レンタルで見ましたが、良い映画でした。永遠の子供tati
すいません…。 同じ監督の「永遠のこどもたち」でもそうでしたが、残酷な現実の中でもちゃんと人間の良い部分というか、自己犠牲や愛情の強さを描くのが上手い監督だなと思いました。ラスト、オフェリアが救われるシーンは涙がボロっときましたよ

いい映画でしょう?私はすっごく好きなんですよ。ファンタジー世界も結構怖いんですけど、現実の方がよっぽど怖くて残酷で。人のいい部分、悪い部分がどちらも同じくらい描かれて、最後にちょっとだけ救いが与えられる。
本当かどうかは視聴者の想像力に委ねられるものですが、彼女の幸せを信じたくなりますね。似たような話でもさっぱりわけがわからなかった「テラビシア」よりずっといいですよ。

その他「UN-GO」
♥UN-GO 因果論 TVシリーズを見たなら絶対見るべきですよ~。TVシリーズ本編の様々なシーンで、新十郎がどんな気持ちを抱えていたのかを察する為には不可欠な内容だと思いました。特に初見では微妙だった2話や、小説家の映画撮影の回なんかは特に
>因果論 それと、前にも一言でコメントしましたが、會川さん本人が書いた因果論の小説版も、とても良い出来なのでオススメです。話は同じですが、45分に入りきらなかった描写や前日譚がこれまたUN-GO
(途中送信してしまいました) これまたUN-GOらしい要素満載で、會川さんのやる気がめちゃめちゃ伝わってきます。ただのノベライズにしておくには勿体ないぐらいちゃんとした面白い小説になってるので、映画をご覧になったら是非手に取ってもらいたいです。

因果論は見に行った人からも「絶対見た方がいい」と薦められてるので、なんとか時間を作って見たいですね。
しかし既に放映からかなり時間が経ってるので、映画を見たら今度は本編を見直さなきゃいけなくなるような予感がします…はっ、これがもしや因果の永遠ループ!?

***更新***

映画視聴 劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ UP
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ